1000万~4000万のおすすめ資産運用方法

1000万円から4000万円の資産運用方法

1000万円以上の大きな資金。

例えば、3000万や4000万、5000万円といったまとまった金額の貯金ができましたら、資産運用を考える方も多いかと思います。

 

色々な資産運用がある中で、1000万~5000万円の運用にぴったりな資産運用はどのようなものなのでしょうか?

 

そこで、今回は、5000万以下、つまり1000万円~4000万円という資産を運用するにはどうするべきかについて紹介していきます。

 

資産運用関連のどの本にも書かれていない、3000万円~5000万円の運用に特化した内容ですので数千万円単位の運用をお考えの方は必見の記事となっております。

 

今回紹介する運用方法は、資産運用の初心者にとってなじみが薄く、少し難しいと感じるかもしれませんが、わかりやすく説明していきますので、是非最後まで読んでみてくださいね。

1000万円以上の資産運用は分散する

分散投資

まず、期待する利回りを設定しましょう。

 

ちなみに今回は「10%以上の年間利回りを達成するために、どのような運用を考えればよいか」という仮定の上で説明していきます。5%以下のリターンを望むのであれば、不動産でも買えば達成は可能ですが...。

つまり、ここではあえて4000万円もの大金を資産運用し、かつ10%以上のリターンを安定的に出す為にはどうするかを考えてみたいと思います。

 

まず、投資対象は「少なくとも2つ以上に分散」して行います。

ウォーレンバフェットの師であり、米国証券分析の父であるベンジャミングレアム氏は、著者の中で「手元の資金を一つのカゴに入れてはいけない」と言っています。

 

つまりは資産運用における「分散投資の重要性」を説いているのです。

ただし、編集部が現役のヘッジファンドマネージャー数人にインタビューした時、皆口を揃えてこう言いました。

 

「しっかりとしたリターンを狙うなら、あまり分散しすぎては実現できない」

 

投資先を分散しずぎない

書籍やセミナーでは分散投資は基本と言われますが、しっかりとした利益を取りたいならば分散投資はむしろ逆効果。がっちり運用戦略を決めた後は、大きくポジションを持たなければ、大きな果実は手にできないのです。

 

それこそ1000万円~4000万円レベルの資金を運用して大きな結果を生むには、選択した投資手法が「日々の変動する相場」にどう対応できるか、ここがポイントとなります。

 

では実際に、どのような運用方法が大きな資産の運用に向いているのでしょうか?

 

次ではおすすめの資産運用方法を、1000万円、2000万円、3000万円、4000万円の「投資資金別」で紹介していきます。

1000万円の運用におすすめの商品

1000万円運用

まずは1000万円の資産運用に向いているおすすめ商品として、「FX」と「投資信託」の2つを紹介していきます。

FXでの通貨トレードがおすすめ

FX

まず、自分自身で投資を行う、お金の学び場として、「FX」をおすすめします。

 

通貨の動きは金利の変動に影響を受けますし、それが株式市場にも影響を与えます。

つまり、FXをある程度FXを学べば、このような投資マネーの動きを掴めるようになるからです。

 

また、FXの通貨ペアによる取引では、リスクを抑えたスワップ狙いのトレードができます。

 

スワップポイント説明

 

スワップとは、2国の金利差によって生じる損益のことです。

 

簡単にいえば、金利が低い国の通貨を売り、金利が高い国の通貨を買うことで「スワップポイント」を得るというものになります。

 

たとえば、日本は現在低金利政策が続き、日本の政策金利は0.1%程。しかし、アメリカは利上げを続けており、アメリカの政策金利は現在2.5%と日本の20倍以上となっています。

そこで金利の低い円を借りて低い金利を支払い、その円で米ドルを買えば高い金利の利息を得ます。

その支払い金利と得る利息の差が、スワップポイントとして得られるというわけです。

 

いかがでしょうか?

 

すこしややこしいですが、FXでは2国間の金利の差を利用して利益を出すことも可能であるという事です。

 

話を続けますと、1000万円のうち1割か2割程度は先程説明したFXトレードを行い、残りは他の金融商品でポートフォリオを作ります。

 

投資信託をポートフォリオに組む

投資信託ポートフォリオ

FXトレードに必要な資金を引いた残りのうち、半分ほどを使って株式市場で運用する「投資信託」を購入することをおすすめします。

できれば日経平均やTOPIXなどの指数に連動するタイプのもの、または世界の様々な国の株式で運用するものに分散するとよいでしょう。

 

運用を続け3000万円や4000万円という大きな資金になれば、さらにいろいろなタイプのファンドなどに投資をすることになります。

 

その前に、株価指数に連動する投資信託で株式市場の動きを掴めるようにしておこうということです。ここでしっかりマーケットの動きを掴めるようになっておくと、後々の運用成績にも差が出てきます。

 

運用を始めたのであれば、定期的にそれぞれの運用成績をチェックして、パフォーマンスが落ちるものは入れ替えるようにします。投資しっぱなしではダメだということですね。

 

1000万円から2000万円、さらに3000万円から4000万円へと資産運用の資金を増やすためには、ある程度のリスクをとってパフォーマンスを高めなければなりません。

 

ここまでをまとめると、1000万円のうち1割か2割程度は先程説明したFXトレードを行い、残り資金のうちの半分を日経平均やTOPIXなどの指数に連動するタイプ、または世界の様々な国の株式で運用するタイプの投資信託に分散投資するのが良いという話でした。

 

そして、最終的に残った資金は、債券で運用する投資信託で運用すると安心です。

 

高額運用を投資信託で運用する方法については、以下記事にまとめております。興味のある方はどうぞ!

1000万円を資産運用!おすすめ投資信託のリスク別ランキング

REITで不動産相場に投資する

REIT

ここまで、1,000万円の運用方法について紹介してきまして、おすすめは「FX」と「投資信託」と説明させて頂きました。

 

しかし、1000万円以上の資金で将来は不動産投資をしてみたいと思う人であれば、「REIT」をポートフォリオに組み込むのもおすすめですよ。

 

不動産市場も、株式市場や債券市場のような多くの金融市場のひとつにすぎません。けれども分散投資をするのであれば、アパートやマンションへの現物投資ではなく、不動産価格に連動したREITのような不動産ファンドを購入するという形になります。

 

1000万円という資金を手にしたとしても、現物の不動産を購入してしまうと分散投資が難しくなります。物件の購入価格だけで、全資金を使い切ってしまいますから。

 

そこでとりあえずREITで不動産市場の動きをチェックしながら、将来的に3000万円や4000万円とまとまった資金が手元に出来てから、不動産を購入するのか否かを決めてもよいでしょう。

2000万円の運用におすすめの商品

2000万円資産運用

では次に、2000万円を運用していくのにおすすめの商品について見ていきましょう。

株式投資で運用

株式投資

「株式投資」は値上がりを見込んで銘柄を購入するのではなく、配当金を狙ってのポートフォリオ作りをおすすめします。

 

配当金とは企業が利益を出した時、その利益の一部を投資者に還元するお金のことです。そして、配当金は株式さえ保有していれば受け取ることが出来ます。

 

株式と言うと、株式を売ったり、勝ったりしてその価格差で利益を出すイメージを持たれると思いますが、実は地道に保有しているだけ貰える、配当金狙いで利益を積み上げる方法もあります。配当金狙いの株式投資であれば、配当利回りが2%を超える高配当株を狙っていくと良いでしょう。

 

配当金狙いの株式投資も、もちろん複数の銘柄に分散投資しますが、それぞれの銘柄を一度に購入するのではなく、タイミングをずらし、少しずつ買い増しするスタイルがよいでしょう。

 

株価の動きはチャートをみればトレンドがわかるようになりますし、下落トレンドに入り、株価が下落しだしたら売却して銘柄を乗り換えるようにします。

 

このような株価の上がり下がりを利用して利益を取る「うねり取り」を覚えると、株式でのポートフォリオ作りを有利に行えます。

資金が3000万円、4000万円と増えていくごとに、株式を増やして配当金で収入を得られるようにしてもよいでしょう。

株式投資以外にはヘッジファンドでの運用を

ヘッジファンド

ここまで、2000万円の運用には株式投資が最適とお話させて頂きました。

その他の投資方法を考えるのであれば、これから3000万円や4000万円という資産運用をすることを念頭に置いて、「ヘッジファンド」での運用割合を増やすことも考えましょう。

 

FXによる通貨取引と株式投資を行うと、異なる金融市場における相関関係もかなり理解できるようになります。

すると、資金をどの市場に優先的に投入すればよいのかも判断できます。

 

ヘッジファンドも運用先にはいろんなタイプがあるので、世界の投資マネーがどのように動いているのかを考えながら、ヘッジファンドのポートフォリオを考えるようにします。

 

ヘッジファンドって何?と思われた方には、以下の記事がおすすめです。

ヘッジファンド投資とは?運用方法からリスクまで優しく解説

 

次は、3000万円の資金運用でおすすめの商品をご紹介します。

3000万円の運用におすすめの商品

3000万円運用

3000万円といえば、老後の生活費に必要とされる金額です。年金と退職金以外に、これだけのお金が必要になる金額というわけです。

 

そこでここでは、老後も安心できるようなおすすめ運用方法を見ていきます。

ヘッジファンドを中心にしたポートフォリオを

ヘッジファンド中心にポートフォリオ

3000万円以上の資産運用には、先ほどに引き続き「ヘッジファンド」がおすすめです。

老後に必要な資金と考えると、ひとつの節目にも思えますし、大事なお金という意識も持つようになります。

 

3000万円もの資金ともなれば、自分で運用するのは非常に怖いものです。

 

そこでプロに運用してもらえるヘッジファンドに依頼をし、安全にリターンを出していくのが、ベストな運用方法だと言えるでしょう。

不動産を購入するのであればこのタイミングで

不動産

老後の生活費は確保できたので、「不動産」を購入したいという人もいるでしょう。

 

現物の不動産を購入するのであれば、このタイミングになるでしょう。

というのも年齢が高齢となればローン期間が短くなるからです。

 

もちろん3000万円すべてを頭金などに投じるのはおすすめしませんが、ローン負担をできる限り少ない形で中古物件を購入するとよいでしょう。

資産運用としての不動産投資は中古物件の方が高い利回りを期待できますし、オーナーチェンジであれば利回りもある程度把握できます。

 

4000万円の運用におすすめの商品

4000万円

4000万円にもなると、相当額の資金になります。

 

老後の生活費はこの資産運用の資金を切り崩してまかなうことになりますので、リスクを最低限に抑えた債券などの金融商品で安定した資産運用をするという方法もあります。

 

けれども、これまで株式市場や為替市場の変動に身を置いて投資活動を行い、さらに金利変動との関連性にも精通していることだと思いますので、またか...と思われてしまうかと思いますが、世界の金融市場で運用する「ヘッジファンド」での資産運用をおすすめします。

予測できないマーケットへの「向き合い方」が投資成功の鍵

予測できないマーケット

通常、FXでも株でも一般的な資産運用方法というのは、チャート分析や出来高分析、移動平均線など様々な指標を用いて、日々マーケットの動きを予測することから始まります。

 

為替相場の動きにはある一定のパターンがあるので、トレードがはまれば運用方法に凝らずとも一定期間なら勝てることがあるのです。

 

しかし、株式相場や為替相場は不定期で大きく変動するもの。「相場の動きなんて予測できない」ことを前提にポジションを組んでいないほとんどの投資家は、マーケットが予想と逆に動く時、巨額の損失を出してしまいます。

 

このことを踏まえると、FXでも株でも結果を出すためには、突然の相場変動についていけるようにトレードをすることが重要になります。

 

では、予期できない相場の変動に対して、どうトレードすることができるのでしょうか?これは3つの考え方があります。

予測できないマーケットへの対処法

① 損切りを行う
予想が外れたら一度清算、ということです。勝率をあげ損失を減らし、利益を積み上げるというやり方ですね。

② 割安銘柄を買う
これはバリュー投資の基本。そもそも、どう考えても安すぎる株を買い、あとは株価が本来の価値に戻る(株価が上がる)のをじっくり待つ方法です。この発想でいけば、相場の下落は気になりません。

下落局面はむしろ、買い付けコストが下がることを意味し、買い増しが可能になります。バリュー投資=割安銘柄を見つける分析力さえ養うことができれば、相場の下落はむしろウエルカム。心的ストレスが全くないと言えますね。

③ 相場の変動に影響を受けない手法で利益を積み上げる、
こちらは多少複雑な手法なので後述します。

 

いずれにせよ4000万を資産運用する際は、分散投資をしながら、相場変動に対応できる運用戦略、運用対象(領域)を取り決めたうえで、投資していくことになります。

 

あなたがとる運用方法は、将来の予期せぬ相場の変動に対応できますか?

 

筆者の資産運用戦略としては、②と③を採用しています。

 

ここからは、3000万円~4000万円の資産運用の中でも最も人気があるアクティビストファンドとバリュー投資ファンドを例に出して具体的に説明していきますね!

2つのファンドの共通点と相違点

2つのファンドの共通点と相違点

今回は例として、本サイトではお馴染みのBMキャピタルというファンドを挙げてみます。

 

BMキャピタルは、ここ数年20%前後の運用成績を安定的に出しています。そんな安定したリターンを出せる理由には、 優秀なファンドマネージャーの存在があります。

 

BMキャピタルのファンドマネージャーは東京大学法学部を出たのち、外資系投資銀行バークレイズを経て独立。数社のヘッジファンドからヘッドハンティングを受けた実力者の運用手腕の基本はバリュー投資。

 

意外に思われるかも知れませんが、バリュー投資なので基本的には「待ち」です。割安銘柄を仕込んで、後は株価が上昇するのを待ちます。相場が下がれば買い増し。

 

ヘッジファンドの複雑なイメージとは裏腹に、大変シンプルな戦略ですよね。バリュー投資は基本割安な銘柄に投資しているので、銘柄選びの時点で勝負が決まります。自己資金を担保にお金を借りて運用資金を増やす「信用取引」も使わなければ、相場が変動しても全く怖くありません。

 

ただ、この一見完璧に見えるバリュー投資には一つだけマイナス面があります。それは株価が上昇するタイミングまで時間がかかる可能性があるということです。

 

繰り返しですが、大切な資産運用のための資金ですから1社に預けるのはリスクがあります。

 

4000万円や、まして5000万を超える額を資金運用する際は、1社だけに投資するという行為そのものがリスク。かといってあまり分散しても大きなリターンはとれない。ちょうどいいのが、運用戦略がしっかりしている2社程度への分散投資というわけです。

運用成績の客観性とファンドスクリーナー

ここでヘッジファンド選びの参考にしたい、「ユーリカヘッジ社」のファンドデータについて説明しましょう。

 

ユーカリヘッジ社

ユーリカヘッジ社はファンドのデータベースを運営している会社(ファンドスクリーナ)です。シンガポールにあり、みずほ銀行の子会社として、世界中の投資家にファンドの情報を提供しています。

 

世界の基金やファンド、機関投資家がアジアで優秀なファンドを探す際、このユーリカヘッジ社のファンドデータを利用します。

 

金融機関、政府機関等の大口投資家である、機関投資家は登録されているファンドの実績や、手法、運用総額などをみて、関心を持った場合はアポイントをとりつけ、ファンドマネージャーと面談をして投資判断します。

 

ファンドの成績自体はファンド自らが登録しますが、ユーリカヘッジ社に登録しているファンドは、プロの投資家から関心を持たれた場合、運用成績を客観的に証明しなければなりません。

 

信用会社、調査会社など第三者機関から、厳格な審査を受けることになります。このような厳格な構造をもっているため、いい加減なファンドは最初からユーリカヘッジには登録しません。

結果的にユーリカヘッジのファンドリストは信頼性が高いと評価されているのです。

ユーリカヘッジ

さてここまで、ファンドスクリーナーの機能について簡単に紹介しました。成績の客観性の次に、BMキャピタルがアクティビストファンドであることにも注目です。

 

以下、③相場の変動に影響を受けない手法で利益を積み上げる、この点を軸に、手法について詳しく説明していきます。

アクティビストファンドとは?

ヘッジファンドのアクティビストファンド

近年、企業年金や基金が、資産運用の方法として、ファンドに、しかもアクティビストファンドに資金を預けるケースが増えています。

 

BMキャピタルのようなアクティビストは、個人投資家が株を買うように、相場で株を安く買って高く売ろうとしているだけではありません。

もちろん保有している銘柄の株価が上がれば市場で売却もしますが、時間がかかると判断した場合は、利益を早く得るために「株主議決権の行使」も行うのです。

 

ではアクティビストファンドが行う「議決権の行使」とはどんなものなのかについて詳しく見ていきましょう。

企業に直接交渉する「議決権の行使」

アクティビストファンドは、「トレードをうまく行って、資産を増やすファンド」と根本的に異なります。

 

スーパーコンピュータを使い、優秀な頭脳のメンバーで構成されたファンドは、相場の方向を予測し、トレードで利益を創出しようとするのが一般的です。

 

しかし、これら投資ファンドは、個人投資家と対等なマネーゲームを強いられるのに対し、アクティビストファンドは競合する個人投資家と同じ戦略でゲームに参加しても資金量によって別の選択肢も持つことで、圧倒的優位性を確保するのです。

この「別の選択」とは、直接経営陣と面談をし、株価があがるよう提案を積極的に促すアクションのことを言います。

 

割安株を見つけ、株価上昇の前に仕込むところは個人投資家と変わりません。しかしファンドがもつ資金量は豊富なため、割安な株式をどんどん買い込むことができます。

 

株を大量に取得していけば保有率が高まります。そうなると株主として影響力を持ちはじめます。

株式を発行している企業側も、シェアをふやしていく株主の言うことは無視できませんね。

 

ヘッジファンドのアクティビスト

 

その株主が、不採算事業の撤廃や、取引先への過度な預貯金の解約、増配や自社株買いなど、具体的な提案をしていきます。提案内容はどれも、企業側が受け入れればすぐさま株価上昇が期待できるものです。

これらの改革案をIRで発表でもすれば市場は好感し株価は上昇。ファンドはそこで持ち分を売却、というわけです。

 

また株式を購入しているアクティビストファンドは、市場で保有株式を売る以外にも、『買い集めて議決権を行使する』という戦略も併せ持ち、時には発行体(企業)に対して、直接に買い取らせる交渉もします。

 

そうなると仮に保有している銘柄の株価が下がり含み損を抱えていても、困ることはありません。

株価が下がれば、株式の購入コストが安くなり、さらに買い増し。結果、株主としてはシェア率を高めることとなり、投資している企業に対する影響力を強めることができるのです。

 

このようにマーケットで安く買った大量な株を、売却して利益を得る選択肢だけでなく、大量に株をもつ株主の立場から直接経営陣に交渉し、株価を押し上げ市場で売却する出口と、企業に持ち分を買い取りさせる出口、この二つの戦略を同時進行できるのがアクティビストファンドの強みと言えますね。

 

もう十分ご理解できると思うのですが、これら一連の動きに株価の上下は何も関係がありません。

 

ですので個人投資家にとっては、リーマンショックのような予期せぬ大暴落・株価全面安のような局面でも、ヘッジファンドは基本的に株価の上下に左右されませんので、慌てることなく過ごせるという点が、アクティビストファンドに投資する際の最大の利点といえるでしょう。

資産運用は長期投資が基本

その資産運用で、元本が大きく減るようなことは避けたいものです。

 

アクティビストファンドはその点、マーケット動向に依存せず利益をあげていくファンドですから資産運用の委託先として相性はよいのです。

この方法であれば、日経平均の上下にも全く影響はありません。

勝ち馬に乗るために

ファンドの世界では100億円までの規模のファンドが運用成績は一番いいと言われています。

 

機動力・決定力に優れ、競合もいない為、このサイズのファンドはとてつもない成績をだすことがよくあります。

資産家が資産運用方法の一つとして選ぶのも納得がいきますね。

 

一般的な傾向として巨額な資金になればなるほど、投資家は安定を望みます。

ですが、資金額が1000万円、3000万円、4000万円クラスの個人投資家が、マーケットにおいて安定的な運用を目指すのは資金的に難しいです。少額で荒れば自分で運用できますが、ここまでの高額資金となると手に負えないというのが実際のところ。

 

また、ヘッジファンドのメリットとしては、資金量に限りのある個人投資家であっても、ファンドに参加すれば状況を変えることが出来る点です。

 

その理由というのは、莫大な富を持つ資産家たちの桁違いの投資金を、ある意味うまく「利用」できることに他なりません。

資産家から巨額の軍資金を得たファンドマネージャーは、企業を分析し、株価が上がりやすい割安な銘柄を発掘し、購入します。

 

ファンドマネージャー

 

そして、市場の動向を見ながらも、直接的に株価向上のための働きかけも行います。巨額の資金を戦略的に動かし、安全にかつしっかりとしたリターンをあげてくれます。

 

この勝ち馬に乗らない手はないと気づいた個人投資家が、いま、アクティビストファンドに積極的に問い合わせをしています。

 

資産運用先としてヘッジファンドを選ぶ場合、ファンドの手法が気になりますよね。しかし、重ねてになりますが物言う株主ファンド(アクティビスト)は、自らのアクションのみで利益を積み上げていくのでマーケットの上がり下がりに左右されません。

 

このような方法論で資産運用に取り組むファンドは、今まで一部の富裕層の委託先としてしか認知されていませんでしたが、近年は企業年金や基金からも注目を浴びています。

 

そんな、アクティビストファンドの中でも抜群の安定感を見せているのが、バリュー投資の項目で例に出させて頂いたBMキャピタルです。

 

BMキャピタル

 

損失を出さないという方針のもと運営をしているBMキャピタルは、過去の運用において一回もマイナスを出したことがないと言います。それでいて、運用成績は全て10%以上となっており、損失のリスクを抑えながら、確実にリターンを狙っていくことができます。

 

東京大学や京都大学卒の優秀なメンバーで構成されている腕利きのファンドマネージャー達は、外資系投資銀行で活躍したエリート揃い。
経験から得た、高い分析能力と調査能力は安定した運用成績が実証しています。

 

特に、これからヘッジファンドで運用を考えている方は、BMキャピタルのような「リスクを抑えながらも、安定したリターンを出せるファンド」がおすすめだと言えますね。無理なリスクを取り、一攫千金を狙うようなリスク管理が出来ていないようなファンドは避けるべきです。

BMキャピタルホームページはこちら

 

ここまで、いかがでしたでしょうか?

1000万円以上の高額資金の運用は、元本の大きさもあり「どのように運用するか?」によって、築ける資産に差が出てきます。ご自身にあった運用方法で、上手に資産を運用していけると良いでしょう。

 

本サイトには、資産運用におすすめのファンドをまとめたページもございます。

是非、ファンド選びの参考にしてみてください!

編集部おすすめ!国内ファンドランキング

Twitterでフォローしよう