毎月分配金型投資信託はお得?損をしない選択方法を解説

毎月分配金

「毎月決められた金額が支払われ安心ですよ」
「分配金をお小遣いのように受け取れますよ」

金融機関で、このように「毎月分配金型投資信託」を勧められた人もいるでしょう。

編集部の友人もこのような誘い文句に心を奪われ、店頭でそのまま購入を決めてしまいました。

投資信託を購入するだけで、毎月分配金が貰える。

一見魅力的に見える分配金型投資信託ですが、本当にお得な金融商品なのでしょうか?

友人の購入をきっかけに知識を深め、その仕組みを知れば知る程、お得でないことばかりか、大切な資産を知らず知らずのうちに切り崩してしまう場合があることがわかりました。

ここでは、分配金のしくみから受け取り方法、節税できるお得な制度までをまとめて紹介します。

分配金の仕組みをしっかり理解して、損をしない投資信託商品を選択しましょう。

まずは、分配金のしくみについて見ていきましょう。

分配金とは

投資信託とは、金融商品を購入するだけで投資のプロに代わりに運用してもらえ、投資の知識がなくとも上手に資産運用できることから初心者に人気の金融商品です。

そんな、投資信託で得られる利益には「値上がり益」「分配金」の2種類があります。

早速、一つずつ見ていきましょう。

1つ目は、値上がり益です。

値上がり益

値上がり益

値上がり益とは、投資信託を購入した金額よりも高い金額で売却して得た利益のことです。

例えば投資信託の購入価格である「基準価格」が1,000円の時に1,000円分投資信託を購入し、2,000円の時に売却すれば差額の1,000円が値上がり益となるのです。

そして、2つ目が分配金です。

分配金

分配金とは

投資信託の運用が上手くいき儲けがでた際に、投資者に還元される利益の一部のことです。

分配金の額は運用成績により変化する可能性があり、場合によっては減額されたり、支払われないこともあるので要注意です。

ただし、まれに運用成績の良し悪しに関係なく決まった金額の分配金が定期的に支払われる商品があります。

これがいわゆる、「毎月分配金型投資信託」といわれる投資信託で運用成績が振るわず、利益を出せなかった時でも毎月決まった金額の分配金を受け取ることが出来ます。

 

「利益が出ていないのに、どうして分配を支払えるの?」

そう思われると思います。

一見魔法のような仕組みですが、これにはきちんと仕掛けがあるんです。

そこで次に、分配金の種類を見ていきましょう。

分配金の種類をしっかり理解することで、この仕組みを理解することができます。

分配金の種類

分配金の種類には「普通分配金」「特別分配金」の2種類があります。今回も、1つずつ見ていきましょう。

普通分配金

普通分配金は、投資信託の運用で発生した「利益」から支払われています。

1つ目は「普通分配金」です。

つまり、投資信託の儲け分から支払われる分配金ということですね。

分配金の支払いは一般的に決められた日にちに行われ、分配金が支払われるまでは運用資金の一部として運用され続けます。

そのため、運用資金から分配金が支払われれば、その分投資信託の運用資金は減少します。

普通分配金

1,000円投資して1,000円の儲けを出し、2,000円で運用されていたものから1,000円の分配金を支払ったら、運用資金1,000円で運用を続けることになりますね。

投資は運用資金が多ければ多いほどリターンも大きくなることを考えると、若干勿体ない気もしますよね。

また、日本では投資で得た利益には約20%の税金がかかります。この、普通分配金にも約20%程の税金がかかることも覚えておくと良いでしょう。

2つ目は「特別分配金」です。

ここがこの記事のミソとなりますので、しっかり見ていきましょう。

特別分配金

特別分配金は運用で得られた利益はでなく、運用資金から支払われるものです。

つまり、1,000円投資して儲けが出なかったのにもかかわらず、500円を分配金として支払い500円で運用を続けるといったものです。

特別分配金

特別分配と聞くとボーナスとようなお得なイメージを受けますが、ただ自分の投資した資産がそのまま返却されているだけでお得なことではありませんね。

儲けが出なかったのにも関わらず、分配金としてどんどん投資資金が投資者へ返却されてしまうと、それにつれ運用資金も減っていってしまいます。

重ねてになりますが、元手が多いほうがリターンも多くなる為、どんどん元手が減ってしまう可能性がある特別分配金は投資効率の面からしてもお得ではないと言えますね。

ちなみに、特別分配金は投資で得た利益から分配されたものではないために、課税されないことも覚えておいて損はないでしょう。

いかがでしょうか?

分配金をそのまま貰うことが、必ずしもお得だとは言えないということです。

では、分配金はどのように受け取るのが良いのでしょうか。その答えを見つけに、次は投資信託における分配金の受け取り方法について見ていきましょう。

受取方法は3種類から選べる

ここでは、投資信託における分配金の受け取り方法について見ていきます。

投資信託における分配金の受け取り方法には3種類ありますのでしっかり把握しておきましょう。

現金として受け取る

分配金現金受取

まずは、「現金として受け取る」という方法です。

投資信託から支払われた分配金を、投資信託の取引に使用している証券口座へ入金して貰い現金として受け取る方法です。

先述した通り、運用利益から支払われる「普通分配金」は課税対象の為、税金として20%程度が差し引かれた金額を受け取ることになります。

ではこの方法のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット: 現金で受け取ることができる

この方法のメリットは、シンプルに現金として引き出し、生活費などとして使用することができることです。

毎月の配当金で少しの贅沢をするなど、生活に余裕ができるところは分配金を現金で受け取るメリットであると言えるでしょう。

デメリット: 複利効果が薄れる

一方、分配金を現金として受け取るデメリットは、複利効果が薄れることでしょう。

複利効果とは、投資で得た利益を再投資することで運用資金が増え、より多くのリターンを生み出せる効果のことです。

つまり、分配金が支払われ続ければ運用資金が減り、「複利効果」が薄れ投資の効率が悪くなります。

分配金の現金での受取は、どうしても分配金を日々の生活で使いたいという人にはおすすめですが、長期的に効率良く資産を運用したい人には適さないと言えるでしょう。

再投資にまわす

分配金再投資

次は、「再投資にまわす」方法です。

支払われた分配金で同じ投資信託を自動購入する方法です。

では早速、3つのメリットと2つのデメリットを見てみます。

メリット①: 購入手数料がかからない

分配金を再投資にまわすメリットは、購入手数料がかからないことです。

投資信託を購入する際は購入時に購入手数料がかかるものが一般的ですが、分配金を再投資する場合には購入手数料がかからず余計なコストを抑え効率良く投資することが出来ます。

メリット②: 自動で購入で手間がかからない

2つ目のメリットは、自動で購入で手間がかからないことです。

分配金を再投資するコースを選択すれば、分配金で同じ投資信託が自動購入される為、手間をかけずに効率よく運用を続けることが出来るのです。

メリット③: 複利効果が高まる

3つ目のメリットは、複利効果が高まること。

得た分配金を再投資することで運用資金が増え、利益が利益を生み、効率よくお金を増やすことが出来ます。

>>1000万円を10年間複利運用したらどうなる?

メリットが多いこの方法はかなりおすすめと言えますね。では続いてデメリットについて見ていきましょう。

デメリット①: 現金で受け取れない

分配金を再投資にまわす1つ目のデメリットは、現金で受け取れないことです。

自分で投資信託の解約をし換金しない限り、投資の利益を現金として得ることはできません。

デメリット②: 税金がかかる

もう1つのデメリットは、税金がかかることです。

一度分配金を受け取ってからの再投資となるため、分配金からは20%近くの税金が引かれてしまいます。

分配金の支払い回数が少ない投資信託を購入するなどの工夫をすると良いでしょう。再投資にまわす方法は、複利効果を最大限活用して資産を効率よく増やしていきたい人におすすめの方法だと言えますね。

最後に「分配なし」です。

分配なし

分配金なし

一部、分配金が支払われない投資信託もあります。

分配なしの投資信託は利益が発生しても、分配金として支払わず再投資し続けるのが特徴です。

一度分配金を受け取り再投資をする方法と比較されがちですが、再投資は分配金に税金がかかるのに対し、分配なしは保有している投資信託を売却しない限りは税金がかかりません。

メリット: より高い複利効果を実感できる

分配なしのメリットは、より高い複利効果を実感できることです。

投資信託を売却するまで、税金が引かれないために利益で利益を生み雪だるま式に資産を増やすことが出来ます。

デメリット: 分配金が受け取れない

一方のデメリットは、分配金が受け取れないこと

こちらも重複しますが、自分で投資信託の解約をして換金しない限り、投資の利益を手元に得ることはできません。

 

いかがでしょうか?

分配なしは分配金を受け取れなくても、長期的に複利効果を最大限に生かして資産を増やしていきたい人にはおすすめです。

ここまでの内容を理解した上で、編集部のおすすめを紹介します。

編集部のおすすめ

おすすめ

投資信託における分配金の受け取り方法には3種類「現金として受け取る」「再投資にまわす」そして「分配なし」で、それぞれメリットとデメリットがあることがわかりました。

ここまでの内容を踏まえて、編集部のおすすめはズバリ「分配なし」です。

利益が出ていないときは投資資金が返還されているだけと考えると、分配金は再投資をしたほうが複利効果で効率よく資産を増やすことができます。

過小評価されがちな「複利効果」ですが、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏も複利効果で大きな成功を収めたと言われています。

Warren Edward Buffett

参照:Forbes

複利効果の例を挙げると、100万円を年利5%で運用した場合、元本そのままで運用した場合と再投資し続けた場合では運用成績に10年で約10万円以上の差が出てきます。

複利効果

参照:Ke!san

この複利効果を生かせるということだけでも、「分配なし」を選ぶ理由があるでしょう。

また、分配金を再投資しても複利効果は得られますが税金がかかりますし、違いは保有口数が増えるくらいであえて選ぶメリットが見つかりません。

どうしても分配金を受け取り現金として使用したいというわけでなければ「分配なし」が上手に資産を増やせ大変におすすめです。

次は、分配金を受け取りたいという人は活用したいお得な制度を紹介します。

お得な制度を活用して節税も可能

先述した通り、投資信託における分配金の受け取り方法には3種類「現金として受け取る」「再投資にまわす」を選択した場合は分配金に20%ほどの税金がかかると説明しました。

ここで、分配金にかかる税金が非課税になるお得な制度を紹介します。

NISA(ニーサ)

NISA
1つ目はNISA(ニーサ)です。

NISA(ニーサ)とは株や投資信託で得た利益を一定額で非課税にする制度のことです。

NISA口座での運用で得た利益に対しては通常約20%かかる税金が非課税となるため節税の面で大きなメリットを受けることが出来ます。

投資額がNISAの非課税枠内であれば、現金での受け取り・再投資のいずれの場合でも分配金が非課税になるのでぜひ活用したい制度です。

iDeCo(イデコ)

iDeCo
2つ目はiDeCo(イデコ)です。

iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金の愛称で、老後資金を作るための制度です。

60歳までの間毎月一定額を積み立てて、その積立額で投資信託などの金融商品を運用し60歳以降に運用した資産を受け取るというものです。

NISA(ニーサ)と同様に iDeCo(イデコ)で積立て投資信託で得られた利益に関しては非課税となり、長期にわたり再投資ができ複利効果を高めることができおすすめです。

お得な制度を上手に活用して、投資にかかる無駄なコストを削減し上手に運用していきましょう。

最後にまとめです。

投資信託は「分配なし」がおすすめ

分配なしおすすめ

ここまで、投資信託の分配金のしくみから受け取り方法、節税できるお得な制度までをまとめて紹介してきました。

短期的に分配金を受け取り、現金として使用するのが目的でなければ、投資信託は「分配なし」で長期的に効率よく資産を増やしていくのがおすすめです。

投資は仕組みをしっかり理解したうえで賢く運用していきましょう。

本サイトでは投資信託についてさらに個別で詳しく説明したページもありますので、是非参考にしてみて下さい。

マネブリ厳選の資産運用関連情報をフォロー>>