資金を増やす鍵は複利の活用

複利運用

今回は資産運用の成功に欠かせない、複利効果について紹介しようと思います。

 

実は資産運用の世界でよく使われる「複利効果」というのは、使い方さえわかれば誰でも使うことができます。しかも地道に複利効果を前提とした資産運用を継続すれば、仮にあなたが資産運用初心者であっても小金持ちくらいにはなれます。

 

逆に資産運用で複利を上手く活用できない場合、何年資産運用に取り組んでも資産が全く増えないリスクもあります。まさに複利の使い方が資産運用の結果を決めるのです。

 

そこでこのコンテンツでは、マネーブリッジ編集部が複利の特徴と資産運用で複利を利用するメリットについてまとめてみました。複利効果の計算方法や複利を利用できる投資商品についても触れているので、複利に興味があるあなたにぴったりな内容です。

複利の特徴と計算方法の紹介

もしかしたら今のあなたは、そもそも複利が何なのかわかっていないかもしれません。そこでまずは、複利とは何かについて一緒に学んでいきましょう。

 

実は資産運用の世界でよく耳にする複利というのは、金利(利息)の計算方法の1つになります。どんな計算方法かというと一定期間ごとに発生する金利を元本に組み込むことで元本をどんどん増やしていく計算式になります。

 

例えば年間で5%の金利が発生する場合、発生した5%の金利を現金化せずに元本に付け加えます。すると翌年度の元本は5%増えるので(前年度の元本)×1.05になります。

 

その結果、翌年発生する金利はこの増えた元本の5%になります。

 

つまり、(1.05)×(前年度の元本)×1.05となります。毎年元本の金額が増えるので、複利効果を活用すると資産運用が長期化すればするほど資産の総額が雪だるま式に増えていくのです。

複利の特徴

ここまでの内容で、なんとなく複利とは何かが分かったのではないでしょうか?ここまでのおさらいとして、複利を利用した資産運用の特徴についてまとめてみました。

 

  • 長期的にみると資産が莫大に増える
  • 資産が雪だるま式に増える
  • 利益を現金化することができない
  • お金を借りた場合の複利は、ハイリスクになる
  • 短い期間の資産運用では効果が期待できない
  • 特別な資産運用の技術が必要ない

 

このような特徴がある複利の活用方法は簡単です。資産運用で複利を利用するためには資産運用で発生する利益を再投資に回すだけでよいのです。よりシンプルに言うと発生する利益を現金化せずに元本に付け加えればよいのです。

 

この利益を元本に加えるのが、複利を使った資産運用の肝になります。そこでここからは毎年発生する利息を元本に加えた上で、資産運用を継続する複利運用の効果を計算する計算式について見てみます。

複利の計算方法

一定期間ごとに支払われる利息を元本に足して、その新しい元本に足して利息が計算されることになります。利息の発生時期に応じて計算方法が変わるので、複利を利用した資産運用の計算式を利息ごとにまとめてみました。

 

利息の発生期間 利息の計算方法
1年複利 元本×(1+利率/100)
×預入期間
半年複利 元本×{1+(利率÷2)/100)}
×預入期間×2
1ヶ月複利 元本×{1+(利率÷12)/100}
×預入期間×12

利息の発生期間ごとの複利を使った資産運用の計算式は、こちらの通りです。この計算方法を利用すると、どのような結果になるのかについてこちらのケースで考えてみます。

 

  • 額面:100万円
  • 利率:年間で3%
  • 期間:5年間

 

この条件の金融商品を満期まで保有した場合、元本の100万円がどのように変わるのかまとめてみました。

 

複利期間別 満期時の元利合計額
1年複利で資産運用 1,159,274円
半年複利で資産運用 1,160,540円
1ヶ月複利で資産運用 1,161,616円

 

ここで一覧にしたように元本の合計金額は、1年複利>半年複利>1ヶ月複利になります。具体的な理由は割愛しますが複利を使った資産運用の場合、利率が同じなら満期までの期間が長い方が効率の良い運用になります。

単利との比較でわかる利用のメリット

ここまでの内容で複利の特徴と複利の計算方法が分かったと思います。そこでここでは資産運用で複利を利用するケースと複利を利用せずに単利運用に取り組むケースでは、どのように運用結果が変わるのか見てみます。

単利と複利における発生利益の違い

単利と複利でどのように資産運用が変わるのかを考えるために、先ほど紹介したこちらのケースを考えてみます。

 

  • 額面:100万円
  • 利率:年間で3%
  • 期間:5年間

 

先ほどのおさらいになりますが、1年複利の投資商品の元本の変動は元本×(1+利率/100)預入期間という計算式で分かります。その一方で単利を利用した資産運用の場合の元本の変動額は「元本+元本×利率×運用年数」になります。

 

この計算式をそれぞれ利用すると複利運用のケースでは、元本の100万円は5年後の時点で1,159,274円になります。逆に単利を利用した資産運用の場合、1年ごとに3万円の利益が発生するので5年後の時点での元本は115万円になります。

 

1,159,274円と115万円を比較すると、両者の間には1万円ほどの差がありますよね。

 

100万円を年利5%で5年間単利・複利で運用した際の資産総額の推移

 

今回は元本の金額が100万円だったので1万円でしたが、元本が1,000万円なら10万円、元本が1億円なら100万円の差になります。

 

それに今回は資産運用の運用期間が5年でしたが、この期間が10年、15年と伸びればさらに大きな差が付きます。運用資金と運用期間次第では複利を使うか単利を使うかで資産運用の結果が大きく変わります。

効果的に資産運用で複利を使うコツ

ここまでの内容で、資産運用で複利を利用するメリットについて分かったと思います。そこでここからは、資産運用で複利を効果的に利用する方法について見ていこうと思います。

 

実は、資産運用で複利を効果的に使うのは簡単です。これから紹介するポイントを意識すれば、自ずと資産運用で複利効果を効果的に利用することができます。

 

  1. 数年~数十年かけて長期投資を行う
  2. 分配金、利息、配当金は再投資する
  3. 短期売買で利益は狙わない
  4. 金など利息の付かないものには投資をしない
  5. 長期間使わない資金で資産運用を行う

 

ここでまとめた項目の中で特に鍵を握るのが、長期運用を覚悟することと投資商品選びに力を入れることです。

 

どうしても複利型の資産運用は数か月~数年という短期スパンではなく、10年~30年といった長期の運用が前提になります。レバレッジが使えるFXや先物投資のように短期間で大きく資産を増やせないので、その点の認識が欠かせません。

 

それに10年~30年程度の運用になる以上、0.5%~1%といったわずかな利回りの違いが最終的な運用結果を大きく分けます。つまり複利が使いやすい投資商品で長期運用を前提に資産運用に取り組むことが複利を利用した資産運用の成功の鍵を握るのです。

 

特に、前者の複利を使った資産運用と相性が良い投資商品を選ぶことは欠かせません。そこでここからは、複利を利用しやすいおすすめの投資商品について紹介していこうと思います。

おすすめの投資商品の紹介

ここでは、複利が使いやすい投資商品について見ていこうと思います。そこでまずは、複利を使った資産運用にぴったりな5つの投資商品とその特徴を一覧にしてみました。

 

投資商品 各運用手法の特徴
投資信託 ・資産を雪だるま式に増やせる
・手数料が安くなる
・満期まで現金化できない
株式投資 ・手数料と税金を減らせる
・5%以上の複利を利用できる
・値下がりのリスクがある
・現金化できない
債券 ・堅実に資産運用ができる
・満期時には元本が保証されている
・資産運用の期間が長期になる
FX ・金利だけで稼げる
・レバレッジで大きく稼げる
・頻繁に売買しなくてよい

 

それぞれの詳細について、これから見ていこうと思います。

 

投資信託

投資信託によっては、分配金の受け取り方法を「受け取り」と再投資の2つから選べることがあります。

 

分配金
引用:>>ソニー銀行HP 分配金の受け取りについて(外部サイト)

 

そこで再投資を選ぶことで、元本に配当金を組み入れ運用資金を増やすことで「複利効果」のうま味を享受することが出来るでしょう。

 

また、配当金を一度受け取り、再度投資信託を購入するより、再投資の場合は購入手数料が別途からないので同じ金額で資産運用に取り組んだとしてもコストが安く済みますね。

 

株式投資

高配当な銘柄だと、5%以上の複利運用を狙えます。

 

また安定的な銘柄(インフラ関連)を選択すると、価格変動のリスクを減らすことができます。利益を確定しないので、税金や手数料などのコスト削減にもつながります。

債券

債券を使った複利運用は、堅実でリスクを取りたくない人におすすめです。

 

債券はあらかじめ、①期間②利率③元本の払い戻しの3点が決まっているのでローリスクで堅実に複利を活用したい人におすすめの資産運用になります。

 

FX

こちらは、FXのスワップポイントを使った複利での資産運用になります。

 

FX取引で高金利通貨と呼ばれる「南アフリカランド」や「トルコリラ」などと円の様な低金利通貨で取引を行うと、毎年6%~8%ほどの複利運用が可能です。

 

更にレバレッジ効果と合わせると、自己資金が少なくても非常に効率よく資産運用を行うことが可能です。スワップポイントでは、レバレッジを2倍~3倍くらいの低レバレッジで資産運用に取り組むのが良いでしょう。

 

例えば、100万円の自己資金にレバレッジを3倍かけて300万円分の取引を行うとします。高金利通貨のトルコリラ/円ペアで運用すると、8%ほどのスワップポイントが得られます。この場合、100万円の元手で300万円の8%である24万円の利益が発生します。

 

100万円の元手で24万円の利益が発生するとなると、年利に換算するとなんと24%です。株式投資や投資信託の年間の利回りが4%前後であることを考えると、この24%というのは驚異的な水準になります。

単利を使わない資産運用の総括

このコンテンツでは、資産運用で複利を利用するメリットと複利を利用しやすい投資商品についてまとめてきました。

 

ここまでのおさらいになりますが、資産運用の成功には複利効果の活用は欠かせません。それに資産運用の世界では複利運用に向けている投資商品と向いていない投資商品があります。

 

複利を効果的に使うためにも、予算に合う投資商品の中で複利が使いやすい投資商品を見つけられると良いですね。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう