初心者の資産運用に向いている投資信託とは?

投資初心者に向いている投資信託

これから資産運用を始める人は、どの金融商品を選ぶかが大切。金融商品によっては複雑な仕組みのものや情報収集が必要なものもあり、投資に時間を割けない人には難しいのが現状。時間が取れないという人にとっては、思い切ってプロに任せるのも賢い資産運用法です。

 

そこでおすすめなのが、低額で始められて難しい知識が要らない投資信託。今回はマネーブリッジ編集部が、投資信託の説明とおすすめの投資信託の選び方についてご説明させて頂きます。これを読んで投資信託についての知識を深めていきましょう。

投資信託とは?

投資信託とは、お金をプロに託して代わりに資産運用をしてもらう商品。多数の投資家からお金を集めて、そのお金を株式や債券、不動産など様々な金融商品に変えて資産運用するものです。「投信」や「ファンド」とも呼ばれており、銀行や郵便局、証券会社などの金融機関で誰でも購入することができます。

 

そんな投資信託は、「ファンドマネージャー」と呼ばれるプロによって資産運用され、その結果、得た利益を投資家が購入した口数に応じて還元される仕組みになっています。

 

投資信託とは
引用:>>一般社団法人投資信託協会(外部リンク)

 

投資家は銘柄を選ぶ以外は資産運用にタッチしないため、知識や経験が無くても気軽に始めることができるという特徴があります。さらに1万円前後の少額で始めることもでき、多数の金融商品で分散投資効果が高いのも特徴でしょう。分散して投資をすれば、たとえ1つの投資先が下がったとしても、他の投資先が損失をカバーするのでリスクを最小限に抑えることができますからね。

 

一方の安全面はといいますと、元々投資信託は販売会社、運用会社、管理会社の3社で運用され資産は分別管理をしているため、どれかが破たんしても顧客の資産は守られるようになっています。しかし、個々で注意したいのは投資信託は「元本保証」の運用商品でないということ。運用が上手くいかず損失が生じた場合は、預け資産が減る可能性があることは覚えておきましょう。

資産運用の必要性

投資信託について具体的に説明していく前に、ここで「本当に資産運用は必要なのか?」という問いについて考えていきたいと思います。平均寿命は延び「人生100年時代」と言われ、たしかに今後の長い人生を豊かに暮らすにはお金が必要です。しかし、ライフイベントは送る人生、人それぞれ。試算してみたら、意外とお金が足りてしまったなんて人もいるのではないでしょうか?

 

つまり、みんなが投資を必ず行わなければ生きていけない訳ではないのです。投資初心者の方は、気負わずに少額から趣味程度に考え投資を始めることをおすすめします。試してみて自分には向いていないと感じたら他の投資方法、また他の方法(ブログやYoutube、副業のアルバイトなど)で資産を増やすことを考えても良いですね。投資は資産を育てていく手段の一つであることはしっかりと心に留め、広い視野で資産運用に取り組んでいけたら良いでしょう。

 

さて話がそれましたがここまで、簡単に投資信託について紹介してきました。次は気になる投資信託で資産運用を行うメリットや他にはない魅力について見ていきましょう。

知っておきたいメリットや魅力

投資のプロに資産運用をお任せできる、投資信託の最大のメリットは以下の2点になります。やはり、投資初心者でも気軽に資産運用を始められると言う点は他の金融商品が持ち合わせていない、投資信託ならではのメリットであると言えますね。

 

  1. 個人での投資に比べて少額で始められること
  2. 難しい資産運用の知識や技術のない初心者でもすぐに始められること

 

早速、1つずつ詳細を見ていきます。

1、個人での投資に比べて少額で始められる

新規の販売価格は1万円前後ですが、「基準価格」が安い銘柄だと5,000円前後で購入することもできます。ちなみに基準価格とは、1日1回公表される1口当たりの値段のことです。また、一括購入ではなく、月々決まった金額分の投資信託を購入する「積み立て購入」であれば月々100円~(例:楽天証券)と毎日のコーヒーを一杯我慢するだけで、少額で気軽に投資を始めることが出来ます。

 

月々100円からのお手軽投資デビュー
「投信積立」ならまとまったお金がなくても月々100円から投資デビューできます。まずは、投資の勉強を兼ねて、気になる投資信託や積立ランキングの銘柄を100円から積立してみてはいかがでしょうか。
引用:楽天証券HP(外部リンク)

 

そして先ほども少し触れましたように、投資信託は株式や債券、通貨などを分散して資産運用を行うため、少額投資でも分散投資で値下がりのリスクを抑えながら運用することが可能です。

2、難しい資産運用の知識や技術のない初心者でもすぐに始められる

投資信託は専門家による資産運用なので、発展途上国の株式などの外国市場の利益を初心者の段階から得ることも可能です。例えば、以下ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンドという投資信託は同ファンドへ投資するだけで、日本だけでなく、世界の株式や債券へ分散投資を行うことが出来ます。

 

(ファンド一例:ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド)

引用:楽天証券HP ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド

 

個人で外国の株式や債券への投資を行うことは、なかなかハードルが高いもの。そんな中、難しい資産運用の知識や技術のない初心者でも世界中に資産を分散投資できる点はまさに、投資信託は資産運用初心者に向いてる資産運用方法だと言えますね。さらに購入手順も簡単で、証券会社や銀行などで取引口座を開設して資金を入金すればあとは自分の好きな銘柄を選択するだけと簡単です。

リスクの理解も忘れずに

さて、投資信託のメリットについて説明してきましたが、何事も良い面だけでなく、起こりうるリスクについて理解しておくことは大切なことです。投資を始めてから「こんなはずじゃなかった」なんてことにならないように、続けて投資信託での運用に付随する以下2点のリスクについて説明していきます。

 

  1. 手数料が割高
  2. リターンが低い

 

こちらも、1つずつ丁寧に見ていきます。

1、手数料が割高

投資信託では基本的に購入時、運用期間中、売却時にそれぞれ手数料がかかります。これらの手数料はご自身で株式投資などで運用すれば、ほとんどかからないコストとなりますのでしっかり考慮して始めるべきです。たかが2%と思われるかもしれませんが、投資額が1000万円とまとまったものになれば2%で20万円。投資信託を購入しただけで、20万円が手数料として引かれてのスタートとなったら、考えただけで悲しいですよね。

 

最近ではノーロードと言って、購入手数料が無料の投資信託もありますので比較し、手数料が割安な商品を選択できると良いですね。また、運用手数料(信託報酬)に関して運用期間中はずっとかかる手数料なので、長期投資をお考えの方は徹底的に比較する必要があります。

 

投資信託の手数料

手数料の種類 目安 概要
購入手数料 0~2% 購入時に発生
運用手数料(信託報酬) 0.5~1.0% 運用期間中はずっと発生
信託財産留保 0~0.5% 売却時に発生

2、リターンが低い

基本的に投資信託はリスク管理の関係で、分散投資を行っています。日本株式に投資する投資信託に投資したとしても、A社、B社と複数社へ分散して投資を行います。よって、投資先の1社であるA社の株式が急激に値上がりしていたとしても他の投資先でマイナスが出ていたりすると、相殺され思っていたよりリターンが出なかったなんてことも考えられます。投資信託の値動きは、比較ゆるやかです。

 

(例:日興アセットマネジメントHP インデックスファンド225 直近1年間の値動き)

引用:日興アセットマネジメントHP インデックスファンド225

 

このように投資信託は、単一銘柄へ投資する株式投資などと比べると大きなリターンは狙いずらいという点は覚えておくの良いですね。今流行りの仮想通貨や外貨の為替差益で利益を出すFX(外国為替証拠金取引)など一獲千金が狙える投資方法をイメージされている方は、投資信託のリターンの低さは少しがっかりするかもしれません。

 

さて、ここまで投資信託とは何か?そのメリットを紹介してきましたが、投資信託を始めたいと思っても数千とある投資信託の銘柄の中から、投資する銘柄を選ぶのは難しいところ。そこで次では、厳選した初心者におすすめのファンドをいくつか紹介していきます。

初心者に向いているおすすめのファンドはココ!

ズバリ、資産運用初心者には「インデックス型の投資信託」がおすすめ。そもそも投資信託には「アクティブ型」と「インデックス型」の2種類があり、アクティブ型は目標とするベンチマーク(運用の競争相手)以上のリターンを目指す投資信託。

 

つまり、日本の平均株価をベンチマークに設定するアクティブ型ファンドであれば常に日本の平均株価以上の成績が出せるように戦略を組み運営を行います。反対にインデックス型は、ベンチマークに連動することを目的にしています。

>>アクティブファンドとインデックスファンドの違いとその選び方

 

インデックス型はアクティブ型に比べてコストが安く、コンピューターによる自動運用なので安定した値動きになっています。更に日経平均やTOPIXなどの指数に連動するため、売買のタイミングがつかみやすく初心者に向いています。今回は特に初心者に向いているインデックス型ファンドを3つ紹介します。

1、ニッセイTOPIXインデックスファンド

この投資信託はTOPIX(東証株価指数)にニッセイ基礎研究所が独自に開発したインデックス運用モデルを利用して連動を目指します。購入手数料や換金時の手数料は無料になっていて、ファンドの約98%が国内株式で構成されています。

 

分配金は出ず、利益は再投資されるため基準価格は堅実に上昇していきます。手数料を抑えて堅実に資産運用をしたい初心者におすすめの銘柄です。

 

ファンド名 ニッセイTOPIXインデックスファンド
コスト 信託報酬:0.1512%
償還日 無期限
目標ベンチマーク TOPIX(東証株価指数)

2、SMTアジア新興国株式インデックス

新興国株式で大きなリターンを目指したい人におすすめのインデックス投資信託。基準価格は現在21,978円と発売当初よりも、かなり値上がりしてきています。

 

銘柄の99%が外国株式、買付手数料3.24%と解約時の信託財産留保額が0.3%、信託報酬は0.648%とコスト高ですが、今後も値上がりが期待できます。投資信託で確実にリターンを得たい初心者におすすめの投資信託と言えるでしょう。

 

ファンド名 SMTアジア新興国株式インデックス
コスト 信託報酬:0.648%
購入時手数料:3.24%
信託財産留保額:0.3%
償還日 無期限
目標ベンチマーク MSCIエマージング・マーケット・アジア・インデックス

3、eMAXIS 日経225インデックス

日経225をベンチマークにしているインデックス投資信託。直近3年間のトータルリターンは25.2%と高い数字を出しています。基準価格は現在で24,203円と他の銘柄に比べて高めになっていますが、今後も安定的な値上がりを期待できますね。

 

買付手数料や信託財産留保額はなく、信託報酬のみ0.432%かかります。コストを抑えながら資産運用したい人に向いている投資信託です。

 

ファンド名 eMAXIS日経225インデックス
コスト 信託報酬:0.432%
償還日 無期限
目標ベンチマーク 日経225

投資を始める際に注意すべきポイント

ここまで、投資信託の基本やおすすめのファンドについて紹介してきました。ですが、実際に運用を始めるとなると不安なことも多いのではないでしょうか?そこでここでは、資産運用初心者が投資を始める際に注意するべき2つのポイントとして「余剰資金で投資を行う」と「目標設定をしっかり行う」がありますので、それぞれ見ていきましょう。

1、余剰資金で投資を行う

資産運用を始める前に、まずは生活費や貯蓄するお金以外の投資だけに使える資金を確保することが必要です。資産運用は成功すれば利益を得ることができますが、失敗すると元金が0円になる可能性があります。失敗した際に生活が立ち行かなくなるようでは困るので、資産運用の資金は当面使う予定のない余剰資金で行う必要があります。

 

余剰金での資産運用で成功する確率が大。生活費など損してはいけない資金で取引をすると損切や利益確定のタイミングを外してしまいがちです。「絶対損できない」もしくは「損を必ず取り戻す必要がある」などの心の焦りから冷静な判断が下せず、損する場合が多いからです。

2、目標設定をしっかり行う

資産運用を行う前に、いつまでにどれくらいの利益を得たいのかを明確にすることが必要です。また、目標設定では資産運用の期間や資金額などから現実的な目標利回りを決めることが重要です。利回りとは資産運用した利益を1年あたりに換算したもので、利回りによって選ぶべき金融商品が異なります。

 

一般的に利回りが高いものほどリスクが大きく、低いほど安定した収益を上げることができます。目標設定を行うコツは始めに、以下の3点を把握することです。

 

  1. 自分の余剰資金がどれだけあるか
  2. 最終的にどれくらいの金額を得たいか
  3. いつまでに目標金額を達成したいのか

 

元手の金額と目標額と資産運用の期間から目標達成するための利回りを計算すると良いでしょう。資産運用はやみくもに始めるのではなく、しっかり目標立てを行ってから始められると良いですね。

 

最後にまとめです。

まとめ

 
さて、今回は投資信託の概要からそのメリット、おすすめ商品から実際に投資を始める際に注意したいポイントについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

 

投資のプロにお任せで、初心者でも手軽に取り組める投資信託は、これから資産運用を始めたいと考えている方には1つの選択肢となります。何か投資を始めたいけれど自分に出来るか心配、そんな方はまずは投資信託で運用を始め、投資の感覚をつかんでみるのも良いですね。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう