貯蓄ばかりではお金の不安は解消されない

投資初心者
このコンテンツでは、投資初心者のあなたに向けて資産運用の基礎中の基礎と投資初心者にぴったりな資産運用手法を紹介しています。

 

「資産運用には興味があるけれどもまず何をやればよいかわからない」こういった、資産運用初心者にありがちなお悩みを抱えていないでしょうか?

 

ここだけの話、資産運用は基本中の基本さえ押さえれば、投資初心者でも十分に高い結果を出すことが出来ます。

 

しかも投資初心者が資産運用で成功するために押さえなくてはいけないポイントは、たったの3つだけです。その3つというのは、

 

  • 資産運用の基本中の基本を頭にいれる
  • 初心者と相性が良い投資商品を選ぶ
  • 初心者でも勝てる運用計画を立てる

 

このコンテンツでは、マネーブリッジ編集部が資産運用の基本中の基本から資産運用初心者におすすめの投資商品と投資戦略についてまとめています。これから紹介する内容に目を通すだけで、資産運用初心者がまず押さえておきたい資産運用の本質が分かります!

「資産運用って何?」という方の疑問に答えます

資産運用初心者の中には、そもそも資産運用とは何?という人もいると思います。

 

そこで、このコンテンツのはじめに資産運用の「概要」・「意義、目的」・「メリット及びデメリット」について紹介していきます。

そもそも資産を運用することとは?

テレビのCMなどで資産運用って言葉は聞いたことがあると思います。

 

そんな皆様でも子供や友人に「資産運用って何?」と聞かれた時にはっきりと説明できる人はほとんどいないと思います。しかし、心配しなくて大丈夫です。

 

私も数年前までは、完全に資産運用の初心者で「資産運用って何?」と他人に聞かれても答えることはできませんでした。資産運用というのは、自分の資産の総額を増やすために今持っている資産を運用することです。なんか、小難しい説明になっているので資産運用初心者の方がぱっと理解できるようにもっと簡単に説明します。

 

まず、資産運用初心者の方は、「資産」とは何なのかを理解しましょう。「資産」というのは、現金や不動産をはじめとした私達が持っているお金になる全ての持ち物を指します。

 

それでは資産運用とはどんなものかと言いますと、今ある資産を使って資産の総額を増やす行為全般のことを指すのです。ここまでの説明で資産の意味と資産運用が目指すゴールは、なんとなく理解できたでしょうか。

 

実は、資産運用初心者の方も日々資産運用を行っています。ここで紹介する行為を、一度くらいはしたことがあるはずです。

 

これらの行為も、一種の資産運用です。例えば銀行にお金を預けると僅かですが、利率がつきますし、宝くじやロト6を買えば、資産が増える事もありますよね。

 

こう考えてみると普通に日本で生活をしていれば、純粋な意味で資産運用の初心者はほとんどいないはずです。要するに今資産運用初心者だという人でも、気づかないうちに資産運用に取り組んでいるのです。

目的は、夢や理想の実現

ここでは、資産運用の目的を初心者の方に向けて説明します。資産運用の目的は、自分の理想や望みを達成することです。

 

「お金があれば、こんなことやあんなことしたい」という思いがある方は、今現在は資産運用初心者であっても資産運用で成功する素質があります!

 

  • マイホームを建築したい
  • 老後は、ゆっくりとゴルフをしたい
  • 子供を東京の私立大学に通わせたい

 

このような望みを、心の中に持っていないでしょうか。多くの人は、「お金があれば〇〇したい」という願望を持っています。お金で達成できる願望を持っていれば、資産運用に取り組む動機ができるので結果として良い結果が見込めるのです。

 

私たちが普通に抱く夢や理想は、お金があればだいたい達成することができてしまいます。例えば...

 

  • 8,000万円あれば、キャッシュで家を買えます。
  • 5,000万円あれば、老後に毎日ゴルフができます。
  • 1,000万円あれば、子供を私立の大学に通わせられます。

 

ここで紹介した金額を、普通に貯めるのは難しいはずです。ただし、資産運用に取り組んでコツコツと財産を増やしていけば、今現在資産運用初心者の方でも、十分に手が届きますよ!

 

もちろんお金があれば、全ての目標や理想が叶うとはいいません。ですがほとんどの夢はお金で叶えることができますし、資産運用に取り組んで夢を達成した投資初心者はたくさんいます。

 

彼等のように、お金を理由に諦めていた夢や理想の実現を目指すことが資産運用の目的なのです。

運用に取り組むメリットとデメリット

ここまで、初心者の方に向けて「資産運用とは何か」と「資産運用の目的」を簡単に説明しました。そこでここからは、資産運用初心者の方に資産運用のメリットとデメリットを紹介します。まずは、両者をまとめてみましたので御覧ください。

 

メリット
・将来の理想を実現するチャンスがある。
・資産を大きく増やすチャンスがある。
・効率的な副業ができる。
・将来のお金の不安を消せる。

 

デメリット
・資産を減らすリスクがある。
・借金をするリスクがある。
・給料の一部が使えなくなる。

 

メリットとデメリットの詳しい内容については、投資初心者でも簡単に分かるようにこれから説明していきます。

理想の実現とお金の不安の解消

資産運用は、お金の不安の解消と理想のライフプランの実現に大きく役に立ちます。もしあなたが会社から給料をもらっているサラリーマンの方でしたら、何かしらのお金に対する不安を抱えているかもしれません。

 

例えば、「貯金がなかなか貯まらないこと」や「子供の養育費を十分に準備できない」なんてことはないでしょうか?

 

もしあなたがこういった不安を解消したくても、普通にサラリーマンをやっていればその悩みを抱え続けることになります。ましてや「老後に○○をしたい」とか、「マイホームが欲しい」といった願望を達成するのは劇的に給与が増えない限り難しいと言わざるを得ません。

 

ただし資産運用に取り組んで自分で資産を増やすことに取り組めば、お金の不安が軽くなり、自分の夢を達成するための道が開かれます。それに資産運用はパチンコやギャンブルと違ってきちんと勉強すれば、今初心者の方でも高い確率で結果を残せるのです。

損失リスクは、原則不可避

資産運用は、持っている資産を運用するので当然損失リスクはあります。

 

「損失リスク」という言葉を聞くだけで、深く考えずに嫌悪感を示す初心者の方もいるかもしれません。ただし「リスク」という言葉に過剰反応する資産運用初心者の方の中には、資産運用のリスクを正しく理解していない人もいるはずです。

 

そこでここでは、資産運用初心者の方に向けて資産運用に付きまとう損失リスクについて簡単に説明していきます。

 

まず資産運用初心者の方に知って頂きたいのは資産運用には損失リスクはありますが、投資額全てが無くなることは基本的にないということです。これを知ると資産運用に対する恐れが軽くならないでしょうか?

 

もちろんこのことを知っても、資産運用に対する漠然として不安を抱える資産運用初心者の方もいるでしょう。

 

そういった方は、FXのような元金以上の取引ができるハイリスクな投資に手を出すのを控えると良いでしょう。元金以上の損失が出ない投資信託などは、元本以上の損失がでないので、初心者がついやってしまう痛い失敗をしてしまっても致命的な損失は発生することはありません。

 

最悪でも借金はあり得ないという保証があれば、どうしても資産運用のリスクが気になる投資初心者の方の不安も軽くなるはずです。

初心者が資産運用をはじめるために準備すること

ここからは、資産運用初心者の方を対象に資産運用のはじめ方について説明していきます。まず初めに資産運用初心者の方に知って頂きたいのは、資産運用を始める為にやらなくてはいけないことはたったの2つであるということです。

 

  1. 最低限の元手を用意。
  2. 証券会社で口座を開設する。

 

この2つをやるだけで、今資産運用初心者の方でもすぐにでも資産運用を始めることができます。

 

そこで、「元手の準備」と「口座の開設」の詳しい内容を資産運用初心者の方に向けて紹介していきます。元手というのは、資産運用をはじめるための準備金のことです。

 

準備金と聞くと「貯金なんてないよ...」と思う資産運用初心者の方もいるかもしれませんが、ご安心ください。資産運用は1万円程度の少額からはじめることができます。

 

例えば資産運用初心者に人気がある日本の国債は、1万円から購入できます。このように元手のハードルはかなり低いので、定期的な収入があれば貯金が少ない資産運用初心者の方でも簡単に初期資金を用意できるはずです。

 

ここまで、資産運用の初期資金について投資初心者の方を対象に説明してきました。ここまでの内容が分かれば、初心者が押さえておきたい初期資金周りの知識は十分です。そこでここからは、証券会社で口座を開設する際の流れについて資産運用初心者の方を対象に説明していきます。

 

まず初心者の方に知っておいて欲しいのが、証券口座を開設するにはお金がかからないということです。

 

証券口座の開設は、ネット証券でも大和証券のような店頭型の証券会社のどちらでもできます。店頭型もネット型もWEB経由で口座開設を行えますので、資産運用に関心がある初心者の方はまずは気になる証券会社のホームページを見てみましょう。

 

あくまで個人的な意見ですが、資産運用に取り組むのならば投資初心者であっても店頭タイプの証券会社よりもネットタイプの証券会社を使うのが良いでしょう。

 

どうしてネットタイプの証券会社が良いかと言いますと店頭タイプの証券会社と比較すると取引時の手数料が格段に低く設定されているかです。

 

もちろん資産運用初心者の方の中には、店頭型証券会社の手厚いサポートに魅力を覚える方もいるかもしれません。そういった初心者の方には店頭型の方が相性がよいこともあるので、店頭型とネット型のどっちがよいかは各投資初心者の趣向によるところが大きいです。

 

ちなみに証券会社の口座は、「一般口座」・「源泉徴収ありの特定口座」・「源泉徴収なしの特定口座」の3種類があります。

 

個人的には資産運用初心者の方は、「源泉徴収ありの特定口座」の開設が望ましいです。この口座は証券会社が源泉徴収をしてくれるので、資産運用初心者がやると時間がかかりがちな税金関係の手続きの手間が最小限に収まります。

 

いかがでしょうか。ここまで資産運用初心者の方に資産運用のはじめ方について紹介しました。最低限の元手を準備して証券口座の開設を行えば、今現在資産運用初心者の方であってもすぐに資産運用をはじめることができます。

口座開設がおすすめの証券会社の紹介

色々な証券会社の中で初心者が口座を開設するのにおすすめの証券会社を紹介します。その前にまず、資産運用初心者の方が証券会社を選ぶ際におすすめの3つの基準を紹介します。

 

  1. 手数料の安さ。
  2. 取り扱い商品の種類。
  3. 得意な金融商品のジャンル

 

手数料というのは、金融商品を売買するときに必要になる仲介手数料です。当然安ければ、安い方がよいです。また各証券会社が取り扱っている金融商品の数はバラバラですし、各社それぞれで得意な金融商品と苦手な金融商品があります。

 

そのため、ご自身の興味がある金融商品に強い証券会社で口座を開設するのが望ましいです。ちなみに資産運用初心者の方は、投資初心者に人気がある投資信託という金融商品に強い証券会社を探してみるのが良いでしょう。

 

ここからは、資産運用初心者の方におすすめの4つの証券会社を紹介します。

 

  • マネックス証券
  • SBI証券
  • カブドットコム証券
  • SMBC日興証券

 

ここで紹介した4つの証券会社は、手数料も安く取り扱っている商品も多いです。この4つの中でも、とりわけマネックス証券とSBI証券が資産運用初心者の方には良いでしょう。

 

マネックス証券は、手数料が業界最低水準であることに加えて資産運用に関するメルマガやオンラインセミナーが充実しています。もう1つのSBI証券は、ネット証券会社の中で取り扱っている投資信託の本数が最も多いことで有名です。

 

どちらも資産運用初心者との相性が抜群のネット証券会社なので、はじめての資産運用にぴったりです。

3種類の初心者と相性の良い投資商品

ここでは、どんな種類の資産運用があるかを紹介し、初心者の方と相性の良い3種類の投資商品を特集します。まずは、代表的な8種類の資産運用方法をリスク別に分けた上で紹介していきます。

8種類の代表的な運用手段

8種類の代用的な資産運用方法をローリスク・ミドルリスク・ハイリスクの3つに分けてまとめてみました。一緒に一つ一つ見ていきましょう。

 

ローリスク・ローリターン系
・預金
・国債
・外貨預金

 

預金というのは、銀行にお金を預けることです。おそらくこれは資産運用初心者の方でもやっているのではないでしょうか?銀行にお金を預ければ本当にわずかですが、資産総額が増えるので銀行預金も立派な資産運用です。

 

国債というのは、日本の国債を購入することで毎年もらえる金利で利益を上げる方法です。銀行の窓口でも買えますし、国債は安全性が高い金融資産なので資産運用初心者の方に人気があります。

 

外貨預金というのは、円をドルやユーロに変えて預金することです。通常の預金と違って外貨交換後の為替レートの値動きで利益が狙えますし、外貨の年利は日本円の年利よりも高いので銀行に寝かせても普通預金よりは利息がもらえます。

 

ここで紹介した3つの資産運用は、損失リスクが限定的なので資産運用の経験がない初心者の方に人気があります。

 

ミドルリスク・ミドルリターン系
・投資信託
・株式投資
・不動産投資

 

投資信託というのは、証券会社が運用する投資信託を買い、投資信託の基準価格の変動によって損益が発生する金融商品です。初期投資額が少なくて済みますし、銀行の窓口でも購入できるので資産運用初心者でも買いやすい金融商品と言えます。

 

株式投資は、企業が発行している株を購入して株価の変動で利益を狙うタイプの資産運用です。日本国内で最も人気がある金融商品ですので、あなたの周りにもやっている人がいるかもしれません。

 

こちらも投資信託と同様に比較的少額が取り組むことができるので、資産運用初心者の方にも人気があります。

 

不動産投資は、不動産を購入して購入した物件の転売や家賃収入で稼ぐタイプの投資です。家賃収入という安定した固定収入が手に入りますし、最悪自分が住むという選択もできるのでサラリーマンに人気がある資産運用の1つです。

 

ハイリスク・ハイリターン系
・先物取り引き
・FX取引

 

先物取引は、穀物や石油などの将来の価格を予想し、その時のレートと予想時のレートの差額で損益が発生するタイプの投資です。少しギャンブル性があり、自分の将来価値の予測が当たれば利益が出ますし、仮に外れれば損失が発生します。

 

FXは、外国通貨の値上がり、値下がりの結果によって損益が発生するタイプの投資です。為替変動で利益を出すことになりますので、通貨が割安な時に買って割高になった時に売るということを繰り返すことになります。

 

先物取引とFX取引は、レバレッジ機能が使えるので元金をはるかに上回る規模の取引を行えます。初心者の間はこのレバレッジ機能を使うのは最小限にとどめるのが賢明ですが、短期で大きなリターンを狙いたい人には都合のよい資産運用と言えます。

 

ここまで投資初心者から投資上級者にまで人気のある8種類の資産運用の概要を投資初心者の方を対象に紹介してきました。ここで紹介した8種類の中でも資産運用初心者の方と相性が良いのは、国債・投資信託・株式投資の3つです。

 

それぞれの詳しい説明につきましては、これから紹介していきます!

損失リスクが怖い人に最適な日本国債

資産運用初心者の中には、元本保証を求める方もいると思います。元本保証を求める方には、日本国債の購入が良いでしょう。

 

日本国債は、銀行の預金よりも利率が高いことに加えて元本が保証されます。ここでは、国債の金利を紹介します。

 

国債の銘柄 利率
固定3年 0.05%
固定5年 0.05%
変動10年 0.28%

 

利率自体は、高くはないですが0.02%という銀行に預けた際の金利と比較すると旨味があります。また、国債は預金と違ってすぐに現金化できないので、貯蓄という目的で資産運用をはじめようとしている投資初心者の方にも人気があります。

 

元本が保証されていることに加えて銀行よりも利率が高いので、多くの資産運用初心者の方に人気があります。資産運用で資産を減らしたくないという投資初心者の方とは、相性が抜群です。

少額からはじめられる投資信託

投資信託のポイントを資産運用初心者でも分かるように説明しますと、資産運用会社が運用する投資信託(ファンド)にお金を投資し、その投資信託の値動きで利益を狙う投資商品です。

 

投資信託の運用を担当する資産運用会社は、投資家から預かったお金を不動産や債券といった様々なタイプの投資商品に分散投資します。

 

この分散投資による運用の結果、資産を増やすことができれば利益が発生します。他方で運用の結果、資産が減ってしまうと損失が発生します。このため、基本的に元本が保証されることはありません。

 

投資信託は元本が保証されないにも関わらず資産運用初心者に人気があります。どうして投資信託は資産運用初心者に人気があるかと言いますとこれから紹介する3つの特徴があるからです。

 

  • 少額からはじめることができる。
  • 全額を損失することは稀。
  • 大きく稼ぐことができる。

 

1つ目の少額からはじめられることに関しては、積み立て型の投資信託ならば毎月1,000円からはじめることができます。この資金面のハードルの低さは、はじめての資産運用に取り組む初心者の方には非常に評判が良いです。

 

2つ目の全額損失のリスクに関しては、運用会社は、分散投資をするので元金全てがなくなることは基本的にありません。つまり、大きく資産が減ることはほとんど起きないので、損失リスクが小さく収まります。この点は資産運用のリスクを避けたがる資産運用初心者の方に、とても都合が良いかと思います。

 

3つ目の大きく稼ぐことに関しては、銀行預金や国債の利率と比較すると格段に利率が良いのです。一般的に投資信託の年間利回りは3%と言われており、この利益率は10年国債の約10倍です。損失リスクが低い金融商品の中では利益率が高い部類に入ります。

 

ここで紹介した3つの特徴があるので投資信託は、資産運用初心者と非常に相性が良いのです。資産運用をはじめたばかり、またはこれからはじめようとしている初心者の方は投資信託の利用を考えてみると良いでしょう。

3つの旨味がある株式投資

株式投資は、資産運用の初心者にはリスクが比較的高い種類の投資商品です。

 

それではどうして初心者におすすめの投資商品として紹介するかと言いますと株式投資には3つのうま味があるからです。3つの旨味につきましてはこれから1つ1つ資産運用初心者の方に向けて説明していきます。

 

  • 大きく稼ぐチャンスがある。
  • 株主優待サービスを受けられる。
  • 定期的に配当がもらえる。

 

株式投資は株の売買を通して利益が発生するので、株価が大きく上がれば、それだけ多くの利益が発生します。つまり銀行に預金することや国債を購入することと比較すると大きく資産の総額を増やすことができるのです。

 

また会社の株式を保有すれば会社から特典が毎年もらえます。例えば、ある航空会社は株主には通常よりも安い金額で航空券を販売していますし、ある飲食店は毎年サービス券を株主に配ります。この特典は投資初心者であろうと上級者であろうともらえます。資産運用初心者の中には、株主優待特典狙いで株式投資を始める人もいるくらいです。

 

さらに資産運用初心者に嬉しいのは、株式を持っているだけで毎年会社からお金が貰えるのです。どうしてお金がもらえるかと言いますと株式会社は、利益を出すと配当金という形で利益の一部を株主に還元しなくてはいけないからです。

 

ここまで紹介してきましたように株は持っているだけで配当や優待券を手に入るので、資産運用初心者の方には運用益以外の恩恵もあるのです。

 

ただし、株式投資は投資初心者に良い事ばかりではなく、株価が下がればダイレクトに損失が発生します。そのため、投資初心者の方は、株の売買に取り組む前に株式投資のリスクについてはよくよく理解した方が良いでしょう。

投資初心者におすすめしたい資産運用の必勝法

このコンテンツでは、投資初心者の方が資産運用に取り組む際に心がけておきたいポイントとおすすめ運用商品についてまとめてきました。ここまでの内容が分かれば、投資初心者がまず身に付けておきたい資産運用の基礎的な知識を理解したことになります。

 

もちろん資産運用の世界は知識量が結果に結びつくわけではないので、十分な運用結果を出すためには相応の投資の勉強と、投資経験が必要になります。

 

投資にそこまでの情熱を注げない、そんな方は資産運用を自分でやるのではなくて専門家に任せてしまうのが良いですね。運用会社に資産運用を任せてしまえば、たとえ資産運用の経験がゼロの初心者であっても投資のプロの力を借りて比較的まとまったリターンを望めます。

 

日本国内には色々なタイプの運用会社がありますが、筆者のイチオシはヘッジファンドと呼ばれている独立系資産運用会社です。ヘッジファンドに資産運用を任せれば、4年以内に預けたお金が倍に増えるなんてことも珍しくありません。

 

当サイトでは、国内で人気のあるヘッジファンドを厳選して紹介したページもございます。ファンドに資産運用を任せてみたい!そんな方は一度チェックしてみても良いですね。

 

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう