初心者向け!お金を簡単に運用できるおすすめの方法まとめ

初心者向け運用方法

資産運用を始めたいけれど、何で運用して良いのかわからない。

投資、金融…難しいことは苦手だ。

 

今回はそのような方の為に、初心者でも手間をかけずに、お金を楽に運用できるおすすめの方法をまとめました

 

お金の運用と聞くと、パソコンに張り付いて一日中チャートをチェックし、売買を繰り返すイメージをお持ちでは無いでしょうか?

 

もちろん、そのようなお金の運用方法もありますが、方法を選べば初心者でも簡単に、投資を始めた後は数ヶ月に1,2回運用状況をチェックするだけで簡単に投資が出来ますよ

 

おすすめのお金の運用方法を紹介する前に、まずは資産運用をする意味について簡単に説明しておきますね。

お金の運用は銀行の定期預金が安心?

定期預金元本保証安全

運用と言うと、お金が減るイメージで怖い。

お金の運用に失敗したらどうしよう…。

 

そんな考えから、なかなかお金の運用を始められない人も多いでしょう。

 

でも、そんな方でも「定期預金」は意外とすんなり始められたりしますよね。理由は恐らく、定期預金は「元本保証」だからでしょう。元本保証というと、全く損をしないイメージですが、元本保証の定期預金は本当にノーリスクなのでしょうか?

定期預金のリスク

驚かれるかも知れませんが、定期預金も株式投資などと同様にお金の運用方法の1つであり、運用リスクはあります。定期預金のリスクとして挙げられるのは、以下の2つのリスクとなります。

定期預金のリスク

  • 解約しにくい点
  • インフレのリスク

まず、株式投資や投資信託の場合は、基本的に解約したい時に解約できます。しかし、定期預金の場合は満期が来る前に中途解約した場合は、中途解約利率が適応され、普通預金とほとんど変わらない金利になってしまいます

 

それでは、定期預金で長い間運用していた意味がなくなってしまいますよね(その間、別の投資方法で運用していたら…)このように定期預金は解約したい時に解約しにくいというのは、定期預金のデメリットと言えます。

 

また、忘れてはいけないのは、定期預金にはインフレのリスクがあることです。

 

日本のインフレ率は右肩上がりで、身の回りのものはどんどん値上がりしています。 物価の上昇により、以前は100円出せば買えていたコーヒーが、500円出さないと買えなくなってしまったら、自然と100円の価値は下がります。お金の価値は下がっていくのです。

 

定期預金インフレのリスク

 

定期預金の年利は、現在良くても0.2%程。日銀がインフレ率2%を目標に動いていることを考えると、 資産運用の利回りは2%以上にしないと、単純に考えて資産は目減りしていくことになります

 

いかがでしょうか?

 

いくら元本保証だからといって、低利回りの定期預金だけで資産運用をしていては、知らず知らずのうちに銀行でご自身の資産の価値が減っていっている可能性があるということです。

 

では、インフレ率を超える資産運用をするにはどうすればよいのでしょうか?

自分の資産を仕分けする

資産の仕分け

となると、 定期預金でお金を運用するのは駄目なんだ…と、ハイリターンな投資方法でやみくもに運用する方もいらっしゃいますが、ハイリスクハイリターンな投資方法で投資に失敗し、大きなマイナスを出しては本末転倒です。

資産運用を始める際には、まず資産の仕分けをしましょう

 

具体的には、お金を以下の3種類用途別に仕分けをします。

資産の仕分け方法

  1. 生活費(目安としては半年分)
  2. 近い将来使うお金(10年以内に使うお金。例:子供の教育費、家のリフォーム費用)
  3. 当分使わないお金(10年間は使わないお金)

1番の生活費は、簡単に引き出せる必要があります。よって、すぐに現金化できる、普通預金へ入れておくのが良いですね。

 

2番目の、近い将来使うお金は、必要になった時に現金化でき、大きなリスクは取れないので、大きなリターンは狙わず、銀行の定期預金や、個人向け国債で安全に運用するのが良いでしょう。

 

そして、3番目の当分使わないお金は、ある程度のリスクを取って攻めの運用ができるお金です。投資信託や株式投資などで、少しのリスクを取りながり、ある程度のリターンが期待できる運用方法で増やしていくのがおすすめです。

 

全てのお金を同じように運用してしまうと、リスクを取りすぎたり、運用効率が下がります。資産運用においては、資産を守るお金と増やすお金に分け、運用を仕分けていくことが大切です。

 

さて、資産の仕分けが出来ましたら、早速おすすめのお金の運用方法を見ていきます。

 

1つ目は、投資信託です。

毎月少額からできる投資信託

投資信託

投資を始めたい方の中には、投資信託での運用を考えている方も多いでしょう。

 

投資信託とは、お金を預けるだけで運用の専門家が代わりに運用してくれる、金融商品です。投資家から集めた資金をどのような金融商品に投資するかは、購入する投資信託の種類によって異なります。

投資信託の種類

投資信託の種類は、投資対象・運用方法・分配金の受け取り方法などによって分類されます。

投資対象

株式(国内・海外)債券(国内・海外)、不動産、コモディティ(金、ガソリンなどの商品へ投資)など。

運用方法

アクティブ型とインデックス型に分けられます。

アクティブ型は、日本の株価の平均値を示す日経平均株価などの指標を常に上回るように運用していきます。常に市場の平均点以上の成績を求められる為に、ファンドマネジャーは投資先の分析に人手がかかる為、信託報酬(運用手数料)がインデックス型と比べて高くなりがちです。

 

反対に、インデックス型は市場の平均値に合わせた運用を行います。例えば、日経平均株価が2%上がれば、2%のリターンを出せるように運用していきます。よって、日経平均を算出するのに使われている株式と同じものに投資すれば良いために、 信託報酬(運用手数料)がアクティブ型と比べて低い傾向にあります。

分配金の受け取り方法

分配金を支払わず、再投資する無分配型、累進投資型とファンドの決済ごとに分配金が支払われる、分配型に分けられます。

 

上記の内容は、証券会社のホームページ上の投資信託の目論見書(投資信託の説明書)にて確認できます。例えば、追加型投信/海外/株式/インデックス型 とあれば「海外株式」に投資するインデックス型投資信託であると理解できますね。

 

長くなりましたが、投資信託はこのように、様々なタイプの投資信託商品の中から、投資者が投資商品を選び、購入するだけでその後の運用はプロにお任せできる投資方法となります。

 

続いて、そんな投資信託のメリットについて見ていきます。

投資信託のメリット

投資信託のメリット

投資信託のメリットとしては、以下の4つが挙げられます。

投資信託のメリット

  • 少額で運用できる。
  • 手間を掛けずに分散投資できる。
  • 運用をプロにお任せできる。
  • 確定申告の手間を省ける。
  • NISAが利用できる。

1つずつ見ていきます。

 

1つ目は、少額で運用できる点です。

少額運用できる

株式投資を始めるとなると、ある程度まとまったお金が必要となります。

例えば、トヨタ自動車(7203)の株式であれば、現在1株約6000円。最低購入株数(単元株数)は100株となっており、最低60万円の投資資金が必要となります。

 

しかし、投資信託であれば月々1万円~、中には数千円から投資できます。少額から投資できる点は、投資初心者には嬉しいメリットです

 

2つ目は、手間を掛けずに分散投資できる点です。

手間を掛けずに分散投資できる

投資の基本は、分散投資と言われています。資産をいくつかの商品に分散して投資することで、マイナスを出した投資先が合っても、他の投資先でプラスを出せれば、結果的に損失を抑えられるという考え方です。

 

個人で毎月1万円の資金を何箇所にも分散して投資するのは、現実的ではありませんね。投資信託は、複数の投資者から集めたお金を1つの大きな資金とし、分散投資するので、少額投資でもリスクを抑えて投資することが出来ます。

 

手間を掛けすに、商品さえ購入すれば後はプロが上手に分散投資してくれる点は嬉しいメリットです。

 

3つ目は、運用をプロにお任せできる点です。

運用をプロにお任せできる

投資に関する知識や手法を、身につけるのは大変です。また、投資に関しては経験がものを言う世界でもあるので、投資を始めても上手に運用できるようになるには時間がかかります。

 

しかし、投資信託の場合、商品さえ購入すれば後は、投資経験豊富な投資のプロが上手に運用してくれますので、手間いらずで投資初心者でもはじめから上手に運用できます。

 

また、海外株式などは個人で購入するのは困難です。そのような投資先へ、手間を掛けずに投資できるのは投資信託ならではのメリットであると言えます

 

4つ目は、納税の手間を省ける点です。

確定申告の手間を省ける

投資の税金って難しそうですよね。

投資信託の場合、証券口座を開設する際に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択していれば、基本的は証券会社が確定申告を自動で行ってくれます。

 

投資初心者には負担になりがちな確定申告の手間を省ける点は、投資初心者には嬉しいポイントの一つです。

 

5つ目は、NISA(ニーサ)が利用できる点です。

NISAが利用できる

一部投資信託は、NISA(ニーサ)が利用できます。

 

NISAとは年間120万円までの投資に対してかかる税金が非課税となる、実質税金を引かれずに投資を行うことが出来る制度です。基本に投資で得た利益には、約20%の税金が引かれることを考えると、投資者としては是非利用したい制度です。

そんなNISAは、投資信託との相性が抜群。株式投資などは最低投資額が高額となり、非課税枠を一気に使い切ってしまう可能性がありますが、投資信託の場合は少額投資となりやすく、非課税枠を活かした投資ができるのですね。

 

このように、NISAの非課税の恩恵を受けながら投資が出来るのは、投資信託ならではのメリットと言えます。

 

さて、続けて投資信託のデメリットを見ていきます。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットとしては、運用にコストがかかる点が挙げられます。自分で株式投資に取り組めば、税金以外ほとんど運用コストはかかりません。しかし、投資信託の場合、運用を代行して貰う代わりに運用手数料がかかってきます。

 

投資信託を選ぶ際には、手数料が低い商品を選択したり、先述したNISAを活用するなどして、投資コストをできるだけ下げられると良いでしょう。

 

つづけて、投資信託の始め方を説明していきます。

投資信託の始め方

投資信託の始め方

購入する投資信託を決定したら、証券口座を開設し、口座に資金を入金、投資信託を購入するだけです。あとは、定期的に証券会社から送られてくる運用会社のレポートから値動きをチェックするだけ。複数の投資信託へ分散投資された方は必要に応じて、リバランス(調整)を行うだけです。

 

さて、ここまで、投資信託について紹介してきました。

投資信託なら、運用の手間を掛けずに、少額からNISAの非課税の恩恵も活用し、はじめから上手に運用していくことが出来ます

 

また、投資信託の場合は、どの投資信託を購入するかの決定、その後のリバランス(買い足したり、売却したりして投資比率を調整する)は投資者自信で行う必要がありますので、 投資の勉強を少しだけしてみたい方は、投資信託が一番おすすめです。

 

続けて紹介する金融商品は、ロボアドバイザーです。

資産運用を自動で!ロボアドバイザー

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは、ウェブ上で「投資資金は?」「運用の目的は?」などの投資に関する簡単な質問に数問答えるだけで、AI(人工知能)が投資者に最適な投資商品・配分をアドバイス、場合によってはその後の運用までを一括まるまるお任せできる金融商品です。

 

投資信託と似ているな..?と思われた方もいるでしょう。

 

ロボアドバイザーはお金を預けるだけで投資を代行してくれる点では投資信託と同じですが、投資信託では投資者が行う必要があった「投資商品の選択」「リバランス」までをまとめて丸々お任せできる点が異なります

 

そんな、投資をまるまるお任せできるロボアドバイザーのメリットを見ていきます。

ロボアドバイザーのメリット

ロボアドバイザーのメリット

ロボアドバイザーのメリットとしては、以下の6つです。

ロボアドバイザーのメリット

  • 少額運用できる。
  • 手間を掛けずに分散投資できる。
  • 運用をAI(人工知能)にお任せできる。
  • 確定申告の手間を省ける。
  • 運用コストが安い

ここでも、1つずつ説明していきます。

 

1つ目は、少額から運用出来る点です。

少額から運用出来る

ロボアドバイザーも投資信託と同様に、月々1万円~数千円と少額から投資出来ます。いきなりまとまったお金を運用することに抵抗のある投資初心者にとっては、様子見で少額から投資できるのは嬉しいメリットですね。

2つ目は、 手間を掛けずに分散投資できる点です。

手間を掛けずに分散投資できる

下図は大手ロボアドバイザー運用会社ウェルスナビでの、診断結果です。診断結果通り、分散投資をしようと思うと1つ1つの商品を購入、その後面倒まで見なければならず手間と時間がかかります。

 

しかし、ロボアドバイザーの場合は入金するだけで、診断結果通りに分散投資ができ、手間いらずでリスクを抑えた運用ができるのは嬉しいですね。

 

3つ目は、 運用をAI(人工知能)にお任せできる点です。

運用をAI(人工知能)にお任せできる

ロボアドバイザーでは、運用、投資信託ではご自身で行う必要があった、その後のリバランスまでまるまるお任せできます。質問に答えて、入金したらあとは運用をおまかせできるので、資産運用はしたいがが投資の勉強をしたくない、投資に掛ける時間がないといった方には嬉しい金融商品です。

 

4つ目は、 納税の手間を省ける点です。

納税の手間を省ける。

ロボアドバイザーも投資信託と同様、 ロボアドバイザーを申し込む際に「特定口座(源泉徴収あり)」を選ぶと自動で確定申告を行ってくれます。運用に手間がかからない上に、納税の手間まで省けるのは、嬉しいですね。

 

5つ目は、 運用コストが安い点です。

運用コストが安い

投資信託では「人」が代わりに運用してくれていましたが、ロボアドバイザーはロボット(AI)が運用してくれる為に、運用手数料はより低くなります。

 

投資信託とロボアドバイザー運用コスト比

運用方法購入手数料運用手数料(信託報酬)
投資信託0~3%程預け資産の1%前後
ロボアドバイザー基本的に無料年1%程

コストを抑えて投資できるのは、ロボアドバイザーならではのメリットであると言えます。

 

さて、ここまでロボアドバイザーのメリットを見てきました。難しいことを考えなくとも、ほったらかしで上手に運用していけるのはロボアドバイザーのメリットであると言えますね

 

続いて、ロボアドバイザーのデメリットを紹介します。

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーも投資信託同様、自身で運用するより手数料はかかってしまいます。また、運用をまるまる代行してもらえる「投資一任型」のロボアドバイザーの場合はNISAが利用できないところは、ロボアドバイザーのデメリットであると言えます。

 

そして、ロボアドバイザーの場合、何も考えなくても投資が実現できてしまいますので、将来はご自身で株式投資などで運用していきたいと考えている人は、投資の勉強が出来ない点もデメリットとなりえます

 

続けて、ロボアドバイザーの始め方を見ていきます。

ロボアドバイザーの始め方

ロボアドバイザー始め方

ロボアドバイザーの始め方としては、ウェブ上で質問に答え、ロボアドバイザーの口座開設を行い、入金するだけ。あとは、基本的にはほったらかしにして大丈夫なのがロボアドバイザーです。

 

ここまで、ロボアドバイザーについて紹介してきました。ロボアドバイザーは本当に手間がかからないので、 投資に手間も時間もかけたくないという人はロボアドバイザーで運用するのがおすすめです。

 

最後は、ヘッジファンドについて説明します。

高額運用ならヘッジファンドがおすすめ

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、お金を預けるだけで投資のプロが代わりに運用してくれる金融商品です。こちらも一見すると投資信託と同じですが、いくつかの点で違いが見られます。

 

まず、ヘッジファンドに関しては1万円~の少額投資が可能な投資信託に対して、1,000万円からと最低投資額が高額となります。

また、投資信託などは、「公募ファンド」と呼ばれ、証券会社などを通して幅広く投資者を募集出来ます。よって、雑誌などのメディアでも多く目にされると思います。

 

しかし、ヘッジファンドは「私募ファンド」という扱いとなり、大々的に投資者を募集できないばかりか、投資者の募集人数にまで制限がかかっています。基本的には口コミや紹介で投資者が集まる、知る人ぞ知るファンドという位置づけとなっています。

 

続いて、そんなヘッジファンドのメリットを見ていきます。

ヘッジファンドのメリット

ヘッジファンドメリット

ヘッジファンドのメリットは、以下の4つです。

ヘッジファンドのメリット

  • 手間を掛けずに分散投資できる。
  • 運用をプロにお任せできる。
  • 無駄なコストを省いて運用できる。
  • まとまったリターンを狙える。

早速、1つずつ見ていきます。

 

1つ目は、 手間を掛けずに分散投資できる点です。

手間を掛けずに分散投資できる点

こちらも、投資信託、ロボアドバイザーと同様に、お金を預ければプロが代わりに分散投資をしてくれますので、投資に関する知識が全くなくとも、リスクを抑えた投資が出来る点はヘッジファンドで運用するメリットと言えるでしょう。

 

2つ目は、 運用をプロにお任せできる点です。

運用をプロにお任せできる

こちらも、同様にお金を預けるだけで、お金の運用をプロにまるまるお任せできます。更にヘッジファンドの場合は、投資信託と比べて運用手法に縛りが少ない為、投資先企業に提言をして経営改善実現させ、株価が上ったところで売却するといった、プロによる凝った運用も可能です。

 

動かせるお金に限りのある個人投資家には出来ないような手法で、巧妙にリターンを上げる事もできるのは、ヘッジファンドならではのメリットと言えます。

 

3つ目は、 無駄なコストを省いて運用できる点です。

無駄なコストを省いて運用できる

ヘッジファンドは。成果報酬型となり出したリターンに対して手数料が発生します。投資信託に関しては、利益が出ても出なくても一定の手数料が発生することを考えると、 無駄なコストを省いて運用できるヘッジファンドは大変に効率的と言えますね

 

4つ目は、まとまったリターンを狙える点です。

まとまったリターンを狙える

わざわざ、ヘッジファンドに投資する一番の意味とも言えるでしょう。投資信託の場合は平均利回り3%程と言われている中、ヘッジファンドの場合は10%程が望めると言われています。

 

縛りの少ない自由な運用が出来る点、巨額の運用資金を生かし、個人では実現が難しいようなまとまったリターンを望める点はヘッジファンドのメリットであると言えますね。

 

続いて、ヘッジファンドのデメリットを紹介します。

ヘッジファンドのデメリット

ヘッジファンドのデメリットとしては、最低投資額が高額となりやすい点が挙げられます。また、ヘッジファンドはリスクを抑えながらの長期投資を前提とした運用を行っていることもあり、リスクを取っても短期的にまとまったリターンを狙いたい方には デメリットになり得ます。

 

続いて、ヘッジファンドの始め方を説明します。

ヘッジファンドの始め方

ヘッジファンド始め方

投資したいヘッジファンドが見つかったら、ファンドのホームページからコンタクトを取り、面談をし、入金の流れになります。単純運用の投資信託などとは異なり、ヘッジファンドの運用席席はファンドを運用するファンドマネージャーの手腕にかかかっていますので、信頼できるファンドマネージャーが在籍しているファンドを選ぶと良いですね。

本サイトでは、編集部おすすめファンド紹介をまとめたページもございますので、サイト選びの際には是非参考にしてみてくださいね!

安心の編集部おすすめ国内ファンドを大紹介

 

特にランキング1位のBMキャピタルは運用報告書がわかりやすいと評判で、投資初心者でも比較的始めやすくおすすめです。

 

さて、ここまでヘッジファンドについて紹介してきました。 まとまった資金の運用を考えている方は、ヘッジファンドで運用したほうが効率よくお金を増やせると言えますね。

 

さて、ここまで おすすめのお金の運用方法を見てきました。

 

今後ご自身で投資にチャレンジしてみたいという方であれば投資信託、とにかく投資に時間と神経を使いたくないという人はロボアドバイザーで運用するのがおすすめです。

 

また、運用資金が1,000万円を超える場合、投資信託、ロボアドバイザーでの運用もありですが、せっかく最低投資金額のハードルを超えられるのであれば、ヘッジファンドに投資したほうがより大きなリターンを得られるでしょう。

 

さて、続いて投資を始めるなら知っておきたい、 資産運用成功のポイントを紹介しておきます。

資産運用成功のポイントを紹介

資産運用成功のポイント

投資に失敗する方を見ていると、資産運用をポイントを抑えられていない方が多いように感じます。基本的なポイントをしっかり抑えることで、投資の成功確率はグッとあがります。資産運用成功のポイントには、大きく以下の3つがあります。

 

1つ目は、リスクコントロールをしっかり行うことです。

1,リスクコントロールをしっかり行う。

資産運用はギャンブルではありません。

ロトのように予想が当たったら、ラッキーという世界とは異なります。株価などは世界情勢にも影響され、いつ上がるか、下がるかは誰にもわからない部分です。予想とは異なった値動きをしても、上手にカバーできるようリスクを逃しながら投資すべきですね。

 

リスクコントロールの代表的なものと言えば、分散投資があります。

 

1つの投資先に全投資金額を投資してしまっては、その投資先の成績が下がってしまえば損失が出てしまいます。例えば投資先を様々な業界、同じ業界でも複数企業に分けて投資することで、1つの投資先で損をしてもその他の投資先でプラスをだせればカバーできます。

 

今回紹介した投資信託、ロボアドバイザー、ヘッジファンドはどれも投資するだけで分散投資が出来るために、リスクコントロールという意味では優れています。さらに複数の投資信託、ロボアドバイザーなどに分散すれば、リスクは更に分散できますね。

 

2つ目は、 余剰資金で行うことです。

2,余剰資金で行う

余剰資金とは、手持ち資産のなかで、生活費や非常時に必要な資産以外のお金のことです。つまり、マイナスが出ても、時間をかけてゆっくり回復できれば問題ない資産のことです。

投資で絶対にやってはいけないことは、生活費を投資に当てたり、借金をして運用を行うことです。運用を行っていればプラスが出ればマイナスが出る可能性もあります。マイナスが出て生活が成り立たなくなるような投資は避ける必要がありますね

 

最後に、投資商品をしっかり理解することです。

3,投資商品をしっかり理解する

「証券会社で働いている知り合いが良いといったから」

「雑誌でおすすめされていたから」

 

そんな理由で、投資商品を選んではいませんか?自分が理解できない投資商品に投資をすることほど、危険なことはありません。ご自身が投資を検討している商品については、しっかり理解しておく必要があります

 

投資で成功をしている方を見ていると、自分が投資している商品をしっかり説明できる方が多いです。わからないことがあっても、投資信託であれば、窓口や電話で、ロボアドバイザーに関しても電話やお問い合わせフォームから質問ができます。また、ヘッジファンドに関しては実際に担当者と会って話が聞けますので、しっかり熟知した上で投資しましょう。

 

最後にまとめです。

個人投資家ライフを始めよう

資産運用で経済的に心配のない未来を

ここでは、投資初心者向けに、手間をかけずに初心者でも運用しやすい投資を行うおすすめの方法をまとめてきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

投資、投資家というと仰々しく聞こえますが、方法を選べば手間をかけずに運用を始めることが出来ます

 

まずは、気になる投資方法を調べ、しっかり理解するところから初めてはいかがでしょうか?

 

本サイトでは、資産運用に役立つ情報を発信しています。以下の記事などは、投資初心者の方には是非目を通していただきたい記事です。

是非、チェックしてみてくださいね!

1,000万円を安全に増やす方法とは?

投資未経験者は注意したい!投資でやりがちなミス

マネブリ厳選の資産運用関連情報をフォロー>>