おすすめの株式投資セミナーと怪しいセミナーの見分け方

株式投資をこれから始める人はもちろん、ある程度の投資経験がある人にもおすすめなのが株式投資セミナー。中には怪しい会社の怪しい講師が行っているセミナーもありますから、そういったものは避けるべきであると言えます。ここでは、どういった株式投資セミナーに参加するのがベストであるのか、また怪しいセミナーを見抜くためのポイントを解説致します。

 

何事も始める前にメリットやデメリットをあらかじめ知っておくことは大切ですよね。まずは株式投資のセミナーに参加するにあたって、得られるメリットからご紹介致します。

 

この記事の要点

・株式投資セミナーは金融機関が開催しているものがおすすめ
・商品の勧誘を受けても即決しない

株式投資のセミナーに参加するメリット

これから株式投資を始めようとしている人が、株式投資のセミナーに参加するメリットは以下の3つです。株式投資のプロからあれこれ貴重な情報を得られるのは、何事にも代えがたいメリットであると言えそうです。

 

株式投資のセミナーに参加するメリット

  1. 基礎知識が付けられる
  2. プロによる今後の展望(予想)を聞ける
  3. 場合によっては個別相談も可能

 

ではさっそく、1項目ずつ紹介していきます。

1、基礎知識が付けられる

初心者は初心者向けの株式投資セミナーに参加することで、注文の方法から売買のタイミング、チャートの見方まで基礎的な事項を学べるでしょう。本で株式投資の勉強をしたところで、実際にそのような場面になってみないとわからなかったりしますよね。株式投資のセミナーでは、その時の時事ネタなどを使って、株価が動いた原因などをわかりやすく解説してくれます。

 

どのようなイベントが原因で、株価にどのような影響を与えるのか(例えば為替が円安になるイベントが発生→日本企業のうち輸出が盛んな企業の株価が上昇するetc...)ある意味定説とされていて、中級以上のセミナーだとわざわざ触れないことについても、わかりやすく学べます。

 

株式投資の基礎知識をつけたい方は、以下の記事がおすすめです。
>>株式投資の始め方はこれだけ!ゼロから学べる初心者向け講座

2、プロによる今後の展望(予想)を聞ける

すでに投資をしていて、ある程度の知識がある人はプロの予想する今後の株式環境における展望を聴くことで新たな気づきを得られることと思います。海外の政策発表や、統計発表はインターネットで簡単に取得できますが、取得したところで特定の銘柄にどのような影響があるのかまで調べるのは難しいですよね。

 

今まで自分でおこなってきた投資手法や考え方とはまた違った見方で捉えることもできるはずです。他の人、特にプロの意見を聞いてみることで、投資の方法にも幅が生まれるでしょう。

3、場合によっては個別相談も可能

個別相談が可能な対面型のセミナーの場合、ご自身の投資状況などをふまえた上でさらに踏み入った相談ができます。セミナーでは来場している投資家のみなさんに当てはまるような大きなテーマで話を進めることがほとんどですが、個別相談では所有している銘柄ごとの相談~資産全体におけるアドバイスも貰うことが出来るでしょう。個別相談を行いたい場合は、事前に連絡しておくことで担当者も下調べや資料を用意をしてくれますから、さらに有意義な時間になります。

 

では、反対に株式投資のセミナーに参加すると被るデメリットについても紹介致します。

デメリット

大手金融機関の開催する株式投資のセミナーであれば、参加するデメリットはほとんど無いと言ってよいでしょう。あえて挙げるのであれば、以下の2点が挙げられます。

 

株式投資のセミナーに参加するデメリット

  1. 商品勧誘を受ける可能性がある
  2. 料金がかかる可能性がある

 

まずは、特定の商品について勧誘を受けるケースからご紹介致します。

1、商品勧誘を受ける可能性がある

セミナー内で紹介のあった商品を勧誘される場合があります。説明を聞いて気に入ればもちろん購入しても良いかもしれませんが、自分にとってプラスがあるものなのか?価値の有無を判断することが必要です。しかし実際のところ、投資信託やファンドラップのセミナーと違い、株式投資セミナーでの勧誘行為はほとんどありません。今後上昇する可能性のある銘柄の紹介程度はあったとしても、特定の銘柄を強く推奨するようなことはないでしょう。

2、料金がかかる可能性がある

初回のセミナーから聴講料として料金を取るところもありますし、初回は無料でも以降のセミナーに参加する場合に月会費や年会費を請求してくる運営会社もあります。もちろん料金は会社ごとに異なりますが、あまりにも高額な料金を請求してくるところなどには十分注意しましょう。料金がかかる株式投資セミナーに行かなくとも、近くの金融機関で行われている参加費無料のセミナーで十分に情報を得ることが可能です。料金がかかる株式投資セミナーは、どうしても行きたい場合を除き参加しないほうが良いでしょう。

 

では、どのようなセミナーを選ぶべきなのか、そしておすすめのセミナーをご紹介致します。

証券会社の支店で開催

銀行は株を扱っていないので、株式投資セミナーであれば、お近くの証券会社の支店に出向くのが良いでしょう。都内の主要な駅(新宿や渋谷、品川など)では毎日のようにセミナーが開催されています。株式投資のセミナーでは初心者用に注文の仕方や今後の展望をわかりやすく解説するものから、投資経験者用にもう少し踏み入った内容の濃いセミナーまで幅広くあります。

 

お正月休みやお盆休みなどは、普段お勤めでセミナーや相談に来られない人の為に、支店の支店長が大規模なセミナーを開催することも多いです。資料なども豪華な場合がほとんどですから、ぜひ参加してみてください。

新春投資セミナー(野村證券)

毎年1月に各支店で開催されるセミナーで、支店長が担当します。新しい年がはじまる節目となるセミナーですから規模も大きく、配布される資料も豪華です。もちろん参加費は無料で、所要時間はだいたい1時間半~2時間程度が目安となります。無料のセミナーなのに圧倒的情報量の冊子が貰えたり、かなりお金がかかっていることが伺えます。

 

内容としては、その年の投資環境や、注目すべき分野についての話がメインとなります。世界中の経済指標の発表によって影響を受ける特定の銘柄や、銘柄の選び方についても触れられます。

 

参考リンク

>>野村證券 セミナー情報(外部リンク) 
※新春セミナーの日程は11月以降に発表

 

他に定期開催のものでは、サマー投資セミナーが8月にあります。こちらも支店長が担当し人気の会となっています。また、セミナー終了後に気になることがあれば直接質問するも良し、担当者に時間をとってもらい投資状況の説明を受けるのも有意義な時間になるでしょう。

 

担当者の個別相談を受ける場合は、事前に連絡しておく方がベターです。事前に時間をもらいたいと一言伝えておくだけで、担当者は下調べをしたり、わかりやすい状況報告の資料を作成してくれるでしょう。個別相談の質もグンとアップするはずです。野村證券以外で、ご自宅や勤務先の近くで開催されるセミナーの情報を知りたい方には下のリンクから検索できます。

 

 

ここまでセミナー情報を紹介してきましたが、中には仕事や家のことで忙しく支店に足を運ぶ時間が無いという方もいらっしゃいますよね。そんな方におすすめなのがインターネット上で配信されているセミナーです。

オンライン

オンラインセミナーなら商品勧誘を受けることもありませんから、勧誘されることが苦手な人にもおすすめです。投資環境は刻一刻と変化していきますので、時間が経っているものは避けましょう。

①、大和証券 動画セミナー

大和証券 動画セミナー

大和証券に口座を持っている人なら誰でも視聴可能な動画セミナー。(一部の動画は口座がなくても視聴可能)月に一度、インターネットライブセミナーを開催しており、リアルタイムで店舗セミナーと同じような感覚で視聴することが出来ます。

 

参考リンク

②、野村證券 マーケット解説動画

野村證券 マーケット解説動画
毎週更新されるマーケット情報、株式のテクニカル展望に加え、月ごとに更新される為替レポートなど様々なテーマが視聴可能となっています。(口座がなくても視聴可能)新聞記事などの文章ではわかりづらくとも、動画でわかりやすく説明してくれているのでおすすめです。

 

参考リンク

 

株式投資のセミナーは、証券会社が行っている無料の店舗セミナーもしくは、オンラインセミナーの視聴が望ましいと言えます。インターネットには怪しい会社のセミナー情報もゴロゴロ転がっているのが現状です。次の章で、どういったセミナーを避けるべきであるのか解説致します。

怪しい株式投資セミナーの見分け方

怪しい株式投資セミナーの見分け方は、意外と簡単です。以下2つの項目をしっかりと注意して見ていけば、知らずに参加してしまったということは避けられるでしょう。

①、「絶対」「必ず」「確実に」というワードを使用しているセミナー

株式投資に絶対や、必ずというものはありません。「100%こうなる」と断言しているような株式投資セミナーは控えるべきです。また、セミナー後に知識がなくても「絶対に」儲かる投資用ツールとしてウン十万もするようなシステムを販売しようとしてくる会社がありますが、買ってはいけません。

②、開催している会社やセミナー講師の正体がわからないところ

よくわからないバックグラウンドの講師が行うセミナーは信憑性も怪しいところです。株式投資のセミナーの講師でしたら、金融機関の社員、投資信託のアセットマネージャーなど、株式投資に精通している職業の肩書きがあるはずですよね。しかし、中には全く違う業種から転職してきた雇われ講師もいます。

 

そういったセミナーでは、講師が株式投資について講義するより、素人同士で株式投資について討論させる時間が多かったりと、高いお金を払ってまで出向くような内容では無いところも。年間授業料が30万円だとしたら、株式投資で30万円以上の利益を出さないとプラスのリターンにはならないと言うことです。お金の無駄になりかねないので、おすすめしません。

自分の身を守るために必要な心構え2カ条

最後に、自分の身を守るために必要な心構え2カ条を示しておきます。以下は、投資に云々というよりも、悪い人に騙されない上で大切な2点となりますのでしっかり確認しておきましょう。

1、基本疑ってかかる

大手証券会社などの金融機関で開催されるものを除けば、ほとんどのセミナーは怪しいと言えるでしょう。運良く本当に良い株式投資セミナーに巡り合うこともあるかもしれませんが、ほとんどはお金儲けを目的とした授業料が高いセミナーです。素直に聞きすぎて後から後悔するようなことにならないよう気をつけましょう。

2、良いなと思っても即決しない

もちろんセミナー講師は、話もおもしろく、商品アピールもきっと上手でしょう。お客様に買ってもらえるならと練習を積んでいるはずです。うまい話には裏があると言いますよね。即決はせずによく考えて判断を下しましょう。

 

最後に、まとめです。

まとめ

株式投資セミナーに参加するメリットや、おすすめのセミナー、行ってはいけないセミナーの区別方法について解説致しました。いかがでしたでしょうか?しっかりとした内容の株式投資セミナーは、ご自身の資産運用の役に立つはずです。まずはお近くの証券会社のセミナーか、ご自宅で手軽に見れるオンラインセミナーを視聴してみましょう。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう