知識ゼロでも運用可能!ロボアドバイザーの仕組みを解説

ロボアドバイザー初心者

お金を預けるだけで、ロボット(AI)が代わりに資産運用してくれるロボアドバイザー。

「ロボットに大切な資産の運用を任せて大丈夫なの?」

そう思われる人も多いでしょう。

実は、ロボアドバイザーは投資の知識がなくてもプロのように上手に運用ができる優秀な投資方法なのですよ。

ここでは、ロボアドバイザーとは何か?、ロボアドバイザーの種類、投資信託との比較、メリット・デメリット、ロボアドバイザーとしての運用が向いている人から、おすすめのロボアドバイザー運用会社までまとめて紹介します。

投資の知識はないけれど、何か運用を始めてみたいという人はロボアドバイザーがおすすめです。

まずは、ロボアドバイザーの仕組みについて見ていきましょう。

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、 お金を預けるだけでロボット(AI)が代わりに資産運用のアドバイスをしてくれたり、さらに実際の運用を代行してくれる金融サービスの事です。

初心者が投資で資産を増やそうと思うと、投資や経済の勉強、チャートの分析、実際の取引やその後のメンテナンスなど時間と手間がかかります。

初心者が投資を始めてから、1日、2日では安定的な運用が出来るようにはならないということですね。

しかし、ロボアドバイザーならお金を預けるだけで優秀なロボットが運用してくれるので、投資を始めたその日から投資のプロと同じような運用が出来るというのは嬉しいですよね。

そんな、ロボアドバイザーには投資一任型アドバイス型の2種類があります。

早速、その違いを見ていきましょう。

投資一任型とアドバイス型

先述した通り、ロボアドバイザーには投資一任型アドバイス型の2種類があります。

まずは、アドバイス型です。

アドバイス型

ロボアドバイザーアドバイス型

アドバイス型はウェブ上で「運用の目的は何ですか?」といったような簡単な質問に数問答え、出た診断結果から、 投資者に適した運用方法や投資銘柄をアドバイスしてくれるといったものです。

こちらは基本的にアドバイスのみに留まり、そのアドバイスを参考に自分で金融商品の購入、その後の運用は行っていく必要があります。

また、アドバイス型のロボアドバイザーは基本的には手数料がかからず、無料で利用することが出来ます。

次は、投資一任型です。

投資一任型

ロボアドバイザー投資一任型

ウェブ上で簡単な質問に答えると、運用に対するアドバイスを受けられるところまではアドバイス型と同じですが、投資一任型の場合は若干の手数料を支払えば、その後のその後の運用、調整までもを一貫してお任せすることが出来ます

 

「投資に調整が必要なの?」

そう思われた方もいるでしょう。

例えば、投資資金を不動産へ50%、株式へ50%分散して投資するのが良いとの提案を受け、その通りに投資したとしても、その後利益を出したり、損失を出したりしているうちに不動産30%、株式70%と言ったように、比率が崩れてきてしまう可能性があります

始めに提案された最適な投資比率を維持するためにも、調節は不可欠で、その調整までを一括してお任せできるのが投資一任型のロボアドバイザーです。

 

ここまで、いかがでしょうか?

不動産や株式など、複数の金融商品を個人で1つ1つ購入するとなると手間と時間がかかります。金融商品の購入から、その後の調整まで一括してお任せできることを考えると、投資初心者は「投資一任型」のロボアドバイザーを選ぶのが良いでしょう。

続いては、投資信託とロボアドバイザーの違いについて説明します。

投資信託と比較してみる

投資信託とロボアドバイザーの違い

「投資初心者はまず投資信託から」

初心者向けの投資方法として、投資信託を勧められた人もいるでしょう。

投資信託が初心者向けと言われている理由は、投資信託商品を購入するだけで投資のプロが代わりにその後の運用をしてくれる為、投資の知識がなくても上手に運用できるからです。

ここで、「ロボアドバイザーと投資信託って何が違うの?」と思った方もいるでしょう。ここで、比較されがちな投資信託とロボアドバイザーの違いを表で見ていきます。

ロボアドバイザーと投資信託比較

投資商品 投資先選定 手数料 調整
投資信託 自分で投資信託商品を選択、購入する必要がある。 購入手数料:約0%~3%
運用手数料:1%前後
投資者が行う
ロボアドバイザー 投資商品の選択、購入も代行してくれる。 購入手数料:無料のところが多い。
運用手数料:1%
自動

いかがでしょうか?

投資信託の場合はリスク分散の意味で、海外株式型の投資信託、国内債券型の投資信託など、様々な商品の中から複数を選び、分散して投資する場合が多いです。

その為、投資者自身でどの投信信託商品をどの配分で購入するのかを複数判断し購入する必要があります。また、その後の調整も投資者自身で行う必要があります。

反対にロボアドバイザーの場合は、金融商品の選定、購入配分、またその後の調整まで一括してお任せすることが出来ます。

投資の勉強を始めたいという人は別ですが、 投資に手間と時間をかけたくないという人はお金を預けるだけで、後はまとめて運用をお任せできるロボアドバイザーがおすすめです。

しかし、「やっぱり、ロボットにお金の管理は任せにくい…」という人の為に、ここで、ロボアドバイザーの運用成績を見てみましょう。ロボットは意外と侮れません!

ロボアドバイザー運用成績

ウェルネスナビ,運用成績

参照:Wealth Navi "WealthNaviの運用実績"

これは、大手ロボアドバイザー会社のウェルスナビ(Wealth Navi)で公開されているロボアドバイザーの運用成績です。一番リスクを取らないリスク許容度1での運用でも3年で+4.6%、まとまったリターンを狙うリスク許容度5での運用であれば3年で+10.8%。

※リスク許容度はウェブ上での質問回答内容により診断されます。

商品によっても異なりますが、投資信託では平均3%程のリターンを望めると言われていることから考えても、比較的良い成績であると言えますね。

投資信託、ロボアドバイザー運用成績比較(運用期間:3年)

ロボアドバイザー(リスク許容度1) +4.6%
ロボアドバイザー(リスク許容度5) +10.8%
投資信託 A社 +2.88%

ロボット(AI)が運用するロボアドバイザーですが、意外としっかり成績を出せているのです。

いかがでしたでしょうか?

次にロボアドバイザーについてさらに理解を深める為に、ロボアドバイザーのメリット・デメリットを簡単に説明していきます。

メリット・デメリット

ロボアドバイザーのメリットデメリット

ここでは、ロボアドバイザーのメリット・デメリットについて紹介します。

まずは、ロボアドバイザーのメリットです。

ロボアドバイザーのメリット

ロボアドバイザーのメリットは、以下の3つがあります。

メリット

・金融に対する知識が必要ない
・少額から手軽に投資を始められる
・投資に時間と手間を取られない

いかがでしょうか?

投資の知識がない初心者でも完全お任せで上手に運用できるというのは、ロボアドバイザーの大きなメリットと言えるでしょう。また、忙しく投資に時間を取れない方でも手軽に始められるのも、ロボアドバイザーの嬉しいポイントです。

続いて、ロボアドバイザーのデメリットです。

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーのデメリットは、以下の3つがあります。

デメリット

・完全に自分で投資、運用する場合と比べると手数料がかかる
・短期的に大きな利益は狙えない
・完全お任せなので投資の勉強にならない

運用を代行してもらうのに手数料がかかるところは、ロボアドバイザーのデメリットとしてよくあがりますが、投資を1から勉強する手間と時間を節約できると考えれば、手数料を支払ってでも利用する価値はあると思います。

また、基本的にロボアドバイザーは長期的にリスクを抑えながら、少しずつ利益を挙げていく投資方法になります。ロボアドバイザーで短期間に爆発的な利益は狙いにくいということは、覚えておくと良いでしょう。

さて、ロボアドバイザーのメリット・デメリットを理解したところで、次はロボアドバイザーでの運用が向いている人について紹介します。

こんな人に向いている

ロボアドバイザーが向いている人

投資とは言っても種類は様々。

とにかくお金を減らしたくないという人にハイリスクなFX(外国為替証拠金取引)や仮想通貨は向いていないというように、投資にも向き不向きがあります。

ロボアドバイザーでの運用が向いている人は、

・投資初心者
・投資に時間をかけられない人
・少額での投資を行いたい人

が、あげられます。

「定期預金にお金を預けていても増えないのはわかっているけれど、自分で投資するのはちょっと怖いし面倒…」

そんな人には、完全お任せで資産を上手に運用出来るロボアドバイザーは、ぴったりの投資方法であると言えるでしょう。

では、ロボアドバイザーに向いていない人はどういった人でしょうか?

こんな人には向いていない

ロボアドバイザーでの運用が向いていない人は、

・投資の勉強をしたい人
・投資の知識があって自分で上手に運用が出来る人
・高額での運用をしたい人

が、あげられます。

まず、投資の知識があり自分で上手に運用できる人は、わざわざ手数料を払ってロボアドバイザーを利用する必要はないと言えますね。株式投資FX(外国為替証拠金取引)などで自力で運用したほうが、効率が良いでしょう。

また、1000万円以上のまとまったお金を運用される場合は、ヘッジファンドに運用を任せたほうがずっと効率よく運用が出来るでしょう。

>>ヘッジファンドについて知る

 

いかがでしょうか?

投資には向き不向きがありますので、しっかりと自分の運用目標や取れるリスクと照らし合わせて運用を始めるのが良いですね。

ここで、「自分はロボアドバイザーでの投資に向いている!」「ロボアドバイザーを始めたい」そう思っている人の為に、編集部おすすめのロボアドバイザー運用会社を紹介します。

おすすめの運用会社3選

おすすめロボアドバイザー会社

ここでは、編集部が厳選したおすすめのロボアドバイザー運用会社を3つ紹介します。

1つ目は、ウェルスナビ(WealthNavi)です。

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビ(WealthNavi)は、ロボアドバイザーの最大手と言っても良いのではないでしょうか。利用者が多く大変に人気のロボアドバイザー運用会社です。

ウェルスナビと特徴の一つに、スマートフォンのアプリ(iOS / Android)が用意されていること。このアプリは使い勝手がとても良く、通勤時間にささっと運用状況をチェックできるのも良いですよね。

また、ウェルスナビは長期的に利用することにより手数料が最大0.90%(年率)も割り引かれる「長期割」があるのも大変に嬉しいポイント。

WealthNavi(ウェルスナビ)
種類 投資一任型
最低投資金額 10万円(積立であれば月1万円)
投資対象 主要な海外ETF
手数料 運用手数料:1%(税抜)
信託報酬:0.14%(税抜)

ロボアドバイザーで長期的にじっくり資産を増やしていきたい人は、ウェルスナビで投資を始めると良いでしょう。

次は、楽ラップです。

楽ラップ

楽ラップ

楽ラップは大手の楽天証券が運営しているとのことで、安心感があり大変に人気のロボアドバイザーです。楽天証券の口座をお持ちの方は、より手軽に始めることが出来ますよ。

楽ラップと特徴としては、下落ショック軽減機能(TVT機能)がついているところです。 下落ショック軽減機能とは、株式市場の価格変動リスクが高まった時に株式への投資比率を減らし、債券の投資比率を高める値下がりのリスクを回避する機能です。

楽ラップ
種類 投資一任型
最低投資金額 1万円(積立も可能)
投資対象 国内投資信託
手数料 運用手数料:0.65%(税抜)
信託報酬:0.267%(税抜)
※楽ラップでは固定報酬型と成功報酬型の2つの手数料コースから選択可。

値下がりのリスクを上手に抑えて安全に運用していきたい人は、楽ラップで運用を始めるのも良いですね。

ちなみに、 楽ラップはスマートフォンの専用アプリはありませんのでご注意を。

最後は、テオ(THEO)です。

テオ(THEO)

テオ(THEO)

テオ(THEO)もスマートフォンのアプリ(iOS / Android)で外出先でも、手軽に投資を始められるロボアドバイザーです。また、「いきなりまとまったお金を運用するのはちょっと…」という人も、1万円の少額から始められるのは初心者には嬉しいですよね。

テオ(THEO)
種類 投資一任型
最低投資金額 1万円(積立も可能)
投資対象 複数の海外ETF
手数料 運用手数料:1%(税抜)
信託報酬:非公開

とにかく少額から投資を試してみたいという人は、テオで運用を始めてみても良いでしょう。

ここまで、いかがでしょうか?

今回は3つのロボアドバイザー運用会社を紹介してきましたが、この中でも特におすすめなのが、国内大手であるウェルスナビ(WealthNavi)です。

まず、運用成績が安定していますし、長期的な投資を行うことで手数料の割引が受けられるのは投資者としては大変に嬉しいポイントです。

とは言っても、ここで紹介した運用会社はどれもおすすめですので、是非運用会社選びの参考にしてみてください。

最後に、まとめです。

少額投資の場合なら手数料も節約でき十分使える!

ロボアドバイザーは初心者向け

ここでは、ロボアドバイザーとは何か?、ロボアドバイザーの種類、投資信託との比較、メリット・デメリット、ロボアドバイザーとしての運用が向いている人から、おすすめのロボアドバイザー運用会社まで紹介してきました。

まだ何も運用をしていない人は、まず手軽に始められるロボアドバイザーで運用を始めてみると良いでしょう。

一見難しそうに思える「投資」ですが、 始めてみると出た利益でちょっとした贅沢ができたり、経済や金融に興味が湧いてきたりと楽しくなってくるでしょう。

本サイトでは投資や資産運用に関する情報を他にもたくさんアップしておりますので、是非チェックしてみてくださいね。

▼参考記事▼

Twitterでフォローしよう