教科書にしたい株本!バリュー株投資編

バリュー株投資の本

貯蓄から運用の時代への転換期を迎えた今、投資や運用に関する本は数え切れないほど多く販売されるようになりました。情報を得やすくなった一方で、数が多すぎてどの本を購入すれば良いのか迷うことも多いのではないでしょうか?今回は「バリュー株投資」にスポットを当て、ぜひ読んで頂きたい本を7つご紹介致します。では早速、難易度の低い順にご紹介致します。これからバリュー株投資を始める入門者の方も、すでにバリュー株投資を実践している方も必見です!

 

1、『ファンダメンタル投資の教科書』-足立 武志

ファンダメンタル投資の教科書

難易度 こんな人におすすめ
入門~初級 四季報や決算報告書を用いた銘柄選定をしたい人、PERやPBRに代表される指標の使い方を理解したい人

 

この本の概要

  • 四季報や決算報告書の読み方を現役公認会計士が説明
  • PERやPBRなどの指標の見方がわかるようになる
  • ファンダメンタル(企業の業績や財務状況)から、その企業の力を測れるようになる

 

題名にあるファンダメンタルとは、株式において企業の業績や財務状況のことを指し、その企業がおおよそどのくらいの力を持っているのか知ることができます。銘柄選定の際に重要となる事項です。会社の決算や四季報から情報を読み取る際に見るべきポイントや、PER・PBRに代表される指標などの基礎知識を、公認会計士である著者の足立武志氏が紹介しています。

 

企業の貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書など、数字だらけの複雑な資料も、この本を読めば大抵のことが理解できるようになります。株価の動きだけでなく、会社の内容を数値を使って正確に把握し堅実な株式投資をしていきたい人にはぜひ読んで頂きたい一冊です。

 

(口コミ一例)

非常にわかりやすく、参考になる本だと思います。実際の財務諸表やチャートをベースに、それらをどのように読み解いていくかが解説してあります。また、単純な売買のタイミングだけでなく、どのような点に注意してみなければいけないかなど、実践に役立つ知識が色々書いてあると思います。

引用:Amazon

2、『株で勝つ』-ピーター・リンチ

株で勝つ

 

難易度 こんな人におすすめ
初級 長期投資を前提とし銘柄選定は企業分析に基づいて行いたい人

 

この本の概要

  • 長期投資が大前提である
  • マーケットの平均以上のパフォーマンスを出すには、企業分析が必須である(でなければインデックスを買う)
  • 周りの意見や流れに振り回されず、自身の判断力が重要である

 

No.1とも言われたファンドマネージャーが自ら書いた著書です。投資家ではありますが、ピーター・リンチのユーモアある語り方から、読み物としても単純に楽しめる作品となっています。難しい言葉もほとんど使われておらず、金融用語をあまり知らなくても簡単に読み進めていくことができるでしょう。株式投資入門者〜まだ始めて間もない初心者は特に読んでおくと、今後の投資における心構えなども学べ、参考になること間違いなしです。

 

相場よりも高いリターンを得ることを目標とするのであれば、企業分析や本来の価値を徹底的に調べ上げることが必要ですが、それに時間を割くことができないのであればインデックス型の投資信託の購入をすすめるなど、現実的に実行できる投資方法も紹介されています。豊富な実例から、企業分析をして投資すると値下がりリスクが減少し利益を得られることがわかります。

 

(口コミ一例)
アメリカでの初版が1989年と30年も前のことだが長期投資についての示唆に富んでいる。ほぼ全編にわたって、短期での株価の上下予想は困難だが長期保有を考えた場合ならある程度は予測できるという信念が懇切丁寧にかかれている。自分のこれまでの売買スタイルを反省させられた。

技術レベルの分析方法が詳細に記されているというよりは、事業に成功した親戚のおじさんが自信の成功の秘訣をリビングでゆったりと聞かせてくれているような贅沢な時間を連想する。

引用:Amazon

3、『株で富を築くバフェットの法則』-ロバート・G・ハグストローム

株で富を築くバフェットの法則

 

難易度 こんな人におすすめ
初級 バフェット式の投資方法を実践したい人、分散投資よりも企業価値を見極めて投資対象を絞りたい人

 

この本の概要

  • 目先の株価の変動ではなく、長期的な企業成長や経営者の能力の有無にターゲットを絞って投資判断する
  • 企業研究をして、成長する企業に集中投資、無駄な分散投資はしない(どのような企業かわからない時にのみ分散投資を有効化する)
  • 市場の価値や経済動向に惑わされることなく成長していける企業に投資する
  • 投資心理学から見た投資家の傾向を理解する
  •  

    バリュー株投資が前提ではありますが、グロース株投資の要素も含み、ウォーレン・バフェットが好む投資方法をより深く理解し、いかにして財産を築いていったのかがよくわかる内容となっています。

     

    長期保有目的とするのであれば、無駄に分散をさせず、企業研究をして選んだ銘柄に集中的に投資するなど基本的な投資判断方法を学べるでしょう。市場や経済動向に流されることなく、その企業の本来の価値を見極めることが大切で、市場で正しく評価されていないものに対して集中的に投資をしていくことが利益を得る方法であると語られています。ウォーレンバフェットが行なっていた緻密な計算までは真似できなくとも、投資判断の基準や参考になるでしょう。長期投資を行う個人投資家には株式投資の教材として使用しても良さそうです。

     

    (口コミ一例)
    投資の神様と呼ばれているバフェットの投資に対する手法・考え方に書かれております。株式投資を始める前、初心者、中級者とそれぞれ読むステージにおいて、それぞれのステージまでに得られたうまくいったことや失敗したなどの経験や知見ベースにこの本を再度読むと新たな気づきが得られます。書かれている内容は重要なことばかりなので、忘れた頃にまた読みたい本です。それだけ、味わいのある読み物です。
    バックグラウンドのしっかりした投資思考・姿勢をこの本を通して身につけることができると思います。

    引用:Amazon

    4、『億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術』-メアリー・バフェット、デビッド・クラーク

    億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

     

    難易度 こんな人におすすめ
    初級〜中級 ウォーレン・バフェットがどのようにして銘柄選定をしていたか実践的に学びたい人

     

    この本の概要

    • バフェットが定義する優良企業とはどのような会社なのかがわかる
    • 避けるべき企業の解説から、ハズレを引く確率が低くなる

     

    バフェット自身が発行に絡んだ書籍の中で常に上位にランクインする本です。バフェットのように投資するにはどのような方法を取るべきなのか、実践的に解説されており、銘柄選定の参考になるでしょう。その企業の価値は本物なのか、それとも財務操作をして力があるように見せているのか、見破る方法まで書かれており、バフェットが行うバリュー株投資の徹底ぶりが表れています。

     

    (口コミ一例)
    バフェット氏の銘柄選択基準が載っております。
    1.「消費者独占型」と名づけられたビジネスモデルを持つ企業を
    2.いかに割安に手に入れるか、
    3.どのように現在の株価から割安感を計算するのか
    の3点について、ワークブックという形式(要は、練習問題が付いたような状態)で分かりやすく解説してあります。株式投資をされる方であれば、絶対読むべき本だと考えます。

    引用:Amazon

    5、『賢明なる投資家』-ベンジャミン・グレアム

    賢明なる投資家

     

    難易度 こんな人におすすめ
    中級 元祖バリュー投資の達人の手法を知りたい人、データに基づいた理論的な方法を知りたい人

     

    この本の概要

    • 投資と投機を区別し、安全だと確信を持てる銘柄に投資すれば損失は回避できる
    • 徹底した分析に基づき投資をすれば収益は十分に得られる
    • 一度決めた投資方針は変更しない。心理的要因は侮れないが屈しないことが大切

     

    ウォーレン・バフェットの師匠と呼ばれるベンジャミン・グレアムの著書です。ウォーレンバフェットも「投資をするならまずはこの本を読むことが先だ」と述べ、バリュー投資の本の最高傑作とも言われています。はじめの出版から半世紀以上の月日がすでに経過していますが、ベンジャミン・グレアムが提唱したバリュー投資の考え方を支持する投資家は多いです。

     

    バリュー株投資の父!ベンジャミン・グレアムって誰?という方は以下の記事をご一読ください。
    >>ベンジャミン・グレアムに学ぶ投資法

     

    ベンジャミングレアムはこの本で、多くの銘柄を膨大な量のデータや事実に基づき検証し、企業研究を徹底的に行えば、十分な投資収益を得ることが可能であることを証明しています。

     

    相場は時に外的要因や人々の心理的な要因からおかしな方向へ動くこともありますが、時間をかけながら正しい価値に戻っていくため、そのギャップに投資することが大切であると述べられています。市場や相場環境は、出版された頃と大きく異なりますが、ベンジャミン・グレアムの考える投資哲学を基礎として、現代風に合わせた改訂版も出版されています。

     

  • 新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)
  • 新賢明なる投資家 上

  • 新賢明なる投資家 下~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法 《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)
  • 新賢明なる投資家 下巻

     

    上記「賢明なる投資家」の現代改訂版は、ジェイソン・ツバイク氏の解説が付いています。ベンジャミングレアムは現実主義者であることもあり、膨大な量のデータを使用して説明し、表現も少々まわりくどいことから、理解するのに一度頭で整理することが必要な場合もありますが、ジェイソン・ツバイク氏による直接的表現の解説でわかりやすくなっています。投資家としての心構えなどや投資方法を余すとこなく記載されていて、投資をするなら一度は読んでおいたほうが良い著書であるといえます。

    6、『真のバリュー投資徹底講義: 負けない投資のための企業価値分析を学ぶ』-柳下 裕紀

    真のバリュー投資徹底講義: 負けない投資のための企業価値分析を学ぶ

     

    難易度 こんな人におすすめ
    中級 短期的な価格の上下にとらわれない企業分析の方法を学びたい人

     

    この本の概要

    • PERやPBRでなく、財務的な視点から企業価値と割安さの判断をする
    • 投資家だけでなく、経営指南書としても参考になる

     

    難易度を中級としたのは、途中で出てくる指標や数式を理解するのに、ある程度の会計や財務の知識が必要となるためです。しかし、深く理解することができなくても、著者は難解な言葉を使用せずに説明してくれているので、銘柄選定の際に役立つでしょう。

     

    他のバリュー株投資の本に書かれている購入タイミングについては特に重要視していない点がこの本の特徴と言えます。長期投資で複利の効果を得る事や、銘柄の特徴を掴んでそれに集中投資するスタイルが挙げられています。

     

    (口コミ一例)
    これから株式投資を始める人もそうだが、むしろ今まで株式投資をやってきた人にこそ読んだ方が良い本だろう。バリュー投資ということの本当の意味やファイナンスの基本的な考え方は株式投資をする人にとっては必須の知識のはず。本書はそれらを特別難解な言葉を用いず、平易に説明してくれている。バリュー投資が単に割安株を買うわけではない、ということをまず知るところから始まる本書は株式投資をする人にとっては必読の書だと思う。

    引用:Amazon

    7、『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』-ハワード・マークス、 貫井 佳子

    投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

     

    難易度 こんな人におすすめ
    中級 攻めよりも守り型の資産運用をしていきたい人向け

     

    この本の概要

    • 本質的価値を下回る価格で買えば低リスク高リターンの投資が可能
    • 並外れた利益の獲得<損失の回避
    • 心理的要因で相場が大きく動く、理性を持って感情に勝つことが必要

     

    著者はアメリカの投資家でもとシティバンクの役員だったハワード・マークスです。ウォーレン・バフェットが自身のファンドの株主総会で配布したことが知られ、人気に火を付けました。ハワード・マークスもウォーレンバフェットやその師匠ベンジャミン・グレアムと同じく、割安な銘柄を見つけて投資をするバリュー投資を好んだ投資家です。

     

    リスクは極力取らず、大損を避けることが重要であるという点をかなりのボリュームで説明しています。株式投資は失敗がつきものと言われますが、なぜ多くの人が失敗してしまうのか、その原因について深く追求しており、心理的な側面もふまえて解説しています。

     

    (口コミ一例)

    本著は、かの著名投資家ウォーレン・バフェットが自身の投資会社バークシャー・ハザウェイの株主に配布したということで注目された。著者は、米国のブティック系運用会社オークツリー・キャピタルの創業者。同社は高利回り(ハイイールド)債券や不良債権など、いわゆるクレジット(信用リスク)戦略のスペシャリストだ。
    本著には、著者の投資哲学が記されている。市場の平均的なリターンを上回るにはどのような考え方が必要か不確かな市場環境下で、リスクを管理するためにどのような姿勢でマーケットと対峙するべきかなどアクティブ志向の投資家だけでなく、全ての投資家が参考にするべき言葉が記されている。世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーターの創業者レイ・ダリオは世界経済の動向をつかむには、超長期的な信用サイクルを見ることが大事と言っていることからもクレジット市場と長年対峙してきた著者の哲学は大いに参考になる。先行き不透明な市場で判断に迷ったときに、何度でも読み返したい名著だ。

    引用:Amazon

    まとめ

    さてここまで、バリュー株投資に関する本を7冊ご紹介致しました。ご紹介した本はアマゾンなどで簡単に購入できますし、Kindleを利用して紙でなくパソコンやスマートフォン上でも読むことができます。おすすめ書籍の中からご自身にぴったりの一冊を見つけてみて下さい!思うように行かない時や迷いが生まれた時など、改めて読み返すことでまた新たな気づきを得られるでしょう。

     

    書籍と共に、以下バリュー株の選び方をまとめた記事も参考になるはず。これから、バリュー株投資を始めようとお思いの方は是非参考にしてみてください。

    この記事も合わせて読んでおきたい

    \誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

    Twitterでフォローしよう