許容リスクで資産運用のリターンが決まる

投資のリスク

どんな方法で資産運用に取り組むかを考える際にポイントになるのは、資産運用に元本保証を求めるかどうかです。

 

元本保証のある商品は安全性が高いですが、ほとんどリターンが手に入りません。例えば定期預金がそうです。元本保証されていて日本に言えば1年間で1%がつかないことは周知の通りです。

 

定期預金年利
引用:>>日本銀行 預金種類別店頭表示金利の平均年利率(外部リンク)

 

投資は常にハイリスクハイリターン。またはローリスクローリターンと言って、リスクを取る分だけリターンが返ってくるとされています。

 

例えば、非常に儲かると言われているFX。その分その裏でとてつもない数の損失を生んでいるからです。リスクとリターンの関係はトレードオフの関係なのです。

具体的な元本保証の商品とは

まずは教科書的に答えてみるならば、元本保証がある資産運用の商品といえば国債や債券が中心になるでしょう。

 

数%から5%程度を年間に安全にまわしたいと考えている方でしたら債券を中心とした資産運用を考えることが賢明です。色々な債権の中でも国が償還を保証している国債は、最も安心な債権タイプの投資商品と言われています。

 

これも国力に応じてレベルがあり、元本保証がある日本の国債は今のところ大丈夫であっても、今後の事はわかりません。

 

あなたが数億円規模の資産を安全に運用することを考えていたり、資産運用で求める利回りが年間で2~3%で問題ないというのであれば、元本保証のある債券はお勧めです。

元本保証で年間15%?

多くの投資家は、資産運用で元本保証を求めながら高いリターンを得ようと考えます。

 

その心理は誰しも同じであり、元本保証とまでは言えないにせよ、限りなく元本を保全したまま高いリターンを目指すにはどうしたらいいかと多くの方がネットで検索をし情報を集めようとします。もしかしたらあなたも美味しい情報をネットで集めようとしているかもしれません。

 

ネット上の情報は役に立つこともありますが、本当の意味で美味しい情報がネット上に流れることはほとんどありません。それに金融業界に精通している人はネットで情報を集めることはしません。それでは、資産運用の役に立つ情報は誰が持っているのか。

 

その答えは、資産運用のプロです。

 

富裕層と呼ばれる資産家たちには、いつの時代にも資産運用のプロがそばにいて彼等から資産運用の手助けを受けています。プロの手助けのおかげで元本保証とまで言わなくとも、かなり安定的に運用を成功へと導けるわけです。

 

資産家は通常、自分の資産運用管理会社を保有し、莫大なコストをかけながらより優秀な資産運用会社をと日々リサーチをします。ファンドマネージャーと面接をし、これまでの成績を吟味し、今手元にある数十億円もの資産を安全に運用する運用先を探していくのです。

 

結果として、元本保証とまで言わずとも、元本を限りなく守りながら、年間で20~30%といったグッドリターンをもたらす優秀な資産運用会社と契約をしているのです。富裕層の資産運用を手助けしている資産運用のプロの存在は、あまり知られていません。端的にいえばプロの資産運用会社と関わる術を知らないのです。

 

理由は明確。一般の投資家はそこまでの資産を持ちえていないからです。接点がないのです。

 

プロの資産運用会社のメンバーは優秀な大学を出て外資系の投資銀行や証券会社で勤めながら、限られた世界の中でのみ公開される富裕層の情報を得ます。働きながら手に入れた情報をもとに個別に富裕層にアプローチをします。

 

資産運用会社は大々的に資金集めをする必要はなく、数人の顧客の資産運用を担当し、彼等から預かった100億円やそれ以上の資金を運用します。

ヘッジファンドに資産運用を任せてみるのもアリ

このような情報を知るだけでも、資産運用の選択肢はぐっと広がります。

 

さすがに元本保証を期待することは出来ませんが、元本を比較的安全に保全しながらもまとまったリターンを狙える可能性がある運用方法として、ヘッジファンドを資産運用の選択肢に入れても良いですね。

 

メインの顧客層は富裕層にしていますが、個人投資家へ期間限定でサービスをしているところもあるので、もしも興味のある方がいれば一度直接問い合わせをしてみると良いでしょう。

 

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう