運用先としてロボアドバイザーTHEO(テオ)の有効性を考えてみる

THEOで資産運用

いざ資産運用に取り組もうと思っても何をすればよいかわからない、それにどんな投資商品を買えばよいかも見当が付かない。

 

こんな時に利用しておきたいのが今回取り上げるテオ。

 

このテオというのはロボアドバイザーと呼ばれ、あなたにピッタリな資産運用商品や資産配分を自動で計算してくれる投資助言ロボットです。このテオを利用すれば仮にあなたの資産運用経験がゼロであっても適切な運用方法で資産運用に取り組むことができます。

 

言ってしまえばテオはあなたの資産運用の成功を支える「ドラえもん」のような存在です。とはいえ、テオが本当に役に立つのかどうかは具体的な機能を知らないと判断できないですよね。

 

そこでこのページではマネーブリッジ編集部がテオの基本機能や資産運用でテオを利用するメリットをご紹介します。ざっと目を通すだけでテオの特徴やテオが本当に資産運用の役に立つのかどうかが分かります。

 

そもそもテオとは何か?

THEO
引用:>>THEO サイト(外部リンク)

 

先ほどテオというのはあなたの資産運用を手伝うロボアドバイザーであることを紹介しました。ですが、このロボアドバイザーの詳しい用途や運営会社については紹介していなかったと思います。

 

そこでまず最初に、今回取り上げるテオというロボアドバイザーの主な機能や運営会社情報などを一覧にしてみました。

 

運営会社 お金のデザイン社
主な用途 適切な商品の選定
資産配分の設定
基本機能 商品選定
資産配分
発注
再投資
積み立て
リバランス
取扱商品 ETF
最低利用額 1万円
手数料 原則年率1%

 

ここでまとめましたようにテオというロボアドバイザーの管理・運営はお金のデザイン社という会社が担当しています。このお金のデザイン社はETFに特化した資産運用サービスを開発・運営をしているベンチャー企業です。

 

お金のデザインは創業以来、日本の平均株価である日経平均株価やTOPIX等の動きに連動するよう運用を行う「ETF」と言った投資信託に特化したサービスを提供していることもあり、テオが取り扱う投資商品はETFとなっております。

 

そんなETFに特化したテオを利用すれば、最適な資産ポートフォリオの分析からETFを使った最適な資産運用の戦略プランが分かります。

 

気になる手数料に関しては原則として取引額の1%に収まります。この1%は年利ベースであることを考えると手数料というコストもそこまで大きな負担にならないのです。

 

何となくテオがどんなロボアドバイザーかご理解いただいたと思います。そこで次にテオというロドアドバイザーに備わっている基本的な機能について見ていきます。

資産運用で利用できる基本的な機能

テオというロボアドバイザーが備えている基本的な機能というのは、こちらの7つとなっております。

  1. 資産配分
  2. 商品選定
  3. 発注
  4. 再投資
  5. 積み立て
  6. リバランス
  7. 上の機能の自動化

こちらの7つの機能の中で特に際立つのは「資産配分」、「商品設定」、「リバランス」、「自動化」です。資産運用に非常に役立つテオの4種類の基本機能の詳細については1つずつ見ていきます。

資産配分

まず最初に取り上げる資産配分というのはあなたに最適な投資ポートフォリオをテオが自動で選び出してくれる機能です。この機能を利用する方法は簡単で、テオを起動し、テオが標示するこのような9つの質問に答えるだけ。

 

  • 現在の年齢は何歳か?
  • 安定した配当や利回りを求めるのか?
  • 資産運用経験はどの程度か?

 

こういった質問に答えれば、テオが自動で最適なポートフォリオレポートを作成してくれます。

商品選定

次に取り上げるテオの機能は商品設定機能です。

 

この機能を利用すれば、理想的なポートフォリオ戦略の実現が見込めるETF商品の種類をテオが自動で割り出してくれます。ちなみにテオが割り出すETFのジャンルは40種類ほどあり、一例としてはこういったものがあります。

 

  • 新興国株
  • 先進国国債
  • 新興国債権

 

流石に個別銘柄までは選定してくれませんが、どういったタイプのETFで資産運用に取り組むのがベストなのかが自動で分かります。

リバランス

このリバランスという機能は自動で最適な資産配分や商品選定のデータを修正してくれる機能です。どういうことかというと資産運用に取り組むと着手後の運用結果に応じて最適な資産配分は適宜変わりますよね。

 

それをテオは自動で計算し、その時々に応じた最適な資産配分のポートフォリオを標示してくれます。最適な資産配分をその都度表示してくれる分、最適な資産配分をその都度自分で考える手間が省けるというメリットがあります。

上の6つの機能の自動化

実はテオには最適な資産配分の計算から最適な資産運用商品の選定、そして投資判断という一連の流れを全て自動で行う機能があります。この自動化の設定を利用すれば、テオが自動で資産配分の計算・最適な資産運用商品の選定、投資行動を実施してくれます。

 

要するに資産運用の完全なる自動化です。

 

この自動化機能を利用すれば優れた知能を持つテオに資産運用の判断から投資活動を任せられます。本来ならば人間の感情が入ってしまうその都度の投資判断をテオに任せれば資産運用でミスが減る以上、自ずと資産運用の勝率が上がります。

テオを資産運用で利用するメリット

なんとなくテオがどういうものなのか分かったのではないでしょうか?

 

そこでここからはテオの概要を知ったことを前提に、資産運用でテオを利用するメリットについて考えてみようと思います。

 

そのためにも、まずはよく言われる資産運用でテオを利用するメリットを一覧にしてみました。

 

資産運用でTEOを利用するメリット
・初心者でも最適な投資行動を取れる
・分散投資に取り組むことができる
・感情が入らない
・自分の時間を使わずに済む

 

ここで一覧にした、テオで資産運用に取り組むメリットの詳細については上から順番に見ていきます。

初心者でも最適な投資行動を取れる

まずはじめに取り上げるテオで資産運用に取り組むメリットは、資産運用の経験がない人でも合理的な資産運用判断を取れることです。

 

実は資産運用で結果を出すためには最適な資産配分を考えたり、最適な投資タイミングを見極めることが欠かせません。ですが、これらはある程度の資産運用の経験がないとできないものなので、投資経験がまだまだ乏しい人には簡単ではありません。

 

それがテオを利用する場合、テオに資産配分の計算や投資タイミングを任せることになるので資産運用の経験は問われません。その結果として資産運用未経験者であっても資産運用で満足のいく結果を出すチャンスが大いにあるのです。

分散投資に取り組むことができる

次に紹介する資産運用をテオに任せるメリットは、最適な分散投資戦略の策定からその戦略の実行までを任せることができる点です。

 

先ほど紹介したテオの基本機能の中で資産運用の全工程を自動化できる機能を取り上げたと思います。この機能を利用すればテオが勝手に最適な資産配分を計算し、その資産運用プランの実現に繋がる投資行動を実施してくれます。

 

本来ならば資産運用の経験がないと難しい適切な分散投資を誰でも行えるのはテオを利用する大きなメリットと言えます。

感情が入らない

再三の話になりますが、テオは資産運用ロボットです。ロボットである以上、突発的な投資判断においても人間ならではの感情に左右されることはありません。

 

その結果として資産配分の選定も投資判断も分散投資戦略においてもデータに基づいた最適なものを自動で計算してくれます。これって実はすごいことなんです。

 

なぜなら人間には感情がある以上、実は純粋なデータに基づく判断をするのは難しいです。そもそもの話になりますが、データの集め方自体に主観が入りがちなので人間が分析したデータは恣意的なケースがほとんど。

 

それがテオを利用すれば感情の要素が入らないデータ上の最適解をテオが毎回示してくれます。感情的になれば9割の確率で負けると言われる資産運用の世界において過去のデータに基づく最適解を常に出してくれるテオは非常に心強い存在です。

自分の時間を使わずに済む

4つ目のテオを利用して資産運用に取り組むメリットは時間というコストを最小限にできることです。

 

実は自力で資産運用に取り組むとなると相当な時間とエネルギーを使います。なぜなら様々な投資商品の勉強をする必要があり、毎日為替相場や各種の投資商品の値動きをチェックすることが欠かせないからです。

 

こういった時間というコストを考えると資産運用に取り組むのは実は結構負担が大きいのです。ただでさえ本業に家族サービス、友人や恋人と過ごす時間を考えると資産運用の勉強をしたり、毎日為替や株価をチェックするのは大変

 

それがテオに資産運用を任せれば勉強する手間も省けますし、毎日株価や為替の変動具合を確認する必要も無くなります。しかも自動売買処理機能を利用すれば時間的な負担を一切かけずに資産運用に取り組むことも十分に可能です。

利用者の口コミ評判は?

ここまでテオというロボアドバイザーの基本的な機能や資産運用でテオを利用するメリットをご紹介しました。おそらくここまでの内容でテオを資産運用で利用するメリットは何となくご理解いただいたと思います。

 

ただし、本当にテオが資産運用の役に立つかどうかは実際に利用している人の声を聞いてみないと分からないですよね。そこでここでは資産運用でテオを利用した人たちの声の中で目立ったものをまとめてみました。

主なユーザーレビューの一覧

テオを利用したユーザーの評判や声をネット上で探してみたところ、上記のような声が目立ちました。

 

運用結果に関しては利用者によって大きく異なっているようです。現にテオの資産運用を任せたところ、年利16%という高利回りを実現した人もいれば減益を出した人もいました。AIとはいえ、絶対に勝てるわけではないのですね。

また、THEO+ docomo に関するユーザーの声も多く見られました。

 

THEO+ docomoとは、ロボアドバイザーTHEOと携帯キャリアのdocomoにより、2018年5月16日から始まったdocomoユーザー向けサービスです。基本的なシステムはTHEOと同じですが、THEO+ docomo を利用することでTHEOで投資をしながらdocomoのdポイントを貯めることができます。

>>THEO+ docomo 公式サイト(外部リンク)

 

docomoユーザーの方は是非チェックをしておきたいサービスです。

TEOの良し悪しは使い方次第

 

ここまでの内容の総括になりますが、テオの良し悪しは使い方次第ということになります。

 

なぜならAIを搭載しているテオを使えば筋の良い判断基準のもとに資産運用に取り組めますが、テオにはいくつかの課題があるからです。

代表的な課題一覧

特に目立つ課題というのは、こちらの4つです。

 

  1. 減益を出すことがある
  2. 扱う商品はETFがメイン
  3. 自動売買の精度はいまひとつ
  4. ETFの期待利回りは5%以下

 

この中で特に際立つテオの課題はテオが取り扱う商品は基本的にはETFに限定されていることです。その結果、テオを利用して資産運用に取り組む場合、株やFXに投資をするという選択肢は残らず、ETFで資産運用に取り組まざるを得ないのです。

 

しかもテオが採用しているETFの期待利回りはせいぜい4%前後。つまり1%の手数料を引くと年間で狙える年利は3%前後になってしまいます。

 

資産運用を任せられるという点は非常に魅力的ですが、利回りの点ではやはり課題が残ります。

結局は狙う利回り次第

先ほどテオに資産運用を任せるとETF中心になるので期待年利はせいぜい3%~4%という話をしました。この3%~4%という期待利回りで満足するのでしたらテオで資産運用に取り組むのは理にかなった選択になります。

 

その一方で3%~4%では足りないということでしたらテオの利用を断念するかテオと他の資産運用の兼用が求められます。なので資産運用をテオに任せるべきかどうかは、結局のところあなたがどの程度の利回りを資産運用で求めるか次第。

 

そこでまずはテオを利用する前に目標とする資産運用の年利を明らかにすることをおすすめします。その数値次第でテオ単体で資産運用に臨むべきか、テオと高利回り商品を兼用するべきか、テオの利用を断念するべきかが明らかになります。

 

テオは資産運用における選択肢の1つに過ぎない以上、他のロボアドバイザー、他の金融商品とも検討をして運用価値の可否を見極めるのが良いかもしれません。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう