ずばり!SBI証券経由でロボアドバイザー投資をするメリットは少ない

sbi証券ロボアドバイザーは公式サイトから

ロボアドバイザーとは言えども、種類は様々。

始めるなら、SBI証券のような大手証券会社を利用して始めたいという方もいるでしょう。

 

SBI証券のロボアドバイザーについて調べてみると

  • WealthNavi for SBI証券
  • THEO+ SBI証券
  • SBI-FundRobo(SBI-ファンドロボ)

と、3種類もあるのです。

 

そうなると、SBI証券でロボアドバイザーを始める場合、3種類のうちどのロボアドバイザーを選ぶべきか?そして、そもそもSBI証券を通して WealthNavi(ウェルスナビ)THEO(テオ)といった、別のロボアドバイザー運用会社の商品に投資する意味があるのか…などなど、悩んでしまいますよね。

 

と、いうことで、今回はSBI証券で取り扱いのある3種類のロボアドバイザーの紹介、それぞれのロボアドバイザー商品に対するメリット・デメリット、公式サイトから直接申し込みをした場合との比較から、SBI証券経由でロボアドバイザーを始めるのがおすすめな人までまとめて解説します!

 

結論から申し上げますと、「ロボアドバイザーはSBI証券を通さずに、各公式サイトから始めるのがおすすめ」です。

その理由を説明する前に、まずはSBI証券で始められる3種類のロボアドバイザーを見ていきます。

3種類を比較

SBI証券ロボアドバイザー比較

先述した通り、SBI証券のロボアドバイザーには以下の3種類があります。

SBI証券のロボアドバイザー

  • WealthNavi for SBI証券
  • THEO+ SBI証券
  • SBI-FundRobo(SBI-ファンドロボ)

早速1つずつ見ていきます。まずは、WealthNavi for SBI証券です。

WealthNavi for SBI証券

Wealthnavi for SBI 証券

WealthNavi(ウェルスナビ)は、ウェルネスナビ株式会社が運営するロボアドバイザーで、利用者の多い大変人気のロボアドバイザー運用会社です。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)は情報公開に力を入れており、公式ホームページにて運用実績や、投資アルゴリズムなどが積極的に公開されています。

何かわからないものに大切な資産を預けるのは怖いですよね。このWealthNavi(ウェルスナビ)の透明さというのはWealthNavi(ウェルスナビ)を選ぶ一つの理由になり得るでしょう。

 

さて、そんなWealthNavi(ウェルスナビ)にSBI証券で開設した WealthNavi for SBI 専用口座を通して投資できるのが WealthNavi for SBI証券というわけです。

 

WealthNavi for SBIは、最短でなんと申し込み当日に口座開設が出来ます。

また、提携銀行からであれば、手数料無料で入金が即時反映されるクイック入金にも対応しており、ささっと手軽に始められ、ユーザーのことを第一に考えた、投資者に優しいロボアドバイザーとなっています。

 

サービス開始後わずか1年3か月で、残高300億円を突破しているとで、この数字から見ても、多くの投資者に選ばれている大変に使い勝手の良い優秀なロボアドバイザーだと言えますね。

 

さて、続いては、THEO+SBI証券です。

THEO+SBI証券

THEO+SBI証券

こちらも、SBI証券の取り扱い商品の一つである「THEO+ SBI証券」

THEO(テオ)はお金のデザイン株式会社が運営するロボアドバイザーで、こちらもWealthNavi(ウェルスナビ)同様に多くの投資者に支持されている人気のロボアドバイザーです。

 

THEOの特徴といえば、THEO AIアシスト機能を実装しているところ。

従来のロボアドバイザーでは大量の市場データのみの分析を行い、ポートフォリオを作成・実際の運用を行っていましたが、AIアシスト機能の場合は「世界中のニュース/ブログ/SNS」と言った幅広い情報を分析し、市場の動きまでを考慮した精度の高いポートフォリオ作成・運用を行うことが出来ます

 

そんなAIアシスト機能を利用して、1万円と言う少額からコツコツと着実に資産を増やしていけるTHEO+ SBI証券は投資初心者におすすめ出来るロボアドバイザーです。

 

最後に、SBI-FundRobo(SBI-ファンドロボ)です。

SBI-FundRobo(SBI-ファンドロボ)

SBIファンドロボ

こちらは、株式会社SBI証券が自社で運用しているロボアドバイザーです。

 

こちらは、「アドバイス型」のロボアドバイザーとなり、ロボアドバイザーから投資に関するアドバイスを貰い、そのアドバイスを参考に「投資者自身が自分で運用をしていくタイプ」のロボアドバイザーです。

このロボアドバイザーの場合は、実際の金融商品の購入、運用は投資者自身が行なうことがあるということはしっかり確認しておく必要がありますね。

 

さらに、紹介してきた上記2商品は投資をまるまるお任せできる「投資一任型」となり、NISAは利用できませんが「SBI-FundRobo(SBI-ファンドロボ)は「アドバイス型」のロボアドバイザーとなり、投資をまるまるお任せ出来ない代わりに、NISA口座で運用することができます

NISA口座で運用すると、運用で得た利益は非課税となり、投資で得た利益をそのまま受け取れるのは嬉しいですよね。

 

NISAを利用して運用したいのでれば、SBI-FundRobo(SBI-ファンドロボ)で投資に関するアドバイスを参考に自分で運用していく一択となります。

 

さて、ここまでいかがでしょうか?

ここまでの説明で、SBI証券で取り扱いのあるロボアドバイザー3種類についてさらっと理解できたと思います。

次は、早速ここまで紹介してきたSBI証券のロボアドバイザー3種類を比較してみますよ!

 

メリット・デメリットを種類別に解説

SBI証券ロボアドバイザー比較

先程、SBI証券で取り扱いのあるロボアドバイザーは、以下の3種類と紹介させて頂きました。

SBI証券のロボアドバイザー

  • WealthNavi for SBI証券
  • THEO+SBI証券
  • SBI-ファンドロボ”FundRobo”

早速、編集部独自の観点で3種類のロボアドバイザーを比較していきます。

今回、比較するにあたり注目したポイントは以下の3点です。

ロボアドバイザー比較のポイント

  • ロボアドバイザーの種類
  • 手数料
  • 最低投資額

早速、比較していきます。

 

SBI証券のロボアドバイザー3種類を比較

ロボアドバイザー WealthNavi for SBI証券 THEO+ SBI証券 SBI-ファンドロボ”FundRobo”
種類 投資一任型 投資一任型 アドバイス型
手数料 年率1.0% 年率1.0% 無料
最低投資額 10万円 1万円 設定なし
メリット ・DeTAX機能を使える。
・投資を一括してお任せできる。
・少額から投資できる。
・投資を一括してお任せできる。
・手数料がかからない。
デメリット ・運用手数料がかかる。 ・運用手数料がかかる。 ・金融商品の購入・実際の運用は投資者自身で行う必要がある。

 

いかがでしょうか?

ここで、表の内容からおすすめのロボアドバイザーを考えていきます。

 

まずは、SBI-ファンドロボ”FundRobo”についてです。

SBI-ファンドロボ”FundRobo”については、「アドバイス型」

ファンドロボはアドバイス型

まず、SBI-ファンドロボ”FundRobo”については、「アドバイス型」のロボアドバイザーになります。

ウェブ上で投資に関する質問にいくつか答えると、投資に関するアドバイスだけが貰え、その後の運用は自分で行なうタイプのロボアドバイザーとなります。

 

投資に関するアドバイスを参考にその後、上手に自分で運用できる方はSBI-ファンドロボ”FundRobo”が投資コストを抑えて投資が出来るので良いですね。

 

自分でロボアドバイザーのアドバイスを参考に運用~その後の調整ができるなら、SBI-ファンドロボ”FundRobo”がおすすめ!

 

次は、WealthNavi for SBI証券とTHEO+SBI証券について見ていきます。

WealthNavi for SBI証券とTHEO+SBI証券はほぼ同じ

WealthNavi for SBI証券THEO+SBI証券は、上記3件の比較だけですと、どちらを選んでも同じような気がしますよね。

 

ここで忘れていけないのは、WealthNavi(ウェルス)ナビにはDeTAX機能があるところ。

 

ウェルネスナビにはDeTAX機能がある

Wealthnavi DETAX

DeTAX機能を簡単に説明すると、投資において「調整(リバランス)」がとても大切になってきます。

ロボアドバイザーの場合、実際の運用を始めてからも、投資比率を随時チェックし投資のバランスが崩れてきたら、保有している金融商品を手放したり、または買い増ししたりして最適な投資比率を自動で保ってくれるのですね。

 

ここで、感の良い人は気づかれたかもしれませんが、保有している金融商品を売却し利益が発生した場合税金が発生しますよね。

 

通常、税金は得た利益から引かれることになりますが、元本が大きければ大きいほど、得られるリターンも大きくなることを考えたら、再投資される利益分から、すぐさま税金が引かれてしまったら、元本が少なくなり投資効率は悪くなります。

 

そこで、DeTAX機能の出番です!

DeTAX機能を利用して、課税の時期を遅らせることで、投資の効率を最大限に大きくできるという訳です。

 

そんなことをしても大して、変わらないのでは?
そう思う人もいるでしょう。

 

しかし、WealthNavi(ウェルスナビ)の公式ホームページによると、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減が期待できるとのことで、WealthNavi for SBI証券の手数料が年率1%ということを考えると、DeTAX機能を使えば実質の手数料は年率0.5%程まで軽減される計算になります。

 

「DeTAX」(デタックス)機能で投資コスト減!

ロボアドバイザー WealthNavi for SBI証券 THEO+SBI証券
手数料 年率1.0%
>「DeTAX」(デタックス)で実質0.5%程に!
年率1.0%

 

先程から手数料の話が続きますが、1から自分で投資を行えばかからない手数料が、運用をお任せすることで発生している訳であって、出来るだけ投資にかかる手数料は抑えたいところ。

 

このようなことから、SBI証券のロボアドバイザー3種類の中では、投資額が10万円を超えるのであれば「DeTAX」(デタックス)機能があるWealthNavi for SBI証券が一番おすすめと言えますね。

 

投資額が10万円を超えるのであれば「DeTAX」(デタックス)機能があるウェルスナビ for SBI証券が一番おすすめ!

 

ここまでの内容を踏まえて、資産運用初心者がSBI証券経由でロボアドバイザーを始めるのであれば、投資を一括おまかせでき、手数料を抑えて投資できる「ウェルスナビ for SBI証券」が良いと言えるでしょう。

さて、次は公式サイトとの比較です。

公式との比較

SBI証券ロボアドバイザー公式サイトとの比較

ご存知のかたもいらっしゃると思いますが、WealthNavi for SBI証券、THEO+ SBI証券については、それぞれWealthNavi、THEOの公式サイトから直接申し込むことが可能です。

 

そうなると、

「いちいち、SBI証券経由で申し込む意味があるの?」

そう思う人もいるでしょう。

 

ここでは、上記2つロボアドバイザーについて、SBI証券経由で申し込んだ場合と、公式サイトから直接申し込んだ場合を比較してみます。

 

まずは、「WealthNavi for SBI証券」と「WealthNavi 公式サイト」の比較です。

「WealthNavi for SBI証券」と「WealthNavi 公式サイト」

SBI証券Wealthnavi比較

ここでは、「WealthNavi for SBI証券」と「WealthNavi 公式サイト」を比較します。

 

「WealthNavi for SBI証券」と「WealthNavi 公式サイト」の比較

ロボアドバイザー WealthNavi for SBI証券 WealthNavi 公式サイト
ロボアドバイザーの種類 投資一任型 投資一任型
手数料 年率1.0% 年率1.0%
最低投資額 10万円 10万円
投資対象 海外ETF 海外ETF
専用アプリ
税金最適化
自動積み立て
長期割引 ×
DeTAX

 

いかがでしょうか?

 

「WealthNavi for SBI証券」と「WealthNavi公式サイト」の大きな違いは、「長期割」が使えるかどうかになります。

 

長期割とは、WealthNaviを続けた期間と運用金額に応じ、6ヵ月ごとに手数料の割引が始まり、年率最大0.90%まで手数料を割り引いてくれます。

年率0.90%というと、100万円を利回り年率3%で運用したとして、10年で1万円ほどの差が出てきます

1万円と言うと、たいして変わらないと思われるかもしれませんが、その1万円分が再投資・運用されて何倍にも増える可能性があります。少しでも元本が増えることで、投資効率はぐんとアップします。

 

また、どこを経由してロボアドバイザーを始めるか?ただそれだけの違いで、10年で1万円の差がつくのですから、WealthNaviを始めるなら断然、WealthNavi公式サイトを通して始めるのが良いでしょう。

SBI証券Wealthnavi 公式サイトがおすすめ

WealthNaviを始めるなら断然、WealthNavi公式サイトを通して始めるのがおすすめ!

 

さて、続いては「THEO+SBI証券」と「THEO公式サイト」を比較していきます。

SBI証券THEO公式比較

「THEO+SBI証券」と「THEO公式サイト」

ここでは、「THEO+SBI証券」と「THEO公式サイト」を比較します。

 

「THEO+SBI証券」と「THEO公式サイト」の比較

ロボアドバイザー THEO+SBI証券 THEO公式サイト
ロボアドバイザーの種類 投資一任型 投資一任型
手数料 年率1.0% 年率1.0%
最低投資額 1万円 1万円
投資対象 海外ETF 海外ETF
専用アプリ
税金最適化
自動積み立て

いかがでしょうか?

上、表を見てわかるように、「THEO+SBI証券」と「THEO公式サイト」には大きな違いはありません。

 

強いて言うなら、SBI証券に既に口座開設をしているのであれば、THEO+SBI証券の方が口座開設までの時間を短縮出来て良いですね。

 

ほぼ同じ。SBI証券に既に口座開設をしているのであれば、THEO+SBI証券で口座開設までの時間を省くのもあり。

 

SBI証券THEO公式どちらでも

 

さて、ここまでSBI証券経由で投資した場合と、公式サイトから直接投資した場合について確認してきました。

ここまでの内容を踏まえ、SBI証券経由でロボアドバイザー投資をするメリットは少ないと言えますが、SBI証券経由でロボアドバイザーを利用するのがおすすめな人もいます。

さて、次にSBI証券経由で申し込むのが良い人について紹介します。

SBI証券経由で申し込むのが良い人

SBI証券経由ロボアドバイザーを申し込むのが良い人

先述した通り、ロボアドバイザーは公式サイト経由で始めるのがお得と言うことが分かりましたが。

しかし、SBI証券からロボアドバイザーを申し込むのがオススメの人もいます。

 

具体的には、以下のような人はSBI証券経由でロボアドバイザーを申し込むと良いでしょう。

SBI証券経由でロボアドバイザーを申し込んだほうが良い人

  • NISA制度を利用したい人
  • 投資の勉強をしたい人
  • SBI証券に既に口座を持っている人

1つずつ説明していきます。

まずは、NISA制度を利用したい人です。

NISAを利用したい人

ロボアドバイザーNISA

先述した通り、ロボアドバイザーには2種類あり、投資に関するアドバイスのみを貰える「アドバイス型」とその後の運用までをまるまる一括でお任せできる「投資一任型」があります。

そして、まるまる一括でお任せできる「投資一任型」の場合、節税が出来るNISA制度は利用できません

 

よって、SBI証券のNISA口座でアドバイス型ロボアドバイザーを利用して自分で運用するのであれば、NISAの節税の恩恵を受けながらSBI証券経由でロボアドバイザーを利用しても良いですね。

次は、投資の勉強をしたい人です。

投資の勉強をしたい人

投資の勉強

先述した通り、ロボアドバイザーは投資を丸々お任せできます。

ウェブ上で投資に関する質問にいくつか答えて、お金を預けたら後は投資者がやることは特にないのですね。

 

ロボアドバイザーが投資をするのを眺めて投資を勉強するという方法があるとも言えますが、正直な話ロボアドバイザーを眺めてだけいても投資の腕は上がりません。

ロボアドバイザーで数年運用した後、その後は自力で運用したいという人は投資の腕を磨くためにも、ロボアドバイザーを使わずにはじめから自分で投資信託などで投資をしてみるのがおすすめです。

 

最後は、SBI証券に既に口座を持っている人です。

SBI証券に既に口座を持っている人

SBI証券の口座

証券口座を開設するのは、手続き自体はウェブで必要事項を入力、確認の為の書類を郵便で受け取るくらいなのでそこまで複雑ではありませんが、多少の手間と時間がかかります。

投資のコストなどよりも、今すぐロボアドバイザーを始めたい!という人で、SBI証券に既に口座を持っている人は既存の口座を利用すれば証券口座開設の手間が省けるので良いでしょう。

いかがでしょうか?

  • あるSBI証券口座を活用して、今すぐロボアドバイザーを始めたい。
  • アドバイス型のロボアドバイザーを利用して今後のために投資の勉強をしたい。
  • NISA制度を利用して節税したい。

上記3点のいずれかに当てはまる人は、SBI証券口座経由でロボアドバイザーを始めても良いですね

最後にまとめです。

キャンペーンを利用し、公式サイトで賢く始める

ロボアドバイザーは公式サイトからがおすすめ

今回は、大手証券会社のSBI証券取り扱いのあるロボアドバイザー3種類の紹介、商品に対するメリット・デメリット、公式サイト契約する場合との比較からSBI証券経由でロボアドバイザーを始めるのがおすすめな人、ロボアドバイザーを比較する際のポイントまでをまとめて解説してきました。

 

説明した通り基本的には、ロボアドバイザーは「公式サイト」から申し込むことをおすすめします。

各ロボアドバイザー運用会社では、利用者を増やすためにお得なキャンペーンも行っています。これから始める人は、公式サイトからキャンペーンを利用してお得に始めると良いでしょう。

 

キャンペーンしかり、資産運用において情報集めは大切です。
知っているのと知らないのでは、結果に雲泥の差が出てきます。

 

特に、以下の200万円の運用方法に関する記事などは、少額での運用を考えている人は目を通しておくと良いでしょう。

>>200万円の運用におすすめの投資先とは?

 

本サイトでは、他にも資産運用に関する情報を随時発信しているので、是非皆様の資産運用ライフに役立ててくださいね!

参考記事

Twitter でフォローをお願いします