まとまったお金が無くとも投資は始められる

10万円で資産運用

資産運用には興味があるけれども元手はあまりないし、資産を減らすのが怖いから最初は少額からはじめたい。

 

資産運用に対してこういった思いを持たれている方に、朗報です。

 

ほとんどの資産運用は10万円以下の少額から始められるので、まとまった元手を用意せずとも資産運用に取り組むことができます。

 

このコンテンツでは、マネーブリッジ編集部が10万円以下の少額から始められる資産運用の中でも特に人気がある3種類の運用方法を紹介していきます。

月500円から資産運用に臨める投資信託

少ない元手で資産運用をはじめたいのでしたら、積立型の投資信託の利用が一番です。

 

投資信託と言うのは金融商品を購入するだけで、その後は投資のプロが複数の投資先に分散投資、その後の運用までを代わりに行ってくれる金融商品。

 

投資信託
引用:>>JPモルガンHP(外部リンク)

 

そしてこの、投資のプロが投資者の代わりに「分散投資」を行ってくれるいう点が投資信託のミソでもあります。

 

投資のリスク管理の基本は「分散投資」。投資先を複数に分散させることで一つの投資先で損失が出ても、他の投資先で利益を出せればプラスマイナスで利益を残すことが出来る可能性があるという考え方です。

 

分散投資
引用:>>>SMBC日興証券 分散投資のすすめ(外部リンク)

 

一言で分散投資と言っても、

 

・地域(日本、海外)の分散
・金融商品(株式・債券・投資信託など)の分散
・金融商品の購入時期の分散

 

など、方法は様々。

 

しかし、投資信託であれば日本株式型、海外株式型など複数の投資信託商品の中から選択、購入すれば、その後はプロが上手に分散して投資してくれるので安心です。

 

さらに「積立型」の投資信託の場合、毎月決まった金額を購入し続けることで自然と金融商品の購入時期の分散まででき、さらにリスクを抑えた運用が期待できます。

 

また、毎月の積立額は数千円単位に設定することができますし、証券会社の中には積立の最低金額が100円なんてところもあります。

 

楽天証券の「100円投資」では、月々100円から投信積立が始められます。
引用:>>楽天証券HP(外部リンク)

 

毎月100円の積立でしたら、毎日の缶コーヒー1杯を我慢するだけで捻出できますね。10万円の予算の準備も厳しいという方は投資信託から、資産運用を始めると良いでしょう。

投資初心者でも簡単に買える国内株

10万円の元手があれば、有利な条件で株式投資に臨むことができます。

 

国内の株式の約3割は10万円以下の少額金額で売買されているので10万円の元手があれば色々な銘柄を選ぶことができます。

 

株式投資に10万円を捻出するのは難しい、そんなかた「ミニ株」で投資を始めるのも良いでしょう。国内株の中には、ミニ株といった本来の株式の10分の1以下の少額金額で買えるものがあります。

 

本来、株式投資は「単元株」という売買の単位が決められています。例えば、トヨタ自動車の単元株は100株。100株単位での購入となるので、現在のトヨタ自動車の株式が約6000円程と考えると、6000円x100株で最低60万円程の投資資金が必要になる計算です。

 

トヨタ自動車
引用:>>Yahoo finance トヨタ自動車(外部リンク)

 

しかし、ミニ株であれば100株や1,000株という決められた単元単位ではなく、単元株数の10分の1以下小さな単位で比較的少額で始められます。

 

また10万円を株式投資で運用するメリットと言えば、株主優待サービスと配当金を毎年手に入れることができる点です。

 

株式は持っているだけでメリットがあるので、株式投資は投資初心者の方にも人気がある資産運用と言えますね。

FXなら10万円で1億円の取引が行える

資産運用で大きなリターンを望むのでしたら、FXを利用してみると良いでしょう。

 

FXとはドルやユーロなどの外国通貨を買ったり売ったりすることで、そのレートによる差額を利益として得られる金融商品です。

 

そんなFXは、1万円以下の元手から始めることができます。また、FXにはレバレッジという元金をはるかに超える規模の取引を行える機能があります。

 

レバレッジとは、証拠金として一定額の資金を預け入れ、投資資金の借り入れを行い自己資本を増やして金額の取引を行うことを指します。

 

レバレッジ
引用:>>ジャパンネット銀行 レバレッジ(外部リンク)

 

元手と利益の大きさは比例することからも、レバレッジをかけてFXを行うことで効率よく資産を増やしていくことを期待できますね。

 

特に海外のFX業者の場合、レバレッジ機能の上限レートは400倍~1,000倍に設定されています。

 

極端ですが、1,000倍のレバレッジを利用すれば10万円で1億円分の通貨の売買を行えます。リスク管理は必須ですが、資産運用で今ある資産をある程度のスピード感を持って増やしたい人には最適な運用方法と言えるでしょう。

10万円から始められる3種類の資産運用のまとめ

このコンテンツでは、株・投資信託・FXという3種類の資産運用を紹介してきました。

 

このコンテンツで紹介した3種類の資産運用は、わずかな元手で始めることができるので何百万円、何千万円単位の初期投資は必要ありません。

 

まとまったお金はないけれども資産運用には興味があるという方や、最初は少額から資産運用に取り組みたいという方にはとても都合が良いはずです。

 

もちろん初期投資は少ないとはいえあらゆる種類の投資はリスクマネーに該当するので元本を減らすリスクはあります。

 

リスクマネーであることを考えると資産運用に取り組む際は、失ってもそこまで困らない余剰資金で取り組むのが無難と言えます。。

 

仮に当座の生活費に困っているということでしたら、資産運用は後回しにして毎月の収入を増やした方が良いでしょう。資産運用は長期戦になるので日々の生活が落ち着いてから始めても、十分に遅れを取り戻すことができるでしょう。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう