今更聞けない!「ファンダメンタルズ分析」の基本を分かりやすく解説

筋の良いバリュー株銘柄を探り当てるファンダメンタルズ分析基本編

バリュー株とは、業績や配当などが悪くないのに投資家に人気がなく、株価が割安に放置されている銘柄のことです。

なぜ人気がないのかというと、将来の成長が見込めないなど様々。

一方でバリュー株は、もともと割安なだけに値下がりリスクはその分低くなります。

堅実な業績を維持している銘柄も多く、大幅な株価値上がりは期待薄な代わりに、安定した株価上昇と配当収入が期待できるのです。

このシリーズでは、バリュー株で利益を出すノウハウを紹介、初回は「バリュー銘柄を探り当てるファンダメンタルズ分析」について基本を解説します!

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、企業業績からみて株価が割安か割高かを見極めるためのツールです。

上場企業の決算発表で、業績見通しが市場の予測を上回ると株価が大きく上昇、逆に期待外れだと大きく下落することがあります。このように、企業業績は株価に大きな影響を与えるのです。

そもそも株価というものは、短期的には需給変動で上下しても、長い目で見れば「本質的価値(ファンダメンタル・バリュー)」に収束します。

そしてファンダメンタルバリューは将来を含めた企業業績にあり、ファンダメンタルズとは企業業績を示す様々な要因を意味します。

ちなみに主な要因は「成長性」「収益性」「安定性」の3つとなっており、ファンダメンタルズ分析ではこの3つの要因を分析すると同時に、指標を使って株価が割安か割高なのかを検証します。

ファンダメンタルズ分析に使う代表的な指標

目的 指標 内容 目安
業績状況の判定 安定性 自己資本
比率
自己資本÷総資産×100
大きいほど安定的
40%台(全産業平均)
収益性 ROE
(自己資本利益率)
利益÷自己資本
大きいほど経営が効率的
8.89%(日経平均)
成長性 CAGR
(年平均成長率)
大きいほど成長性が高い 6.2%(デロイト調べ
配当 配当性向 配当額÷当期純利益
大きいほど株主に還元している
25.76%
業績面での割安・割高判定 PER
(株価収益倍率)
株価÷当期利益
大きいほど割高
11.25(日経平均)
PBR
(株価純資産倍率)
株価÷純資産
(自己資本)
1.04(日経平均)
配当利回り 配当÷株価×100 2.29%(日経平均)

参考:日本経済新聞

安定性-赤字企業は要注意

赤字企業は要注意

結論から言えば、自己資本比率が低い企業でも、安定して利益を稼げているうちは問題ありません。

最近は超低金利状況が続いていることもあり、多少債務を抱えていても金利負担もそれほど大きくなりません。

ちなみに超優良企業といわれるトヨタですら38.2%で、全産業平均を下回っています。

問題は、赤字企業です。例えば複写機大手リコーは、ペーパーレス化の波に乗り切れずに業績が低迷、18年3月期には1353億円の赤字を計上しました。

8千人のリストラを断行し、10年続けたリコー全米女子オープンゴルフの冠スポンサーも降りましたが、業績悪化に歯止めはかかりそうにありません。

自己資本も毀損し、3年前には40%近くだった自己資本比率は35%を切りました。今後さらに低下を続け30%を切るようだと危険水域です。

収益性

収益性の中で、機関投資家などが最も重視するのがROEであり、効率経営のバロメーターです。

米国に本拠を置くグローバル企業のROEは高くNYダウ平均でも17.48%前後、P&G・コカコーラ・ナイキなどは3割前後の水準です。

P&G・コカコーラ・ナイキなどは3割前後の水準

一方で日本企業の場合、最近上がってきたとはいえ日経平均が8%台にとどまります。一般的に2桁に達していればグローバル水準といわれています。

成長性

現在の業績が持続的なものなのか、一時的な現象なのかを判断する目安がCAGRです。

CAGRがプラスならその企業のビジネスは成長トレンドにあり、マイナスなら衰退に向かっていることを意味します。

2桁に達しているようなら、文句なしに成長企業と呼べるでしょう

たとえば現在の業績が堅調だとして、それがこの先も続くのかの判断基準として使えます。

ただし、CAGRはあくまで過去のトレンドであり、将来を約束した指標ではありません。その点を注意して取り扱わなければなりません。

業績面での割安・割高判定

収益面から見て、割安かを判定する指標がPERであり、概ね15以下なら割安とされています。

企業の解散価値から判定する指標がPBRであり、1以下は解散価値より株価が低く評価されていることを意味します。

一般的に不動産・総合商社・自動車・化学・メガバンクといった「オールド・エコノミー」は、成長が期待できないとみなされ、PBR・PERとも低く放置されがちです。

まとめ-大切なのは未来の分析

ファンダメンタルズ分析に使う指標は、あくまで現在の業績や割安感を示しているに過ぎません。

例えば自動車メーカーA社の業績が絶好調でも、この先も維持し続けるかどうかはわかりません。ライバル企業にシェアを奪われるかもしれませんし、自動車市場そのものが衰退するかもしれません。

ファンダメンタルズ分析で大切なのは、将来を見据えた業績動向、つまりモメンタムです。

例えば利益がここ数年20%前後伸びているのに、今年は10%だったとすると、モメンタムは鈍化傾向です。

ファンダメンタルズ分析では、過去から現在までの指標の推移をもとに、モメンタムがこの先も鈍化を続けやがては下り坂に向かうのか、その企業が属している業界や競合の動向・市場規模や成長力を見極めなければなりません。

企業分析の材料としては、アナリストレポートがあります。証券会社に口座を開設すると、HP上で閲覧できます。

もう1つ分析で忘れていけないのは、「その会社が好きか嫌いか」といった直感。

ファンダメンタルズ分析は情報を提供してくれますが、最後に判断するのはあなた自身なのです。だからこそ分析力を身につけるのには、直感力を磨くことが大切何かもしれませんね。

Vol.2へ続く…

Twitterでフォローしよう