投資信託で500万円を資産運用した場合の利益は?

500万円投資信託

500万円を投資信託で資産運用ってどうなの?資産運用に自信のない人や、初心者、投資に時間が取れない人などはプロに500万円の運用を任せることができる「投資信託」で運用すること考えるのは、賢い方法であると言えます。なぜなら、投資信託は色々な金融商品を組入れた金融商品なので分散投資効果があり、投資初心者でも損失リスクを抑えながら500万円程の資金を資産運用できるからですね。

 

そこで今回は500万円の資産を投資信託で運用しようとお考えのあなたの為に、マネーブリッジ編集部が500万円を投資信託で資産運用する場合について詳しく説明していきます。

 

他の500万円運用関連記事を以下にまとめました。合わせて是非どうぞ。
>>【2019最新版】500万円をローリスクで資産運用する3つのおすすめ方法
>>貯金の500万円を運用するならコレがおすすめ

 

この記事の要点

・500万円の運用をプロにお任せすることで、比較的失敗のリスクを抑えて500万円を安定的に運用することが可能。
・投資信託の中でも特にインデックスファンドは仕組みが分かりやすくおすすめ。
・自身の希望するリターンとリスクを天秤にかけ、ぴったりの運用商品を選ぶべき。

 

500万円の運用シミュレーション

ここでは、500万円を様々な利回りで資産運用した場合のリターンをシミュレーションしてみます。まず、基本的に500万円の資産運用は長期保有です。そこで、年利5%、10%、20%で「10年間」資産運用した場合の具体的な数字で算出していきます。ちなみに年利とは、利益を1年間あたりの収益に換算したものです。

 

500万円の運用シュミレーション

見たい年利をクリックすると、該当の年利での運用シミュレーション箇所へジャンプできます。

年利5%で運用した場合

年利5%で、500万円を資産運用した場合の利益額は表のようになります。

 

大体、4年で100万円、10年で250万円程が増える計算です。年利5%で500万円を資産運用されたい場合は、投資信託や高配当銘柄、外国債券などで運用すると実現しやすいでしょう。

 

年利5%で、500万円を資産運用した場合の利益額

元金+利益
1 525万円
2 550万円
3 575万円
4 600万円
5 625万円
6 650万円
7 675万円
8 700万円
9 725万円
10 750万円

 

年利5%で500万円を資産運用する方法
投資信託
・高配当銘柄
・外国債券

年利10%で運用した場合

続いて、年利10%で500万円を資産運用した場合、利益額は表のようになります。

 

大体、5年で250万円、10年で倍に増える計算です。年利10%で500万円を資産運用する場合は、投資信託や不動産投資、FXのスワップポイントなど少し攻めの運用をする必要がありますね。

 

年利10%で500万円を資産運用した場合の利益額

元金+利益
1 550万円
2 600万円
3 650万円
4 700万円
5 750万円
6 800万円
7 850万円
8 900万円
9 950万円
10 1000万円

 

年利10%で500万円を資産運用する方法
投資信託
・不動産投資
・FXのスワップポイント

年利20%で運用した場合

さて、最後に年利20%で500万円を資産運用した場合です。利益額は表のようになります。

 

5年で倍、10年で3倍に増える計算です。500万円を年利20%などの高リターンで運用したい場合は、リスク管理の観点からもヘッジファンドや投資信託などで500万円の運用をプロに任せることをおすすめします。

 

年利20%で500万円を資産運用した場合の利益額

元金+利益
1 600万円
2 700万円
3 800万円
4 900万円
5 1000万円
6 1100万円
7 1200万円
8 1300万円
9 1400万円
10 1500万円

 

年利20%で500万円を資産運用する方法

 

いかがでしょうか?どの年利を目指すかによって金融商品の内容も違ってきます。一般的に年利の低いものほどリスクも小さく、年利が高いとリスクも大きくなります。ご自身の取れるリスクと希望する利回りから、最適な運用商品を選択できると良いでしょう。

 

さて、今回運用方法例として挙げた投資方法の中で頻出したのが「投資信託」。投資信託は、投資のパッケージ商品のような投資信託商品を購入するだけで、その後の運用は投資のプロにお任せできる運用方法。500万円の運用をプロにお任せすることで、比較的失敗のリスクを抑えて500万円を安定的に運用することが出来るでしょう。

 

続けて、500万円を投資信託で手軽に運用していきたいと考えている方の為に、運用方法別に資産運用初心者におすすめの投資信託3社を紹介していきます。

資産運用初心者におすすめの投資信託3社

投資信託と言っても、種類は様々。投資信託を運用方法で大きく分けると、「インデックス型」と「アクティブ型」の2つの種類に分けられます。

 

・アクティブ型

アクティブ型のファンドは日本の平均株価(例:日経平均株価、TOPIX)などのといったような市場の平均値より常に良い成績を出せるよう運用を行うファンドです。常にプラスのパフォーマンスを求められる為、ファンドの投資銘柄の売買回数が多く、調査費用などのコストがかかるため手数料が高めに設定されています。

・インデックス型

インデックスファンドは、日経平均株価やTOPIXなどの指標に連動するタイプ。例えば日経平均株価が3%上昇すると、インデックス投資信託の基準価格も同じように3%ほど上昇できるように運用します。株価に連動させて運用するだけなので、運用に手間がかからず、その分手数料が安いことからインデック型は資産運用初心者に人気です。

 

アクティブ型インデックス型
引用:>>SBI証券 種類と特徴を知ろう(外部リンク)

 

500万円の運用におすすめなのがずばり後者の、インデックス型の投資信託。市場平均値に合わせての運用と仕組みが非常にシンプルで、投資初心者の方でも比較的取り低みやすい投資方法であると言えるでしょう。さて、以下500万円の運用におすすめの投資信託3社を紹介いたします。

1、ニッセイTOPIXインデックスファンド

ニッセイアセットマネジメントの、ニッセイTOPIXインデックスファンドは国内の株式に投資するファンドで、東証株価指数(TOPIX)に連動することが目標。ちなみに、購入手数料や換金手数料がかからないお財布に優しいノーロードファンドです。

 

ニッセイTOPIXインデックスファンド/
参照:>>ニッセイアセットマネジメント ニッセイTOPIXインデックスファンド(外部リンク)

 

ファンドが設定されてから4年が経過していますが、ベンチマーク(運用目標)との差はほとんど見られず、安定的な運用がされています。また、2018年に信託報酬が0.18%から0.159%に引き下げられ、さらにお得に運用することが出来るようになった点は投資者としては嬉しいポイント。

 

安定した運用成績に加え、運用内容も国内株式など初心者でも分かりやすい点でニッセイTOPIXインデックスファンドは投資初心者におすすめの銘柄です。

2、SMTアジア新興国株式インデックス

三井住友トラスト・アセットマネジメントのSMTアジア新興国株式インデックスは、アジア地域の新興国株式である、MSCIエマージング・マーケット・アジア・インデックスに連動する投資信託です。同ファンドは、中国や韓国、台湾やインドなどアジア9カ国の株式561銘柄で資産運用します。

 

SMTアジア運用成績
参照:>>三井住友トラストアセットマネジメント SMTアジア新興国株式インデックス(外部リンク)

 

買付け手数料3.24%、換金手数料0.3%、信託報酬年率0.648%と手数料は割高ですが、2016年11月から2017年10月末までの前期ではプラス47.6%と高リターンの成績を残しています。

 

2019年は出だし好調で全体的に上昇傾向にあり、500万円をプロに任せてまとまったリターンを得たい人には、SMTアジア新興国株式インデックスを運用の選択肢にいれても良いでしょう。

3、eMAXIS 日経225インデックス

こちらは、日経225に連動してリターンを得る投資信託です。組入れ銘柄は、電気機器業や小売業、情報通信業の業種が40%以上を占めます。

 

EMAXISインデックス運用成績

参照:>>三井UFJ国際投信 emaxis eMAXIS 日経225インデックス(外部リンク)

 

2010年~現在までで+138.0%と、高い運用成績を誇っているeMAXIS 日経225インデックス。組入れ上位の銘柄は、ファーストリテイリングやソフトバンクグループ、ファナックや東京エレクトロンなど資産運用が初めての人でも知っている銘柄のため安心ですね。資産運用で安定的な運用を行いたい方は、eMAXIS 日経225インデックスで運用を考えても良いですね。

 

さてここまで、投資信託について説明してきましたが「利益が少なくていいから確実に投資したい」「リスクが高くても高いリターンを狙いたい」という方もいると思います。そこで、ここからは投資信託以外の「低リスク金融商品」と「ハイリターン金融商品」の紹介をしていきます。

投信以外の金融商品紹介!【低リスク】

まずは、投資信託よりも低リスクな金融商品の紹介からです。投資信託よりも更にローリスクで500万円資産運用したい場合は、国債や保険がおすすめです。早速、見ていきましょう。

国債

国債は、国が発行する債券で、国債を購入すれば満期時に元本に利子がついた形で戻ってきます。そんな国債は、国内で発行される債券で最も信用度が高く、換金したい場合も直ぐに現金に換えられるため人気です。中でも、個人向け国債は大変におすすめ。

 

個人向け国債は最低購入金額が1万円で中途換金の際には元本保証、最低金利保証などが設定されています。そして、期間は3年・5年・10年の3種類。

 

個人向け国債は3種類

固定金利型3年 固定金利型5年 変動金利型10年
特徴 金利が3年間固定 金利が5年間固定 利子が変動する※1
満期 3年間 5年間 10年間
中途換金 1万円単位で換金可能。※2 1万円単位で換金可能。※2 1万円単位で換金可能。※2
金利 残存3年の5年固定利付。国債の実勢金利-0.03% 5年固定利付。国債実勢金利-0.05% 10年固定利付。国債実勢金利×0.66。最低金利保証は0.05%
参照:>>財務省HP 個人向け国債(外部リンク)

 

それぞれの特徴は、この表のようになっています。投資資金である500万円の使い道、使用時期に応じて適切な期間を選択できると良いですね。

 

個人向け国債での運用をお考えの方は以下の記事もご参考ください。
>>個人向け国債とは?銀行に預けているよりお得?

保険

保険には、保障を目的としたタイプと貯蓄性のあるタイプがあります。貯蓄性をあるタイプの保険を選べば、満期時、または途中解約時に保険料として払い込んだ金額の一部、または以上のお金が戻ってくる可能性があります。よって保険で500万円を資産運用する場合は、貯蓄性のある保険を活用すると良いでしょう。

 

貯蓄性の高い保険は、大きく「終身保険」「個人年金保険」「学資保険」「養老保険」の4種類に分けることができます。また、それぞれの特徴は以下の表のようになっています。

 

貯蓄性の高い保険

終身保険 一生涯、死亡保障が付く保険。解約返納金があり、教育費や老後資金などに充てることができる。保険料は高め。
個人年金保険 老後資金確保のための保険。期間を決めて契約する「確定年金」や保証期間付き終身年金」など死亡するまで年金が受取れるものもある。
学資保険 大学資金を準備する保険。子が17~18歳の際に満期を迎えることが多く、満期金や入学祝金などが出るタイプもある。
養老保険 死亡保険金や満期保険金などが受取れる。一定期間は保障があり、貯蓄性が高いため人気。保険料は高め。

 

保険で500万円を資産運用する場合は、予定利率を確認することが大切。予定利率は数字が高いほど、保険料が割安になるので運用効率が良くなります。また、解約払戻金や満期金などの有無、また生命保険会社の経営状況なども選ぶポイントです。

 

さて、ここまで500万円を低リスクで運用する方法を見ていきました。次に、500万円の運用で多くの利益を狙いたいという方向けに「ハイリターンな金融商品」を紹介していきます。

投信以外の金融商品紹介!【ハイリターン】

投資信託以外では、株式やヘッジファンドを利用するとハイリターンを得ることができます。500万円を運用してまとまった利益を得たいとお考えの方は、必見です。

株式投資

株式投資では「売買益」「配当金」「株主優待」の3つから利益を得ることができます。500万円をハイリターンで資産運用したい場合は、売買益でどれだけ利益を出せるかにかかっています。

 

株式投資で成功するためには割安株を買って、高く売ることが大切。そこで、そんな割安株を見つけるための5つの指標をまとめました。

 

割安株を見つけるために活用できる5つの指標

指標 内容 見るべきポイント
EPS 1株あたりの純利益、数字が高いほど株主への還元率が良い。 直近3年ほどを比較し、数字が高くなっているほど良い。
BPS 1株あたりの純資産を示し、数字が低いほど株価が割安。 直近3年ほどの数字の伸び率を見る。
PBR 会社の純資産と株価の関係を示し、低いほど割安。 1以下の場合は倒産の危険性がある
ROE 企業の収益性を見る指標となり、高いほど良い。 ROEが高くても、無理のない借り入れをしていないか確認。
PER 会社の利益と株価の関係を示し、低いほど割安。 他の同業他社を比較する。

 

割安株は、証券会社サイトの「スクリーニング機能」を利用すると各指標を条件に銘柄を絞り込むことができ、比較的簡単に見つけることが出来ます。

 

どの銘柄に投資するかはスクリーニング機能を活用すべし。
>>株式投資で割安株を見つけるのに役立つスクリーニングとは?

 

500万円でさらに効率よく資産運用したい場合は、節税効果もあるNISA口座がおすすめです。NISA口座で購入した株の売買益や配当益は、年間100万円の投資額で最長5年、総額500万円分が非課税になります。

 

例えば年間100万円の利益を5年間得たとすると、総額100万円ほどの節税効果がある計算に。これから投資を始めるのであれば、是非活用したいところです。

ヘッジファンド

とにかくリターンを追求したい人は、「ヘッジファンド」を活用することがおすすめ。ヘッジファンドとは、投資資金を預けるだけで資産運用のプロ中のプロが資産運用してくれる金融商品です。ヘッジファンドでは通常の投資信託では取引できないレバレッジ、先物や信用取引などのあらゆる手段を講じて利益を積極的に得ようとします。

 

ヘッジファンドは限られた出資者のみが投資できる「私募ファンド」になり、最低購入金額は数百、1千万円からと高額です。その点、ヘッジファンドでは積極的に売買を行うので年利20%を超えることも珍しくなく、プロの力を借りて比較的まとまったたリターンを期待できます。国内のヘッジファンドではBMキャピタル、世界的なヘッジファンドでは米国のブリッジウォーター・アソシエイツやマン・インベストメンツなどが有名ですね。

 

国内ヘッジファンドBMキャピタルについては、実際の投資経験から投資してみた感想を以下記事にまとめています。
>>BMキャピタルへの投資経験から語る!利回り、運用手法、評判・口コミまで徹底紹介

 

ヘッジファンドは直接ホームページからヘッジファンドに申し込むか、証券会社で販売している海外のヘッジファンドを組入れている投資信託を購入するか、金融機関に紹介してもらうなどの方法があります。

 

最後にまとめです。

まとめ

ここまで、貯金の500万円の運用方法について説明してきました。先述した通り、貯金の500万円を投資信託で堅実に運用したい人は「インデックス型投資信託」、大きなリターンを得たい人は「ヘッジファンド」で運用することを考えても良いでしょう。

 

また、投資信託以外に低リスクで500万円を運用したい場合は国債や貯蓄性の高い保険などの活用もおすすめです。ご自身の希望するリターンとリスクを天秤にかけ、ぴったりの運用商品を選択できると良いですね。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

ファンドランキング~国内トップ3社を徹底解説~

資産運用初心者の味方ヘッジファンド。まとまった資金を預けるだけで、投資のプロがリスク管理をしながら丁寧に運用してくれます。しかし、そんなヘッジファンドに関しては積極的に情報公開がされておらず、ファンド選びには手間と時間がかかるのが本当の所。そこでマネーブリッジ編集部が、おすすめのヘッジファンド3社をランキング形式で紹介。

これから、ヘッジファンドでの資産運用をお考えの方は目を通しておきたいコンテンツです。

Twitterでフォローしよう