投資信託の税金って?

投資信託の税金って?

投資信託に対する税金は、どのようになっているでしょうか?

投資信託は投資の部類に入るため、当然ながら税金はかかってきます。

 

通常投資によって得られる収益に関しては、雑所得という扱いになり20%の課税がかかってきます。一方で投資信託に関しては、現在のところ(平成25年12月31日まで)特例として10%課税で済むようになっております。

 

これは、政府の不況打開策にあたる金融緩和にて、このようになっているとのことです。(この10%の税率がいつまで続くかはっきりしておりませんが、今のところ、政府見解としては当面このまま据え置きとしているようです)

 

ただし、投資信託に関する税金は、扱う投資信託の種類によって若干変わってきます。

 

下記にデータを参考までに記しておきますので、参考にしてみてくださいね。

 

契約型公募株式投資信託

・分配金→10%(H20年3月31日まで、それ以降は、20%)

・解約差益・償還差益 →10%(H20年1月以降は20%)

・譲渡差益→10%(H20年1月以降は20%)

契約型公社債投資信託

・分配金→20%

・解約差益・償還差益→20%

・譲渡差益→非課税

 

※ただし、証券会社の買い取り価格は差益の20%を差し引いたものになる

 

少額での資産運用を考えている方には、以下のコンテンツもおすすめです!

投資初心者の方は是非チェックしておきたい低リスクでの投資方法を紹介していますので、是非見てみてくださいね。

 

>>100万円の投資に向いているおすすめ商品を大紹介!

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう