初心者でも分かる株取引の始め方

株式投資

初めて株式投資を始めるとなると何をやればよいか分からないかもしれませんが、株の始め方はとても簡単です。なぜならこれから紹介する4つのステップを上から順番に取り組むだけで株取引を始めることができるからです。

 

  1. 元手を用意する
  2. 口座を開設する
  3. 銘柄を買う
  4. 銘柄を売る

 

それぞれの詳細について、これから見ていきます。

1、元手を用意する

株取引の始め方を調べる前に、株式投資を始めるための元手、つまり投資資金を用意することになります。

 

この元手金額はいくらであろうと構わないのですが、投資は生活費や非常時に備えて残しておくお金を差し引いた資金で、当面使う予定がないお金「余剰資金(よじょうしきん)」で行うのが一般的。株式投資を始める前に、ご自身がいくら投資に回すことが出来るのかをしっかり確認しておきましょう。

 

具体的には、資産-(生活費1年分+非常時に必要な資金)と考えると良いでしょう。投資は、無理のない範囲から始めることが大切です。

2、口座を開設する

口座開設
引用:>>楽天証券HP 口座開設(外部リンク)

 

投資資金が用意できたら、証券会社で口座を開設しましょう。株の売買を始めるためには、ネット証券でも対面証券でも構わないので証券会社の口座を開設しなくてはいけません。

 

ネット証券での口座開設は、パソコンやスマートフォン上で手続きフォームに必要事項を入力し、本人確認書類(マイナンバー+免許証やパスポートなど)と共に送信するだけ。

 

口座開設完了をお知らせする案内が郵送で送られてきたら、その情報を元に初期設定をするだけと自宅にいながら証券口座を開くことが出来ます。

3、銘柄を買う

楽天証券
引用:>>楽天証券HP 現物取引 買い注文

 

元手の用意と口座の開設が完了すれば、いよいよ株取引に臨むことになります。証券会社の口座を開設すれば、会社が提供する取引環境でオンライン取引を行うことができます。

 

銘柄の売買で利益を狙う以上、銘柄を購入しないと利益が出ないのでまずはどこかの会社の株式を買いましょう。各銘柄の購入価格は大きく異なるので、ご自身の予算に合うものを慎重に選びたいですね。株の買い方については以下の記事が参考になるはずです。

>>株のよくある失敗!上がる株の選び方

4、銘柄を売る

楽天証券売り注文
引用:>>楽天証券HP 現物取引 売り注文

 

損益が確定するのは、購入した銘柄を売却したタイミングです。銘柄の売却価格と買い付け価格の差額が損益になる以上、売るタイミングは慎重に考えたいですね。

 

もちろん利益が発生するタイミングで売却するのがベストですが、銘柄の価値がズルズルと下がる場合は売り抜くことも必要になります。この売却タイミングを考えることが、株式投資で一番大切なポイントになります。

 

ここまでの内容をまとめると株取引の始め方は、「元手を用意する」「口座を開設する」「銘柄の売買を行う」という3つのフェーズに分かれます。この3つを正しく理解すれば、株式投資の始め方をばっちり掴んだことになります。

NISA制度を利用した少額投資の始め方

株式投資の始め方が分かったところで、早速口座開設と思われた方は早まる気持ちを抑え、これから株式投資を始めるなら知っておきたいNISA制度について見ていきましょう。

 

NISA制度を利用すれば一定額内であれば投資で得た利益は非課税となり、お得に株式投資を始めることが出来ますよ。

NISAとは?

NISAというのは、年間投資額120万円までの少額投資で得た利益に対する税金を最大5年間免税にする制度です。

 

NISA
引用:>>名古屋銀行HP NISA(外部リンク)

 

本来は投資で発生した利益には20%の税率がかかるのですが、NISA制度を利用すれば20%の税金がカットされます。利益額が年間で120万円以下という縛りがありますが、税金というコストが発生しないのは嬉しいですよね。

NISA口座の開設方法

株式投資で得た利益を丸々貰える、この嬉しいNISA制度を利用するには、NISA専用の口座を開設してその口座内で銘柄の売買を行う必要があります。そんな、NISA口座の開設に求められる4つのステップは以下の通りです。

 

  1. 総合口座の開設を行う
  2. 証券会社の公式サイトからNISA口座の開設申請を行う
  3. 証券会社から届いてくる書類を待つ
  4. 指定された書類を用意して審査を受ける

 

早速、それぞれのステップについて一緒に見ていきましょう。

1、総合口座の開設をする

NISA口座を開設するには、証券会社の総合口座を保有する必要があります。まだ証券会社の総合口座を保有していないということでしたらまずは総合口座を開設が求められます。

 

ちなみに証券会社の中には、楽天証券のように総合口座の開設とNISA口座の開設を同時に行える会社も多いです。総合口座の開設とNISA口座の開設を同時に行うと2度手間を避けられるので、総合口座を持っていない人は同時に申し込むことをおすすめします。

Q、総合口座開設とNISA口座開設の申込みは同時にできますか?
A,総合口座とNISA口座は同時に口座開設の申込みをすることができます。総合口座申込み時に、NISA口座の開設も選択してください。

引用:>>楽天証券HP

2、NISA口座の開設申請を行う

NISA口座の開設申請は、証券会社の公式サイトの中のNISA口座の開設ページから行えます。こちらも総合口座開設時と同様、フォームの入力と必要書類(マイナンバー+免許証やパスポート)のアップロードを行うだけ。

 

ここで注意したいのが、NISA口座の開設が完了しても証券会社の審査とは別途、税務署の審査が行われます。万が一税務署の審査に通らなかった場合、開設したNISA口座での取引一般口座(課税口座)に変更されてしまうことは覚えておくと良いでしょう。

 

NISA口座が開設不可になる主な理由としては、他社でNISA口座を既に保有されていることが挙げられます。NISA口座は1人1口座となっているので、過去に他社でNISA口座を開設したことがないかチェックしておく必要がありますね。

3、証券会社から届いてくる書類を待つ

NISA口座の申請を行うと、申請時に登録をした住所に証券会社から書類が送られてきます。この書類の中には、未記入のNISA申請書類や返信用封筒が入っております。総合口座の申請時と同様にNISA口座の申請を行ってから数日以内には書類が届いてきます。

 

証券会社が指定した必要書類を用意したら、返信用封筒にまとめて証券会社に送り返しましょう。ここまでいけば後は証券会社・税務署の、審査結果を待つだけ。

 

ちなみにNISA口座の開設には、1ヶ月程度の期間がかかります。この点をあらかじめ念頭に入れてスケジュールに余裕をもってNISA口座の開設手続きを申請すると良いでしょう。

おすすめのネット証券会社

さて、株式投資を始める準備が整ったら、早速証券口座を開設してみましょう。ここでは、質の高いサービスを提供するネット証券会社の名前を紹介していきます。その前に、ネット証券会社を選ぶ際にチェックしておきたい2つの項目を紹介します。

 

  • 取引環境がシンプル
  • 手数料が安い

 

特にポイントになるのは、1の取引環境です。証券会社各社で取引環境は大きく異なりますが、始め方がおぼつかない間はできるだけシンプルな取引環境で株取引を行うのが無難です。

おすすめの証券会社

そこで早速、取引環境がシンプルで手数料が安いネット系証券会社として有名な2社を紹介していきます。

 

  1. 楽天証券
  2. SBI証券

 

早速、1つずつ紹介していきます。

楽天証券

楽天証券公式サイト

楽天証券がおすすめの理由は何と言っても、取引手数料の安さ。

国内株取引手数料は業界最低水準※主要ネット証券(口座数上位5社:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、当社)で比較。(2017年12月22日時点で各社発表手数料で比較)

引用:楽天証券HP

国内株取引では取引手数料も1%~2%をポイントバックされ、取引ごとに楽天ポイントがまで貯まる便利でお得なネット証券です。また、楽天証券でNISA口座を開設すると、NISA口座内の現物株式の売買の取引手数料が無料となる点も嬉しいですね。

 

楽天銀行のパソコン用のトレーディングツール「マーケットスピード」は、株価や日経平均など株式投資に必要な情報をリアルタイムで見ることができ、投資初心者にも使いやすいと評判です。株式投資初心者であれば、まず楽天証券で口座開設を検討すると良いでしょう。

マーケットスピード
引用:楽天証券HP

 

楽天証券で口座開設

SBI証券

SBI証券公式サイト

SBI証券は総合口座数400万口以上を持つ、人気のネット証券。現在、多くの個人投資家のメイン口座として使用されています。また、パソコンでの取引ツール「HYPER SBI」も使いやすく、システムが安定している点も評価できます。

 

SBI証券でもNISA口座内での取引であれば、国内株の取引手数料は無料になります。SBI証券ではグループ企業SBIマネープラザにで窓口での証券口座開設も可能ですので、ネット上だけのサポートでは不安だとお考えの方はSBI証券での口座開設がおすすめです。

HYPERSBI
引用:SBI証券HP

 

SBI証券で口座開設

 

さて、口座開設が完了したら実際に取引を行います。続いては、株の取引を行う上で知っておきたいポイントを紹介していきます。

株初心者が株式投資で心がけたい3項目

株式投資の始め方を学んだばかりの初心者投資家におすすめしたい、株式投資のポイントは以下の3つとなります。どれも、株式投資を行う上で常に意識していたい「基本」となる部分ですので、しっかり理解していきましょう。

1、売るタイミングを決める

金融商品の売買で最も意識したいことは、買った銘柄をいつ売るかということです。金融商品の売買における結果は売却したタイミングで確定します。金融商品の価値はマーケットの動きに応じて順次変動するので上がり続けることも下がり続けることもありません。

 

長期的に銘柄の売買で勝つためにも、損失も利益も想定の範囲内に抑えることがポイントになります。そのためにも、利確基準と損切り基準を明確に決めたいですね。つまり、「〇〇円に上がったら売る」と「〇〇円に下がっても売る」というルールを決めることです。

 

決めたルールの通りに株式投資に取り組めば、株式投資の始め方を知って間もない初心者であっても大きな損失を避けることができます。明確な基準を設けた上で株の売買に取り組めば、想定の範囲外の状況に遭遇するリスクが限りなく低くなります。

2、まずは少額から経験を積む

語学の学習や筋トレと同様に株式投資の成功には、継続的なトレーニングが必要になります。理想は短期間で高い結果を出すことですが、ビギナーズ・ラック以外で初心者が結果を出すのは並大抵のことではありません。

 

そこで株取引の始め方を学んだばかりの投資家の場合、最初の数ヶ月は試運転期間と考えるのがよいでしょう。つまり、その期間は目先の結果よりも株の売買の経験を積み上げることに意識を傾けるのです。

 

そうすれば徐々に株取引に慣れていくので、ビギナーズ・ラックに頼らずともポジティブな結果が見込めます。貯蓄額にもよりますが、初心者であればおおよそ10万円ほどから始めることを考えても良いでしょう。

3、ミニ株による分散投資

優秀な株式投資家は、複数の株に投資をするという分散投資を心掛けています。複数株に投資することで、1つの投資先で損失を出しても残りの投資先で利益を出せれば、出した損失をカバーできるという考えによります。

 

この分散投資は、投資する株式を複数にするだけで良いので株式投資の始め方を学んだばかりの初心者でも実践ができますので、是非取り組みたいところです。

 

それに、株式投資には株の始め方を知ったばかりの初心者に嬉しいミニ株というものがあります。このミニ株というのは、株式投資の小売りを行ってくれるサービスです。通常100口単位で購入が可能な株式を小分けで購入することで、本来の株式の10分の1の程の少ない元手で売買に取り組むことが可能です。

>>ミニ株銘柄の選び方!始める前に確認しておくべきポイント

初心者におすすめしたい銘柄の選び方

株式投資のポイントが分かっても、株式を購入しなければ何も始まりません。そこで、ここでは投資初心者が銘柄を選ぶ際にチェックしておきたい3つのポイントを紹介します。

1、株主優待をチェックする

株式投資の始め方を知って間もない場合、大きな利益を上げるのは簡単ではありません。そこで、大きく稼げそうな銘柄を探すよりも株主優待が手厚い銘柄を購入してみてはいかがでしょうか。

 

例えば、牛丼チェーンで有名な吉野家という会社はご存知かと思います。吉野家は、株主に対して年に2回も3000円分のサービス券を配ります。1年で6,000円分のサービス券をタダでもらえるとなると嬉しいですよね。

吉野家株主優待
引用:吉野家ホールディングスHP / 株主優待情報 ※2019年8月現在

 

吉野家のように、日常生活に役立つ株主優待を配布してくれる会社の株は持っているだけでメリットがあります。株式投資の始め方を学んだばかりのあなたに、ぴったりな株式と言えるでしょう。

2、割安銘柄を見極める

株式投資で最も効率的に利益を手に入れる方法は、値上がりが期待できる株式を購入することです。そんなことができれば苦労しないよと思うかもしれませんが、実は「値上がりが見込める株式」を見つけるのは難しくありません。

 

なぜなら、これから紹介する3点をチェックするだけで株取引の始め方を知ったばかりの人であっても割安な株式を見つけられるからです。

 

  1. PERが15以下
  2. PBRが1未満
  3. 売上と利益が前年度比で10%の増加

 

※PER?PBRって何?と思った方は以下の記事を読んでみてください。
>>株式投資で割安株を見つけるのに役立つスクリーニングとは?

 

この3点を満たす株式は、今「買い時」の株です。四季報やYahooファイナンスでこの3つの条件に該当する会社を調べると結構見つかります。こういった会社の株は、経営成績が好調なのに割安価格で売買されているので長期的保有に適しています。株式投資の始め方を学んだばかりの人との相性が抜群です。

3、株価の推移を見る

どの銘柄を買うのと同様に、どのタイミングで銘柄の売買を行うかが株式投資では大切になります。そのためにも株価の推移を確認して「買い時」なのか「売り時」なのかを正しく判断したいですね。買い時なのか売り時なのかを判断する際に株価のチャートの動き方は大いに参考になります。

 

株式投資の始め方を学んだばかりであっても、チャートの動きから成長銘柄か衰退銘柄かの判断はできるかと思います。数ヶ月~数年単位でチャートの値動きを見て順調に株価が伸びているのは、成長が期待できるので買い時。他方でじわじわとでも値下がりが見られる場合、売り時なので手を出さないのが賢明です。

 

株式投資の始め方を学んだあとはチャートの見方を学んで、「今その株が旬なのかどうか」を判断できるようになれば十分ポジティブな結果が見込めます。

絶対に読んでおきたいおすすめの本

ここまでの情報で、株式投資は十分始められるレベルの知識がついているはずです。しかし、投資は知識量がものをいう世界。そこでここでは、株取引の始め方を学んで間もないあなたがさらに株式投資に対する知識を増やせる3冊の書籍を紹介します。

1、株の超入門書

株の入門書

株の超入門書は、株式投資の始め方から銘柄選びのコツまでを学ぶことができる入門書です。この本は、オールカラーとなっていますし図解も多いので頭に入りやすいです。

 

入門書であるにも関わらず、チャート分析手法や投資テクニックについても紹介しているので実践的な知識が身に付きます。筆者もこの本を読んだ経験がありますが、株取引の始め方から売買タイミングを考えるコツまで学べたので株式投資に対する理解が深まりました。

 

人気の入門書の一つで、アマゾンのカスタマーレビューの評価も高いので情報の質が高いことは保証できます。株式投資の取引方法もまだよく理解できていないという投資初心者の方には、是非手にとって頂きたい1冊です。

2、漫画でわかる株式投資!女子校生株塾

漫画でわかる女子高生株塾

漫画でわかる株式投資!女子校生株塾は、株取引の始め方から決算書の読み方までを学べる漫画です。漫画?という反応を示す人もいますが、この本を読めば割安銘柄の見つけ方や会社の決算書を読む際のコツが身に付きます。

 

漫画なので絵が多いですし、ストーリーも面白いのでスラスラ読むことができます。原理が難しい信用取引やIPO投資の概要にまで触れているので、一冊で株式投資の基礎から応用まで幅広く学べます。また、株取引のメリットだけでなくリスクに関してもしっかり触れられている点で良書と言えます。

 

漫画自体のストーリーも面白く、読んでいても疲れませんし、活字が嫌いな人でも読めるのでこれから投資初心者の入門書としては最高の一冊です。

3、なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

なぜか日本人が知らなかった株の本

銘柄選びで成功するコツは、成長が見込める割安な銘柄を買うことです。そのためにも企業が発行している株の適正価格を算出する方法を知っておく必要があります。なぜか日本人が知らなかった新しい株の本を読めば、企業の価値を算出する方法を学べます。

 

この本の内容を理解すれば、株取引の始め方を知ったばかりの投資初心者であっても割安株を見つけることができます。筆者もこの本を読んだ経験がありますが、割安株を見極めるためのポイントと株式の適正価格の計算式が今でも役に立っています。

 

ただし株式投資の始め方を手とり足とり教えてくれる入門書ではないので、読解には最低限の株関連の知識が求められます。よってこちらの本は、上記のどちらか一冊を読み終えてから読み始めることをおすすめします。

株式投資の初め方が理解出来たら経験を積むべし

このコンテンツでは、株式投資の始め方と銘柄の売買におけるコツを紹介してきました。いかがでしょうか?ここまでの内容の7割~8割が理解できていれば、銘柄の売買に取り組んでも大きく困ることは無いかと思います。

 

しかしながら株式投資の世界は、始め方やコツを身につけてもなかなか結果に繋がらないことがあります。なぜなら株式投資で安定して結果を出すためには豊富な知識量に加えて、経験値が必要になるからです。

 

株式投資で資産運用を行っていきたいと考えている方は、まず基礎的な知識を身に着けたら実際に売買を行ってみると良いでしょう。経験を積むごとにコツを体感的につかめるようになり、利益も出しやすくなります。

 

案ずるより産むが易し。まずは、証券口座を開くことから始めてみませんか?

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう