必見!500万円をローリスクで資産運用するコツとは?

500万円をローリスクで運用する

いつのまにか貯まった500万円の貯金。

 

通帳残高をみるとゼロが綺麗に横に並んで、内心ガッツポーズ。資産運用を行っている筆者がそうだったように、皆さんにもそんな経験が一度はあるのではないでしょうか?今回はマネーブリッジ編集部が、そんな貯金の内の500万円を「ローリスク」で資産運用していくことに焦点を当てて説明していきます。

 

それでは早速500万円の余剰資金を持つあなたが、ローリスクで資産運用を行うポイントについて見ていきましょう。因みにここでは「ローリスク=ほぼ元本を割らない」と定義していきます。

500万円でのおすすめ資産運用方法

では、どんな運用方法が500万円の運用におすすめなのでしょうか?ここでは編集部が厳選した、500万円をローリスクで運用するおすすめ運用先を紹介していこうと思います。今回500万円の運用方法として紹介するのは、以下5つの運用方法です。

 

  1. 個人向け国債
  2. 日本株
  3. 投資顧問
  4. 不動産
  5. 金投資

 

早速、1つ目の個人向け国債から見ていきます。

1、元本がほぼ保証されている「個人向け国債」

国債とは国が資金調達の為に発行する債券のことです。つまり国債を購入することで、国にお金を貸すことになり、満期になれば元本に利子がつき手元に戻ってきます。発行元が「国」ということで元本と0.05%の最低金利を国が補償している国債は、リスクが少なく安心。

 

元本や利子の支払いは、国が責任を持って行います。
個人向け国債の口座を開設している金融機関が破綻した場合でも、その権利は保護され、元本や利子の支払いを受けられなくなることはありません。

引用:>>外務省HP 個人向け国債についてのよくある質問(外部リンク)

 

ローリスクで500万円を資産運用でき、リターンより安全性を求めるのであれば個人向け国債がおすすめです。そして、そんな個人向け国債は半年毎に適用利率が変わる「変動10年」、満期まで発行時そのままの利率を維持する「固定5年」「固定3年」の3タイプ。

 

個人向け国債
引用:>>PRESIDENT ONLINE 超人気「個人向け国債」が優れている3つの理由(外部リンク)

 

10年スパンの長期運用が可能、かつ日本の金利の上場に期待をしている方は変動10年。それ以外の方は、投資資金の使用時期に合わせて、固定3年か5年のどちらかを賢く選択できると良いですね。

 

最低金利であれば、年利0.05%。100万円を1年預けても、利息はたったの500円と500万円の額について増え方は地味ですが、元本を確保したいなら個人向け国債をまず調べてみましょう。

 

個人向け国債についてはいかに詳しくまとめました。
>>個人向け国債とは?銀行に預けているよりお得?

 

2つ目は、日本株での運用です。

2、利回り5%が目指せる「日本株」

500万円を運用していく上で次におすすめなのが、日本株です。そもそも500万円の資産運用を成功させようとするなら、長期戦で臨むというマインドをしっかり固めることが重要です。短期的に大きな利益が得られるに越したことありませんが、その意識が強すぎると500万円の資産運用は成功しません。

 

資産運用においては、この「一時でも損をしたくない」というマインドがとにかく厄介です。資産運用をする限り、一時的な含み損は生じるもの。利益への過度な執着は、含み損に対する耐性を著しく欠落させます。マインドを長期投資とセットできればそこからが本番。まずは、株式で500万円の資産運用を考えてみましょう。

 

ちなみにですが、証券会社で無料レポートを入手するなどして銘柄分析に臨んでみるのがおすすめ。

 

日本株
引用:>>SBI証券(外部リンク)

 

保有している間にマーケットの影響を受け、一時的に保有銘柄の価値が目減りし含み損を抱えるリスクはありますが、株が買われすぎだったり、高値すぎるということがなければ500万円分を長期で運用していきましょう。

株式投資で成功したい人は以下の記事も読んでおきましょう。
>>勝利の法則はこれだ!株式投資勝利へのポイント

 

3つ目は、投資顧問です。

3、歴史の長い「投資顧問」

500万円を資産運用して何とかローリスクで増やしたいが、株やFX、まして仮想通貨など手間のかかる運用は自分には不向き。そんな方には、投資顧問での運用が最適。

 

投資顧問とは「投資顧問契約」に基づき、株式投資などの投資方法にについて、顧客から報酬を得たうえで専門的立場から助言を行う業者のことです。投資商品の銘柄、売買時期(タイミング)などに関して、プロの目線でアドバイスを受けることが出来ます。費用は業者によってマチマチですが、5~10万円程を見ておくと良いでしょう。

 

500万円をご自身で運用されることに自信がない方は、金融商品の買いや売りの判断を資産運用のプロに助言してもらうことを考えても良いでしょう。ただし情報を仕入れても、運用の最終判断は投資家自身が決めることになりますのでご注意を。

 

4つ目は、不動産投資です。

4、属性がいいのなら「不動産」

2018年8月にスルガ銀行の不正融資問題で代表が辞任する事件がおきましたが、さかのぼること過去5年間ほどは、標準的なサラリーマンでも不動産での資産運用を希望すれば金融機関からの融資が可能でした。そのうえで定義する、不動産投資をする上で「属性がいい人(=融資が通りやすい人)」とは、次の条件を満たす人です。

 

  • 自己資金3000万円~5000万円
  • 年収1200万円以上

 

500万円を頭金に不動産で資産運用をする場合、5000万円~8000万円の物件を購入できる可能性があります。つまり、見積もり5000万円の物件を購入し、家賃収入から経費や税金を引いた後、手残りで3%程度利益(150万程度)があるとすれば、500万円にレバレッジ(融資を受けて、投資額を増やす)をきかせ30%程度の抜群なリターンが達成できるのです。

 

不動産投資の場合、修繕費用や家賃未払いなどリスクも伴う点もあわせて留意が必要ですが、できるなら500万円で是非始めたい運用方法ですね。

 

不動産投資初心者であれば、まずはワンルームマンション投資から検討してみましょう。
>>ワンルームマンション投資が今ホットな様々な理由

 

5つ目は、金投資です。

5、現物で500万円を運用するなら「金投資」

いつの時代も実物資産の代名詞として、また現物の運用先として、最も信頼のある投資対象である「金」。ここ数年下落傾向にあった金価格は、今年に入って持ち返してきています。金ETF(金価格に連動する投資信託)現物保有量と金価格は比例していると言われていますが、完全に現在は「上昇トレンド」にあります。

 

金投資

引用:>>第一商品:SPDRゴールドシェア

 

そう考えますと長期的な資産運用として、また資産分散先として金投資は500万円の運用の選択肢の1つにあげることができそうです。

ローリスクで確実なのは「割安株投資」での長期運用

さて、ここまでいくつかおすすめの運用先について紹介してきました。前述しましたように、どの資産運用が良いかは一概には言えませんが、500万円でのローリスク運用における有効な選択肢の1つとして日本株式での資産運用は有効でしょう。不動産、FX、デリバティブなど投資対象は様々ありますが、500万円を一番安全に資産運用するなら日本株式。日本株への投資であれば500万円をローリスクで運用することが可能です。

 

上場していながらも割安に放置されている銘柄を見つけ出し、長期的な時間をかけて株価の回復を待つことができるのであれば、その差額分が利益となりますね。しかも割安銘柄を見つけることも、そこまで難しくありません。例えば指標を以下の3つに絞るだけでも100社以内に絞れるはずです。

 

株式投資割安銘柄の指標
・時価総額200億円以上

・PBR1.0以下

・現金性資産保有の有無

 

株式投資の銘柄選びは以下の記事が参考になります。
>>株の負けない銘柄選び!プロに学ぶ初心者でも勝てる方法

 

また割安株で資産運用するだけでなく、AIや再生医療など成長株もあります。ちなみに銘柄選びがうまくできても、とにかく資産運用の成功に勉強は不可欠。熱意や目標に応じ、常に勉強をする姿勢が求められます。500万円をローリスクで資産運用すると決めた後は、

 

どれくらいの時間を資産運用の勉強や分析に費やす事ができるのか?
どの程度の熱を持って500万円の資産運用にのぞむことができるのか

 

に、自問自答する必要があるのです。

3つの選択肢の中から考える

多くの人が成功しやすいローリスクな資産運用法としては、成長銘柄や割安銘柄への投資。資産運用の世界では「バリュー投資」といいますが、割安銘柄に仕込み、リターンを得るまでに存分に時間をかけることができれば成功はすぐそこまできています。

 

とはいえ「なるほどそうですか」ということで、行動に移せるほど人は単純ではありません。500万円をローリスク、かつ長期的に資産運用するためには、「バリュー投資」が最適だと知りながらも、すぐ行動に移せない方には、これから紹介する3種類の選択肢があります。

 

  1. 債券を購入し、マーケットに縛られる生活から解放される。
  2. 信頼できる資産運用プロフェッショナルを見つけて運用を委託する。
  3. 3年後から本気で取り組もうと考え徹底的に勉強する。

 

ここでも、それぞれ1つずつ見ていきます。

1、債券を購入し、マーケットに縛られる生活から解放される

500万円で国債を買うなり債券を買うなりして、ローリスクの部分を完全に担保した資産運用に切り替えます。500万円の運用でも利回りは低くなりますが、ローリスクなので安全だと言えますね。一方相場の影響をうける資産運用方法(株や投資信託、FXなど)で500万円を運用すると、毎日マーケットが気になってほかの仕事も手につかなくなります。

 

案外これは日々の生活を送るにはとてもストレスなので、年間3%でもローリスクで確実に増える債券を購入して、あとは少ないけど長期的に儲けていくという方針ですすめましょう。

2、信頼できる資産運用プロフェッショナルを見つけて運用を委託する

このプロに運用を任せる場合は、端的にいえば500万円を運用のプロである資産運用会社に投資をすることです。投資のプロに資産運用を任せることで、リスクを抑えながらある程度まとまったリターンを期待できるでしょう。

 

そのためにも資産運用の勉強をするのではなく、あなたの500万円をローリスクで安全に預けられる資産運用会社(ファンド)を探すことになります。

 

投資のプロに運用をおまかせできるファンドは高額資産の運用時にはぜひ活用したいところ。
>>独立系資産運用会社(ファンド)とは何者?

3、3年後から本気で取り組もうと考え、徹底的に勉強する

自力での学習は一番過酷です。合理的に株価を分析し、周りの人と違う予測を立てても動じないぐらいの強い信念と確信が持てるほど専門的な勉強をして勝負するというやり方。

 

しかも長期運用においては自分が考える将来価値との間にギャップがあると思えば強気のスタンスで市場と向き合うことになります。つまり500万円全額を投資し終えたとしても、価格がまだまだ安ければ、新たな資金を用意してでも買い増しするといった攻めのスタンスが時に求められるのです。このやり方ができるようになるには、相当な自信と勉強量で確信を深めることが必要になります。

500万円を上手く運用するために大事なのは「継続をすること」

どのパターンで運用するにせよ、資産運用で失敗する人には、ある共通点があります。それは、簡単な気持ちでやってみて、少しマイナスになったら心が折れて自分には向いていないとやめてしまうことです。

 

確かに、大事な500万円が1万円でもマイナスになるのは嫌なものです。ですが「ローマは一日にして成らず」という言葉があるように、500万円の資産運用で結果を出すためには負けたときに敗因を分析することです。これを粘り強く継続する必要があります。まさに「継続は力なり」ですね。

 

継続することが過酷と考える人は、本当に信頼できる利害関係のない人から良い資産運用会社(ファンド)を紹介してもらった方が結果的に満足のいく結果になるはずです。自分の適性を冷静に判断して、500万円のローリスクな資産運用法を確立させましょう。

 

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう