おすすめのファンドを厳選紹介

ヘッジファンドの特徴と国内ヘッジファンドの特徴ランキング

勝ち組投資家になるためには、長年の投資経験に加えて人並み以上の銘柄分析技術が求められます。とは言っても、何千もある銘柄から適切な投資対象を選ぶのは至難の業。

 

もし、ご自身の投資経験と銘柄分析技術に自信がないという方は、いっそのことヘッジファンドに資産運用を任せてみてはいかがでしょうか?

 

ヘッジファンドというのは「熟練の資産運用会社」であり、ヘッジファンドに資産運用を任せれば、プロの力で3年以内に資産が倍に増えることも珍しくありません。

 

このコンテンツでは、マネーブリッジ編集部がおすすめのヘッジファンド3社をランキング形式で紹介し、続けて資産運用の世界でプロ中のプロとして一目置かれているヘッジファンドの概要について紹介していきます。

 

おすすめのヘッジファンドランキングTOP3

早速、気になるマネーブリッジ編集部おすすめの国内ヘッジファンド3社をランキング順にまとめてみます。

 

そもそも、ヘッジファンド何?という方は以下の記事を読んでみると良いでしょう。ヘッジファンドの基本情報を分かりやすくまとめたつもりです。

>>ヘッジファンドとは何か?会社の実態と投資リスクを大公開

 

早速3つのヘッジファンドの詳しい内容は、これから紹介していきます。

第1位:BMCAPITAL

BM

おすすめランキング第1位は、BMCAPITAL(ビー・エムキャピタル)です。

 

BMCAPITALには、東大・京大などの有名大学を卒業し外資系投資銀行で働いていた金融のエリートが数多く在籍しており人材の質の高さが際立ちます。

 

そんな、BMCAPITALの過去3年間の平均年間リターンは約17%前後。17%というリターンは、ヘッジファンド業界の10%程と言った平均年間利回りを上回る水準です。プロにお任せでしっかりとしたリターンを狙える点は、ヘッジファンドならでは。

 

また、投資を行う上で避けたいのは預け資産の損失です。BMCAPITALは「マイナスを出さない」という運用方針を徹底しており、事実過去の運用において一度もマイナスを出した回はゼロ。

 

資産運用において最も大切なことは「損失を出さないこと」です。長期のパフォーマンスを生むためには、毎年プラスの収益を出し続け、複利の効果を活用しポートフォリオの資産価値を年々増加させる必要があります。

そのためには、投資におけるリスク管理能力が重要となります。BMCAPITALは何よりも損失を出さないことを信条とし、十分に割安な株式にのみ投資を行い、出資者の皆様の長期における資産形成に貢献します。

BM

引用:BMキャピタルHP
※文中の強調はマネーブリッジ編集部による。

 

さらにそれでいて、毎年10%以上のリターンを出しているBMCAPITALは、まさに安全性が高いヘッジファンドだと言えますね。また、BMキャピタルの面白いところは、自社を「投資初心者向け」と言い切っているところ。

 

弊社は投資初心者のための国内投資会社です。

引用:BMキャピタルHP
※文中の強調はマネーブリッジ編集部による

 

投資初心者向けの国内投資会社として、運用報告書では結果報告だけに留まらず、金融市場情勢や投資哲学、個別企業の分析方法についてなど、ご自身で投資を行う際にも役に立つ情報を提供している点は国内ファンドならではの細やかな気遣いを感じます。

 

ヘッジファンドの危ないイメージとは裏腹に無理な運用をせず、しっかりリスクを逃がしながらも安定したリターンを出しているBMキャピタルは、資産を守りながら着実に増やしていきたいとお考えの方は検討する価値はあるでしょう

 

BMキャピタルしかりヘッジファンドはネットで得られる情報に限りがあるので、興味のある方は一度お問い合わせしていろいろ聞いてみると良いでしょう。

 

 

>>BMキャピタルへの投資経験から語る!利回り、運用手法、評判・口コミまで徹底紹介

第2位:日興レジェンド・イーグル

日経イーグル
おすすめランキングの第2位は、日興レジェンド・イーグルという会社です。

 

日興レジェンド・イーグルは先ほど紹介した1位とは異なり、独立系資産運用会社ではございません。つまり、上記BMキャピタルとは異なり証券会社を通して購入することが出来ます。

 

その上で日興レジェンド・イーグルを今回紹介する理由は、まとまった資産がなくても利用ができるからです。そもそもの話になりますが、日興レジェンド・イーグルは投資信託の部類に入るので、基準価格(投資信託の取引価格)をベースで契約することができます。

 

基準価格は約1万5千円前後となっておりますので、最低1万弱あれば契約ができ、まとまったお金の準備が難しい方や、少額から利用できるファンドをお探しの方にとっては、非常にありがたいファンド会社と言えるでしょう。

 

また、日興レジェンドイーグルファンドの大きな特徴としては、2000年IT バブル、2006年のサブプライムローン崩壊など様々な経済ショックをことごとく避けてきた点があります。

 

投資哲学

 

資産を減らさないポリシーを掲げているだけあり、厳しい下落局面にも強い日興レジェンドイーグルファンドは長期的に資産を安全に運用していきたい方にはお勧めのファンドと言えます。

 

 

>>話題の日興レジェンド・イーグル・ファンドを徹底解説

第3位:ひふみ投信

ランキング第3位は、ひふみ投信です。

 

実はひふみ投信も厳密にいえば日興レジェンド・イーグルと同じく、独立系資産運用会社ではありません。しかし、ひふみ投信は証券会社を通さずに直接投資信託を販売する「直販投信」というもので、国内の中でもダントツの総資産、利用者を抱えている人気のファンドです。

 

ひふみ投信
引用:>>ひふみ投信HP

 

そんなひふみ投信は「守りながら増やす」という運用スタイルを確立しており、企業業績の変化に着目する「定量調査」と人材の可能性に着目する「定性調査」とユニークな2つの項目から徹底的に銘柄調査を行うことで、安定的な運用成績が出せているといいます。

 

また、ひふみ投信では保有年数に応じて信託報酬の一部を還元する「資産形成応援団」という試みを行っています。このことからも、ひふみ投信は、長期的にじっくり資産運用を行いたい投資者の方には、投資にかかる手数料を節約できますので非常にお得なファンドだと言えます。

 

ひふみ投信はホームページ上で積極的に情報公開がされているので、気になる方はまずホームページを見てみると良いでしょう。

 

 

>>国内で人気のファンドひふみ投信を徹底解説

 

さて、ここまで、編集部おすすめのヘッジファンドをランキング形式で紹介してきました。情報公開が積極的になされていないヘッジファンドは特に、実際に問い合わせたからこそ得られる情報と言うのも多いものです。

 

そういう面でもネットで得られる情報には限りがありますので、気になるファンドがあれば、まずはお問い合わせをして話を聞いてみると良いでしょう。

 

おすすめの運用会社がわかっても「ヘッジファンドって実際よくわからない」そう思われた方もいるでしょう。続けてそんな方の為に、ヘッジファンドとは何者なのか?について解説していきますよ。

ヘッジファンドとは何者なのか?

ヘッジファンドというのは、世界中の富裕層からお金を集めて、彼等の代わりに資産運用を代行してくれる独立系資産運用会社のことを指します。

 

投資信託を運営している一般的な資産運用会社とは異なり、私募でお金を募るために1口あたりの最低価格は数百万円~数億円に設定されています。

 

ヘッジファンドには、優秀な大学を出て、外資系投資銀行でキャリアを積んだバンカーが集まっています。つまり、ヘッジファンドにお金を預ければ、金融の世界におけるプロ中のプロに資産運用を任せることができるのです。

ヘッジファンドの特徴

ヘッジファンドの特徴をシンプル簡潔に申し上げますと、以下の3つ。

 

  1. 成果報酬制
  2. 最低投資額が高額
  3. 運用方法が多種多様

 

さらっと、1つずつ補足説明させて頂きます。

1、成果報酬制

まず、ほとんどのヘッジファンドは「成果報酬制」を導入しているので、運用結果に応じて会社の収益が大きく変動します。つまり、儲け分の~%という形で手数料が発生する仕組みです。運用で儲けを出さないと、ファンド会社は儲からないのです。

 

この成果報酬制は、社員の報酬体系にも導入されており、ヘッジファンドでは結果が全てという文化があります。一流のファンドマネジャーは、判断力が鈍る為コーヒーを飲まないなんて話もありますが、こういうところからkぃているのでしょう。

 

運用結果にこだわるという点において、ヘッジファンドの右に出る存在はありません。そのため、資産を効率よく増やしたい方にとってヘッジファンドは最高のパートナーとなり得えます。

2、最低投資額が高額

投資信託の場合最低1万円から、場合によっては数千円と少額から投資を始めることが出来ます。しかし、多くのヘッジファンドでは1000万円~と最低投資額が高額に設定されており、投資できる人が限定されるのもヘッジファンドの特徴の一つと言えます。

 

これは、ヘッジファンドが「私募」という形式で投資者の募集を行っており、投資者は49人以下という少人数の募集に限られるため、1人の投資者からある程度まとまった資金を集めないと運用資金がまとまらないと言った理由があります。

3、運用方法が多種多様

ヘッジファンドが先述した「私募」で投資者の募集を行うのにはいくつかの理由があり、そのうちの1つが運用方法の縛りが緩いことが挙げられます。

 

投資信託のように証券会社などを通し大体的に多くの投資者を募集する「公募」ファンドの場合、不特定多数の投資者の資産を運用することになる為、先物、オプション取引など組み込めない運用方法が出てきます。

 

その点、何十人かの少数の投資者の相手をする「私募」ファンドのヘッジファンドの場合、運用方法に対する縛りが緩く、先述した先物、オプション取引など様々投資方法を駆使し収益機会を狙うことが可能です。こちらは、ヘッジファンドが比較的高利回りな投資方法と言われている理由でもありますね。

日本に本物のファンドは存在するのか?

編集部の知る限りの話ですが、日本国内で大規模な広告を出しているヘッジファンドはありません。雑誌などのメディア媒体で、ヘッジファンドの広告を見たことある方はいらっしゃらないのではないでしょうか?

 

もちろん、ヘッジファンドの広告がないからといって、日本国内にヘッジファンドが1社もないというわけではありません。ただし、どうしてヘッジファンドが大々的な広告を出さないのかについては知っておいた方が良いかと思います。

 

そもそもの話になりますが、ヘッジファンドは富裕層をメインの顧客にしているので一般の個人投資家向けの広告を出す必要がないのです。メイン顧客が富裕層である以上、少人数の資産家から資金を集め、その資金を運用するだけで十分ビジネスになります。今でも多くのヘッジファンドが富裕層の間の口コミで回っているようです。

 

このことを考えると、日本国内でヘッジファンドの広告を目にする機会がないのは至極当然と言えるでしょう。広告がない以上、ヘッジファンドの利用を考えているのでしたら自力でファンドを探さなければなりません。

独立系資産運用会社とのコンタクト方法

ここでは、非富裕層の個人投資家の方でも使える3種類のヘッジファンドとのコンタクト方法を紹介していきます。

直接連絡する

ヘッジファンドが大々的な広告を出すことはありませんが、ヘッジファンド各社のホームページにはお問い合わせフォームがあります。

 

公式のお問い合わせフォームから担当者にメッセージを送れば、ヘッジファンドの担当者から折り返し連絡が来るはずです。仮に連絡が来なければ、ホームページに記載されている電話番号に自ら電話をかければ、確実にヘッジファンドの担当者と連絡が取れるでしょう。

富裕層の人に紹介してもらう

先述した通り、富裕層をメイン顧客にしているヘッジファンドの多くは顧客からの紹介を大切にしています。この特性を利用してヘッジファンドと契約をしている知人に紹介を頼むことができれば、確実にヘッジファンドの担当者に会うことができますね。

 

この方法は全員が利用できるわけではありませんが、ヘッジファンドと個別契約をしている友人・知人がいる方にとって非常に有効なアプローチ方法と言えます。

金融機関の力を借りる

日本国内で営業活動を行っている証券会社の中には、ヘッジファンドの商品を取り扱っている会社もあります。具体例を挙げれば、立花証券や三田証券などが挙げられます。

>>三田証券 ヘッジファンド(外部リンク)

 

そういった証券会社に紹介を頼めば、証券会社が業務提携をしているヘッジファンドと契約する機会が手に入ります。

3種類の中でベストはどれか?

ここまで紹介してきた3種類のコンタクト方法には、それぞれ良い点と悪い点があります。その上での話ですが、個人的におすすめしたいのはヘッジファンドのホームページに足を運び、自らヘッジファンドの担当者と連絡を取ることです。

 

知人や証券会社の社員にヘッジファンドの紹介を頼むのも悪くはありませんが、彼等が紹介するファンドの質が良いとは限りません。大切なお金を預ける以上、他人の紹介を頼りにするのではなく、あくまでも自分の力でベストなヘッジファンドを探すべきです。

ファンドの特徴とランキング結果のまとめ

このコンテンツでは、ヘッジファンドという独立系資産運用会社のおすすめの会社名をランキング形式で紹介し、合わせてヘッジファンドの概要について説明してきました。

 

このコンテンツで紹介してきましたようにヘッジファンドを利用すれば、投資初心者でも失敗のリスクを抑えながらプロの力で上手に資産運用を行うことができます。

 

情報の少なさからファンド選びは少し大変ですが、投資初心者の方で資産運用で高いリターンを狙いたい方はヘッジファンドの力を借りることを考えてみても良いですね。

 

どのファンドを利用すればよいか分からない方は、まずこのコンテンツで紹介してきた3つの会社を調べてみることから始めてみると良いでしょう。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう