銀行口座にある二百万円を上手に増やす方法

口座にある二百万円を上手に増やすには

このコンテンツでは200万円を運用するコツとぴったりな資産運用商品を特集しています。

「200万をどう運用しようかな・・・」
「200万円にぴったりな資産運用ってなんか無いかな・・・」

こういった200万円の運用に関する悶々とした思いをお持ちのあなたに朗報です。

実は資産運用の世界では二百万円の元手があれば資産運用に取り組む際の選択肢がかなり広がります。さらに運用方法を厳選すれば資産運用で手元の二百万円を10倍にも100倍にも増やすことができます

「やり方次第では10倍、100倍にまで増やせる」と聞くとどんなふうに資産運用に取り組めばよいか気になりますよね?

そこでこのコンテンツでは200万円を効果的に資産運用で増やすコツと200万円の運用にぴったりな投資先についてまとめてみました。これから紹介する内容に目を通しますとあなたの手元にある200万円を効果的に増やせる運用手法が分かります。

200万円の貯金を運用する際の3つの原則

200万運用の3つの原則

200万円の貯金を運用しようと思ってもただ闇雲に運用すると満足のいく結果は期待できません。

そこでここからは200万円の元手で資産運用に取り組む際に心がけたい3つの大原則についてまとめています。

貯金総額をチェックする

200万円の元手で資産運用に取り組む際にまず必ず心がけておきたいのは運用前に貯金総額を確認することです。

当たり前の話かもしれませんが、貯金総額が400万円の人にとっての200万円と貯金総額が1000万円の人にとっての200万円の価値は全然違います。

最初の貯金総額が400万円の人にとって200万円は全財産の半分になります。流石に全財産の半分となると大胆な姿勢で資産運用に取り組むのは気が引けると思います。

その一方で貯金総額が1000万円あれば200万円は全貯蓄額の2割になります。

総資産の2割というのはかなりの金額ですが、万が一資産運用に大きな失敗をしても致命的な損失には繋がりませんよね。

資産運用のスタンスを考えるためにも200万円という金額があなたにとってどれくらい重いお金であるかの確認が必要になります。

運用の目的を決める

さて、貯金総額の確認が終われば資産運用の方針を決めることになります。

資産運用の方針というのは、二百万円をどれくらいの年数でいくらにまで増やすのかという運用の際の着地点のことを指します。

この運用のゴール次第で資産運用に取り組む姿勢が決まりますのでまずは200万円の運用の目的を決めましょう。そのためにも資産運用を通して実現したいことを漠然とでも良いのでイメージすることをおすすめします。

極端な話、フォルクスワーゲンのベンツを買うことでも良いですし、子供を私立大学に通わせるといった目標で問題ありません。

資産運用のゴールが決まればどういった運用をすべきかはっきりしますので、200万円の運用の成功には「ゴールの明確化」が最も重要です。

狙う利回りを考える

運用のゴールが決まりましたらどの程度の利回りを達成すればよいかを逆算しましょう

例えば資産運用のゴールを現在8才の子供の大学進学費の捻出としたとします。

このケースでは、4年間の学費と入学資金を調べれば資産運用で目指す金額が分かります。仮に資産運用で目指す金額が1千万円の場合、子供が18歳になるまでに200万円を1千万円に増やすことになります。

スタートが200万円でゴールが1千万円なので10年間で差額の800万円を埋められる資産運用に取り組む必要があります。

つまり10年間で800万円の増額が狙える投資商品で資産運用に取り組めばゴールを達成できます。

目標が決まらないと適切な運用方法が定まらない以上、資産運用に取り組む際は何よりも先に「運用ゴールの明確化」が欠かせません。

実は200万円は資産運用に取り組みづらい

200万は運用しづらい

200万円の運用に取り組む前に1つだけ知っておいた方が良いことがあります。

実は200万円という金額は資産運用の世界では最も運用しにくい金額の1つなのです。

投資の元手としてはやや物足りない

実は200万円という金額は、資産運用の世界では決して大金とは言えません

例えば資産運用でマンション投資に取り組むとなると200万円は頭金にもならないことがあります。

現にマンション投資で金融機関から借り入れを起こす場合、物件費用の2割前後の現金が必要になります。

つまり、頭金として準備する資金額が200万円の場合、1千万円前後のマンションしか買えません。

200万円ではほとんどの投資商品を買うことが出来ますが、莫大な初期投資が必要な資産運用に取り組むのは難しいです。

個人にとっては大金であっても資産運用の世界ではやや物足りないので10万円、20万円の少額運用よりも難しいのです。

年間5%で運用するとどうなるか?

一般の個人投資家が大きなリスクを冒さずに資産運用で狙える運用利回りは年間で5%前後と言われています。

仮にあなたが200万円の運用資金を年間5%のペースで運用することが出来ましたら運用資金がどう増えるのか見てきます。

年数 元利合計 利息
1年目 2,100,000 100,000
2年目 2,205,000 205,000
3年目 2,315,250 315,250
4年目 2,431,013 431,013
5年目 ,552,563 552,563
10年目 3,257,789 1,257,789
15年目 4,157,856 2,157,856

この表で一覧にしたように15年運用してようやく200万円の元手が400万円になります。

ちなみに15年後に元手が400万円になるというのは、当初の予定通りのペースで資産運用が進めばの話です。

年間5%の運用益が狙える資産運用は逆に年間で5%の値下がりリスクもあるので当初計画した運用プランがそのまま進むとは限られません。

それに15年後に200万円の元手が倍になるペースであなたの資産運用の目標が達成できるのでしょうか?あくまで個人の意見としては年間の運用益が5%の資産運用ではあなたが資産運用で臨む結果は手に入らないと思います。

子供の大学生活には1千万円はかかりますし、マイホームをローン無しで買うとなると3千万円くらいはかかります。

15年で400万円のペースの資産運用では1千万円、3千万円という資産運用の目標を達成する頃には人生の終盤に差し掛かってしまいます。

もっと短期間で資産運用の目標を達成したいのでしたら資産運用の予算を増やすか運用スタンスの変更が必要になります。

元手を増やすかリスクを取るか

多くの投資商品の利回りは5%前後である以上、普通の運用方法では200万円を倍に増やすにも15年程度かかります。

より短期間で元手を増やしたいのでしたらこれから紹介する2種類のアプローチのどちらかを選ぶことになります。

  • 資産運用の元手を増やす
  • リスクを取った運用を心がける

それぞれのアプローチについて見ていきます。

資産運用の元手を増やす

元手を増やすというのは、資産運用に取り組む予算を200万円から増やすことです。

仮にあなたが600万円で資産運用に取り組んだとします。このケースで年間5%の運用益が狙える資産運用に取り組むとどのように元手が増えるのか見ていきます。

年数 元利合計 利息
1年目 6,300,000 300,000
2年目 6,615,000 615,000
3年目 6,945,750 945,750
4年目 7,293,038 1,293,038
5年目 7,657,689 1,657,689
10年目 9,773,368 3,773,368
15年目 12,473,569 6,473,569
20年目 15,919,786 9,919,786
30年目 25,931,654 19,931,654

この表にある通り、運用年数が10年になった時点で1000万円の壁に到達します。

それに資産運用の運用期間を20年にしますと元手は1600万円にまで膨らみます。

このペースで元手が増えますとあなたが資産運用で定める目標を十分達成できるのではないでしょうか?

少なくとも10年で1千万円の壁を超える以上、子供が8才の時に資産運用を始めますと子供が18歳になる頃には大学進学費くらいは貯まります。

リスクを取る

運用資金を増やすのが最も効率よく資産運用のペースを上げられますが、運用資金を増やすのは現実的に難しいことがあると思います。

資産運用の元手を増やすのが難しい場合、運用時のリスクを上げるというアプローチを取ることになります

代表的なリスクの取り方は、高い利回りが見込める投資商品で資産運用に取り組むこと。

投資商品の中には信用取引という特殊な取引が認められている商品があります。信用取引が利用できる投資商品で資産運用に取り組みますと元手を増やさなくても元手の数倍~数百倍の規模の運用ができます。

例えば「レバレッジ」という信用取引が使える先物投資で20倍のレバレッジを設定した上で200万円の運用に取り組んだとします。

この場合、200万円の運用資金で4000万円に相当する規模の先物投資に取り組むことが出来ます。

もし4千万円の先物投資に取り組んで年間で5%の運用利回りが発生した場合、年間の利益額は200万円になります。

資産運用を始めた時の初期投資額が200万円である以上、初年度の運用利回りはなんと100%。

信用取引を利用しますと普通の資産運用ではまず狙えない莫大な運用益を狙うことができます。

もちろん資産運用で見込める利回りが大きくなるということはリスクも大きくなるのでリスク管理に力を入れる必要があります。

高利回りが狙えるおすすめの投資商品

高利回りが狙える投資商品

ここまで200万円の運用のコツと200万円は資産運用の元手としてはやや物足りない理由について紹介してきました。

そこでここからは200万円の運用資金で資産運用に取り組むのでしたら絶対に注目しておきたい3種類の投資商品を紹介していきます。

不動産投資

不動産投資

まず最初に紹介する資産運用は、不動産投資です。どうして不動産投資が良いかといいますと不動産投資は金融商品を使った資産運用と違って元手の価値が無くなることがないからです。

不動産投資はマンションや一軒家といった建物を保有するので元本全額が消えるリスクがありません。それに仮に建物が地震等の被害にあったとしても土地は残りますので土地を売るという選択ができます。

ちなみに不動産投資は200万円からでも十分に取り組めます。

200万円を頭金にしてローンを組んで不動産を買うこともできますし、不動産自体を抵当に入れますと銀行から多額の融資を受けることが出来ます。

肝心の不動産投資の利回りは、一般的には年間で5%前後と言われています。不動産を使った資産運用の収支シミュレーションのために都内の一等地で2,500万円のワンルームマンションを買うケースを考えてみます。

都内の一等地のワンルームマンションですと月間の家賃はだいたい10万円くらいです。仮に10万円としますと年間で120万円となり、経費等を差し引くと懐に入ってくるのは100万円~105万円くらいになります。

2500万円の初期投資で毎年回収できるのが100万円余りとなると運用利回りは、4%オーバーとなります。(105万円÷2500万円)

毎年100万円の家賃収入が入ってくるのはうれしいですよね。ちなみに不動産投資でローンを組む際には、団体信用生命保険に加入することになります。

団体信用生命保険は、保険加入者がローンを支払えない時に保険会社がローンの残高を支払ってくれる保険です。この保険に加入すると保険加入者に何かあっても家族に不動産を残すことができます。

不動産投資は200万円から取り組めて元手が無くなるリスクがゼロの安全性が高い資産運用です。

それに他の資産運用と違って不動産投資は事実上の生命保険にもなるので家族をお持ちでしたら非常にお得な資産運用と言えます。

FX

FX

次に紹介するのはFXです。

FXで200万円の資産運用に取り組む最大のメリットは、レバレッジという信用取引を最小限のリスクで使えることです。

ほとんどの投資家が知らないことですが、一部のFX業者は追証が不要なFX口座を提供しています。

追証が不要なFX口座でFXに取り組む場合、FXで発生する最大損失額はFX口座に預けた資金全額で済みます

極論な話、200万円の運用資金と100倍のレバレッジで2億円に相当するトレードを行ったとします。このケースで為替相場の変動で1千万円の損失を出すとどうなるか考えてみます。

本来なら元手の200万円が消えるだけでなく、残りの800万円の弁済責任を追うことになります。

それが追証不要のFX口座の場合、本来なら追加で入金しなくてはいけない800万円はFX業者が肩代わりしてくれます。

この「運用資金以上に損失が発生しない」点は、リスク覚悟で200万円を運用したい人にとって嬉しいものです。資産運用で資産を大きく増やすチャンスを借金リスクを背負わずに手に入るのはとても割の良い話と言えますね。

追証が不要なFX口座の中で特におすすめなのはGEMOFOREX(ゲムフォレックス)という海外のFX業者の個人口座です。

GEMOFOREX(ゲムフォレックス)のFX口座は追証が不要な上に利用できる最大レバレッジはなんと1000倍。

200万円の運用資金で1000倍のレバレッジを使いますとなんと20億円ものトレードが行なえます。20億のトレードで5%の利益を出しますと発生する運用益はなんと1億円。

リスクに目を向けますと最大損失額は200万円。最大損失額を200万円に抑えながら1億円の利益を狙えるのはリスク・リターンの関係で考えると最高に条件が良い資産運用と言えます。

資産運用で200万円を短期間で大きく増やしたいのでしたら海外FXよりも良い選択肢はありません。運用資金を増やすのは難しいけど、資産運用で資産総額を大きく増やしたいのでしたら海外FXにチャレンジすることをおすすめします。

ファンド

ファンド
次に紹介するのは、ファンドに200万円の資産運用を託すという選択です。

ファンドというのは、個人の資産運用を代行してくれる専門機関です。

ファンドに資産を預けますと資産運用のプロが預けた資金の運用を行ってくれます。

ほとんどのファンドは運用利回りの目標を年利10%以上にしているので彼等に資産運用を任せると年10%の利回りが期待できます。仮に年間の期待利回りが10%のファンドに200万円の資産運用を任せるとどんな結果になるのかを見てみます。

年数 元利合計 利息
1年目 22,200,000 2200,000
2年目 22,420,000 2420,000
3年目 22,662,000 2662,000
4年目 22,928,200 2928,200
5年目 23,221,020 21,221,020
10年目 25,187,485 23,187,485
15年目 28,354,496 26,354,496
20年目 213,455,000 211,455,000
30年目 234,898,805 232,898,805

この表の通り、5年間運用するだけで元手は300万円を超えます。それに資産運用の期間が5年の場合ですと元手は500万を超えますし、運用期間が20年の場合はなんと1,300万円を優に超えます。

なかなかの利回りだと思わないでしょうか?

ちなみに今回紹介した10%という利回りはファンドの中では決して高い利回りではありません。

ヘッジファンドと呼ばれる一部のファンドなら15%程度の利回りを狙えますし、会社によっては期待利回りが20%を超えることもあります。

年間の運用利回りが15%のヘッジファンドに資産運用を任せるとどうなるか見てみます。

年数 元利合計 利息
1年目 2,2,300,000 2,300,000
2年目 2,2,645,000 2,645,000
3年目 2,3,041,750 2,1,041,750
4年目 2,3,498,013 2,1,498,013
5年目 2,4,022,714 2,2,022,714
10年目 2,8,091,115 2,6,091,115
15年目 2,16,274,123 2,14,274,123
20年目 2,32,733,075 2,30,733,075
30年目 2,132,423,544 2,130,423,544

この表の通り、資産運用の委託期間が10年になると元手は800万円にまで増えます。

少し運用期間が開きますが運用期間が20年となると元手は3千万円にまで増えますし、30年後の時点ではなんと1億円を超えます

資産運用で200万円を1億円に増やすなんて個人が資産運用に取り組む限りは到底実現できません。

個人では確実に達成が困難な運用成績を達成してくれるのがヘッジファンドに資産運用を委託する最大のメリットです。

ほとんどのファンドは運用資金の下限金額を1000万円としていますが、ファンドによっては100万円から対応してくれることがあります。

ファンドに資産運用を任せるのは資産運用の世界で最も割の良い運用手法の1つなので検討に値すると思います。

おすすめのファンドに関しましてはこのコンテンツの最後に紹介しています。

イチオシの資産運用先の紹介

イチオシの資産運用先

このコンテンツでは二百万円の元手で資産運用に取り組む際のコツとおすすめの資産運用方法についてまとめてきました。

そこでこのコンテンツの最後に200万円の元手で資産運用に取り組む際に利用しておきたい2種類の運用先を紹介します。

まず1つ目はGEMOFOREX(ゲムフォレックス)という海外FX業者でFX口座を開設して海外FXに取り組むことです。

GEMOFOREXのFX口座で最大レバレッジを利用しますと手元の200万円を1年で2千万円、場合によっては2億円にまで増やせます。

この話を聞くとリスクが気になるかもしれませんが、その点も問題ありません。GEMOFOREXはトレーダーが自己資金を超える損失を出した場合は、その資金を全額カットしてくれる「ゼロカット」を提供しています。

つまり資産運用の最大損失額を200万円に抑えながら数千万円、引いては億単位の運用益を狙えます。資産運用のリスクをミドルリスクに抑えながら青天井の運用益を狙いたい人にとってGEMOFOREXは最適な運用先と言えます。

もう1つの運用方法は、当サイトで特集しているファンドに資産運用を任せることです。

当サイトで紹介しているファンドにあなたの大切な200万円を預けますと毎年10%~15%のペースで増やしてくれます

特に当サイトの訪問者に最も人気があるBMキャピタルというファンドの場合、年15%を超える運用利回りを期待できます。

当サイトで紹介しているファンドの初期投資額の下限額は原則1000万円ですが、特例として1000万円以下で資産運用を代行してくれることがあります。

ファンドに興味があるのでしたら資料の請求とファンドの担当者との面会することをおすすめします。資料請求も担当者との面談もお金はかかりませんし、予算の話をすれば最適な運用プランを紹介してくれます。

当サイトで人気があるファンドの連絡先につきましては各ファンドを紹介している個別ページにて記載しております。

BMキャピタルの詳細はこちら

Twitterでフォローしよう