資産運用成功への近道!優秀なプロ(資産運用会社)に投資を任せる

ヘッジファンド

資産運用会社って何だろう?資産運用を丸々プロに任せられるって本当?資産運用会社に任せて本当に利益が出るのかな。

今回のコンテンツでは、そんな資産運用会社についての素朴な疑問を解決すべく

  • 資産運用会社の特徴と証券会社との違い
  • 資産運用会社の選び方とポイント
  • 個人投資可能なおすすめ運用会社3選

を、まとめて紹介していきます。

資産運用会社を利用することで、場合によっては個人で運用するより安全かつ効率よく資産を運用していくことが出来ますよ。

さて、始めに資産運用会社とは何か?についてお話していきます。

資産運用会社とは?その特徴

資産運用会社とは、投資者から預かったお金を代わりに運用するプロの資産運用代行業者のことです。

投資者の代わりに資産を運用し、出せたリターンを投資者へ還元。業者側は、運用手数料や、成功報酬を主な収入源とし経営を行っています。

証券会社との違い

資産運用関連の会社と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「証券会社」ではないでしょうか。みなさんは、資産運用会社と証券会社の違いを説明することが出来ますか。

証券会社は投資信託などの金融商品の「販売」のみを行う会社であり、預かり資産の「運用」は資産運用会社が行います。一般的に金融商品の販売と運用は分業体制になっているのですね。

勿論、資産運用会社に投資を委託する場合は運用手数料が発生します。また、証券会社に金融商品の販売を委託すれば、販売手数料が発生するのは当然のことですね。

ご察しの通り、証券会社を介して、資産運用会社を利用しようと思うと、中間マージン(販売手数料)がかかるのがネックです。

しかし、運用~販売までを自社で一貫して行う、独立系(直販)資産運用会社へ投資を行えば、証券会社を通さずにコストを抑えて資産運用会社を利用することが可能です。

資産運用会社の種類

資産運用会社と言っても、その種類は様々。大きく分けると、以下の2種類に分類することが出来ます。

資産運用会社の種類

種類 所属 販売方法 運用について
金融機関関連の資産運用会社 銀行や証券会社 証券会社や銀行へ販売委託 運用にある程度の縛りあり ・アセットマネジメントOne
・野村アセットマネジメント
・ニッセイアセットマネジメント
独立系(直販)資産運用会社 組織に属さない 自社で販売 比較的自由な運用が可能 ・BM CAPITAL
・Oceans Bridge
・Frontier Capital

中でも、独立系(直販)資産運用会社の場合、金融商品の販売~運用までを自社で一貫して行っており、先述したとおり、無駄な投資コストが発生しません。

また、証券会社が販売手数料(金融商品購入時に発生する手数料)を稼ぐ為に行うような、ファンドの乗り換え営業を掛ける必要もなし。

よって、運用額は常に安定し、長期的な計画に沿った戦略的な運用を行える為、運用成績も比較的高水準。

従来の証券会社を通した投資方法に代わる新しい投資スタイルとして、投資者の注目を集めています。

特にまとまった資産の運用となれば、販売手数料だけでもかなりのものに。個人の投資額や投資スタイルに合わせて利用する運用会社の種類は賢く選んでいけると良いですね。

ちなみに、本記事下部では筆者おすすめの独立系資産運用会社を3つ紹介しています。独立系資産運用会社への投資をお考えの方は必見です。

>>おすすめファンド紹介箇所へジャンプ

【余談】個人で運用会社を設立も可能

ここまで、資産運用会社とはなにか?について紹介してきましたが、実はこの資産運用会社は個人で設立することも可能です。

ここで言及する「資産運用会社」は上記で説明したものとは若干意味合いは異なりますが、資産運用の為に運用会社(法人)を設立することで、

  • 運用にかかる雑費を経費として計上出来る
  • 税率を抑えることが出来る

など、結果的に税金面多くのメリットを享受することが出来る場合があります。

実際に設立をお考えの方は、税理士などにも相談し、個人と法人どちらで資産運用を行うのが良いのかの見極めを慎重に行えると良いでしょう。

この記事も読んでおきたい

独立系運用会社の選び方のポイント

さて、ここからは特定の組織に属さない独立系資産運用会社に焦点を当てて見ていきます。

あまり知られていませんが、実は日本国内にも既に複数の独立系資産運用会社が存在しており、まとまったお金の運用先として多くの投資者に選択されています。

そこで今回はこれから独立系資産運用会社の利用をお考えの方の為に、独立系資産運用会社の良し悪しを判斷する際に確認しておきたい3つのポイントについてまとめてみました。

  1. 最低金額の確認
  2. 直近の運用成績
  3. ご自身の運用目標との合致

早速、1つずつ紹介していきます。

1、最低金額の確認

最低投資額を用意できなければファンドに投資したくてもできませんので、まず何よりファンドの最低金額がご自身の予算に合うかどうかを確認する必要があります。

多くの独立系資産運用会社では、最低投資額が約1000万円~となっているところが多いです。

しかし、原則1000万円~となっていても、相談の上、少額からの投資も受け付けてくれる場合もあるようです。

Q:最低投資金額はいくらからですか?
A:原則として1,000万円から受け付けております。1,000万円以下での投資希望の場合は弊社役職員とご相談ください。

参照:BM CAPITAL

希望投資額が1000万円に満たない場合でも、興味があるファンドがあれば直接お問い合わせをし相談してみると良いでしょう。

2、直近の運用成績

予算の確認ができたら、次は直近の運用成績を確認したいですね。直近の運用成績が年間10%を超えるようであれば、かなり優秀な運用会社と言えます。

また、利回りを確認する際は、その利回りを出せた年の相場感も合わせて確認しておきたいところ。

例えば、世界同時株安が1年で2回も起き、大変に厳しい相場であった2018年。

かの、リーマンショックを利用し巨額の富を築いたと言われる投資家、デービッド・アインホーン氏のファンドでもこの2018年は過去最悪のマイナス34%で着地したとのこと。

参照:Bloomberg アインホーン氏のファンド、18年運用成績は過去最悪のマイナス34%

何に投資をしても利益が出るような上昇相場で出た10%と、大手ヘッジファンドでもマイナスを出すような下落相場で出した10%では、同じ10%でもその価値は大きく異なります。

ヘッジファンド各社の運用能力には大きな差が見られますので、運用成績は相場状況とも照らし合わせて慎重に確認していきたいところですね。

3、運用目標との合致

ヘッジファンドと一概に言っても、その投資先やリスク度合いは様々。

ある程度リスクをとっても1年で資産を倍に増やしたい方と、10年スパンで資産をとにかく減らさずにゆっくり増やしていきたい人では適切な資産の預け先は変わってきます。

ご自身の希望とずれが生じないよう、出資の面談の際にはファンドの運用成績だけでなく、実際の投資手法、リスク度合いなど細かくヒアリング出来ると良いですね。

また、ヒアリングした内容を、ご自身の運用目標を照らし合わせ、ご自身の運用目標を無理なく達成できるファンドを選択できると良いでしょう。

さて、ここまで資産運用会社の特徴と優良な業者を見抜く際の3つのポイントを紹介しました。いかがでしたでしょうか?

そこでここからは、今回紹介した3つのポイントをもとに筆者が厳選した3つのおすすめ資産運用会社を紹介していきます。

おすすめファンドの1つ目として紹介するのが、BM CAPITAL(ビーエム・キャピタル)です。

手厚い投資家保護が魅力のBM CAPITAL

BMキャピタル

BM CAPITAL(ビーエム・キャピタル)は、年間の平均利回りが10%を超える優良な資産運用会社です。

安定して高い利回りを出すBM CAPITAL にはこれから紹介する3つの特徴があります。

  1. 東大・京大卒のハイレベルな人材
  2. 過去にマイナスが出た回数ゼロ
  3. 投資初心者向けのわかりやすい報告書

それぞれについて、以下で簡単に紹介します。

1、東大・京大卒のハイレベルな人材

人材の質の高さに関しては、現在BM CAPITALに勤務しているほとんどの社員は東大や京大をはじめとした超一流大学出身です。

ただ勉強ができるだけではなく、超一流の大学を卒業した後にはバークレイズをはじめとした外資系の金融機関で経験を積んだ、現場を知っている強者揃い。

高い学力と金融の第一線で働いた豊富な経験のある高スペックな人材が集結しているので、運用者の人材の質には定評があります。

また、BM CAPITALが誇る平均利回り10%というという数字も、彼らの確かな投資手腕を証明していると言えるでしょう。

2、過去にマイナスが出た回数ゼロ

BM CAPITALでは公式ホームページ上に記載がある通り、運用開始から現在までマイナスが出た回数はゼロ

先述した、数々の有名ヘッジファンドがマイナスを出した2018年もBM CAPITALはプラスでフィニッシュ。

損失を出さない事を徹底しているBM CAPITALは、市場の影響を受けにくい運用を行っている為、資産を増やすだけでなく守りたい方にもおすすめできる国内ファンドです。

3、投資初心者向けのわかりやすい報告書

同ファンドは公式ホームページ上で「投資初心者のための国内投資会社」と明言し、投資初心者に目線を合わせた報告書作成を行っています。

一般のファンドの報告書は、難解な専門用語や数字が多いので素人には読解が困難です。

BM CAPITALは、報告書に詳しい補足説明を加えているので資産運用の初心者の方でもマーケットの状況を確認できます。

独立系資産運用会社に関しては投資手法の流出防止の観点から、ウェブ上に流れている情報には限りがあります。

興味のある方は直接以下ファンドのお問い合わせページからコンタクトを取り、気になることを担当者へぶつけてみると良いでしょう。

\\安心の初心者向けファンド//

ファンドの透明さはピカイチ!Oceans Bridge(オーシャンズ・ブリッジ)

Oceans Bridge

2つ目に紹介するのは、Oceans Bridge(オーシャンズ・ブリッジ)。

こちらは、世界トップのオックスフォード大学を卒業した優秀なファンドマネージャー達が運用に携わっている国内ファンドです。

そんな、Oceans Bridge にはこれから紹介する3つの特徴があります。

  1. 下落局面でも安定のパフォーマンス
  2. オックスフォード大学卒の担当者が在籍
  3. 資料で投資対象銘柄を確認できる透明性

ここでも、それぞれについて簡単に紹介していきます。

1、下落局面でもプラスが出せる!安定のパフォーマンス

相場が好調なときにプラスを出すのは当然のこと、ファンドの本当の力が見られるのは下落相場です。

下落相場でもしっかり利益を出せる運用を行っているOceans Bridgeは、日本の株式相場を見る指標であるTOPIX(東証株価指数)が大きな下落を見せた2019年8月にも3%以上の手堅いリターンを記録。

資産を増やすのはもちろん、資産が減りそうな局面でも減らさない運用を行ってくれる点は投資者としては安心ですね。

2、英国難関大学!オックスフォード大学卒のファンドマネージャーが在籍

Oceans Bridgeには、世界大学ランキング1位の英国オックスフォード大学出身のファンドマネージャーが在籍。

世界で培った広い視野を持ちながらも、日本ならではの繊細な運用で先述した安定したパフォーマンスを実現できています。

世界トップレベルの教育を受けた、エリート達に資産運用をお任せできるということだけでも、同ファンドに出資するメリットを感じられそうですね。

3、資料で投資対象銘柄を確認できる透明性

多くのヘッジファンドは、投資手法の流出を防ぐ意味でも、運用成績や投資先に関する情報はウェブを含めて外部に発信したがりません。

とはいっても、投資者としては投資の判断材料が少ないファンドへ投資するとなると大きな不安が残ります。

その点、Oceans Bridge(オーシャンズブリッジ)では同ファンドのお問い合わせページから連絡を取れば、誰でも資料にて直近の運用成績や投資先についての情報の確認が可能です。

ヘッジファンドとしては珍しく情報公開を積極的に行っている点は、ファンドの透明性の観点では嬉しい限りです。

同ファンドに関しては問い合わせをするだけで、ファンドに関する資料を受け取ることが可能ですので、興味のある方はまず資料だけでも貰ってみてはいかがでしょうか?

\\ファンドの透明さはピカイチ//

月1万円から利用できるひふみ投信

ひふみ投信

おすすめファンドの3つ目に紹介するのはひふみ投信。日本株を中心に投資を行うアクティブファンドです。

ひふみ投信は、リスクヘッジの一環として資産の一定割合を現金で保有するので、元本が大幅に減るリスクは少なめと言えます。

そんな損失リスクが小さいひふみ投信にはこれから紹介する3つの特徴があります。

  1. 少額から手軽に利用ができる
  2. 長期保有でお得に運用が可能
  3. R&Iファンド大賞受賞

それぞれについて、以下で簡単に紹介します。

2、初心者でも安心の少額から手軽に利用ができる

驚くかもしれませんが、ひふみ投信への投資は毎月たったの1万円からはじめることができます。

ひふみ投信の利用には初期投資はほとんどかかりません。

3、投資コスト節約!長期保有でお得に運用が可能

ひふみ投信の銘柄を長期で保有すると信託報酬の一部が還元されます。

5年以上の保有で信託報酬の0.2ポイント、10年以上の保有で0.4ポイントが還元されるので長期で保有すればするほどメリットがあります。

こういった信託報酬の還元制度があるので長期保有される方と相性抜群ですね。

4、R&Iファンド大賞受賞!安心の国内ファンド

3つ目のR&Iファンド大賞というのは、過去3年間の投資成績をもとにリスク・リターンに優れたファンドに渡される賞です。

ひふみ投信は、このR&Iファンド大賞を4年連続で受賞しています。そのため、リスク・リターンに優れた資産運用会社といえます。

参照:R&I格付け投資センター R&Iファンド大賞

ここまで紹介したようにひふみ投信は、非富裕層でも利用できる資産運用会社です。

ひふみ投信に関しては、自社ホームページ上でファンドに関する情報を豊富に発信しているので興味のある方は、まず公式サイトを読み込むことから始めてみると良いでしょう。

\\月一万円から始められる//

まずは資産運用会社を比較検討することから始める

さて、ここまで資産運用会社に関する説明と国内3つのおすすめ資産運用会社について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

投資のプロに効率よく資産を運用してもらえる資産運用会社は、投資先ファンドさえしっかり選別できれば、最高の投資のパートナーとなり得ます。

まずは、今回紹介した3社からでも丁寧に比較検討を行い、心から大切な資産を安心して任せられる資産運用会社に出会えると良いですね。

今回紹介したBM CAPITALについては、以下筆者の実際の投資経験を踏まえ詳細をまとめた記事も作成しました。資産運用会社比較の際は是非ご活用ください。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう