いまさら聞けない証券会社と銀行の違い大公開

証券銀行違い
「銀行と証券会社の違いって何?」と聞かれたら、みなさんはパッと答えが浮かびますか?

 

銀行はただ単にお金を預けるところ、そして証券会社はただの株屋さんではありません。実は目的によって使い分けが必須なんです!

 

ここでは元証券ウーマンが2つの金融機関の大きな違いと、どのように使い分けをするのがベストなのかお答え致します。銀行と証券会社の使い分けを間違えると後で後悔するかもしれません。今のうちに違いを押さえておきましょう。

 

この記事の要点

・両者の決定的な違いはお金の流れ方
・銀行はお金の管理のプロ、証券会社は投資・運用のプロ

 

2つの金融機関の違い

大きな違いはずばりお金の流れ方です。銀行は間接金融、証券会社は直接金融と呼ばれています。

間接金融(銀行)

間接金融はお金を貸す人と、お金を借りる人の間に第三者が入ってやり取りをしてくれています。そのやり取りをしている機関が銀行です。

 

間接金融

 

預金に預けると、決まった利子が支払われる仕組みになっていますね。もし銀行が融資に失敗したとしても決まった利息は預金者(お金を貸す人)に支払われますから、この場合リスクを負うのは銀行といえます。

直接金融(証券会社)

反対に、直接金融はお金を貸す人とお金を借りる人が直接やり取りすることを指します。

 

直接金融

 

間接金融では、貸したお金の流れ(矢印)が一度銀行で止まっていますが、直接金融ではお金を貸す人と借りたい人との間でダイレクトにやり取りがされています。

 

例えば企業が株式を発行したとき、企業は証券会社からお金を調達するのではなく、投資家(お金を貸す人)から調達しますよね。途中で証券会社が取引に関わるお手伝いをしてくれていますが、お金の出し手はあくまでも投資家です。なので、リスクは投資家が直接負います。

 

株を買ってマイナスが出たとしても証券会社は保証しません。

銀行でできること

どちらかと言えば身近に感じるのが銀行ではないでしょうか?

銀行は生活で使う資金を置いておくのに適した金融機関

お給料が入ってくるのも銀行、クレジットカードの引き落としがされるのも銀行、現金が必要なときに引き出すのも銀行の口座からですよね。

 

生活をするにあたって使用するお金はほとんど銀行経由で動いていることがわかります。日常的によく使われる普通預金から、定期預金など用途によって複数の口座を使い分けてい方も多いのではないでしょうか。

銀行でも投資に挑戦できる?

答えは○です。銀行でも投資商品の取り扱いがあります。銀行で取り扱いされているのは投資信託、債券、保険、外貨建て預金がメインです。

 

証券会社と比べると取り扱い商品数はぐんと少なくなりますが、普段使っている銀行口座からそのまま金融商品を購入できますので、とても気軽に始めることができます。

お金が入用になったとき条件が合えば融資を受けられる

不動産の購入やお家のリフォーム、事業の立ち上げなど、生活をする上でまとまったお金が必要になる時ってありますよね。そんなときに資金面で助けてくれるのが銀行の役割でもあります。

 

銀行の本来のメイン収入源は融資をした際に発生する手数料です。(現在は外貨取引等の手数料収入の割合も高くなっています)

 

借りる額や借りる側の属性、また借りる目的等によってかかる手数料(金利)はかわりますが、まとまったお金が必要なときに融資をしてくれるのも銀行の役目です。

銀行の必要性

みなさんから預かった資金(預金)を他の人に貸し出すことで、必要なところに資金を回す働きをしています。もし銀行がなければ個人間や企業とやり取りをせざるを得なくなります。

 

そうなると、貸し出す側が不当な金利を設けたり、未払いが発生するなど、問題が起こることも考えられます。そういったことを防ぐためにも、銀行は私達にとってなくてはならない存在となっています。

 

今では仮想通貨などの実物のない通貨も沢山ありますが、日本では未だに現金の使用率がとても高いですよね。仮想通貨であれば置き場所を気にする必要はありませんが、現金はどうしても置き場所が必要です。あまり考えたくありませんが、自宅に保管しておくと災害で失くなってしまったり、窃盗被害に遭う可能性もあります。

 

今後、仮想通貨の台頭で現金の使用率が低くなることが予想されますが、現在は現金の置き場所としても、銀行の存在価値はとても高いです。

証券会社でできること

銀行で預金の管理もしてくれるし投資までできるとなると、「証券会社とのお付き合いは特に必要ないのでは?」と思われそうですが、実際のところどうなのでしょうか。

株をはじめとする金融商品の取り扱いが豊富

銀行との大きな違いとしてあげられるのが、株の取り扱いがあることです。

 

株式取引も今後の視野にいれているという方は、証券会社でも口座開設をしましょう。また、銀行でも取り扱いのある投資信託ですが、取り扱い商品数はダントツで証券会社の方が多いです。

 

日本円では金利がほとんどつかない債券ですか、証券会社には金利の良い外貨建て債券などもあります。意外と知られていませんが、日本円⇆外貨に換えるときの為替手数料も銀行の半分程度になっているところがほとんどです。

投資・運用の相談

もしあなたが積極的に投資や運用について取り組みたいと考えているなら、間違いなく証券会社をおすすめします。

 

銀行であっても投資信託や国内債券の販売はしていますが、窓口の銀行員は主に預金口座に係る手続きや書類の処理をしており、常にマーケットを見ているというわけではありません。証券会社では毎日マーケットと向き合うことに重きを置き、書類の処理などは別の部署で担当していることがほとんどです。

 

人によって資金量や許容できるリスク、考え方も様々なので、証券会社ならではの情報量と知識でひとりひとりの適合性に合った商品を提案することが可能です。

 

これは証券会社の社員が良くて、銀行員が悪いというわけではなく、それぞれに与えられた仕事・役割ですから、そもそも自分の目的にあった金融機関に足を運ぶべきなのです。

今の時代にこそ必要な投資・運用は証券会社で

お給料は角度のある右肩上がり、年金も支払った金額以上が支給され、そのうえ10年間預金に置いておくだけで2倍近くになった時代もありました。

 

しかし現代の日本ではどうでしょうか。お給料はほとんど変わらず、年金は間違いなく支払った額より少なくなり、預金の金利もほとんどないと言えます。昔のように約束された保障はありませんので、自分のお金は自分で守り、自ら増やしていく必要があります。

 

投資や運用にはもちろん豊富な知識や情報があれば有利です。証券会社での勤務時代、証券会社と名乗れば「ギャンブルはやらない」と門前払いを受けたことも数え切れないほどあります。

 

しかし、実際は今の時代にこそ必要な金融機関であると言えます。証券会社はただの株屋さんでも、賭博場でもありません。うまく利用して、自分のお金を上手に増やしていくことが必要です。

目的に合わせて使い分けよう

銀行はお金の管理のプロ、証券会社は投資・運用のプロですから、それぞれに長けた点があります。

 

銀行に預けるお金と、証券会社で投資・運用に利用するお金の性質は全く別物と考えましょう。生活の基盤となる絶対に減らしてはいけない保守的なお金は銀行に、余剰資金は証券会社を利用してうまく増やしていくことが現代の理想といえます。

 

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう