資産2000万円のリスクを避けた資産運用方法とは?

2000万円貯金

多くの人にとって、2000万円ものまとまった資産を運用するのはかなり勇気がいることです。

「運用に失敗して減ってしまったらどうしよう」

そんな不安な気持ちから、なかなか資産運用の一歩を踏み出せないという方が多いのではないでしょうか?

でも実は、方法さえ上手に選べば、あなたの2000万円はリスクを抑えながら安全に運用できるんです。

そこで今回は、実際に2000万円を超えるまとまった資産を運用中のマネーブリッジ編集部が、

貯金2000万円を低リスクで安全かつ効率的に運用するためのおすすめ運用方法6選を分かりやすく紹介していきます。

それぞれの運用方法の仕組みや運用のポイントを理解し、貯金2000万円を堅実に運用していく土台づくりを完成させましょう。

この記事の要点

・2000万円の資産はしっかりリスク管理をした上で、安全に運用して増やしていくべき。

・投資のプロに運用を任せられるヘッジファンドなどを利用し、効率よく運用するのがおすすめ。

2000万円を資産運用すべき理由と運用のポイント

そもそも、「2000万円もの大金をわざわざリスクを取って運用する必要ある?貯金じゃだめなの?」

と思われる方もいるでしょう。

そこで、2000万円の運用の必要性を知っていただくために、以下の二つを比較してみましょう。

  • 貯金2000万円を運用した場合の資産の増え方
  • 運用せず貯金だけし続けた場合の資産の増え方

1年後、5年後、10年後、その差は結構開いてくるものですよ。

2000万円を運用するとしないでは差が歴然

今現在、どのメガバンクも普通預金の金利は0.001%といったところが現状です。

資産運用をするのとしないのでは、1年後、5年後、10年後の資産額にどのくらい差が出てくるでしょうか?

2000万円を運用・貯蓄時に築ける資産額

1年後 5年後 10年後
資産運用 2000万
+60万円
2000万
+120万円
2000万
+700万円
銀行貯蓄 2000万
+200円
2000万
+400円
2000万
+2000円

いかがでしょう?2000万円を10年貯金しても増えるのはたった2000円程度。

もし10年の間にインフレが進めば、逆に資金価値は目減りすることにもなりかねません。

2000万円を10年間運用した場合、運用しなかった場合との差は700万円以上です。

700万円というと、高級車が一台買えてしまう金額ですよね。

また、日本の年収の中央値が360万ほどと言われていますから、単純に言えばその約2倍ほどのお金を副収入として得られるわけです。

もちろん、資産運用に失敗すれば10年後には2000万円を下回った総資産額になってしまう可能性もあります。

しかし、リスクを回避した安全な資産運用を心がければ、手元の2000万円がゼロになってしまうなんていう心配は全く必要ありません。

安全な資産運用の基本は分散投資

基本的に、しっかりリスク管理をしたうえで投資を行えば、失敗して資産がゼロになったなんて悲惨なことにはなりえません。

投資で大きな損失を生じさせないためには、「安全な資産運用を心がける!」この一言に尽きます。

その1つの方法として、「投資は一つのカゴに盛るな」という投資格言があります。

つまり、資産運用をするのであれば、分散して運用しなさいということです。

分散投資
(引用)
・アセットマネジメントOneHP「分散投資」(外部リンク)

2000万円ものまとまった資産を1つの投資先に集中投資して、その投資先が大暴落でもしたら目も当てられません。

2000万円を安全に運用するには、複数の投資先へ分散し、リスクを抑えた運用を行うことが基本となります。

長期で投資をすれば、一時的にマイナスになることもあるでしょう。

しかし大切なのは、分散投資した各投資先でプラス、マイナスを出しながらも、最終的に増えていれば資産運用は成功なのです。

さて、分散投資を行うための最初のステップはということ、投資のポートフォリオを作成することです。

2000万円の投資ポートフォリオ

投資のポートフォリオとは、保有している株式や債券などの保有資産の組み合わせのことです。

以下のように、投資資金をどの金融商品に何%の割合で投資を行うかをグラフで示すのが一般的です。

ポートフォリオ

基本的にはリスク分散を目的に、相反する値動きをしたり、リスク・リターン度合いが異なる金融商品を組み合わせてポートフォリオを作成します。

運用ポートフォリオを作成することで、感覚で運用してしまうよりも、投資リスクを上手にコントロールでき安定した運用を実現できます。

ちなみに2000万円もの資産の運用となれば、最低3つ以上の金融商品に資産を分散したいところ。

金融商品のリスクとリターン度合いを以下の表にまとめてみました。

リスクとリターン

リターンが大きい商品ばかりのポートフォリオを組めば、値下がりのリスクを取りすぎてしまう可能性があります。

反対に、リスクの小さい商品ばかりに投資していては、いつまでたっても2000万円の資産は増えません。

取れるリスクと期待リターンに合わせて、複数の投資先へ資産をバランス良く分散するのが良いですね。

投資ポートフォリオの作成方法については以下の記事に詳しくまとめましたので、ポートフォリオ作成の際に是非ご参考ください。

この記事も読んでおきたい

「ポートフォリオを自分で組んで上手に運用する自信がない」という相談を受けることがありますが、

そういった方は無理をせず、ヘッジファンドなどの投資のプロに運用を代行してもらうのも選択肢の一つです。

ヘッジファンドは少額での依頼は出来ませんが、2000万円の運用であれば、高額資産運用のプロであるヘッジファンドが安定した資産運用を行ってくれます。

>>ヘッジファンド紹介項目へジャンプ

2000万円のおすすめ運用先と特徴まとめ

2000万円の運用の必要性とポイントがわかったところで、具体的にどんな運用方法があるのか見てみましょう。

「2000万円の運用ポートフォリオに組み込みたいおすすめの投資先6選」

安全度(リスク度合い)の順に6つの運用方法をまとめました。

安全度(リスク度合い)順おすすめ投資先、個人向け国債、個人向け国債、ヘッジファンド、投資信託、ソーシャルレンディング、株式投資

早速、1つずつ簡単に特徴をおさえてきましょう!

1、個人向け国債

個人向け国債とは、国が広く資金を借り入れるために発行する債権の一つです。

つまり、個人向け国債を購入するということは、国に一定期間お金を貸していることになります。

個人向け国債
(引用)
・財務省HP「個人向け国債」(外部リンク)

一定期間国債を保有し、満期になれば元本に利子が付加された金額を受け取ることができるという仕組みです。

個人向け国債の特徴は、元本保証と利息の支払いを国が約束してくれるので銀行よりも安全だということ。

また国債の保有期間が1年を過ぎればいつでも解約可能であるため、急用で資金が必要になった時でも、条件を満たしていればすぐに資金を調達することが可能です。

個人向け国債は、購入時の利率が満期まで変わらない固定3年/固定5年と、半年毎に利率の見直しが行われる変動10年の3種類があります。

個人向け国債
(引用)
・財務省「個人向け国債 商品概要

2000万円を運用するならズバリ「変動10年」がおすすめです。

金利が変動すると言っても、国債の場合、最低金利として0.05%が設定されているので心配無用。

10年という長期運用が不安な方も、運用後1年を過ぎれば直近2回分の利息が引かれるだけで自由に払い戻しが可能です。

個人向け国債の変動10年を活用すれば、今後の金利上昇の恩恵を受けながら2000万円の資産を安全に運用していくことが出来るでしょう。

個人向け国債のメリット

  • 元本損失のリスクが限りなく低い
  • 投資に手間と時間がかからない

個人向け国債のデメリット

  • 低利率でなかなかお金が増えない(期待利回り0.05%程)

 
個人向け国債では大きな利益は望めませんが、安全第一という方は一つの分散先としてポートフォリオに組み込むのも良いでしょう。

この記事も読んでおきたい

2、不動産投資

お馴染み、不動産投資は以下2つの方法で収益を上げることができます。

インカムゲイン 所有不動産を入居者へ貸し出すことにより得られる、家賃収入
キャピタルゲイン 保有している不動産の価格が上がったことで得られる、売買益

このように、2000万円の元手で多方面から積極的に利益が狙えるというメリットを持ち合わせた不動産投資。

しかし、投資物件の選定やその後のメンテナンスに手間と時間がかかることは事前に理解しておかなければなりません。

  • 購入物件の情報収集・物件の選定(収益シミュレーション)
  • 住宅ローンの申し込み
  • 火災保険の加入
  • 投資物件の購入
  • 空室対応、家賃滞納者への対応
  • 物件の修繕 など

2000万円という資産の運用に、時間と手間をたっぷり割くことの出来る方は不動産投資での運用を考えても良いでしょう。

不動産投資のメリット

  • インカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売買益)の2方面から利益を狙える

不動産投資のデメリット

  • 初期投資額が高額になりがち
  • 物件の選定から購入~維持と投資に手間がかかる
  • 建物の維持費がかかる

 
先述の通り、不動産投資は他の運用方法に比べ投資に手間暇がかかります。

しかし、下記REISM(リズム)のような投資用物件の取扱業者を利用すると投資の手間はぐっと省けます。

REISM

REISM株式会社は、東京都内のリノベーション・デザイナーズマンションへの投資をメインとする不動産投資会社。

安心の99%という入居率を誇り、不動産の購入からその後の管理までを丸々お任せできます。

またREISMではほぼ毎週多様なテーマにて、不動産投資セミナーが開催されています。

これから不動産投資で2000万円の運用をお考えの方は、週末に一度REISMのセミナーに参加してみることから始めても良いでしょう。

>>REISM公式サイトはこちら

この記事も読んでおきたい

3、ヘッジファンド

ヘッジファンドは、投資家から集めたお金を代わりに運用する投資会社のことを言います。

ヘッジファンド
ヘッジファンドの最大の特徴は、なんと言ってもこの2点につきます。

  • 平均年利10%以上の高利回り
  • 投資に手間ひまのかからなさ

ファンドによっては年間利回りがなんと20%以上のヘッジファンドもあり、他の金融商品と比べてもまとまったリターンに期待できます。

また、投資に手間が掛からないというのもヘッジファンドをお勧めする理由の一つです。

投資者がしなければならないことと言ったら、投資先のファンドを選んで入金するだけ。

資産運用を丸々プロにおまかせでき、投資に手間がかかりません。

プロに徹底的にリスク管理をしてもらいながら、高いリターンに期待できるヘッジファンド。

2000万円のまとまった資産の運用に悩む投資初心者の方には、おすすめな運用先と言えるでしょう。

ヘッジファンドのメリット

  • プロの力で年利10%以上のまとまったリターンに期待できる
  • 投資に時間を取られない

ヘッジファンドのデメリット

  • 初期投資額が1000万円~と高額

 
ヘッジファンド関しては基本的には証券会社を通さず、直接契約となります。

しかし、一般的にヘッジファンドはその性質上インターネット上に詳しい情報が公開されていないため、情報集めに苦労します。

本記事の最後では、ヘッジファンド運用歴6年の筆者がおすすめのヘッジファンドを紹介しています。

2000万円の資産をヘッジファンドで運用してみたいという方は是非チェックしてみてください。

>>筆者おすすめヘッジファンド紹介項目へジャンプ

4、投資信託

投資信託は、ヘッジファンドと同じくプロに資産運用を委託する運用方法。

投資のプロがしっかり資産を分散して投資をしてくれるので、2000万円を比較的安全に資産運用することができます。

投資信託
(引用)
・SMBC日興証券HP「 投資信託とは~投資信託のイロハ~」(外部リンク)

利回りは、ヘッジファンドにはかなり劣るものの、3~5%程と個人で投資を行った場合と比べると比較的高水準と言えます。

基本的に投資信託は、金融商品を1つ購入するだけで自然と分散投資が出来る仕組みになっています。

しかし可能であれば、投資先が海外のもの、日本のもの、債券、株式など、投資先の異なる複数の投資信託に分けて投資を行うことで、その効果はさらに高まるでしょう。

2000万円を投資信託で運用する際、ネックとなってしまうのはその手数料。

投資信託の手数料は、運用資産額に対して〇〇%という形で発生します。

運用成果(利益)に対して手数料が発生するヘッジファンドに対し、投資信託では利益が出ていなくても手数料は固定で容赦なく発生してしまうのです。

2000万円を投資信託で運用する際は複数ファンドを比較して、手数料が割安なファンドを選択すると良いでしょう。

投資信託の手数料、販売手数料、信託報酬、信託財産留保額

投資信託のメリット

  • 少額から投資を始められる
  • 投資に手間と時間がかからない

投資信託のデメリット

  • 手数料が割高になりがち

 
投資信託の購入は、基本的に証券会社を通します。

気になるファンドがあれば、そのファンドの取り扱いのある証券会社に口座開設し、ファンドの購入を行います。

筆者おすすめの投資信託を挙げるとすれば、三菱UFJ国際投信-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)です。

TOPIX

三菱UFJ国際投信による、東証株価指数に連動した値動きを目標とする投資信託で、その運用パフォーマンスは設定来+14.4%と投資信託の中でも非常に安定しています。

また、同ファンドの信託報酬は0.154%と比較的割安、かつ購入時・売却時の手数料は無料と低コストで投資が可能です。

2000万円の運用方法の一つして投資信託を検討される方は、是非詳細を確認してみてくださいね。

>>eMAXIS Slim 公式サイトはこちら

5、ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、貸金業を営む事業体に出資をすることです。

ソーシャルレンディングの運営者はネットを通じ個人投資家から資金を集め、中小企業に利子をつけて貸し付けを行います。

そして、借り手から返済された金額から、手数料を控除した額が投資家に分配させる仕組みです。

ソーシャルレンディング
(引用)
・SBIソーシャルレンディング「SBIソーシャルレンディング」(外部リンク)

ソーシャルレンディングのメリット

  • 最小1円という少額から投資を始められる
  • 投資に手間と時間がかからない

ソーシャルレンディングのデメリット

  • 投資期間中はキャンセルが出来ない

 
始め方としては、ソーシャルレンディングに事業者にて口座開設後、希望する事業者へ投資する形となります。

自分では2000万円ものまとまったお金を資産運用できない、したくない、そのような方におすすめの運用方法です。

ソーシャルレンディングのおすすめ事業者は、SBIソーシャルレンディングです。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングはSBI証券などを展開する、SBIグループ属するソーシャルレンディング事業者。

融資残高366億円以上、登録完了者数4万人以上と多くの投資者の方に利用されています。

なんと言っても、大手のSBIグループ所属ということで安心感が違いますよね。

また、入金・出金手数料が無料となっているのも、気軽にお試しとして始めやすいでしょう。

>>SBIソーシャルレンディング公式サイトはこちら

6、株式投資

株式投資も不動産投資と同様、二つの方法で利益を狙いに行くことが可能です。

インカムゲイン 会社が得た利益の一部を株主へ支払う、配当金
キャピタルゲイン 株購入時より高い値段で株を売却した場合の差額である、売買益

2000万円というまとまった資金を株式投資で運用するならば、配当金狙いで安定した運用を行うのも良いですね。

しかし、株式への個人投資はある程度まとまった投資知識が必要となりますので、ご自身でしっかり研究した後に始めるのがおすすめです。

株式投資のメリット

  • 多方面から利益を狙える
  • 投資コストを抑えられる

株式投資のデメリット

  • 投資に手間暇がかかる
  • 投資に関する知識が必要になる

 
肝心の始め方は、証券会社に口座開設後、希望する株式を購入するだけとなります。

株式投資を始めるのにおすすめの証券会社は、人気ネット証券の楽天証券です。

楽天証券

取引金額が2000万円ともなれば、気になるのはその取引手数料ですが、楽天証券は業界最低水準の割安な手数料設定で投資者の人気を博しています。

コストを最大限に抑えて取引が可能な楽天証券は、2000万円での株式運用の取引口座としておすすめです。

>>楽天証券公式サイトはこちら

 
以上、2000万円の資産運用におすすめな6つの運用先の概要やポイントを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

投資にかけられる時間や、現在の経済状況によっても適した運用方法というのは投資者によって変わってきます。

まずは、上記の運用方法を理解し、比較しながらご自身にピッタリの投資ポートフォリオを作成できると良いですね。

この記事の最後に、なかなかご自身では情報を集めにくいヘッジファンド投資について、筆者がまとめた情報を公開します。

知られざるヘッジファンドの魅力と優良ヘッジファンド2社

利回り、リスク度合いのバランスが良く、筆者も長年投資をしているヘッジファンド。

アメリカなどの海外では歴史の長いヘッジファンドも、日本ではやっとその存在が知られるようになって来ました。

ヘッジファンドは高額投資を得意とする投資のプロ集団です。

最低投資額は一般的に1000万円からとなっており、依頼をしたくても誰でも出来るわけではありません。

2000万円というまとまった資金があるからこそ投資できる、非常に効率の良い運用方法です。

ヘッジファンドと投資信託は何が違う?

ヘッジファンドがなぜおすすめかは投資信託と比較すると分かりやすいでしょう。

ヘッジファンドも投資信託も投資のプロが私たちの代わりに運用してくれるというものですが、その特徴にはどんな違いがあるのでしょうか。

投資信託 ヘッジファンド
募集方法 公募 私募
出資額 1万円~ 1000万円~
収益目標 相対利益 絶対利益
運用規制
コスト 購入時手数料や信託報酬など 管理報酬、成功報酬など
レバレッジ

この表だけでまだまだイメージが沸かないと思いますので、一つずつ違いを見ていきましょう。

1、収益目標の違い

最も大きな違いと言っても過言ではないのが、この「収益目標の違い」です。

つまり、何を持ってその運用成績を合格とするか、その基準が違うのです。

まず、投資信託は「相対収益型」という方式を採用しています。

相対収益とは、TOPIXや日経平均株価といった市場の平均値をベンチマーク(競合相手)に設定し、それに勝つことを目標としている運用方法です。

例えば、ベンチマークの運用成績が-10%のマイナスを出している場合でも、投資信託が-9%であればベンチマークには勝っているので、運用自体は成功していると見なしてしまうわけです。

つまり、相対収益型の投資信託は、上昇相場の時(相場が良いとき)しか利益を上げることが出来ないのです。

2000万円の預け資産が減っているのに、ベンチマークには勝っているから成功ですと言われても、投資者は困りますよね。

一方、ヘッジファンドは「絶対収益型」という方式を採用しています。

絶対収益型はベンチマーク(競争相手)を設定せずに、どんな相場でも絶対的に収益を出すことを優先させる運用方法

ヘッジファンドは、相場が上がっても下がっても、世界同時株安でもお構いなしに、利益を出せるような運用を目指します。

相場環境に関わらず、預けたときと比べて結果的に資産が増えていなければ、合格点を出さない。

これが、ヘッジファンドの絶対収益型の考え方です。

実際に2008年に起きた金融危機では、他の金融商品が軒並み暴落している中ヘッジファンド(下図、青色線)だけは良い結果を出していました。

ヘッジファンドで資産運用
(引用)
・Morningstar「Morningstar カンファレンス」
(外部リンク)

相場の悪さを言い訳にしないヘッジファンドの姿勢は大きな魅力ですね。

2、募集方法の違い

投資信託は証券会社で広く一般向けに販売されていますが、この投資信託の投資者募集方法を「公募」と言います。

公募形式のファンドは、証券会社を通し大々的に投資者の募集をかけ、たくさんの幅広い投資家から資金を募集します。

対してヘッジファンドは、「私募」という募集方法を取ります。

私募形式での募集は証券会社や銀行を介さず「直接販売」となり、ファンドの担当者と直接面談を行い契約する形です。

ちなみに、私募ファンドは50人未満の限られた投資者のみが投資が可能。

少数の投資者一人一人にしっかり向き合った運用を行うために少数に絞っているのです。

また私募形式をとることで、運用戦略に対しての規制を受けにくく、高いリターンを狙いに行くことが可能になります。

3、最低投資額の違い

投資信託とヘッジファンドでは、最低出資額にも大きな違いが見られます。

投資信託 数千円~
ヘッジファンド 1000万円~

既出の通り、ヘッジファンドは私募形式で、少数の投資家(50人未満)のみの募集となります。

そのため、投資効率が下がらないある程度の運用資金を集めるためには、投資者1人1人からまとまった資産(1000万円~)の出資を募る必要があるのです。

とはいえ2000万円の貯金がある方であれば、ヘッジファンドに出資することは十分に可能でしょう。

4、運用規制の違い

投資信託は、不特定多数の幅広い投資家から資金を預かっているために、運用戦略に対しての規制が多く存在します。

投資信託の場合は、ネット上でも気軽に購入が可能で、基本的にはファンドと担当者に個別で話を聞く機会はありません。

対して、ヘッジファンドは投資希望者一人ひとりに個別面談の場を設け、しっかり運用手法に関する説明を行います。

少数の投資家の資金で運用しているので厳格な運用規制はなく、比較的自由度の高い運用が実現できます。

ヘッジファンドが年間10%以上といった高利回りを出せる秘訣は、この運用規制の緩さにあると言っても良いですね。

5、運用コストの違い

投資信託の場合、金融機関のなどの仲介が行われているので、合計のコストが比較的高くなってしまいます

  • 証券会社などに払う「購入時手数料」
  • 投資額から差し引かれる「信託報酬」

一方のヘッジファンドは、金融機関の仲介を行うことが少ないので、中間コストというものがかかりません。

ファンドによって少しずつ条件は違いますが、基本的には、まとまった手数料は利益に対し発生する成功報酬となっています。

  • 利益に対して発生する「成功報酬」

ヘッジファンドでは成果を出さないと報酬が発生しないため、運用成果を追求するシステムが必然的に成り立っているのです

筆者の経験から選んだ優良ファンド2社

私募形式のヘッジファンドは投資内容などの公開義務がないため、ネット上にも情報が出回っておらず、投資初心者が優良なファンドか否かを判断するのは難しいのです。

そので今回は筆者が研究を重ねた以下二つのヘッジファンドを、ご紹介しようと思います。

BMキャピタル(ビーエムキャピタル)

BMキャピタル
東大・京大を卒業後、外資系銀行で活躍経験のあるファンドマネージャー達により運用される国内ヘッジファンド。

過去にマイナスになった年ゼロ回と、資産の損失の可能性を最大限に抑えた運用が特徴です。

リスクを抑えた運用となるとパフォーマンスが心配ですが、年間平均利回り10%以上と申し分なし。

2000万円の資産を守りながらも、着実に増やしていきたいと言う方におすすめの国内ファンドです。

Oceans Bridge(オーシャンズ・ブリッジ)
Oseans Bridge

英国オックスフォード大学卒のファンドマネージャーが在籍する、話題の国内ヘッジファンド。

同ファンドでは運用成績・投資銘柄をお問い合わせ資料で積極的に開示しており、投資前の不安材料を最大限に減らす努力が見て取れます。

頂いた資料によると、設定来からのリターンは20%超えとヘッジファンドならではの高成績。

投資の判断材料が手軽に得られ、かつパフォーマンスが良いと言うことで、ヘッジファンド初心者の方におすすめできる国内ファンドです。

同ファンドは問い合わせをするだけで資料が貰えるので、まずは資料だけでも貰ってみると良いですね。

2000万円運用のまとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事では、2000万円を資産運用すべき理由と運用の基本ポイント、

2000万円運用のポートフォリオにおすすめの運用方法6選、そして効率の良い運用を叶えるヘッジファンド投資についてご紹介しました。

マイホームの購入や、車の買い替え、子供の教育費、老後の生活費や医療費など何にでも高いお金がかかる時代。

貯金2000万円を何十年も銀行に寝かせるのではなく、運用してより大きな資産を作っていけるといいですね。

しかし、投資の世界には必ずリスクが存在することは常に念頭に置いておきましょう。

ご自信で資産を増やしていく自信がない方は、手数料はかかったとしても、プロに運用をしてもらうことで投資の成功率は高くなります。

筆者も自分で投資を始め、結果的にヘッジファンドという答えにたどり着いた人間です。

今までの投資経緯、運用ポートフォリオなども下記で紹介しておりますので、興味のある方は是非ご覧ください。

>>編集長マサシの投資成績・運用ポートフォリオ

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう