貯金3000万円を資産運用してセミリタイアを叶えよう

>貯金3000万円を資産運用

資産が3000万円を超えると、もう会社員を続けなくても良いのでは?そんな考えがよぎるかもしれません。しかし、リタイア時の年齢にもよりますが、貯金3000万円では将来資金不足に陥る可能性があります。

 

完全なリタイアは難しくとも、セミリタイアなら十分にできる可能性があります。ここでは3000万円を活かしたセミリタイアの方法について解説致します。まずは完全リタイアとセミリタイアにはどのような違いがあるのか確認しておきましょう。

 

この記事の要点

・貯金3000万円の切り崩しだけでは生活費を賄えない可能性がある
・少しの収入+運用で負担なくセミリタイア生活を送ろう

完全リタイアとセミリタイアの違い

2つとも同じような言葉ですが、以下のような違いがあります。

 

  • 完全リタイア→会社を退職し、貯蓄のみで生活。その後の生産活動を行わない(給与をもらわない)
  • セミリタイア→精神的、肉体的に負担のある仕事を辞め、アルバイトや資産運用などで生活費の足しになる費用を稼ぐ生活スタイル

 

完全リタイアの場合は、今後生活に必要な資金を稼がないので、十分な資金力がある人のみ可能です。次に3000万円という資産があっても完全なリタイアが難しいと言われる理由について解説致します。

3000万円でのリタイアが難しい理由

貯金3000万円はたしかに大きな金額ですが、案外あっという間に無くなってしまうのです。

貯金3000万円は意外と短命

以下のデータをもとに、月々どのくらいお金が出ていっているのか確認してみましょう。データは総世帯(2人以上の世帯と単身世帯の平均)、2人以上の世帯、単身世帯と分かれています。

 

引用:>>家計調査報告(家計収支編)2018年(平成30年)II 総世帯及び単身世帯の家計収支(外部リンク)

 

子供のいるいないに関わらず、パートナーのいる家庭では月に平均で約29万円、独身の世帯では約16万円消費していることになります。それぞれの金額を貯金から切り崩していくとすると、貯金3000万円はどのくらい持つでしょうか。

 

世帯種類別月々の支出額と貯金3000万円の寿命

世帯種類 月々の支出額 貯金3000万円の寿命
二人以上の世帯 29万円 8年7ヶ月
単身世帯 16万円 15年8ヶ月

 

二人以上の世帯では10年も持たないことがわかりました。また、このデータにおける住居費は約2万円となっていますが、これは既にお家を所有されている家庭も含まれているからです。都内ワンルームの平均は8万円と言われていますから、住居費がかかる世帯は、貯金3000万円の寿命がさらに短くなる可能性があります。

さらに襲ってくる「長生きリスク」

日本人の平均寿命は男性が81.09歳、女性が87.26歳となっており、65歳で定年退職をした場合でもおよそ20年の老後生活を送る方が多いでしょう。

参考:>>生命保険文化センター(外部リンク)

 

あくまでも平均寿命は平均なので、大半の方が平均寿命を超えて長生きされます。年齢が3桁の方も今では珍しくありませんよね。高齢になると、病院に通ったり、介護が必要になる可能性も高くなりますから、さらにお金を蓄えておく必要があります。完全リタイアをする場合、手元の貯金3000万円だけでは賄いきれない可能性がありますが、セミリタイアであれば十分可能であると言えます。

セミリタイアをするために必要なこと

貯金の3000万円では、セミリタイアをすることは可能であるとお話させて頂きました。実際に3000万円の元手でセミリタイアをするにあたり、必要なことは以下の2つです。

 

セミリタイアをするために必要なこと

  1. 足りない分の収入を作る
  2. 運用して3000万円の寿命を伸ばす

 

まずは、生活費の足しになる資金を生む活動を始めましょう。

1、足りない分の収入を作る

毎月いくらぐらい必要であるのか計算します。会社に勤めていた頃よりも余裕が生まれてお金を使う機会も増えていくかもしれませんが、使いすぎると結局はフルタイムで勤務することが必要になるかもしれませ。まずは最低ラインで見積もりを出してみましょう。

 

週3日程度の派遣やアルバイトで生活費を賄ったり、ブログなど在宅でオンライン収入を狙ってもいいと思います。自分にあった働き方、稼ぎ方はそれぞれなので、一度退職されてからゆっくり考えてみていいかもしれませんね。

2、運用をして3000万円の寿命を伸ばす

セミリタイア時の年齢にもよりますが、3000万円の貯金切り崩し+多少の収入だけでは、いつ底を尽くかわかりませんので、貯金3000万円を元手に資産運用する必要性が高いと言えます。

 

自身が労働するのではなく、手元にある3000万円に動いてもらいさらに増やしていこうという考え方です。3000万円の資産運用を行う際におすすめの商品は、以下でまとめてご紹介致します。

おすすめの3000万円運用方法

以下、3000万円を運用する際におすすめしたい運用方法です。早速、1つずつ丁寧に見ていきましょう。

 

3000万円のおすすめ運用方法

  1. 株式投資
  2. 投資信託
  3. リート
  4. ヘッジファンド

 

3000万円の運用方法に関しては以下の記事でも詳しく説明しています。
>>3000万円を投資するのにおすすめの方法とは?

1、株式投資

資産を倍にすることを狙うわけではなく、配当収入を得ることを目的に株式を保有してみてはいかがでしょうか。株で出せる利益には、売却時の値上がり益であるキャピタルゲインと、保有期間に得られる配当のインカムゲインの2種類があります。投資初心者の方であれば、配当のインカムゲイン狙いがおすすめ。

 

キャピタルゲインを狙う場合には、常にマーケットとにらめっこ、専業トレーダーのような活動が必要となるので、精神的にも肉体的にも負担になる可能性があります。インカムゲイン狙いの株式保有であれば、日々の細かな値動きを気にしなくても良いので、定期的な不労収入を得られます。

 

インカムゲイン・キャピタルゲイン

 

いくらインカムゲインが定期的な収入を得られると言っても、もちろん場合によっては配当金が減額になったり、企業業績等によっては価値が下がることもありますので、しっかり留意しておきましょう。現在東証一部に上場している日本株の平均配当利回りは約2%となっており、もし3000万円で株式投資をしたとすると、年間60万円の不労所得が得られる計算となります。

 

株式投資の始め方を知りたい人は以下の記事もおすすめです
>>株式投資の始め方はこれだけ!ゼロから学べる初心者向け講座

2、投資信託

株式よりもリスクを減らして運用したい場合におすすめなのが投資信託。投資信託はあらゆる商品(株や債券等)を複数組み合わせたものなので、リスクを分散させることができます。また、ファンドを購入するだけで、投資のプロが投資者の代わりに運用してくれるため、投資の失敗のリスクを抑えられるのも良いですね。そんな投資信託は大きく分けて、以下の2種類となります。

インデックスファンド

日経平均のような指数を目標とに設定し、その指数と同じように動くよう設定されたファンドがインデックスファンドです。中身の資産の入れ替えが少ない(売買が頻繁に行われない)ために、手数料は安く設定されています。相場全体の動きを捉えるので、全体的に伸びが期待できる場合はインデックスファンドでお得に運用するのがおすすめです。分配金はほとんど出していないので、売却時の値上がり益を狙った運用になります。

アクティブファンド

インデックスファンドと対象的に、アクティブファンドは指数のリターンを上回る目標を設定しています。売買が頻繁に行われる傾向にあることなどから手数料はインデックスファンドよりも少し高めに設定されているため、手数料分もふくめてリターンを得る必要があります。分配金が高いファンドも沢山販売されています。定年退職後のシニア層で年金の足しにする目的で保有される方が多いと言えます。

 

分配金を出すために運用資産を削っているタコ足分配金と呼ばれるもの(特別分配金)もありますが、最終的なリターンが低くなってしまうので、高すぎる分配金を出しているファンドには注意が必要です。

バランスファンド

基本的にはインデックスファンドを複数個組み合わせたものとなります。好成績で資産割合が増えたものを売り、反対に安くなっているものを買いますリバランスという調整をしてくれます。低リスク型から積極的なリターンを狙うスタイルのものまで幅広く販売されています。分配金はほとんどのファンドで出しておらず、出た利益は複利投資に回し、運用資産の拡大を図っています。

 

投資信託で失敗しないために以下記事も読んでおきたい
>>投資信託で失敗する特徴10選!失敗しない商品選び方法とは?

3、REIT(リート)

REIT(リート)は投資信託の1つですが、投資対象が不動産となっています。実物の不動産では、買付の費用が莫大であったり、不動産業者に足を運んで物件を選んだりする手間がかかります。いざ購入した後に入居者がいないと家賃収入は得られませんし、修繕費等も定期的にかかるので、割とリスクが高めです。リートは不動産の管理を投資家の代わりに行ってくれるので、投資家の負担はありません。オフィスや商業施設などの投資不動産から入ってくる賃料を投資家に分配する仕組みになっています。

 

REIT

 

実物の不動産投資をしたとして、その不動産から賃料が得られなかったり、災害によって倒壊してしまった場合、マイナスはかなり大きくなりますが、そのリートは多くの不動産に投資しているため、1つが駄目になったとしても他の不動産で挽回することが可能です。平均で年4%程度の比較的高い分配利回りを得られる傾向にあります。

 

REITってなんだかよくわからない?という人のために執筆しました!
>>REITの仕組み REITとは一体?

4、ヘッジファンド

ヘッジファンドというと村上ファンドなどを連想し、良くないイメージを持たれている方や、ヘッジファンドという単語自体を聞いたことが無い方もいらっしゃるかもしれません。ヘッジファンドとは、元々ヨーロッパの貴族達が自分たちの資産を減らさないような運用を目指すために取った手法ですが、最近はその徹底的なリスク管理に加えて積極的なリターンを狙ったものが多くなっています。

 

ヘッジファンドは投資信託と似通ったような仕組みであると例えられることが多いのですが、いくつか決定的な違いがあります。以下の表で確認してみましょう。

 

ヘッジファンドと投資信託の違い

投資信託 ヘッジファンド
投資金額 1万円~(中には100円から出来るものも) 一般的に1000万円~
投資家の人数 不特定多数 50人未満
運用の自由度 低い 高い(様々な投資手法でリターンを狙える)
収益目標 相対リターン(ベンチマークを上回る) 絶対リターン(ベンチマークは設けない)
手数料 購入手数料+信託報酬(保有中の管理にかかるコスト)+信託財産留保額(解約手数料) 一般的に固定手数料約2%+成功報酬約20%

 

投資金額

まず最初に投資金額が大幅に異なります。投資信託は少額から投資可能ですが、ヘッジファンドは一般的に1000万円以上からと少し敷居が高いのが特徴です。海外ヘッジファンドの中には最低投資額1億円以上なんてものも存在します。

投資家の人数と運用の自由度

ヘッジファンドを今まで知らなかったという方も、無理はありません。実際にヘッジファンドそのものが、投資家の人数を50名未満と限定していることから、積極的な募集活動はしていないため、出回っている情報が少ないのです。出資者の数が多くなってしまうと、日本の金融庁は投資家保護のための規制を厳しくするので、あくまでも理解を得られる人たちだけで行おうという考え方です。金融庁の規制が投資信託ほど厳しくないので、リターンを追求した運用手法を取り入れることが可能となっています。

収益目標

投資信託では、日経平均のような指標を目標として設定し、その指標と同じように連動したり、もしくは上回るような運用方針を掲げています。しかしヘッジファンドは、相場の上下に関係なくとにかくリターンを求める(絶対収益)という姿勢で運用をしています。その年の日経平均やS&Pが、1年前に比べて大幅下落していたとしても、ヘッジファンドはリターンを出すような投資を目指すのです。ヘッジファンド最大の強みは、このリターンを追求する点であると言えます。

 

また、ヘッジファンドの運用には、投資信託とは違いファンドマネージャーの自己資金も投入されているケースが多いです。少々主観的な見方ではありますが、他人のお金を使って運用している投資信託と、自分のお金も一部に入れたヘッジファンドでは、後者の運用をより神経を尖らせて行うと思いませんか?

 

投資信託のファンドマネージャーは大多数がサラリーマン=月給制です。自分のお金が入っているか入っていないかの差は、投資の本気度が異なってくる要因に十分なりえますよね。

分配金

ヘッジファンドは基本的に分配金を出していないので、最終的なリターンをどれだけ増やすことができたかが重要となります。よって、配当金や分配金がなくてもしばらくは生活に困らないぐらいの資金がある方向けとなります。

 

ヘッジファンド投資に関して以下記事を読めば理解が深まります。
>>ヘッジファンドとは?会社の実態と投資リスクを徹底解説

 

さて、ここまで3000万円でセミリタイアをする方法について説明してきましいた。ここで、より、目標実現のイメージを膨らませる為に、セミリタイアをされた方々のブログをご紹介致します。

ブログ

以下、実際にセミリタイアをされた方々のブログを3つ厳選しました。実際にセミリタイアをされた方々の生活や投資方法を覗き見ることで何か貴重なヒントが得られるかもしれません。

①、29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

20代でセミリタイアをされたよよよさんは、現在投資信託をメインに運用されているそうです。毎週資産運用の結果を公開されています。バランスファンドでの運用なので、取り入れやすい運用方法ではないでしょうか。

参考リンク

②、32歳、1000万円でセミリタイアした男のブログ

執筆されているくろやぎさんは、資産1000万円でセミリタイアをされました。元々、1000万円を貯金したらセミリタイアをしようと思っていたわけではなく、労働に限界を感じ半ば強制的に退職した歳の資産がちょうど1000万円程度であったそうです。実家暮らしでセミリタイアを考えている方におすすめのブログです。

参考リンク

③、セミリタイア生活失敗・・・だがもう元には戻れない

セミリタイアをしたことに対して少々後悔している方も中にはいらっしゃいます。何事もメリット、デメリットがつきものですから、愚か者さんの記事を読んで肝に銘じておきことも必要かもしれません。愚か者さんが考えるセミリタイアの失敗は「孤独」であることだそうです。

参考リンク

まとめ

ここまで、貯金3000万円でセミリタイアをするをテーマにその準備段階である資産形成方法について見てきました。3000万円での完全リタイアは難しいかもしれませんが、セミリタイアであれば十分可能と言えそうです。資産運用をしてお金の寿命を少しでも長くして、余裕のあるセミリタイア生活を送りましょう。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう