おすすめのファンドを厳選紹介

ヘッジファンドの特徴と国内ヘッジファンドの人気ランキング

資産運用の世界では上位1割の勝ち組投資家が、9割の利益を独占しています。

上位1割の勝ち組投資家になるためには、長年の投資経験に加えて人並み以上の銘柄分析技術が求められます。

もしご自身の投資経験と銘柄分析技術に自信がないということでしたらヘッジファンドに資産運用を任せてみてはいかがでしょうか。

ヘッジファンドというのは「超腕利きの資産運用会社」であり、ヘッジファンドに資産運用を任せれば、3年以内に資産が倍に増えることも珍しくありません

このコンテンツでは資産運用の世界でプロ中のプロとして一目置かれているヘッジファンドの特徴とおすすめのヘッジファンド2社をランキング形式で紹介していきます。

ヘッジファンドとは何者なのか?

ヘッジファンドの特徴と国内ヘッジファンドの人気ランキング

ヘッジファンドというのは、世界中の富裕層からお金を集めて、彼等の代わりに資産運用を代行してくれる独立系資産運用会社のことを指します。

投資信託を運営している一般的な資産運用会社とは異なり私募でお金を募るために1口あたりの最低価格は数百万円~数億円に設定されています。

ヘッジファンドには、優秀な大学を出て、外資系投資銀行でキャリアを積んだバンカーが集まっています。つまり、ヘッジファンドにお金を預ければ、金融の世界におけるプロ中のプロに資産運用を任せることができるのです。

ほとんどのヘッジファンドは成果報酬制を導入しているので、運用結果に応じて会社の収益が大きく変動します。この成果報酬制は社員の報酬体系にも導入されており、ヘッジファンドでは結果が全てという文化があります。

もちろん利益を出すために何でもやるというスタンスは、社会的な非難に繋がることがあります。事実、一部のヘッジファンドの中には、利益追求の一環としてハゲタカ的な行為や敵対的なM&Aにも手を出すことも見受けられます。

運用手法に対する評価は評価者の立場の違いにより様々ですが、運用結果にこだわるという点においてヘッジファンドの右に出る存在はありません。

そのため、資産を効率よく増やしたい方にとってヘッジファンドは最高のパートナーとなり得るのです。

おすすめのヘッジファンドランキングはこちら

日本に本物のファンドは存在するのか?

ヘッジファンドの特徴と国内ヘッジファンドの人気ランキング

管理人の知る限りの話ですが、日本国内で大規模な広告を出しているヘッジファンドはありません。おそらくこのコンテンツに目を通されている皆様もヘッジファンドの広告を見たことがない方がほとんどのはず。

もちろん、ヘッジファンドの広告がないからといって日本国内にヘッジファンドが1社もないというわけではありません。ただし、どうしてヘッジファンドが大々的な広告を出さないのかについては知っておいた方が良いかと思います。

そもそもの話になりますが、ヘッジファンドは富裕層をメインの顧客にしているので一般の個人投資家向けの広告を出す必要がないのです。

メイン顧客が富裕層である以上、少人数の資産家から資金を集め、その資金を運用するだけで十分ビジネスになります。

しかもヘッジファンドの中には、少人数の富裕層を相手にするだけで100億円~1,000億円のお金を集めているファンドもあるようです。何せ富裕層が相手です。

それに富裕層側もヘッジファンドのことを自分たちの大切な資産を増やしてくれる最高のパートナーと見ております。つまり、ヘッジファンドと富裕層の間には事実上の癒着のような関係ができあがっているのです。

このことを考えると日本国内でヘッジファンドの広告を目にする機会がないのは至極当然と言えるでしょう。広告がない以上、ヘッジファンドの利用を考えているのでしたら自分でファンドを探すことになります。

おすすめのヘッジファンドランキングはこちら

独立系資産運用会社とのコンタクト方法

ヘッジファンドの特徴と国内ヘッジファンドの人気ランキング

ここでは、非富裕層の個人投資家の方でも使える3種類のヘッジファンドとのコンタクト方法を紹介していきます。まず最初に3つのコンタクト方法をまとめてみましたのでご覧ください。

・直接連絡する
・富裕層の人に紹介してもらう
・金融機関の力を借りる

これからそれぞれのアプローチ方法の詳細について紹介していきます。

直接連絡する

ヘッジファンドが大々的な広告を出すことはありませんが、ヘッジファンド各社のホームページにはコンタクトフォームがあります。

公式のコンタクトフォームから担当者にメッセージを送れば、ヘッジファンドの担当者から連絡が来るはずです。仮に連絡が来なければ、ホームページに記載されている電話番号に自ら電話をかければ、確実に担当者と連絡が取れます。

富裕層の人に紹介してもらう

富裕層をメイン顧客にしているヘッジファンドの多くは顧客からの紹介を大切にしています。この特性を利用してヘッジファンドと契約をしている知人に紹介を頼むことができれば、確実にヘッジファンドの担当者に会うことができます。

この方法は全員が利用できるわけではありませんが、ヘッジファンドと個別契約をしている友人・知人がいる方にとって非常に有効なアプローチ方法と言えます。

金融機関の力を借りる

日本国内で営業活動を行っている証券会社の中には、ヘッジファンドの商品を取り扱っている会社もあります。

そういった会社に紹介を頼めば、証券会社が業務提携をしているヘッジファンドと契約する機会が手に入ります。

3種類の中でベストはどれか?

ここまで紹介してきた3種類のコンタクト方法にはそれぞれ良い点と悪い点があります。その上での話ですが、個人的におすすめしたいのはヘッジファンドのホームページに足を運んで自ら担当者と連絡を取ることです。

知人や証券会社の社員にヘッジファンドの紹介を頼むのも悪くはありませんが、彼等が紹介するファンドの質が良いとは限りません。大切なお金を預ける以上、他人の紹介を頼りにするのではなく、自分の力でベストなヘッジファンドを探すべきです。

そうはいってもゼロからヘッジファンドを探すとなると大変だと思います。

そこでこのコンテンツでは皆様のヘッジファンド探しの一助になればと思い、国内で人気のヘッジファンドをランキング形式でまとめてみました。

おすすめのヘッジファンドランキングTOP2

おすすめのヘッジファンドランキングTOP4

今回紹介するヘッジファンドをランキング順にまとめてみました。

第1位:BMCAPITAL
第2位:日興レジェンド・イーグル

ランキングといいながらもここでおすすめできるのは2つしかありませんが、2つのヘッジファンドの詳しい内容はこれから紹介していきます。

第1位:BMCAPITAL

ヘッジファンドの特徴と国内ヘッジファンドの人気ランキング

おすすめランキング第1位は、BMCAPITALです。BMCAPITALには、外資系投資銀行で働いていた金融のプロが数多く在籍しているので人材の質の高さが際立ちます。

そんなBMCAPITALの過去3年間の平均年間リターンは約17%です。

17%というリターンはヘッジファンド業界の平均年間利回りを少し上回る水準です。ランキング第1位のM&Sと比較すると収益性は見劣りしますが安全性が高いので最近注目されています。

そんなBMCAPITALの最低私募価格は1,000万円ですので準富裕層の方にも人気があります。

BMCAPITALは日本国内で人気のあるヘッジファンドの1つなのでチェックしておきたいですね。

BM CAPITALの個別ページはこちら

第2位:日興レジェンド・イーグル

ヘッジファンドの特徴と国内ヘッジファンドの人気ランキング

おすすめランキングの第2位は、日興レジェンド・イーグルという会社です。日興レジェンド・イーグルはここまで紹介してきたランキング上位3社とは異なり独立系資産運用会社ではありません。

その上で日興レジェンド・イーグルを今回紹介する理由は、まとまった資産がなくても利用ができるからです。

そもそもの話になりますが、日興レジェンド・イーグルは投資信託の部類に入るので基準価格をベースとした公募価格で契約することができます。

公募価格は1万5千円前後なので、まとまった初期投資額を用意できない人でも気軽に契約ができます。まとまったお金の準備が難しい方や少額から利用できるファンドをお探しの方にとっては非常にありがたい会社と言えるでしょう。

日興レジェンド・イーグル・ファンドの個別ページはこちら

ファンドの特徴とランキング結果のまとめ

このコンテンツでは、ヘッジファンドという独立系資産運用会社の概要とおすすめの会社名をランキング形式で紹介してきました。

このコンテンツで紹介してきましたようにヘッジファンドを利用すれば、年間20%前後の利回りが期待できます

年間20%というリターンは素人ではおろかプロの投資家でもなかなか達成することができません。このことを考えると資産運用で高いリターンを狙うのならば、ヘッジファンドの力を借りるというのは理に適った行為と言えるでしょう。

どのファンドを利用すればよいか分からない方は、このコンテンツで紹介してきた2つの会社を調べてみてはいかがでしょうか。

「2つの会社ってどこだっけ?」という方もいるはずですので、改めて筆者イチオシの3つのファンドをランキング形式で紹介します。

  • 1位:BMCAPITAL
  • 2位:日興レジェンド・イーグル

この2社の中でもランキング1位のBMCAPITALは別格ですね。ヘッジファンドに関心がある方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

BM CAPITALの詳細ページはこちら