失敗のリスク軽減!退職金をヘッジファンドで運用する

退職金をヘッジファンドで運用する

ネットで「退職金の運用方法」と検索すると、ヘッジファンドでの運用がおすすめされているのを多く見かけます。日本ではなじみが薄い、ヘッジファンド。一見、退職金の運用方法としては、リスクが高い運用方法なイメージを受けますが、基本的にヘッジファンドは損失を出来るだけ出さないことを一番に考え運用していく投資方法です。

また、ヘッジファンドは投資資金を預けるだけで投資の専門家が代わりに運用してくれるので、投資初心者でも失敗しにくい退職金運用方法として注目を集めています。

ここでは、マネーブリッジ編集部が退職金運用で失敗しないコツと、そんあ退職金運用先としておすすめのヘッジファンドとは何か?ヘッジファンドの特徴、メリット・デメリットから、退職金運用におすすめのヘッジファンド会社までまとめて紹介しています。

退職金の運用を、ヘッジファンド考えている方は必見です。さて、まず初めにヘッジファンドとは何か?について説明していきます。

この記事の要点

・ヘッジファンドでは投資のプロの力で、無理のない安定した運用が可能。
・手数料や運用手法の体系を見ても、退職金は投資信託よりもヘッジファンドで運用するのがおすすめ。
・老後安定した生活を送れる資金とできる運用方法の1つとしてヘッジファンド投資を検討してみては。

退職金の運用で失敗したAさんの実体験

ヘッジファンド投資についてみていく前に、投資経験がないままにいきなり退職金をつぎ込み、結果として大きな損失を出すという失敗事例は実に多いもの。もちろん事前にしっかりと勉強し、慎重に運用をしていても、思わぬ災害などで失敗することもあります。

まず始めに具体的な失敗事例を紹介して、その内容を検証・失敗しない退職金運用のコツを探っていきましょう。今回紹介するのは、筆者の友人であるAさんの例です。

株式投資デビューで退職金をほとんど失ったAさん

2008年に定年退職し、3,000万円の退職金を受け取ったAさん。安全性の高い資産株の配当金を狙うという、一見すると安全運用に思える株式投資を思いつきました。

この戦略自体は決して間違いではありませんが、Aさんは退職金の3,000万円すべてを投じて東京電力株を購入したのです。東京電力であれば他の企業のような倒産リスクも少ないですし、安定した収益があることから配当金も問題なく受け取れると考えたのです。

当時の東京電力株は1株3,000円、配当金は60円でした。そこで3,000万円の退職金すべてを使えば毎年受け取る配当金は60万円にもなると考えました。これは上記で説明した複利計算の時に、参考に出した利回りと同じ5%ですね。

ところがAさんに悲劇が襲います。2011年3月11日に東日本大震災が発生したのです。福島の原発で事故が起こり、その後の東京電力の状況は誰でもご存知でしょう。

東京電力株は2012年1月に153円まで下落しました。Aさんは株式を保有したままだったので、退職金は153万円にまで減ってしまったのです。

Aさんの失敗の原因

まずAさんがここまで退職金を減らした失敗の原因は、一度にひとつの金融商品につぎ込んでしまったことがあります。

仕事で成果を出している人の中で、投資経験のない人によく見られるケースです。仕事では効率を優先しますし、資源も集中させることで短期間に大きな成果を出すことができます。しかし資産運用では、このような一極集中は大きなリスクにつながります。

また仕事で大きな成功を収めている人ほど、根拠のない自信をもって自己流の投資に走りがち。退職金の運用で失敗しないためには、最初に金融商品に関する知識をしっかりと勉強することが欠かせません。リスクとリターンについて学び、一極集中がいかに危険な行為であるかを知っておきたいところです。

さらに東京電力の株価の推移をみてみると、大震災の前にすでに下落していることがわかります。つまり今回の運用失敗は、決して大震災が起きたからではないのです。その前に、いくらでもポジションを解消するチャンスはありました。

東京電力の株価

効率良く資産運用するのであれば、この株価下落の場面では銘柄を変えるか、他の市場に資金を移すべきでしょう。つまりこのケースでは、東京電力株をそのまま保有していたことがAさんの最大の失敗原因といえるでしょう。

ちなみに東京電力は2010年12月に2,000円弱、2011年に入り3月11日まで2,000を超える水準で推移していました。そして2011年3月14日に1,600円台に、3月15日には1,200円台へと下落しています。

せめてこの時点で手放していれば、1,000万円以上の退職金は手元に残せたわけです。損切りができない運用初心者の心理によるものでしょうが、ここでも投資に関する勉強がいかに大事であるかわかります。他にも、投資の未経験者が退職金の運用で失敗する原因はいろいろとありますので見ていきましょう。

失敗の理由と原因とは?

退職金の運用失敗でみられる原因は複数ありますが、その中でも多いものを以下3つに絞りご紹介します。

失敗の原因

  1. 余剰資金を把握できずに投入してしまう
  2. 様々な金融商品に手を出してしまう
  3. 焦って投資のタイミングを誤ってしまう

1、余剰資金を把握できずに投入してしまう

先にも説明しましたが、効率を追求するあまりに退職金をすべて運用につぎ込んで失敗する人は、案外と多いものです。もちろん投資資金はリスクに晒されるので、生活に必要なお金を確保しておくことが不可欠でしょう。ちなみにシミュレーションでは60歳から65歳までの間に、退職金の半分ほどを運用に回しています。

これでも退職金の中では多くの割合になりますが、運用資金が多くなるほど失敗を避けるための分散投資が必須です。

2、様々な金融商品に手を出してしまう

分散投資とは、単純にいろんな金融商品を買えばよいという意味ではありません。たとえばいろんな銘柄の株式に分散したところで、株式市場そのものが下落してしまうと損失は免れません。かといって適当にいろんな金融商品に手を出しても、うまくリスク分散できるとは限りません。

特に銀行などで相談し、勧められるままに購入するというのはいけません。リスク分散の基本は、相関性のない金融市場を選ぶこと。たとえば株式市場と債券は相関関係が薄いことで知られており、株式市場が軟調な時は安全資産である債券が買われます。

このようにリスクを補完し合うような市場を探して分散できるように、勉強するとよいでしょう。ちなみに、後半で紹介するヘッジファンド投資については投資のプロが上手にリスク分散して投資を行ってくれるので、この点は深く心配する必要はないと言えます。

3、焦って投資のタイミングを誤ってしまう

先のAさんの例では、損切りのタイミングを誤ることで損失を拡大させるという失敗をしています。同じように金融商品を購入する時にも、焦ってタイミングを誤ることがあります。たとえば株式市場が大きく上昇するのを見て、これは儲けるチャンスとばかりに焦って購入する人がいます。

その結果高値掴みをしてしまい、下落相場に巻き込まれ失敗する可能性があります。最近では仮想通貨がそのパターンとなっていますね。2018年にかけて急騰したビットコインは、200万円を超える高値から2018年9月現在は70万円台まで下落しています。

ビットコイン

参照:>>みんなの仮想通貨(外部リンク)

さて、ここまで退職金運用の失敗例と、運用に失敗しないコツについて見てまいりました。ここまでの内容を踏まえた上で、ご自身で投資の勉強・数年に渡る投資経験を積み運用を行っていけるのであれば、投資コストの面から考えてベストです。

しかし、退職後時間に余裕があると入っても、なかなか1から投資を勉強するのは骨の折れる仕事です。そこで今回は、投資のプロにリスク管理を行ってもらいながら、運用を行ってもらえるヘッジファンド投資についてまとめていきます。

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは?

まずは、ヘッジファンドについて簡単に解説しておきますと、ヘッジファンドとは投資資金を預けるだけで投資のプロに代わりに運用して貰える運用方法です。ヘッジファンド(hedge hund)のヘッジ(hedge)とは、日本語で「避ける」という意味で、例えば日本の景気が悪くなり、市場の相場が下がったとしても、損失により資産が減ることを避けるということから用いられています。

そんなヘッジファンドの運用は、損失を出さないように運用していくことが基本です。高いリスクを取り、大きな利益を狙っていイメージが強いヘッジファンドですが、無理のない慎重な運用を行うことができます。

大切な老後の生活資金となる退職金の運用は、出来るだけ減らさないような運用を行いたいところ。資産を減らさない運用を行うという点で、ヘッジファンドが退職金の運用方法としておすすめされているのでしょう。

さて、ここまでの話を聞いて、投資を少し勉強したことのある方なら「ヘッジファンドは投資信託と似ているな?」「退職金を投資信託で運用しても同じでは?」そう思われた方も多いでしょう。

続いて、ヘッジファンドをよく比較されやすい投資信託と照らし合わせながら、ヘッジファンドならではの特徴を見ていきます。

特徴

まず、投資信託について簡単に説明しておきますね。投資信託は、ヘッジファンドと同様、投資資金を預ければ、投資の専門家が株式や債券など様々な金融商品に投資・運用してくれる金融商品です。

 

投資信託
(引用)
・J.P.モルガン「 投資信託とは」(外部リンク)

 

投資を専門家にお任せできる点で、大変似ている投資信託とヘッジファンドですが以下の3つの点で違いがあります。

違い

  1. 投資家の募集方法
  2. 収益目標
  3. 手数料

ここでも、1つずつ見ていきます。1つ目は、投資家の募集方法です。

1、投資家の募集方法

投資信託は「公募ファンド」といい、証券会社、銀行などの店頭やホームページなどを通し、幅広く投資者を募集することが出来ます。テレビや雑誌などのメディアなどで大々的に宣伝されているようなファンドは、公募ファンドと思ってよいでしょう。

反対に、ヘッジファンドは「私募ファンド」と言い、大々的に投資者の募集は出来ません。証券会社や銀行でヘッジファンドが販売されているのを見かけることは殆どないですし、テレビや雑誌などに広告が出されていることもありませんね。

さらに、ヘッジファンドは募集できる投資者の人数にも限りがあり、あくまでも私的な募集となります。このようにヘッジファンドは投資家の募集方法に強い制限がかかっている点は、ヘッジファンドの特徴の一つと言えるでしょう。

 マネーブリッジ編集部メモ:
ヘッジファンドが私募ファンドある点については、「縛りの緩い自由な運用が出来る」点でメリットがあります。詳しくは、下で説明していきます。

続いては、収益目標です。

2、収益目標

まず、投資信託は「相対収益型」で運用を行っています。投資信託の収益目標は、「ベンチマークを上回ること」です。ベンチマークとは、各ファンドごとに指定された競争相手のようなもので、一般的にはTOPIXや日系平均株価など市場の平均値が設定されることが多いです。

よって、投資信託は市場が上向きの際には平均値を上回るリターンを目指し、市場が下向きの際には市場の平均値よりも値下がりしないように運用を行います。

反対に、ヘッジファンド「絶対収益型」で運用を行っています。ヘッジファンドはベンチマーク(競争相手)を指定せず、リターンの獲得を目指します。市場が上向きでも下向きでも関係なく、リターンを生み出せる運用をしていくのです。

このように、ベンチマークの設定により上昇相場でのみ利益を出せる投資信託とは異なり、ヘッジファンドは市場が下落相場にある際にもリターンを生み出すことが出来る点は、「絶対収益型」を取るヘッジファンドならではと言えます。

続いては、手数料です。

3、手数料

まず、投資信託の場合は手数料として「購入手数料」「信託手数料」が発生します。購入手数料は、投資信託を購入した時に発生する手数料です。また、信託手数料は投資信託の保有期間中は毎日、保有している投資信託の価値(金額)に対し年率で発生します。勿論、信託手数料は保有している投資資金に対して発生する運用手数料ですので、万が一運用に失敗し損失が出ても支払う必要があります。

反対にヘッジファンドの場合は、「成功報酬型」となっています。つまり、投資信託で言う「信託手数料」がヘッジファンドの場合、リターンが出た時のみ発生します。つまり、リターンが発生しないと信託手数料は発生しないということになります。

投資信託は損失が出ても手数料は決まった金額を支払う必要がありますが、ヘッジファンドは出た利益に対して手数料が発生する点はヘッジファンドの特徴の1つと言えます。

ここまで、ヘッジファンドの特徴を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?金融商品にはそれぞれ特徴があり、向き不向きがあります。ヘッジファンドの特徴をしっかり理解し、他の金融商品と比較しながら、ご自身の経済状況、投資スタイルに合わせて退職金の運用を検討すると良いでしょう。

さて、続いて金融商品を比較する際に参考にしたい、退職金をヘッジファンドで運用するメリット・デメリットについて紹介していきます。

退職金をファンドで運用するメリット・デメリット

まず初めに、数ある運用方法がある中で、まとまった資産である退職金をあえてヘッジファンドで運用するメリットから見ていきましょう。1000万円クラスの高額資産の運用では、ヘッジファンドでの運用の旨味を十分に感じることができそうです。

退職金をファンドで運用するメリット

退職金をヘッジファンドで運用するメリットは、以下の3つです。早速、1つずつ見ていきます。

メリット

  1. 無駄な手数料がかからない。
  2. 投資初心者でも退職金運用に失敗しにくい。
  3. リスクを抑えながらも、まとまったリターンを狙える。

1つ目は、無駄な手数料がかからない点です。

1、無駄な手数料がかからない

先述した通り、投資信託の場合は、運用額に対して運用手数料が発生するので、損失が出ても一定の手数料を支払い続けなければなりません。

しかし、「成果報酬」のヘッジファンドは基本的には、出た利益に対して手数料が発生する為、損失が出た時には無駄な手数料を支払う必要がないのは退職金をヘッジファンドで運用するメリットと言えますね。まとまった資産を最大限効率よく回していけるのは、投資者としては嬉しいです。

2つ目は、投資初心者でも退職金運用に失敗しにくい点です。

2、投資初心者でも退職金運用に失敗しにくい

投資信託と同様に、ヘッジファンドは投資資金を預けるだけで投資の専門家が代わりに運用してくれます。退職金を元手に投資を始めて大損してしまったなんて話も良く聞かれます。

投資初心者が、ご自身で投資しようと思うと、投資の勉強や経験を積むのに時間と手間がかかりますし、失敗のリスクも高まります。高額な退職金を自身で運用し、損失を出してしまうことは避けたいところです。

退職金というまとまったお金だからこそ、ヘッジファンドで普段から何十億、何百億という大金を動かしている投資の専門家に退職金の運用をお任せできるのは嬉しいポイントです。

3つ目は、リスクを抑えながらもまとまったリターンを狙える点です。

3、リスクを抑えながらもまとまったリターンを狙える

ヘッジファンドは、市場の下落に強いと言われています。市場の平均値に合わせて運用している投資信託は、市場が上向きの際は利益を出しやすいですが、市場が下向きの時には利益を出しにくい傾向にあります。また、公募ファンドとして公に幅広く投資者を募集できる投資信託は運用に強い縛りがかかっており、凝った戦略は取れません。

その点、絶対収益型で、市場の動きに関係なく利益を狙えるヘッジファンドは、私募ファンドとして大々的に投資家の募集が出来ない代わりに、運用方法の縛りは緩く市場の下落を利用して、収益を出すような凝った運用も可能です。

これが、私募ファンドであるヘッジファンドが市場の下落に強い理由ですね。運用の自由さを生かし、様々な戦略、多様な方向から収益を狙えるヘッジファンドは損失のリスクを抑えながらも、安定したリターンを望める点で退職金をヘッジファンドで運用するメリットがありますね。

さて、ここまで、退職金をファンドで運用するメリットを紹介してきました。ヘッジファンドは無駄なコストを省け、投資の専門家の力を借りれる為、投資初心者でも比較的退職金運用に失敗しにくい点は大きなメリットであると言えるでしょう。

続いて、退職金をファンドで運用するデメリットを見ていきます。

退職金をファンドで運用するデメリット

退職金をファンドで運用するデメリットは、以下の2点です。

デメリット

  1. 最低投資金額が高額である。
  2. 情報集めが大変。

1つ目は、最低投資金額が高額な点です。

1、最低投資金額が高額

退職金を投資信託で運用するのであれば、数万円~、毎月の積み立て投資であれば月々数千円~投資できる商品もあります。

しかし、退職金をヘッジファンドで運用しようとすると場合は最低1000万円~と最低投資額が高額になっており、まずは少額から運用を始めたい投資初心者の方には、高額な最低投資金額は退職金をヘッジファンドで運用するデメリットになり得ます。

少額投資をされたい方は、投資効率は若干劣りますが、投資信託やロボアドバイザーなどで退職金を運用していくのが良いでしょう。

2つ目は、情報集めが大変な点です。

2、情報集めが大変

投資信託であれば、証券会社に行けばおすすめの商品を見ることが出来ますし、ネット上でもおすすめの投資信託を紹介している記事は多く見受けられます。

しかし、ヘッジファンドの場合は私募ファンドということもあり、情報公開が積極的にされていないため、情報集めに苦労します。実際、管理人もヘッジファンドに投資する際は、投資仲間からの紹介を受け、その後実際に問い合わせをし、ファンドの担当者に話を聞いて、納得したうえで出資した流れとなっています。

ネットで簡単に情報が手に入る投資信託とは異なり、情報収集に手間がかかるのはヘッジファンドのデメリットであると言えますね。

さて、ここまで退職金をファンドで運用するメリット・デメリットを見てきましたがいかがでしたでしょうか?1000万円以上のまとまった資産の運用をプロにまるまるおまかせしたいお考えの方には、ヘッジファンドは良き資産運用のパートナーになり得ると言えますね。

続いて、退職金の運用をヘッジファンドでとお考えの方のために、マネーブリッジ編集部が実際にお世話になっている国内(日本)ヘッジファンド会社を紹介します。

おすすめファンド会社

BM

マネーブリッジ編集部おすすめの国内(日本)ファンドは、BMキャピタルです。「マイナスを出さない」を方針として運用を行っているBMキャピタルは、過去の運用においてマイナスを出した回はゼロ

リスクを抑えながらも、利回り10%以上と一般的な投資信託より高利回りを実現できるのは、自由な運用ができるヘッジファンドならではと言えますね。BMキャピタルを構成するのは、東京大学や京都大学卒の優秀なファンドマネージャー達。そんな金融エリート達がマイナスを出さない、かつ少しでも多くのリターンを出せるよう日々丁寧に投資者の資産を運用してくれます。

正直、海外ファンドに目を向ければ、より大きなリターンを狙えるような商品もありますが、最低投資額が1億円を超えたり、基本的にやり取りは英語となります。そんな中、BMキャピタルは最低投資額が1000万円~と比較的少額に抑えられていて、また日本語で何でも質問でき、比較的投資のハードルが低い国内ファンドであると言えます。

ヘッジファンドに関しては情報公開が積極的にされていない為、ウェブ上で得られる情報には限りがあります。気になる方は、一度お問い合わせをし、気になることをいろいろ聞いてみると良いでしょう。

>>BMキャピタルお問い合わせページ

ここでは、編集部おすすめのヘッジファンド会社を紹介しました。勿論、日本にもヘッジファンド会社は沢山ありますので比較検討し、BMキャピタルのように退職金を安全に運用してくれるようなファンドに運用をお願い出来ると良いですね。

最後に、まとめです。

資産運用して豊かな生活を

ここまで、ヘッジファンドとは何か?ヘッジファンドの特徴、退職金をヘッジファンドで運用するメリットから、マネーブリッジ編集部おすすめのヘッジファンド会社までまとめて紹介してきました。

一所懸命働いて手にした大切な退職金は、なにより減らさずに安全に運用していくべきです。ヘッジファンドは初心者でも比較的失敗しにくく、またまとまった資産を最大限に生かして運用方法の1つです。老後安定した生活を送れる資金とできる運用方法の1つとして、検討してみても良いでしょう。

また、今回紹介した国内ヘッジファンドであるBMキャピタルはファンドの知名度、パフォーマンス、投資のハードル面からみても、1本目のヘッジファンドにおすすめできるファンドですので、興味のあるかたはまずはファンドの担当者にコンタクトを取ってみると良いでしょう。

また、マネーブリッジ編集部では実際に2500万円ほどをヘッジファンドを含むポートフォリオで運用中。運用状況については以下ページにまとめていますので、興味のある方はチェックしてみてください。
>>編集長マサシの投資成績

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう