1000万~4000万のおすすめ資産運用方法

1000万円から4000万円の資産運用方法

1000万円以上の大きな資金。例えば、3000万や4000万、5000万円といったまとまった金額の貯金ができましたら、資産運用を考える方も多いかと思います。

 

色々な資産運用がある中で、1000万~5000万円の運用にぴったりな資産運用はどのようなものなのでしょうか?

 

そこで、今回はマネーブリッジ編集部が、1000万円~4000万円という資産を運用するにはどうするべきかについて紹介していきます。

 

資産運用関連のどの本にも書かれていない、3000万円~5000万円の運用に特化した内容ですので数千万円単位の運用をお考えの方は必見です。

1000万円以上の資産運用は分散する

まず、3000万円前後のまとまった資産の運用を行う際は分散投資を心がけることが大切です。

 

分散投資とは、投資先・投資地域・投資時期などを複数に分散して投資することです。この分散投資を行うことで、どこか1つの投資先で損失がでても、他の投資先で出た利益で損失を補うことが出来るという投資手法です。

 

分散投資
参考:>>金融庁ホームページ 投資の基本(外部リンク)

 

1000万円~4000万円のまとまった資金を運用して大きな結果を生むには、リスク管理の面から適切な配分で分散投資を行うのが良いですね。

 

高額資産を分散投資する方法に関しては、以下の記事にまとめましたので是非どうぞ。

>>資産運用は分散投資が基本!ハーバード大学のポートフォリオを参考に

 

さて、早速おすすめの資産運用方法を、1000万円、2000万円、3000万円、4000万円の「投資資金別」で紹介していきます。

1000万円の運用におすすめの商品

1000万円運用

1000万円の資産運用に向いているおすすめ商品として、「FX」と「投資信託」の2つを紹介していきます。

1、FXでの通貨トレードがおすすめ

FXとは、他国の通貨を買ったり売ったりして利益を出す投資方法です。

 

ドル円5分
参照:>>みんかぶFX 米ドル/円5分足(外部リンク)

 

上図は、米ドルと日本円の5分足チャートです。通貨の価値は常に動いており、例えば1ドル100円のときに買い、1ドル=120円になったら売却することで差額20円の儲けを得ることが出来ます。

 

また、FXの通貨ペア(例:米ドルと日本円)による取引では、リスクを抑えたスワップ狙いのトレードができます。

 

スワップ
参照:>>みんなのFX スワップカレンダー(外部リンク)

 

スワップとは、2国の金利差によって生じる損益のことです。簡単にいえば、金利が低い国の通貨を売り、金利が高い国の通貨を買うことで差額を「スワップポイント」として得るというものになります。

 

FXは値動きの幅が大きく比較的まとまった利益を狙いやすく、売買価格の差額だけでなくスワップポイントなど多方面から利益を狙える点で1000万円の運用方法として選択肢に入れても良いでしょう。

2、投資信託をポートフォリオに組む

投資信託とは、投資信託商品を購入するだけでその後は投資のプロが複数の運用先へ分散投資してくれる金融商品です。

 

一概に投資信託とは言っても、海外債券に投資するもの、国内株式へ投資するものと種類は様々。投資信託で3000万円前後の高額資金を運用するのであれば、

 

・日経平均やTOPIXなどの指数に連動するインデックスファンド

ファンド一例

インデックスファンド
(参照:楽天証券 ニッセイ日経225インデックスファンド)

 

・世界の様々な国の株式で運用するファンド

ファンド一例
EMAXISインデックス
(参照:SBI証券 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス)

 

などで、資産を国内外へに分散するとよいでしょう。

 

投資信託は実際の運用は投資のプロにお任せできる点で、自分で投資を行うのには自信がない方は1000万円の運用先として投資信託を検討しても良いでしょう。

3、REITで不動産相場に投資する

1000万円以上の資金で将来は不動産投資をしてみたいと思う人であれば、「REIT」をポートフォリオに組み込むのもおすすめです。

 

REITとは、投資家から集めた資金で、オフィスビルやマンションなど複数の不動産などを購入、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。

 

3000万円前後の資産の分散投資をするのであれば、アパートやマンションへの現物投資ではなく、不動産価格に連動したREITのような不動産ファンドを購入するという形が現実的です。

 

1000万円という資金を手にしたとしても、現物の不動産を購入してしまうと物件の購入価格だけで、全資金を使い切ってしまう可能性があり分散投資が難しくなります。

 

東証REIT指数
参照:>>楽天証券 マーケット情報 東証REIT指数

 

2019年REITは引き続き上昇傾向にあり、日本の今後の不動産需要に期待を込め1000万円のREITでの運用を考えても良いでしょう。

2000万円の運用におすすめの商品

2000万円資産運用

では次に、2000万円を運用していくのにおすすめの商品について見ていきましょう。

1、株式投資で運用

「株式投資」は値上がりを見込んで銘柄を購入するのではなく、配当金を狙ってのポートフォリオ作りが初心者向けでおすすめです。

 

配当金とは企業が利益を出した時、その利益の一部を投資者に還元するお金のことです。そして、配当金は株式さえ保有していれば受け取ることが出来ます。

 

配当利回り
参照:>>Yahoo ファイナンス 7201 日産自動車(株)(外部リンク)

 

配当利回り(%)は、1株あたりの配当金÷現在の株価で算出されます。配当金狙いの株式投資であれば、配当利回りが2%を超える高配当株を狙っていくと良いですね。

 

配当利回りには各サイトでランキング化されておりますので、参考にすると良いでしょう。

 

 

2、ヘッジファンドでの運用

ヘッジファンドとは、投資資金を預けるだけで投資のプロが代わりに投資を行ってくれる金融商品です。

 

同じく投資のプロに運用を代わりに行ってもらえる投資信託は、運用方法に強い制限がかかっており、基本的に相場(市場平均)の動きに合わせた運用を行います。

 

投資信託値動き

 

相場が-5%下落した際、投資信託が-4%の下落で抑えることが出来たら合格と言うのが、一般的な投資信託の考え方。よって、投資信託は景気が良くならないと利益が出にくい商品が殆どです。

 

一方ヘッジファンドは、運用の制限が緩く、先物取引や信用取引などを積極的に活用することで景気の良し悪しに関係なく利益を得ることができます。相場が-5%下落しても、10%下落してもプラスを出せるような運用を行います。

 

 マネーブリッジ編集部メモ
ヘッジファンドがマイナス相場でも利益を狙える理由は、以下の記事にまとめました。
>>ヘッジファンドとは何か?会社の実態と投資リスクを大公開

 

また、手数料に関しても投資信託は運用成績に関わらず固定で発生しますが、ヘッジファンドの場合出たリターンから発生し、基本的には利益が出た時のみ手数料を支払うイメージとなります。

 

投資信託とヘッジファンドの違い

 

金融商品 投資信託 ヘッジファンド
最低投資額 1000万円程度 1000万円以上
収益目標 相対収益型 絶対収益型
手数料 ・購入時手数料
・信託報酬
・信託財産留保額
・成功報酬

 

ヘッジファンドは最低投資額が1000万円~と高額となり、高額資金の専用の運用方法と言えます。2000万円というまとまった資産の運用を考えている方は、運用の選択肢に入れても良いでしょう。

 

次は、3000万円の資金運用でおすすめの商品をご紹介します。

3000万円の運用におすすめの商品

3000万円運用

3000万円といえば、老後の生活費に必要とされる金額です。年金と退職金以外に、これだけのお金が必要になる金額というわけです。

 

そこでここでは、老後も安心できるようなおすすめ運用方法を見ていきます。

1、ヘッジファンドを中心にしたポートフォリオを

ヘッジファンド中心にポートフォリオ

3000万円以上の資産運用には、先ほどに引き続きヘッジファンドでの運用が考えられます。

 

老後に必要な資金と考えると、大切なお金という意識も持つようになります。3000万円もの資金ともなれば、自分で運用するのは非常に怖いものです。

 

BMキャピタル
参照:>>BMキャピタルHP

 

ヘッジファンドと聞くとリスクが高いイメージを持たれる方も多いでしょう。しかし、もともとヘッジファンドのヘッジ(hedge)は日本語で「避ける」という意味で、市場全体が下落した際に資産が減ることを避けるというところからきています。

 

損失を出さない運用を行うという意味からも、そこでプロに運用してもらえるヘッジファンドに依頼をし、安全にリターンを出していくことを考えても良いでしょう。

2、不動産を購入するのであればこのタイミングで

現物の不動産を購入するのであれば、このタイミングになるでしょう。というのも、年齢が高齢となればローン期間が短くなるからです。

 

もちろん3000万円すべてを頭金などに投じるのはおすすめしませんが、ローン負担をできる限り少ない形で中古物件を購入するとよいでしょう。

 

資産運用としての不動産投資は中古物件の方が高い利回りを期待できますし、オーナーチェンジであれば利回りもある程度把握できます。

4000万円の運用におすすめの商品

4000万円

4000万円にもなると、相当額の資金になります。

 

老後の生活費はこの資産運用の資金を切り崩してまかなうことになりますので、リスクを最低限に抑えた債券などの金融商品で安定した資産運用をするという方法もあります。

 

よって、4000万円の運用もプロの力でリスクを抑えた運用が出来る「ヘッジファンド」での資産運用が考えられます。

ヘッジファンドの投資戦略

今回はヘッジファンドの投資戦略を垣間見る為に、本サイトではお馴染みのBMキャピタルというファンドを例に挙げてみます。

 

国内ヘッジファンドBMキャピタルの運用手腕の基本は株式投資のバリュー投資。バリュー投資とは、市場で何らかの理由により本来の価値より割安で放置されている株式を仕込み、後は株価が上昇するのを待つ投資方法です。

 

バリュー投資
参照:>>BMキャピタルHP

 

 マネーブリッジ編集部メモ:
BMキャピタルの投資手法については以下の記事を参照ください。
>>BMキャピタルへの投資経験から語る!利回り、運用手法、口コミまで徹底紹介

 

よって、自己資金を担保にお金を借りて運用資金を増やす「信用取引」も使わなければ、相場が変動しても全く怖くありません。このような投資戦略からも、ヘッジファンドが安定した運用を行える理由を知ることが出来ます。

 

4000万円というまとまった資金を自分で運用するのは気が引ける方は、ヘッジファンドでの運用を検討しても良いでしょう。

 

最後にまとめです。

 

まとめ

ここまで、1000万円~4000万円の資産運用方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

1000万円以上の高額資金の運用は、元本の大きさもあり「どのように運用するか?」によって築ける資産に大きく差が出てきます。ご自身にあった運用方法で、上手に資産を運用していけると良いでしょう。

マネブリ厳選の資産運用関連情報をフォロー>>