お金の知識がなくても、方法を選べば簡単に投資を始められます!

投資初心者には投資信託とロボアドバイザーがおすすめ

投資を始めたいけれど、お金のことはなんだか難しそうで苦手。

経済、金融、何が何だかわからないけれど投資は出来るの?

 

そう、お悩みの方も多いでしょう。

 

結論から申し上げますと、投資の知識が豊富でなくても投資は出来ます。しかし、初心者が仮想通貨やFX(海外為替証拠金取引)のような、運用にテクニックが必要な投資方法に手を出すと失敗のリスクが怖いところ。

 

そこで今回は、マネーブリッジ編集部が比較的簡単に始められ、かつ初心者でも失敗しにくい投資方法を2つまとめました。

 

これから投資を始めようと考えている、初心者の方は必見です。

初心者向けおすすめ投資方法2選

初心者でも比較的簡単に始められる投資方法の1つ目は、投資信託です。

投資信託

投資信託とは、金融商品を購入するだけで、投資のプロに代わりに資産運用を行って貰える運用方法です。例えば、国内株式型の投資信託商品を購入すれば、投資のプロが複数の国内株式へ分散して投資、その後の運用を代わりに行ってくれます。

 

このように投資信託はいわゆる、投資のパッケージ商品のようなもので、どの投資信託を購入するかは投資者が選ぶ必要があります。

 

投資信託の種類の例

商品の種類 商品例
国内株式へ分散投資する商品 ・ニッセイ日経225インデックスファンド
・ひふみプラス
海外株式へ投資する商品 ・楽天・全米株式インデックス・ファンド
・eMAXISSlim先進国株式インデックス
国内債券へ投資する商品 ・eMAXISSlim国内債券インデックス
・たわらノーロード 国内債券

 

投資信託初心者であれば、比較的値動きを理解しやすい、日本の平均株価である日経平均やTOPIXに連動するように運用する「インデックスファンド」を選び、国内株式へ分散投資するのがおすすめです。

 

続いて、そんな投資信託で資産運用を行うメリットについて整理します。

投資信託で資産運用を行うメリット

1、月々1000円からの少額から始められる

例えば、日本を代表するトヨタ自動車の株式を購入するとなると、現在1株6,555円、最低100株から購入が可能ですので最低でも約65万円程が必要となります。60万円を超える投資資金の運用となると、投資初心者であれば簡単には始められないですよね。

 

しかし、投資信託の場合は月々数千円から、大手ネット証券会社の楽天証券などでは月々100円から積み立て投資が可能となっています。

 

楽天銀行
参照:>>楽天証券  100円から積立可能「投信積立」(外部リンク)

 

投資初心者の方が、いきなりまとまったお金を運用するのは怖いもの。少額から、投資に慣れていけるのは投資信託の嬉しいメリットです。

 

2、手間をかけずに分散投資が出来る

投資のリスクを抑える上で大切なのが、分散投資を行うことです。例えば投資先候補がA社B社C社と3社あったとし、A社一社にまとめて投資を行い、その後A社の不正が発覚…株価が大暴落なんてことになったら大変です。

 

しかし、A社、B社、C社と3社へ分散して投資をしておけば、万が一A社が値下がりしてもB社、C社の投資により出せた利益で損失分をカバーすることができます。

 

このように、投資において分散投資を行うことは大切ですが、個人で何社にも分けて運用を行うのは簡単ではありません。しかし、投資信託の場合は1つの投資信託を購入するだけでA社、B社、C社と複数の投資先に投資のプロが代わりに投資を行ってくれ、手間をかけずに簡単に分散投資を行える点は投資信託で資産運用を行うメリットであると言えます。

 

3、運用の手間がかからない

投資信託は、投資信託商品を購入するだけで、面倒な運用はプロにお任せでき、投資の知識が豊富でなくとも簡単に始めることが出来ます。

 

例えば、株式投資では、日本国内でも約3,600社もある中から投資先を複数選択、買い時・売り時のタイミングを図り…と運用に根気が必要です。

 

しかし投資信託の場合、その名の通り投資のプロに「信」じて「託」し簡単に手間をかけずに運用を行うことが出来ます。

 

そのような点からも、投資が苦手、投資・投資の勉強に手間と時間をかけられない方は投資信託で資産運用を行うメリットを感じられるでしょう。

 

続いて2つ目の投資初心者でも比較的簡単に始められる運用方法の紹介に移ります。2つ目の投資方法は、ロボアドバイザーです。

ロボアドバイザー

ウェルスナビ
参照:>>Wealth Navi HP(外部リンク)

 

ロボアドバイザーとは、インターネット上で「投資の目標は?」と言ったような、いくつかの簡単な質問に答えるだけで投資者にぴったりの投資商品を提案、お金を預ければその後の運用までもをAI(人工知能)に行ってもらえる投資方法です。

 

投資信託と似ているな?と思った方は鋭いですね。投資信託とロボアドバイザーは「投資をプロにお任せできる」という点では同じですが、以下の点で違いが見られます。

 

まず、投資信託は投資家自身で投資対象を選定・購入する必要がありました。

 

分かりやすいいうと、どんな投資対象(例:国内株式、海外債券など)に投資する商品か、おなじ投資対象に投資する商品でも具体的にどの運用会社の商品を購入するかは投資者自身で決定、購入の手続きをする必要がありましたね。

 

しかし、ロボアドバイザーの場合はネット上で投資に関する簡単な質問に答え、入金するだけ。あとは、AI(人工知能)に代わりに運用して貰える為、さらに簡単に投資を始めることが出来ます。

 

因みに、ロボアドバイザーにはアドバイス型と投資一任型があり、アドバイス型のロボアドバイザーの場合は投資に関するアドバイスのみを行いその後の商品購入・運用は投資者自身で行う必要があります。よって、投資初心者は「投資一任型」のロボアドバイザーを選ぶと良いでしょう。

 

続いて、そんなロボアドバイザーで資産運用を行うメリットについて整理します。

ロボアドバイザーで資産運用を行うメリット

1、少額から始められる

投資信託と同様、ロボアドバイザーであれば毎月1000円程からの少額から資産運用を始めることが出来ます。毎日のコーヒー代を我慢して月々の運用に回すといったような、負担の少ない運用を行える点はロボアドバイザーのメリットと言えますね。

 

2、 投資の知識が全くなくても始められる

先述した通り、投資信託の場合は購入商品を選ぶ必要があるため、最低限投資の知識は持っている必要があります。

 

しかし、ウェブ上で質問に答え入金するだけのロボアドバイザーなら、知識が全くなくとも簡単に資産運用を始めることができ、金融の勉強が苦手には、投資の知識が全くなくても始められる点は大きなメリットと感じられるのではないでしょうか?

投資信託とロボアドバイザーどちらがおすすめ?

ここまで、投資初心者では比較的簡単に投資を始められる投資信託とロボアドバイザーについて説明してきました。

 

どちらも投資のプロにお任せできる運用方法であることを考えると、では一体どちらがおすすめなの?と思われる方もいるでしょう。

 

投資に興味のある方、金融に関して勉強を少しでもする気持ちがある方は、ご自身の投資スタイルにあった投資信託を選び出し、投資のプロに上手に運用をしてもらうと良いでしょう。

 

また、金融の勉強、投資にかけられる時間があまりないという方は、ロボアドバイザーでAI(人工知能)に投資を完全お任せしてしまうのが良いでしょう。

 

さて、ここまでの内容を読み、早速資産運用を始めてみようと思われた方もいるでしょう。最後に、これから運用を始めたいと考えている向けに、投資で失敗しないコツを紹介していきます。

資産運用で失敗しないために

資産運用で失敗しないコツ、1つ目は長期投資を心がけることです。

1、長期投資を心がける

日経平均
参照:>>日本経済新聞 日経平均株価チャート(外部リンク)

 

上記図は、日本の株式の平均株価である「日経平均株価」10年間の値動きを表したグラフです。グラフを見てわかるように、基本的に相場は長期的な目線で見れば上がったり下がったりしながら、じっくり上昇を続けていくものです。

 

相場が下がる局面では、精神的なコントロールが鍵。長期投資に挫折しない強い心構えで投資を行うことで、ゆっくり、しっかりと着実に資産を増やしていけるでしょう。

 

少なくとも1年、可能であれば3年以上保有を目安に投資を行えると良いですね。

 

2つ目は、分散投資でリスクを逃すです。

2、分散投資でリスクを逃す

先述した通り、投資において分散投資は大切。しかし、分散投資と言っても何を分散すれば良いの?と思われる方もいると思います。

 

初心者の方にまず覚えていて欲しいのが、

 

・金融商品の分散
・投資地域の分散
・投資時期の分散

 

の3つです。

 

金融商品については、株式、債券、不動産、金投資など様々な投資商品、特に異なる値動きをするような金融商品へ分散投資できると良いですね。

 

また、投資地域については、日本株式と海外株式と言ったように、国や地域を分散することで投資先地域の経済・社会状況に影響を受けにくくなります。

 

また、特筆したいのが「投資時期の分散」。ドルコスト平均法という言葉をご存じでしょうか?ドルコスト平均法とは毎月価格が安かろうが高かろうが関係なく、一定額の金融商品を購入し続ける購入方法です。

 

つまり、高いときは少しだけ購入し、安いときには沢山購入することで平均して購入単価を下げることが出来るということです。

 

このように、投資初心者であれば分散投資、特に投資時期の分散を行うことで購入のタイミングに気を遣わずとも簡単かつ上手に購入することが出来ます。

 

4つ目は、本やネットで情報収集を怠らないことです。

本やネットで情報収集

投資の成功は、情報収集にかかっているといっても過言ではありません。今回紹介した投資信託、ロボアドバイザーについては運用を投資のプロにお任せできますが、いくらプロだといっても必ずしも運用が上手くいくとも言えません。

 

投資を始めた後も、定期的に運用状況を見て投資を継続するべきか、他商品に乗り換えるべきかを判断できるくらいは最低限投資の知識をつけることが出来ると良いですね。

 

以下、編集部が愛用の情報収集ツールを記しておきますのでご参考ください。

編集部が愛用の情報収集ツール
Bloomberg(外部サイト):経済ニュースサイト
モーニングスター(外部サイト):投資情報サイト
ロイター(外部サイト):経済ニュースサイト

 

最後にまとめです。

まずは初めてみよう

さて、ここまで投資初心者でも簡単に投資できる方法2選と資産運用で失敗しないコツを続けて紹介してきました。

 

投資は、プロの為のものではありません。始めたいという気持ちと少しの投資資金さえあれば誰でも始められますし、方法を選べばさらに簡単に投資を行うことが出来ます。

 

今回紹介した投資信託、ロボアドバイザーに関しては、特に投資初心者でも簡単に始められる投資方法ですのでまずはこの2つの投資方法から検討してみても良いでしょう。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう