1000万円運用したら貯金はいくら貯まる?

1000万円貯金

年齢にもよりますが、1000万円の貯金ともなると大きな金額です。

 

そうなると、1000万円というまとまった金額の資産運用方法は、慎重に決めたいところ。しかし「資産運用」といっても現在金融商品はたくさんありますし、それぞれ特徴や向き不向きもあります。では、1000万円というまとまった金額が一体どう何で運用したらいいの?と悩んでしまいますよね。

 

そこで、今回はマネーブリッジ編集部が1000万円を運用する際におすすめの運用方法について紹介していきます。

1,000万の運用はヘッジファンドか仮想通貨、株式投資がおすすめ

最近では資産運用と聞くと「投資信託」や「不動産投資」といった王道の運用方法が思い浮かぶかと思います。

 

しかし少し前だったら、銀行預金が非常に人気でしたね。リスクも限りなく少なく、1000万円だったらそこそこの利回りももらえていました。しかし悲しいかな、それはもう過去の話です。

 

現在は、銀行に預けても1,000万円はほとんど増えません。本当ですよ。

 

定期預金利率
参照:>>日本銀行金融機構局 預金種類別店頭表示金利の平均年利率等について(外部リンク)

 

参考までに、現在日本の定期預金の平均利率(年利)は0.011%程。1000万円を1年間、銀行に預けても1000円程しか増えない計算になります。1000万円を1年間で、1000円。

 

今の日本では、銀行預金でコツコツ貯金するのはあまり良い資産運用とは言えないのです。そうなると、銀行預金以外で1000万円を運用出来る方法を探してみる必要がありますね。

 

1000万円の貯金を効率的に増やしていきたいとお思いなのであれば、銀行預金での資産運用ではなく「ヘッジファンド」や「仮想通貨」「株式投資」などでの運用が考えられます。

1000万円の運用に向いている「ヘッジファンド」

ヘッジファンドというのは、 自分の資産をいくつかの金融商品に分散し、それをプロに運用してもらうというものです。

 

例えば1000万円の資金を「国内株式」「海外株式」「国内債券」「海外債券」の4つに250万円ずつ分散し、リスクを抑えながらすべてプロに運用してもらうのです。

 

プロに運用してもらうという点では投資信託も同様ですが、ヘッジファンドは投資信託よりも年間利回りが高く、手数料も安いという特徴があります。

 

 

金融商品 平均リターン 手数料
ヘッジファンド 約10~20% 成功報酬で出た利益から発生
投資信託 約3~5% 運用成績に関わらず固定で発生

 

下記図は、海外ファンドを専門とする投資助言会社であるヘッジファンドダイレクト社により各運用方法の年率換算リターンとリスク度合いが表されたものです。

 

年間リターン
参照:>>ヘッジファンドダイレクトHP(外部リンク)
※右に行くほどリスクが高く、上に行く程リターンが高い。

 

この表を見ると、ヘッジファンドは投資信託の運用先としてよく使われがちな日本・世界株よりリターンは良く、かつリスク度合いが低いことがわかります。

 

ヘッジファンドは、比較的リスクを取らずに、まとまった利益を狙いに行ける運用方法であることがわかります。また、ヘッジファンドのリスク度合いが低い理由の一つには、ヘッジファンドが分散投資を行っていることがあげられます。

 

異なる値動きをする資産や銘柄を組み合わせて投資を行うのが「資産・銘柄の分散」の手法です。こうした手法を取り入れることで、例えば特定の資産や銘柄が値下がりした場合には、他の資産や銘柄の値上がりでカバーする、といったように、保有している資産・銘柄の間で生じる価格変動のリスク等を軽減することができます。

引用:>>金融庁HP 投資の基本(外部リンク)

 

個人でいくつもの投資先に分散投資しようと思うと手間がかかり大変ですが、ヘッジファンドの場合は投資資金を預ければあとは運用は熟練のプロが代わりに行ってくれます。

 

このように投資初心者でも、手間をかけずプロにお任せでリスクを抑えた資産運用を始められるとしてヘッジファンドは今注目を浴びています。

 

ヘッジファンドに関しては、編集部が実際の投資経験からおすすめのファンドをまとめたページがございますので、興味のある方はそちらも参考にしてみてください。

 

 

また編集部では実際の投資経験を活かし、ファンドのレビューも行っていますので興味のある方はどうぞ。

>>BMキャピタルへの投資経験から語る!利回り、運用手法、口コミ・評判まで徹底紹介

大きなリターンが期待できる「仮想通貨」

1000万円の貯金を運用する上で、もう1つおすすめなのが「仮想通貨」です。

 

2017年から日本でも広く普及し始めている仮想通貨というのは、その名の通り「仮想」上に存在する通貨のことをいいます。円やドルとは、また違った概念ですね。

 

ビットコイン
引用:>>bitcoin.com HP(外部リンク)

 

分かりやすく言えば電子マネーのようなもので、実体がなくインターネット上で管理・発行されています。仮想通貨よりも、「ビットコイン」と言われたほうがピンとくる方もいるかもしれませんが、ビットコインも仮想通貨の1つです。

 

むしろビットコインは、世界で最初に誕生した仮想通貨で、今や世界中のレストランやホテル、スーパーなどでビットコイン決済ができるほどです。そんなビットコインをはじめとする仮想通貨が1000万円の運用に向いている理由は、高いリターンが見込めるからです。

 

仮想通貨2017
引用:>>みんなの仮想通貨 ビットコイン/円(BTC/JPY)リアルタイムチャート(外部リンク)

 

2017年1月01日には998ドル(終値)だったビットコインは、約11か月後の12月1日には10,976ドルと約10倍以上も上昇しています。つまり、1000万円の貯金でビットコインを購入していたら、1年もたたずに1億円になっていたことになります。

 

このリターンは驚きですよね。他にもイーサリアムという仮想通貨は1年間でなんと80倍。2017年仮想通貨に携わっていた人のほとんどが、1年で大きな資産を作ったと言われているほど高いリターンが見込めるのです。

 

2019年も変わらず仮想通貨は大きな変動をしているので、短期的に大きな貯金を作りたい方はピッタリかもしれませんね。

>>ゼロから学ぶ仮想通貨入門講座はこちら

投資の王道株式投資

株式投資は、多くの人がはじめている伝統的な投資方法です。

 

そんな株式投資では「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という2つの利益を得ることが出来ます。なんだ、なんだ?と思った方、難しくありませんので読み進めてみてください。

 

まず、「キャピタルゲイン」とは、購入したときよりも高い株価で売ることで得られる売却益を指します。簡単ですね。投資の基本である安く買って高く売れば良いだけなのですが、これから株価の上昇する企業を見つけるのが至難の業。

 

それが分かれば苦労しないよと思った方、朗報です。

 

統計上の株価変動率は、その企業の事業内容に関わらず10年保有すると3倍になるとされています。どんな株でも10年売らずにずっと持っていれば、いつかは上がる可能性が高いです。また、株式を長期保有することで、値下がりのリスクを抑えることも可能です。

 

以下図は、保有期間別に見た株式の投資収益率を示したグラフです。1年間の保有では、良い年は109.4%のプラス(グラフ内水色)となっていますが、反対に悪い年には51.7%もマイナス(グラフ内オレンジ色)となっています。1000万円も投資しているのに、マイナスが出たら困りますよね。

 

株価変動率
引用:>>東海東京証券HP 投資のポイント(1)長期投資【お金の安全運転】(外部リンク)

 

しかし、10年、20年と保有期間が長くなるにつれ、プラスとマイナスの幅は狭くなり、大きなマイナス(グラフ内オレンジ色)が出ずらくなっていることが見て取れます。

 

1000万円というまとまったお金は、大きく「減らさず」に運用したいと思うのは当然のこと。1000万円を株式投資で運用するのであれば、長期保有で値下がりのリスクを最大限に抑えながら運用していけると良いでしょう。

 

さらに、株式を20年の長期保有するのであれば「インカムゲイン」の魅力があります。インカムゲインとは、配当金や株主優待のこと。つまり、株式を売ったり買ったりしなくても、ただ保有しているだけで得られる利益のことですね。

 

企業によりますが年に1、2度、企業が出した利益から配当金が配分されることがあります。また、皆さん大好きの株主優待は年に1度受け取れます。ご自身で企業を選ぶ必要はありますが、それだけ突破できれば高いリターンを狙えるのが株式投資です。

他の運用方法なら貯金はどうなる?

さて、ここまで3つの資産運用方法について見てきました。もちろんひとえに資産運用といっても様々な方法があるので、1000万円この運用方法で運用したらいくら貯まるといったことは一概には言うことはできません。

 

FXでの運用なのか、アパート購入なのか、マンション購入なのか、株式で運用するのか、ヘッジファンドなど資産運用のプロに任せるのか、選択はたくさんあります。

 

今回紹介した3つの運用方法以外であれば、FXでオーストラリアドルといった高金利通貨を利用し3倍程度のレバレッジを効かせることによって利回り8%以上を確保することもできるでしょう。それに、やり方次第では年間利回りが10%以上となることもあります。

 

他にも1000万円の貯金があれば、都内で中古アパートを購入なんてことも可能でしょう。銀行から借り入れをうまくできれば最高です。これなら年間で200万円以上の利益を出すことも可能ですし、サラリーマンの収入を加えれば、あっという間に再度1000万円の貯金をつくることができます。

 

何が何だかわからないと言った方もいらっしゃるかもしれませんが、こういったスケールで資産運用を続けていけば、最終的にはマンションを購入なんてことになり、運用当初からは想像もつかなかったような額が貯金できたりする可能性もあるということです。

まとめ

今回は1000万円の資産を運用してどのくらいの貯金ができるか、運用するならどの運用方法が良いのかについて見てきました。

 

ヘッジファンドや仮想通貨、そしてFXや不動産投資などについて紹介してきましたが、先述した通り金融商品はそれぞれ異なる特徴を持ち、投資者の属性、運用資金などにより向き不向きがあります。

 

まずは、今回紹介した金融商品からでも検討を始め、ご自身にピッタリの運用方法で1000万円の運用をはじめていけると良いですね。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう