割安株で値上がりを狙う!株のファンダメンタルズ分析をマスターする

株のファンダメンタルズ分析
株式投資での銘柄選びの方法として代表的なものと言えば、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。

長期的に落ち着いて投資できることから、比較的初心者向けと言われているファンダメンタルズ分析

しかし、「投資の知識がない状態で本当に値上がりする銘柄を見つけられるのかな。自分には自信がない。」

そんな方も多いのでは。

そこで、この記事では、

  • ファンダメンタルズ分析とは何か?
  • 具体的なその分析方法と分析のポイント
  • ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析ではどちらが有効なのか?

を、初心者向けに1記事でまとめて紹介しています。

この記事を読めば、ファンダメンタルズ分析で今後値上がりが見込める銘柄を見極める、基本知識を網羅できるはず。

では、まずはじめにファンダメンタルズ分析とは何か?について、投資初心者向けにわかりやすく説明していきます。

ファンダメンタルズ分析の意味とは

ファンダメンタルズ分析を一言で表すと、「株価が割安な株式を探す」分析方法となります。

そしてその割安な株式は具体的に、以下の2つに分けられます。

成長株(グロース株)

将来の企業成長の可能性に対して、現在の株価が割安であると考えられる会社の株に投資。その値上がり益で利益を出す方法。

割安株(バリュー株)

現在の企業価値に対し、株価が割安であると考えられる会社の株に投資。株価が本来の企業価値に追いついたところで売却し、利益を出す方法。

ファンダメンタルズ分析では上記のような成長株や割安株を、さまざまな指標(ファンダメンタルズ)を使いながら分析していく分析方法となります。

ファンダメンタルズ分析に使う代表的な指標

そんなファンダメンタルズ分析のアプローチ方法は、以下の2つ。

各分析に必要な指標と共に、1つずつわかりやすく説明していきます。

1つ目は、財務諸表からのアプローチです。

①財務諸表から現状と成長性を確認

株式投資を行う上で「財務諸表」の分析は欠かせません。

財務諸表とは、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つを示しており、企業が決算処理を行う際に作成する書類です。

どれも企業の財務状況を表す大切な資料となりますので、目を通しておきたいところです。

ファンダメンタルズ分析を行う際には以下の表にある項目だけでも、しっかり確認しておけると良いでしょう。

業績状況の判定

目的 指標 内容 目安
安定性 自己資本
比率
自己資本÷総資産×100
大きいほど安定的
40%台(全産業平均)
収益性 ROE
(自己資本利益率)
利益÷自己資本
大きいほど経営が効率的
8.89%(日経平均)
成長性 CAGR
(年平均成長率)
大きいほど成長性が高い 6.2%(デロイト調べ)
配当 配当性向 配当額÷当期純利益
大きいほど株主に還元している
25.76%

また「自己資本比率」「収益性」「成長性」については、以下のポイントに注目すると分析しやすいはず。

1、自己資本比率

自己資本比率が低い企業=危ない企業というわけでもありません。超優良企業といわれるトヨタですら38.2%で、全産業平均を下回っています。

最近は超低金利状況が続いていることもあり、多少債務を抱えていても金利負担もそれほど大きくならず、安定して利益を稼げているうちは問題ないでしょう。

問題は、赤字企業。例えば複写機大手リコーは、ペーパーレス化の波に乗り切れずに業績が低迷、18年3月期には1353億円の赤字を計上しました。

自己資本も毀損し、3年前には40%近くだった自己資本比率は35%を切ってしまう状態に。

自己資本比率に関しては、企業の直近の業績とも照らし合わせて確認したいところです。

2、収益性

収益性の中で、機関投資家(投資のプロ)などが最も重視するのがROE(自己資本利益率)であり、効率経営のバロメーターです。

米国に本拠を置くグローバル企業のROEは高くNYダウ平均でも17.48%前後、P&G・コカコーラ・ナイキなどは3割前後の水準。

一方で日本企業の場合、最近上がってきたとはいえ日経平均が8%台にとどまります。

また、一般的に2桁に達していればグローバル水準といわれているので、この数字は参考にできると良いですね。

3、成長性

現在の業績が持続的なものなのか、一時的な現象なのかを判断する目安がCAGR(年平均成長率)です。

CAGRがプラスならその企業のビジネスは成長トレンドにあり、マイナスなら衰退に向かっていることを意味します。

2桁に達しているようなら、文句なしに成長企業と呼べるでしょう。たとえば現在の業績が堅調だとして、それがこの先も続くのかの判断基準として使えます。

ただし、CAGRはあくまで過去のトレンドであり、将来を約束した指標ではありません。その点は注意して取り扱う必要があるでしょう。

さて、ここまでがファンダメンタルズ分析における財務諸表からのアプローチ方法でした。

続けて2つ目は、株価指標からのアプローチです。

②株価指標から株価の割安感を分析

株価指標とは、企業の株価を比較、分析する際に使用する指標のことを示します。代表的なものには、PBR(純資産倍率)やPER(株価収益率)などがあります。

これから株式投資を始める方は、以下3つの指標だけでもしっかり確認しておきたいところです。

また、PBRやPERは経済ニュースなどでも頻出する言葉ですので、投資用語としても覚えておけると良いでしょう。

業績面での割安・割高判定

PER
(株価収益倍率)
株価÷当期利益
大きいほど割高
11.25(日経平均)
PBR
(株価純資産倍率)
株価÷純資産
(自己資本)
1.04(日経平均)
配当利回り 配当÷株価×100 2.29%(日経平均)

参考:日本経済新聞

PERやPBRに関しては、割安株を探すときには欠かせない数字となります。

PBR・PERから割安株を探す

PBR・PERの数字から、割安株を探す際の目安は以下の通り。

割安株を探す際の目安

収益面から判断 PER(株価収益倍率)
--->15以下なら割安
企業の解散価値から判断 PBR(株価純資産倍率)
--->1以下なら割安

一般的に不動産・総合商社・自動車・化学・メガバンクといった「オールド・エコノミー(古くからあるビジネス)」は、成長が期待できないとみなされ、PBR・PERとも低く放置されがちです。

さて、ここまでがファンダメンタルズ分析における株価指標からのアプローチ方法でした。いかがでしたでしょうか。

この項目で紹介した数字に関しては、基本的には企業の株価やホームページ上で公開されているIR(投資家向け広報)資料を元にご自身で計算することが可能です。

また、計算の手間を省きたい方は以下のような株式関連の情報サイトや証券会社のホームページなどで数字が公開されていることがありますので、上手に活用できると良いですね。

  • みんなの株式
  • 株マップ.com

便利なツールも活用しながら、賢く銘柄分析を進めていきましょう。

【おまけ】会社四季報・アナリティクスレポートもチェック

ファンダメンタルズ初心者の方であれば、ここまでで分析で十分とは言えますが、余裕のある方は更に

  • 会社四季報
  • アナリティクスレポート

も合わせて確認できると良いですね。

会社四季報には、財務諸表などの情報の他にも、長年四季報に携わってきたベテラン記者が各企業を評したコメントも掲載されており企業分析の参考になります。

また、企業分析の材料としては、証券会社のアナリストレポートも活用したいところ。証券会社に口座を開設すると、HP上で閲覧することが可能です。

割安株探しは業界を絞るのもポイント

いかがでしょうか?ここまでの内容で、ファンダメンタルズ分析での銘柄選び方法についてはイメージが掴めたかと思います。

ここでさらに、株式投資の銘柄選びをしやすくする為に、ファンダメンタルズ分析で割安株を探す際のコツを紹介します。

以下のポイントを抑えるだけでも、ファンダメンタルズ分析での銘柄選びはだいぶ取り組みやすくなりますよ。

業種によってバラツキがある割安株

割安株を探すと行っても、闇雲に探すとなると相当な手間と時間がかかります。そこで注目したいのが株式企業の「業種」。

実は業種別にみると、建設・銀行・証券・保険・商社・輸送機器・輸送機器などに割安銘柄が極端に集中しているのです。

逆に、食品・医薬品・サービス・小売りといった業種は、割安銘柄が0。医薬品に関しては「エーザイ(40.38)」や「第一三共(41.38)」など高PERランキング(割高株)上位銘柄も顔を出しています。

つまり業種によって割安・割高が極端に偏在しているのです。

さらに細かく見ていくと、業種内でも、例えば価格では資生堂や花王といった川下企業(販売を行う企業)が高PER(割高株)を維持する一方で、日東電工・旭化成・三菱ケミカルといった川上企業(原料を扱う企業)はPER1ケタ台に甘んじていったような状況。

マーケットを業界や分野などのくくりで見ていくと、割安株はだいぶ探しやすくなると言えるでしょう。

業界分析と個別銘柄分析で割安株を探り当てる

とは言っても、必ずしも「業種の平均=業種内の個別銘柄の状況」というわけではありません。

例えば、商社株全体で見ると平均株価は去年1年間で18%下げていますが、日本の有名商社である三菱商事は3%の下げにとどまっています。これは、三菱商事の「総合商社NO.1としての安定性」が弱気相場で強みを発揮したと言えますね。

結論として、まずは業界分析を通して分析銘柄を絞り、その後個別銘柄の一つ一つの分析にたっぷり時間をかけること。そうすることで、良質な割安株に出会える可能性は自ずと上がっていくと言えるでしょう。

テクニカル分析とは?

さて、冒頭で株式投資での銘柄選びの方法として代表的なものには、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があるとお話させて頂きました。

そして、会社の財務状況や業績を元に、企業の現在や未来の企業価値を分析するのがファンダメンタルズ分析でした。

一方、今回は説明を省いたテクニカル分析について簡単に説明すると、株価や市場の動きを過去のデータや投資経験から予測していく分析方法となります。

現在の株価チャートが、数分後や数週間後に上に上がるか、下に下がるかを随時予想していくのです。

そこで気になるのが、株式投資においてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のどちらが優れているのか。

これは、長年の間投資者の間で議論されてきた議題ではありますが、改めて今回以下記事内で各分析方法のメリット・デメリットを比較し、どちらが良いのかについて考えてみたいと思います。

ファンダメンタルズ分析のメリット・デメリット

メリット

  • 日々の株トレードに時間を取られない
    ファンダメンタルズ分析では、数ヶ月~数年の長期的な株の値上がりでの利益を想定しています。「分析を仕込んだら上がるまで待つ」が基本となり、毎日パソコンに張り付いてトレードを行う必要はありません。
  • 心にゆとりを持って投資できる
    先述した通り、ファンダメンタルズ分析では長期投資が基本となり、投資先の株価や状況ははすぐには変わらないことが前提です。毎日の株価に心を揺さぶられることなく、落ち着いて投資を行うことが出来ます。

デメリット

  • 利益が出るのに時間がかかる
    割安株投資での目安は約3~5年程と言われており、割安株投資で有名な米国有名投資家ウォーレン・バフェット氏はコカ・コーラ社株を1988年から約30年以上保有し続けたとのこと。数日、数ヶ月では利益が出づらいことは覚えておきたいところです。
  • プロと情報の取得スピード差が大きい
    株式市場には、日頃からヘッジファンドのようにチームで分析を行っているような投資のプロ集団も混在します。「情報量=投資成績」と言っても過言ではないファンダメンタルズ分析に置いて、圧倒的な情報力・コネクションを持つプロ達と対等に戦うのは難しいのが事実です。

テクニカル分析のメリット・デメリット

メリット

  • 投資に主観が入らない
    テクニカル分析では、チャート上での値動きが全てとなります。「何だかわからないけれど、あの会社は上がりそう」と言った、投資家の主観や感情が入りづらい点は投資の失敗のリスクを回避する上で有効だと言えます。
  • プロと同じ土俵でトレードできる
    株価チャートはリアルタイムで動いています。よって、私達のような個人投資家もプロと同時に同じ情報を得ていることになり、プロと同じ条件、同じ土俵でトレードを行うことが出きます。

デメリット

  • 心理的なダメージを受けやすい
    テクニカル分析では、数分~数日の短期的な値動きで利益を積み重ねていく必要があり、必然的にトレード回数も増えます。予想が外れれば、損切り(損失が大きくなる前に売却する)をする必要もあり、メンタルが持たなくなる人がいるのも事実です。
  • 勝てるようになるまで時間がかかる
    テクニカル分析に関しては、経験がものを言う世界です。解説本の例は上手くいった例を掲載しているだけで、100%勝てるわけでは有りません。何度も失敗と成功を繰り返しながら、自分なりの成功の法則を貯めていく必要があります。

さて、ここまでファンダメンタルズ分析のメリット・デメリットについて説明してきました。

上記の内容を踏まえた上で、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析では、どちらが有効なのか見ていきましょう。

ファンダメンタルズVSテクニカル!有効なのは?

結論から述べると、ご自身のライフスタイルや、投資の目標や期間に合わせて適切な分析方法を選ぶべきと言えるでしょう。

具体例を挙げれば、

ファンダメンタルズ分析がおすすめな人

  • 平日の昼間(朝9時から15時※お昼時間を除く)に投資へたっぷり時間を割けない
  • 値動きに一喜一憂してしまう
  • 数年スパンで長期的に落ち着いて投資活動を行いたい

テクニカル分析がおすすめな人

  • 平日昼間に十分な時間を投資に割くことができる
  • 1日~数日単位の短期間で目に見える利益を得たい
  • 含み損にも動じない強靭な精神力が備わっている

上記のようなイメージとなります。また、少額で両方の分析方法を試してみて、ご自身が得意な方を選択するのもおすすめです。

本・サイトやブログを活用し勉強・情報集めを

さて、ここまでの内容を踏まえ、これから実際にファンダメンタルズ分析で株式投資を実践していきたいとお考えの方はまず投資知識をつけるところから始めるのが良いですね。

この記事内で取り上げた内容でも十分実践は可能ですが、ファンダメンタルズ分析の成功の可能性を高めるために本・サイトやブログを活用し、情報集めをできると良いでしょう。

以下本サイト内には、ファンダメンタルズ分析での割安株投資に役立つ本やブログを紹介している記事もありますので是非参考にしてみてください。

本・サイトやブログを活用し株式投資に対する知識量を増やすことによって、投資の成功にもまた一歩近づけるはずです。

プロに任せる方法も

さてここまで、株式投資のファンダメンタルズ分析について解説して参りましたが、いかがでしたでしょうか。

先述したとおり、ファンダメンタルズ分析においては、投資判断に関する情報集めが命。多方面から情報集めを行い、丁寧に投資先候補を分析できると良いですね。

また、ここまでのレベルでの分析は自分には出来そうにないという方は、資産運用会社へ株式投資をまるまるお任せしてしまうことを考えても良いでしょう。

プロならではの情報収集力と、投資手腕でワンランク上の株式運用が実現できるでしょう。

この記事も読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう