時期別に運用スタイルを変えて5000万円貯金

5000万円

定年退職の際に貯金 5000万円あれば余裕を持った生活が送れると思いませんか?5000万円あれば定年退職を待たずにリタイアやセミリタイアが可能になるかもしれません。ここでは貯金5000万円を効率よく達成するための方法を解説致します。貯金額5000万円を達成している人は日本にどのくらいいるでしょうか?

 

この記事の要点

・貯金を始めてからの経過時間別に商品を変えて効率UP
・目標や目的を考える

貯金額が5000万円を上回る人々の割合

貯金額が5000万円以上1億円未満の方々は、「準富裕層」と呼ばれる層に分類されます。日本全体で5327.3万世帯あるうちの322.2万世帯が準富裕層となる計算です。超富裕層、富裕層を含めると448.9万世帯となり、年々お金持ちと呼ばれる世帯が増加している傾向にあります。しかし高所得者のほとんどは高齢世帯となっており、現役で働いている世帯ではまだまだ少ないのが現状です。

 

日本の富裕層は127万世帯

引用:>>野村総合研究所 日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計(外部リンク)

 

さて、準富裕層への仲間入りを果たすためには、どのくらいの期間をかけて、どの程度の金額を貯金していけば良いのでしょうか。

積立のみで5000万円を貯金する場合

現在の貯金額と期間別に毎月どのくらい積立をする必要があるのか一覧表にしたので確認してみましょう。なお、現在の銀行預金金利0.01%を考慮しています。

 

積立のみで5000万円を貯金する場合

 

いかかでしょうか?現在の貯蓄がゼロのご家庭では、10年間で貯めようと思うと毎月40万円以上も貯蓄に回さなければならない計算となりました。時間をかけて30年の長期間で積立をしても毎月14万円ほど必要となります。ボーナス月に多めに貯金をしたり、節約をしても間に合わない可能性がありますね。

 

独身で実家住まいの方や、子供が居ても収入の多い家庭、夫婦で共働きの家庭では難しくない金額かもしれません。ですが、現在日本の平均年収が約400万円~450万円と言われている中で、この額を貯金に回せる方はそう多くないでしょう。節約をしてもなかなか叶う金額ではないですよね。結婚して子供がいる家庭では学費、さらにお家を購入すると住宅ローンがかかりますからさらに貯金額を上げることが難しくなります。

 

節約をしながら時間をかけてこつこつ貯金していくことももちろん大切ですが、もう少し効率の良い貯め方で貯金5000万円を目指したほうが良いかもしれません。

資産運用した場合

さて、続いては貯金と並行して「資産運用」を行った場合の資産額の変化を見ていきます。具体的に資産運用とは、株式投資や投資信託などの金融商品へ投資を行うことを指します。さて月に10万円ずつ貯めながら、年間利回り3%で運用した場合、どのように資産を増やすことが出来るのでしょうか。

 

マネーシュミレーター未来電卓

引用:>>野村證券 マネーシュミレーター未来電卓(外部リンク)

 

いかがでしょうか?時間が経つに連れて運用した場合(グラフ内赤線)としない場合(グラフ内灰色線)の差がどんどん広がっているのが分かると思います。現在の貯蓄額と期間別に積立てながら運用した場合も見てみましょう。

 

貯蓄額

 

運用無しで積立をするよりも、月々に積立てなければならない金額がガクンと減っていることが分かります。利回りが約束された商品はもちろんありませんが、運用をすることで効率よく貯金することができます。ここまでの説明で、貯金+運用を行うことで資産をより効率的に回していけることがわかりましたが、さて一体どのような商品で運用すればよいのでしょうか?次の章では、貯金を始めてからの経過時間別に適切な運用方法を解説致します。

 

貯金の段階

  1. 初期~駆け出し期~
  2. 中期~中盤~
  3. 後期~仕上げ~

初期~駆け出し期~

初期~駆け出し期の、貯めはじめのこの時期は投資に充てられる金額が少ないので、少額で出来る運用方法を主に取っていきましょう。少々リスクが高めの資産を組入れていけるとさらにベターです。

 

駆け出し期のポートフォリオ

 

①、預金

運用は、すべてリスクのあるものでなければいけないというわけではありません。土台となる部分は元本保証の銀行預金で、減らさない資産もしっかり組み立てていきましょう。

②、投資信託

投資信託は通常5000円~1万円の積立が可能となっていますので、初期の積立て段階にもってこいの商品と言えます。低~中リスクのものでは、バランス型ファンド(株や債券等が複数組み合わさったファンド)を、中~高リスクのものでは先進国の株式や、REITと呼ばれる不動産を投資対象としたファンドに投資してみてはいかがでしょうか。この段階では資産をどんどん増やしていく狙いなので、分配金は受け取らず、再投資に回して複利の効果を得るのが理想です。

 

※1複利とは?(クリックで開きます)
複利とは受け取った利子に対しても、利子がつくことを指します。単利の銀行預金では、最初に預け入れた元本に対して毎年同じ額の利子が付きますが、複利※1では、受け取った利子も含めた額に対してさらに利子がついていきます。(利子が元本に組み込まれていく)

 

単利複利

以下、投資信託の運用のポイントとおすすめファンドをまとめた記事も是非!
>>資産運用におすすめの投資信託とは?イチオシや運用のポイントを解説

中期~中盤~

中期~中盤の少しずつ貯金が貯まってきた頃には、預金とリスクの高いものの比率を減らし、中間程度のリスク、リターンを狙えるもので資産拡大を目指しましょう。

 

中期~中盤のポートフォリオ

 

①、投資信託

先進国の株式や、新興国の債券が投資対象となった投資信託などを中心に取り入れてみましょう。もしくは、バランス型のファンドで上記の先進国株式や新興国債券の比率を高めても同じような効果が得られます。

②、債券

債券は、発行体が満期を定めて発行するので、満期日さえ来れば投資したお金に利息がついて戻ってきます。そんな債券には、大きく分けて2種類あります。

利付債

購入時と満期で返ってくる額面は同じ(100で買ったら100で戻ってくると表現します)ですが、保有期間中に決まった金利を受け取ることができます。この利付債は、多くの皆さんが「債券」として理解しているイメージそのままの債券商品と言えるでしょう。

 

利付債

割引債

割引債とはその名の通り、割引された価格で流通している債券のことを指しますが、債券には100で買ったら100で戻ってくるという性質があるので、購入時との差額を受け取ることができます。代わりに金利は付きませんが、購入時よりも高い額面で償還になることが約束されているので高利回りで運用することが出来るでしょう。

 

割引債

 

債券は取り扱っている商品が証券会社毎に異なります。インターネット上では確認できないものもあるので、興味のある債券がある方は証券会社へ直接問い合わせてみましょう。

後期~仕上げ~

いよいよ高額資金運用ができるようになります。単位が増えると、運用すべき商品も変わってきます。貯金5000万円・準富裕層までもう少しです。既に貯金額が100万円を超えている方は前の段階を踏まず、こちらから始めても良いと言えます。

 

ここからは貯めたお金をリスク管理しながらリターンも狙えるような商品に投資しましょう。以下、そんな投資が実現できるヘッジファンド投資についてまとめてみました。

①、ヘッジファンド

元々ヨーロッパの貴族達が自分たちの資産を減らさないような運用を目指すために取った手法をヘッジファンドと読んでいましたが、現代ではその徹底的なリスク管理に加えて積極的なリターンを狙ったものが多くなっています。以下、そんなヘッジファンドのメリットとデメリットを表にまとめてみました。

 

ヘッジファンドのメリット・デメリット

メリット デメリット
プロがリスク管理をしつつリターンを狙って運用してくれる 運用時にまとまった資金が必要

 

ヘッジファンドは投資信託と比べるとわかりやすいため、以下の表で確認してみましょう。また、それぞれの項目に関しては下で一つずつ紹介しています。

 

ヘッジファンドと投資信託の違い

投資信託 ヘッジファンド
投資金額 1万円~(中には100円から出来るものも) 一般的に1000万円~
投資家の人数 不特定多数 50人未満
運用の自由度 低い 高い(様々な投資手法でリターンを狙える)
収益目標 相対リターン(ベンチマークを上回る) 絶対リターン(ベンチマークは設けない)
手数料 購入手数料+信託報酬(保有中の管理にかかるコスト)+信託財産留保額(解約手数料) 一般的に固定手数料約2%+成功報酬約20%

 

投資金額

まず最初に投資金額が大幅に異なります。貯金の駆け出し期では不可能だった運用方法ですね。投資信託は少額から投資可能ですが、ヘッジファンドは一般的に1000万円以上からと少し敷居が高いのが特徴です。

投資家の人数と運用の自由度

ヘッジファンドを今まで知らなかったという方も、無理はありません。実際にヘッジファンドそのものが、投資家の人数を50名未満と限定していることから、積極的な募集活動はしていないため、出回っている情報が少ないのです。

 

出資者の数が多くなってしまうと、日本の金融庁は投資家保護のための規制を厳しくするので、あくまでも理解を得られる人たちだけで行おうという考え方です。金融庁の規制が投資信託ほど厳しくないので、リターンを追求した運用手法を取り入れることが可能となっています。

収益目標

投資信託では、日経平均のような指標を目標として設定し、その指標と同じように連動したり、もしくは上回るような運用方針を掲げています。しかしヘッジファンドは、相場の上下に関係なくとにかくリターンを求める(絶対収益)という姿勢で運用をしています。その年の日経平均やS&Pが、1年前に比べて大幅下落していたとしても、ヘッジファンドはリターンを出すような投資を目指すのです。ヘッジファンド最大の強みは、このリターンを追求する点であると言えます。年間の利回りが10%を超えるものも珍しくありません。

 

また、ヘッジファンドの運用には、投資信託とは違いファンドマネージャーの自己資金も投入されているケースが多いです。少々主観的な見方ではありますが、他人のお金を使って運用している投資信託と、自分のお金も一部に入れたヘッジファンドでは、後者の運用をより神経を尖らせて行うと思いませんか?投資信託のファンドマネージャーは大多数がサラリーマン=月給制です。自分のお金が入っているか入っていないかの差は、投資の本気度が異なってくる要因に十分なりえますよね。

手数料

一点ヘッジファンドで運用するにあたって知っておいていただきたいのが、手数料体系についてです。もちろんファンドによって異なりますが、一般的には購入手数料が2%、成功報酬として20%がかかります。たとえば1年で50万円のリターンがあったとしたら、10万円は報酬手数料としてファンド側の収益となります。逆にマイナスになってしまった年は手数料がかからないので、生半可な運用はしないという意気込みを感じることができます。

 

ヘッジファンドを投資先として選ぶ場合、銀行や証券会社では基本的に取り扱いがないので、ご自身でヘッジファンドの担当者に連絡し、説明を受けることになります。

 

実際の投資経験から編集部おすすめファンドをランキング化。ファンド選びの参考に是非!
>>ヘッジファンドランキング~国内おすすめ3社を徹底解説

目標や目的を考える

積立て貯金や運用をするにあたって、なにかモチベーションが上がるようなことがないと気持ちも乗りませんよね。ただ漠然と節約をしながら貯金をするのは、気持ちが揺らいで計画的な貯金・運用の妨げになる可能性も。5000万円の貯金があれば海外旅行や車の買い換えももちろん出来るでしょうし、更には定年退職前にセミリタイアをするなんてことも可能になるでしょう。

 

5000万円貯金を達成したらやりたいこと、目標を立てておくこともおすすめです。家族と海外旅行に行くのもよし、欲しかった車やカバンを購入するのもよし、何でも良いのでまとまったお金が出来たらしたかったことを目標として書き出してみましょう。投資に限らず「目標」は継続への大きな力になります。目標が明確になったら、紙に書いて貼っておくなどして挫けそうになった時の薬として上手に活用出来ると良いでしょう。

まとめ

さて、ここまでの説明で貯金5000万円を達成するには、こつこつ積立貯金するだけでは時間がかかり効率が良くないことが分かりました。適切な時期に適切な商品で効率よく運用して、貯金5000万円のゴールを近づけましょう。また、貯金を始める前にはしっかり目標立てを行い、貯金のモチベーションが下がらない工夫もしっかりできると良いですね。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう