初心者の資産運用に向いている投資信託とは?

投資初心者に向いている投資信託

これから資産運用を始める人は、どの金融商品を選ぶかが大切。

 

金融商品によっては複雑な仕組みのものや情報収集が必要なものもあり、投資に時間を割けない人には難しいのが現状。時間が取れないという人にとっては、思い切ってプロに任せるのも賢い資産運用法です。

 

そこでおすすめなのが、低額で始められて難しい知識が要らない投資信託。

 

今回はマネーブリッジ編集部が、投資信託の説明とおすすめの投資信託の選び方についてご説明させて頂きます。これを読んで投資信託についての知識を深めていきましょう。

投資信託とは?

投資信託とは、お金をプロに託して代わりに資産運用をしてもらう商品。

 

多数の投資家からお金を集めて、そのお金を株式や債券、不動産など様々な金融商品に変えて資産運用するものです。「投信」や「ファンド」とも呼ばれており、銀行や郵便局、証券会社などの金融機関で誰でも購入することができます。

 

そんな投資信託は、「ファンドマネージャー」と呼ばれるプロによって資産運用され、その結果、得た利益を投資家が購入した口数に応じて還元される仕組みになっています。

 

投資信託とは
引用:>>一般社団法人投資信託協会(外部リンク)

 

投資家は銘柄を選ぶ以外は資産運用にタッチしないため、知識や経験が無くても気軽に始めることができるという特徴があります。

 

さらに1万円前後の少額で始めることもでき、多数の金融商品で分散投資効果が高いのも特徴でしょう。分散して投資をすれば、たとえ1つの投資先が下がったとしても、他の投資先が損失をカバーするのでリスクを最小限に抑えることができますからね。

 

一方の安全面はといいますと、元々投資信託は

 

  1. 販売会社
  2. 運用会社
  3. 管理会社

 

の3社で運用され資産は分別管理をしているため、どれかが破たんしても顧客の資産は守られるようになっています。

 

さてここまで、簡単に投資信託について紹介してきました。次は気になる投資信託で資産運用を行うメリットや他にはない魅力について見ていきましょう。

知っておきたいメリットや魅力

一般的に債券や株式、不動産などで資産運用を行う場合、ある程度まとまった資金と投資の知識が必要です。

 

それに加え、個人での資産運用は資金に限度があるため、分散投資が難しく市場の動きによって損益が左右されてしまいます。

 

そんな投資信託の最大のメリットは

 

  • 個人での投資に比べて少額で始められること
  • 難しい資産運用の知識や技術のない初心者でもすぐに始められること

 

の2点になります。

 

投資信託は専門家による資産運用なので、発展途上国の株式などの外国市場の利益を初心者から得ることも可能。さらに新規の販売価格は1万円前後ですが、「基準価格」が安い銘柄だと5,000円前後で購入することもできます。

 

ちなみに基準価格とは、1日1回公表される1口当たりの値段のこと。そして先ほども少し触れましたように、株式や債券、通貨などを分散して資産運用を行うため、少額投資でもリスクを抑えながら運用することが可能です。

 

購入手順も簡単で、証券会社や銀行などで取引口座を開設して資金入金すればあとは自分の好きな銘柄を選択するだけ。まさに資産運用初心者に向いてる資産運用方法だと言えますね。

 

しかしここまでの内容を踏まえても、

 

「でも投資信託って種類がいっぱいでどれがいいのかわからない」
「初心者におすすめなのはどれ?」

 

といった疑問を抱いている方も多いでしょう。そこで次では、厳選した初心者におすすめのファンドをいくつか紹介していきます。

初心者に向いているおすすめのファンドはココ!

ズバリ、資産運用初心者には「インデックス型の投資信託」がおすすめ。

 

そもそも投資信託には「アクティブ型」と「インデックス型」の2種類があり、アクティブ型は目標とするベンチマーク(運用の競争相手)以上のリターンを目指す投資信託。つまり、日本の平均株価をベンチマークに設定るアクティブ型ファンドであれば常に日本の平均株価以上の成績が出せるように戦略を組み運営を行います。

 

反対にインデックス型は、ベンチマークに連動することを目的にしています。

 

インデックス型はアクティブ型に比べてコストが安く、コンピューターによる自動運用なので安定した値動きになっています。

 

更に日経平均やTOPIXなどの指数に連動するため、売買のタイミングがつかみやすく初心者に向いています。今回は特に初心者に向いているインデックス型ファンドを3つ紹介します。

ニッセイTOPIXインデックスファンド

ニッセイTOPIXインデックスファンド
引用:>>ニッセイアセットマネジメント株式会社 ニッセイTOPIXインデックスファンド(外部リンク)

 

この投資信託はTOPIX(東証株価指数)にニッセイ基礎研究所が独自に開発したインデックス運用モデルを利用して連動を目指します。

 

購入手数料や換金時の手数料は無料になっていて、ファンドの約98%が国内株式で構成されています。

 

分配金は出ず、利益は再投資されるため基準価格は堅実に上昇していきます。手数料を抑えて堅実に資産運用をしたい初心者におすすめの銘柄です。

 

ファンド名 ニッセイTOPIXインデックスファンド
コスト 信託報酬:0.1512%
償還日 無期限
目標ベンチマーク TOPIX(東証株価指数)

SMTアジア新興国株式インデックス

SMTアジア新興国株式インデックス
引用:>>三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社 SMT アジア新興国株式インデックス・オープン(外部リンク)

 

新興国株式で大きなリターンを目指したい人におすすめのインデックス投資信託。基準価格は現在21,978円と発売当初よりも、かなり値上がりしてきています。

 

銘柄の99%が外国株式、買付手数料3.24%と解約時の信託財産留保額が0.3%、信託報酬は0.648%とコスト高ですが、今後も値上がりが期待できます。投資信託で確実にリターンを得たい初心者におすすめの投資信託と言えるでしょう。

 

ファンド名 SMTアジア新興国株式インデックス
コスト 信託報酬:0.648%
購入時手数料:3.24%
信託財産留保額:0.3%
償還日 無期限
目標ベンチマーク MSCIエマージング・マーケット・アジア・インデックス

eMAXIS 日経225インデックス

EMAXISインデックス
引用:>>三菱UFJ国際投信 eMAXIS 日経225インデックス(外部リンク)

 

日経225をベンチマークにしているインデックス投資信託。

 

直近3年間のトータルリターンは25.2%と高い数字を出しています。基準価格は現在で24,203円と他の銘柄に比べて高めになっていますが、今後も安定的な値上がりを期待できますね。

 

買付手数料や信託財産留保額はなく、信託報酬のみ0.432%かかります。コストを抑えながら資産運用したい人に向いている投資信託です。

 

ファンド名 eMAXIS日経225インデックス
コスト 信託報酬:0.432%
償還日 無期限
目標ベンチマーク 日経225

投資を始める際に注意すべきポイント

ここまで投資信託の基本やおすすめのファンドについて紹介してきました。

 

ですが実際に運用を始めるとなると不安なことも多いのではないでしょうか?そこでここでは、資産運用初心者が投資を始める際に注意するべき2つのポイントとして「余剰資金で投資を行う」と「目標設定をしっかり行う」がありますので、それぞれ見ていきましょう。

余剰資金で投資を行う

資産運用を始める前に、まずは生活費や貯蓄するお金以外の投資だけに使える資金を確保することが必要です。

 

資産運用は成功すれば利益を得ることができますが、失敗すると元金が0円になる可能性があります。失敗した際に生活が立ち行かなくなるようでは困るので、資産運用の資金は当面使う予定のない余剰資金で行う必要があります。

 

余剰金での資産運用で成功する確率が大。生活費など損してはいけない資金で取引をすると損切や利益確定のタイミングを外してしまいがちです。

 

「絶対損できない」もしくは「損を必ず取り戻す必要がある」などの心の焦りから冷静な判断が下せず、損する場合が多いからです。

目標設定をしっかり行う

資産運用を行う前に、いつまでにどれくらいの利益を得たいのかを明確にすることが必要です。

 

また、目標設定では資産運用の期間や資金額などから現実的な目標利回りを決めることが重要です。利回りとは資産運用した利益を1年あたりに換算したもので、利回りによって選ぶべき金融商品が異なります。

 

一般的に利回りが高いものほどリスクが大きく、低いほど安定した収益を上げることができます。目標設定を行うコツは始めに、

 

  1. 自分の余剰資金がどれだけあるか
  2. 最終的にどれくらいの金額を得たいか
  3. いつまでに目標金額を達成したいのか

 

この3点を把握することです。元手の金額と目標額と資産運用の期間から目標達成するための利回りを計算すると良いでしょう。

 

ちなみにこの記事をお読みになった方が良く読む、関連記事も紹介しますので気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

>>投資にかかる税金を総まとめ!すぐにできる対策とは?
>>資産運用のおすすめが知りたい!初心者でも始められる投資方法

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう