必見!500万円をローリスクで資産運用するコツとは?

500万円をローリスクで資産運用する3つの方法

いつのまにか貯まった貯金。通帳残高をみるとゼロが綺麗に横に並んで、内心ガッツポーズ。

資産運用を行っている管理人タケシがそうだったように、皆さんにもそんな経験が一度はあるのではないでしょうか?

仮にその数字が1000万円なら、半分の500万円で資産運用を始めてみるもの良いのですね。ちなみに今回は、そんな500万円で資産運用を上手く行うコツやおすすめの500万円運用先をまとめました。

そもそも資産運用は「いつまで」に「どれくらい」増やしたいかを決めることから始まります。

ちなみに今回は500万円を「ローリスク」で資産運用していくことに注目していくので、ローリスクの定義を決めなければなりませんね。

ここでは、「ローリスク=ほぼ元本を割らない」と定義していきます。

それでは500万円の余剰資金を持つあなたが、ローリスクで資産運用を行うポイントについて見ていきましょう!

人によって運用スタンスが違う

人によって運用スタンスが違う

そもそも資産運用の方法は伝統的なものから最新のものまで多様。

なので、500万円をローリスクで資産運用しようとしても「この運用手法・運用対象で間違いない」と断言することはできません。

500万円の運用においてどのような種類が向いているのかは、人によってまちまちだからです。

そもそもの話になりますが、今のステータス・年齢によって500万円を運用する際のリスクに対する考え方も変わります。

それにどのようなタイプの資産運用が適正かは、投資家の社会属性や性格によるところも多いです。

「資産運用は長期戦であり、時にマイナスになったりする可能性もある」ということを考えると、できるだけ自分が関心のある資産運用方法を選ぶ方が結果的にパフォーマンスは良いという点です。

500万円をローリスクな金で資産運用をしたり、分散して割安株に仕込んだり…500万円の選択肢は広がりますね。

そこで一番重要なのは、500万円の運用において自分自身がどんな資産運用方法に合っているのかを正しく理解することだと言えます。

そして、そこが実はとても難しいところ。

自分にぴったりな資産運用先が見つかるまで、ある程度時間がかかるものだと考えていきましょう。

安易なアプローチは資産運用で失敗する

人によって運用スタンスが違う

500万円をはじめとする資産運用をする上で良くない考え方の代表が、「一気に大きく儲けたい」や「楽して稼ぎたい」という発想から資産運用方法を決めてしまうことです。

人の誘いや人に言われたからという理由で資産運用を始めてしまうことも絶対に危険。

上記のような流れで500万円を運用した場合、いくらローリスクな運用方法だったとてもほぼ失敗します。

そして500万円をローリスクに資産運用しようにも、あなたの資産運用にかける時間と情熱が圧倒的に不足している場合、判断を誤り、結果はマイナスになると思ったほうがよいでしょう。

500万円でのおすすめ資産運用方法

人によって運用スタンスが違う

ではどんな運用方法が500万円の運用におすすめなのでしょうか?

ここでは管理人タケシが厳選した、500万円をローリスクで運用するおすすめ運用先を紹介していこうと思います。

元本がほぼ保証されている「個人向け国債」

個人向け国債

元本と利息を国が補償している国債は、将来の金利上昇にも効果的。

ローリスクで500万円を資産運用でき、リターンより安全性を求めるのであれば個人向け国債がおすすめです。

個人向け国債
引用:「PRESIDENT ONLINE

500万円の額について増え方は地味ですが元本を確保したいなら個人向け国債をまず調べてみましょう。

利回り5%が目指せる「日本株」

日本株

500万円を運用していく上で次におすすめなのが、日本株です。

そもそも500万円の資産運用を成功させようとするなら、長期戦で臨むというマインドをしっかり固めることが重要。

短期的に利益が得られるに越したことありませんが、その意識が強すぎると500万円の資産運用は成功しません。

資産運用においてはこの「一時でも損をしたくない」というマインドがとにかく厄介です。

資産運用をする限り一時的な含み損は生じるもの。利益への過度な執着は含み損に対する耐性を著しく欠落させます。

マインドを長期投資とセットできればそこからが本番。まずは株式で500万円の資産運用を考えてみましょう。

ちなみにですが、証券会社で無料レポートを入手するなどして銘柄分析に臨んでみるのがおすすめ。2018年9月現在では、以下のようなデータが取れます。

日本株
引用:「SBI証券

今期の営業利益が増加予想とありますので、配当は問題なく支払われるだろうことを考えますと、平均で3%弱の配当を受け取ることができますね。

保有している間にマーケットの影響を受け、一時的に保有銘柄の価値が目減りし含み損を抱えるリスクはありますが、株が買われすぎだったり、高値すぎるということがなければ500万円分を長期で運用していきましょう。

次世代の運用方法「ソーシャルレンディング」

ソーシャルレンディング

500万円の資産運用の新しい投資先としてソーシャルレンディングも候補です。

ソーシャルレンディングとは、ネットを介し投資家から資金を集め、借手に貸して運用するサービスであり、大手からベンチャーまで多数の企業が参戦しています。

以下日本における累計応募額の上位3位をみてみましょう。

MANEO(マネオ)

割安株投資

約1400億円の資本を持つMANEOは、2008年サービス開始の国内最大手で様々なファンドを提供しています。

金融商品取引法に基づく行政処分で業務改善命令を受ける(2018年7月13日) も、月あたりの募集額はいまだに1位。

GMOや銀行系のVCが投資をしており、依然として人気が高いです。

Croud Bank(クラウドバンク)

割安株投資

Croud Bankは総資本355億で、業界初の証券会社が運用主体で2013年10月から開始しています。

バリエーションに富んだファンドが特徴で、2017年に業務改善命令を経て、現在は安定的に運営しています。

LC Lending

割安株投資

LC Lendingは総資本228億のJASDAQ上場企業のロジコムグループ100%子会社です。

maneoマーケットを通じて募集を行った最初の企業であり会社の信用力もありますが、maneoを行政処分の影響を受けているようです。

さて上位3つの業者について見てきましたが、資産運用候補先であるソーシャルレンディングの上位企業が金融庁から指摘を受けていることから、投資家にとってリスクはゼロとはいえません。

しかしソーシャルレンディングの歴史が浅い点や、大手企業が出資する点、監督官庁からの指摘に真っ向から付き合ってる面など考えると、500万円の有望な運用先として無視するわけにはいきませんね。

歴史の長い「投資顧問」

投資顧問

500万円を資産運用して何とかローリスクで増やしたいが、株やFX、まして仮想通貨など手間のかかる運用は自分には不向き。

そんな方には投資顧問での運用が最適。

500万円の運用における買いや売りの判断を資産運用のプロに助言してもらいましょう。

ただし情報を仕入れても、運用の最終判断は投資家自身が決めることになりますのでご注意を。

リターンは20%以上?「ヘッジファンド」

ヘッジファンド

500万円の運用で特におすすめなのが、ヘッジファンドです。

中でも国内ファンドであるBMキャピタルがおすすめ。

BMキャピタルは東大出身・外資系銀行卒のファンドマネージャーが運用するヘッジファンド。

日本株へのバリュー投資を軸に、直近4年では平均10%程度のリターンを安定的に出してくれており、タケシの資産も倍になっています。

自分で学ぶ時間も情熱もない方で、投資判断もしたくない方、ほったらかしで500万を運用したい方に向いています。

ネックは最低運用額が原則1000万円からなので、運用額500万円でも可能かどうか直接打診してみることをおすすめします。

>>ヘッジファンドとは?20%ものリターンが出る理由や実態を徹底解説

属性がいいのなら「不動産」

ヘッジファンド

2018年8月にスルガ銀行の不正融資問題で代表が辞任する事件がおきましたが、さかのぼること過去5年間ほどは、標準的なサラリーマンでも不動産での資産運用を希望すれば金融機関からの融資が可能でした。

そのうえで定義する「属性がいい人」とは、次の条件を満たす人です。

・自己資金3000万円~5000万円
・年収1200万円以上

500万円を頭金に不動産で資産運用をする場合、5000万円~8000万円の物件を購入できるでしょう。

見積もり5000万円の物件を購入し、家賃収入から経費や税金を引いた後、手残りで3%程度利益(150万程度)があるとすれば、500万円にレバレッジをきかせ30%程度の抜群なリターンが達成できるのです。

不動産投資の場合、修繕費用や家賃未払いなどリスクも伴う点もあわせて留意が必要ですが、できるなら500万円で是非始めたい運用方法ですね。

現物で500万円を運用するなら「金投資」

ヘッジファンド

いつの時代も実物資産の代名詞として、また現物の運用先として、最も信頼ある投資対象である「金」

金は主に現物需要と投資需要がありますが、世界の中でも現物需要をけん引しているのは中国とインドなのです。

ヘッジファンド
引用:「Gold Survey2018

そんな価値の裏付けのある金ですが、ここ数年は価格が下落傾向。

金ETF現物保有量と金価格は比例していると言われていますが、完全に現在は「ダウントレンド」にあります。

ヘッジファンド
引用:「第一商品:SPDRゴールドシェア

500万円の運用先として、底をうったタイミングで金を買うのも悪くはありませんね。

そう考えますと長期的な資産運用として、また資産分散先として金投資は選択肢の1つにあげることができますね。

ヘッジファンド
引用:「Gold Price

さらに直近10年で金の価格を見ますと、リーマンショック後の金融不安により大幅な上昇をみせ、アメリカ経済の復活と安定により価格が落ちついています。

直近では4か月ほど下落しており、傾向としてはもう少し下がりそうなのでしばらくは監視を続け、下げ止まりを待ちたいです。

ローリスクで確実なのは「割安株投資」での長期運用

割安株投資

さてここまでいくつかおすすめの運用先について紹介してきました。

前述しましたように、どの資産運用が良いかは一概には言えませんが、500万円でのローリスク運用における有効な選択肢の1つとして日本株式での資産運用が有効でしょう。

不動産、FX、デリバティブなど投資対象は様々ありますが、500万円を一番安全に資産運用するなら日本株式。

日本株への投資であれば500万円をローリスクで運用することが可能です。

上場していながらも割安に放置されている銘柄を見つけ出し、長期的な時間をかけて株価の回復を待つことができるのであれば、その差額分が利益となりますね。

しかも割安銘柄を見つけることもそこまで難しくありません。

例えば指標を以下の3つに絞るだけでも100社以内に絞れるはずです。

指標

・時価総額200億円以上
・PBR1.0以下
・現金性資産保有の有無

また割安株で資産運用するだけでなく、AIや再生医療など成長株もあります。

ちなみに銘柄選びがうまくできても、とにかく資産運用の成功に勉強は不可欠。熱意や目標に応じ、常に勉強をする姿勢が求められます。

500万円をローリスクで資産運用すると決めた後は、

「どれくらいの時間を資産運用の勉強や分析に費やす事ができるのか」

「どの程度の熱を持って500万円の資産運用にのぞむことができるのか」

に自問自答する必要があるのです。

3つの選択肢の中から考える

多くの人が成功しやすいローリスクな資産運用法としては、成長銘柄や割安銘柄への投資。

資産運用の世界では「バリュー投資」といいますが、割安銘柄に仕込み、リターンを得るまでに存分に時間をかけることができれば成功はすぐそこまできています。

とはいえ「なるほどそうですか」ということで行動に移せるほど人は単純ではありません。

500万円をローリスク、かつ長期的に資産運用するためには、「バリュー投資」が最適だと知りながらも、すぐ行動に移せない方には、これから紹介する3種類の選択肢があります。

①自分にはローリスクで資産運用を学ぶということ自体が向かないと判断をし、リターンの目標値を著しく下げ長期的にみていく②信頼できる資産運用プロフェッショナルを見つけて運用を委託する③3年後から本気で取り組もうと考え徹底的に勉強する

それぞれ見ていきます。

債券を購入し、マーケットに縛られる生活から解放される

500万円で国債を買うなり債券を買うなりして、ローリスクの部分を完全に担保した資産運用に切り替えます。

500万円の運用でも利回りは低くなりますが、ローリスクなので安全だと言えますね。

一方相場の影響をうける資産運用方法(株や投資信託、FXなど)で500万円を運用すると、毎日マーケットが気になってほかの仕事も手につかなくなります。

案外これは日々の生活を送るにはとてもストレスなので、年間3%でもローリスクで確実に増える債券を購入して、あとは少ないけど長期的に儲けていくという方針ですすめましょう。

信頼できる資産運用プロフェッショナルを見つけて運用を委託する

このプロに運用を任せる場合は、端的にいえば500万円を運用のプロである資産運用会社に投資をすることです。

このサイトにも年間で3割以上のリターンを毎年出し続けているローリスクで実績のあるヘッジファンドを紹介していますが、とにかくその道のプロに任せるやり方です。

そのためにも資産運用の勉強をするのではなく、あなたの500万円をローリスクで安全に預けられる資産運用会社(ファンド)を探すことになります。

3年後から本気で取り組もうと考え、徹底的に勉強する

自力での学習は一番過酷です。

合理的に株価を分析し、周りの人と違う予測を立てても動じないぐらいの強い信念と確信が持てるほど専門的な勉強をして勝負するというやり方。

しかも長期運用においては自分が考える将来価値との間にギャップがあると思えば強気のスタンスで市場と向き合うことになります。

つまり500万円全額を投資し終えたとしても、価格がまだまだ安ければ、新たな資金を用意してでも買い増しするといった攻めのスタンスが時に求められるのです。

このやり方ができるようになるには、相当な自信と勉強量で確信を深めることが必要になります。

500万円を上手く運用するために大事なのは「継続をすること」

①の長期型、②の委託型、③の自力での学習型のうち、あなたが500万円を運用するならどのローリスクパターンが合いそうでしょうか?

どのローリスクパターンで運用するにせよ、資産運用で失敗する人には、ある共通点があります。

それは、簡単な気持ちでやってみて、少しマイナスになったら心が折れて自分には向いていないとやめてしまうことです。

確かにいくらローリスクとはいえ、大事な500万円が1万円でもマイナスになるのは嫌なものです。

ですが「ローマは一日にして成らず」という言葉があるように、500万円の資産運用で結果を出すためには負けたときに敗因を分析することです。

これを粘り強く継続する必要があります。まさに「継続は力なり」ですね。

継続することが過酷と考える人は、本当に信頼できる利害関係のない人から良い資産運用会社(ファンド)を紹介してもらった方が結果的に満足のいく結果になるはずです。

自分の適性を冷静に判断して、500万円のローリスクな資産運用法を確立させましょう。

ちなみにかくいう管理人も自力での学習と長期志向型のアプローチは向いていないと判断し、ファンドに500万円の資産運用を任せました。

>>タケシが500万円以上の資産運用を任せたおすすめファンドはこちら