主婦でこれから資産運用を始める初心者にピッタリなのは?

失敗したくない退職金運用での注意点

「空いた時間で資産運用始めてみようかな」
「初心者でも簡単に始められる投資方法で少しずつ資産を増やしたい」

資産運用を考えている主婦のあなたはこのようなことをお考えではないでしょうか?

年金や退職金も期待できない今、教育費やローン事情などを考えると今のうちから資産運用で少しずつお金を増やしていく必要があります。

そこで今回は、資産運用初心者である主婦のあなたにおすすめの運用方法を7つ厳選してみました!

どれも難しくない初心者向け運用方法ですので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

ではまず、そもそも主婦の方のどれくらいが資産運用をしているのか見てみましょう。

周りの主婦は資産運用をしているのか?

失敗したくない退職金運用での注意点

まず最新の調査を元に、周りの主婦の方がどれくらい資産運用をしているのか見てみましょう。

まず結論から言いますと、女性は男性に比べて資産運用をしている人が少ない傾向にあります。

調査によると10代~20代の女性はほとんど資産運用しておらず、30~40代の女性は、全体の約1割程しか運用していないのが現実です。

失敗したくない退職金運用での注意点

参照:資産運用に関する意識調査

30代の女性の未婚率が2015年に23.9~34.6%であることを考慮すると、周りの主婦で資産運用を行っているのはごく限られた人になります。

ちなみに50代~70代の女性では、約2~3割程が資産運用をしているようです。

このように現在は主婦の方で資産運用を行っている割合は低くなっていますが、この背景にはやはり、

「資産運用は難しい」

というイメージが影響しているようで、なかなか主婦で且つ、初心者の方は資産運用に取り掛かりづらいという現状があるようです。

そこで次に、資産運用初心者の主婦さんに向いているおすすめの運用方法を7つ紹介していきます!

初心者におすすめの運用方法7選

失敗したくない退職金運用での注意点

資産運用初心者の主婦さんにおすすめの運用方法として、ここでは

・株式投資
・個人向け国債
・仮想通貨
・ロボアドバイザー
・外貨預金
・iDeco
・つみたてNISA

の7つをわかりやすくまとめています。

それぞれ、なぜ初心者の主婦に向いているのかも解説していますのでチェックしてみてくださいね。

株式投資

株式投資

まず1つ目におすすめするのは、投資の王道とも言える「株式投資」です。

株式投資には、「値上がり益」と「配当金」、「株主優待」の3つのリターンがあり、家計を預かる資産運用初心者の主婦さんにとってありがたいのが、株主優待や配当金。

ちなみに株式投資は値上がり益を目指すとベテランでも、相場によっては大きな損失を被るもの。

そういう意味でも初心者の方はまず、売買で大きなリターンを目標にするよりも「株主優待」や「配当金」など、保有しているだけでリターンが得られる方法から始めることがおすすめなのです。

ではそんな主婦の方におすすめの「株主優待」と「配当金」をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

株主優待とは

株主優待とは、株を保有しているだけでその企業のサービスや製品、商品券などがもらえるいわば「ボーナス」のようなもの。

この日本独自の株主優待というリターンに対しては課税対象でないため、株式購入者の中には優待目的で銘柄を選ぶ人もいます。

ちなみに株主優待は必ずもらえるものではなく、企業の業績によっては廃止されることもあります。

しかし内容によっては家計の足しになる食品やサービスなどを得られることができるので、是非始めたい運用方法だと言えますね。

ではここで、資産運用初心者である主婦のあなたが株主優待の良い銘柄を選ぶ際のポイントや厳選したおすすめ銘柄を見ていきましょう。

資産運用初心者の主婦が株主優待を選ぶポイント

・自分が使いやすい優待内容
・最低投資金額が高すぎない
・利回りが良い

■初心者主婦におすすめの株主優待

企業名 概要 優待内容
日本
マクドナルド
権利確定月:
12月末日
6月末日
最低投資額:
49万円
配当利回り:
0.6%
バーガー類、
サイドメニュー、
飲物の無料商品券が
1冊になったシート6枚

100株・200株:1冊
300株・400株:3冊
500株以上:5冊

ゼンショー
ホールディングス
権利確定月:
3月末日
9月末日
最低投資額:
20万円
配当利回り:
0.87%
100株以上:1000円分
300株以上:3000円分
500株以上:6000円分
1000株以上:12000円分
5000株以上:30000円分

すき家、なか卯、ココス、
ジョリーパスタなどの
店舗で利用できる食事券

イオン 権利確定月:
2月末
8月末
最低投資額:
26万円
配当利回り:
1.27%
半年間で100万円までの
買い物金額に対して
保有した株数に応じた
返金率3%~7%の
キャッシュバック。

3年以上保有すると
1000株以上から
イオンギフトカードがもらえる

カゴメ 権利確定月:
6月末
最低投資額:
30万円
配当利回り:
1.14%
100株以上:2000円相当
1000株以上:6000円相当

半年以上保有した場合、
自社製品の詰合せがもらえる

ダイドー
グループ
ホールディングス
権利確定月:
1月20日
7月20日
最低投資額:
56万円
配当利回り:
1.06%
100株以上:
3000円相当の自社製品

特にマクドナルドやゼンショーホールディングスなどは馴染みのあり、食費の足しにもなると意味では是非購入したい銘柄だと言えますね。

配当金とは

もう1つは配当金です。

配当金とは企業の利益を株主に還元するお金で、企業がその年に得た利益やこれまで蓄積させて利益を一部現金化して株主に配るもの。

この配当金も必ずもらえるものではなく、その企業の業績が悪化した場合は配当金が減額されたり、最悪の場合は無配になることもあります。

配当金は保有している株数に応じて受取額が変わり、もともと配当を出さない銘柄もあります。

■初心者におススメの高配当銘柄

企業名 市場 配当利回り 最低投資額
松井証券 東証1部 7.20% 11万円
日産自動車 東証1部 5.66% 10万円
武田薬品工業 東証1部 4.07% 44万円

高配当の銘柄になると7%以上もの配当利回りになり、仮に100万円投資すると年間で7万円の配当がもらえます。

10年間保有するだけで70万円ほどの配当金が受取れる計算になり、投資初心者でも簡単にできますね。

ちなみに資産運用初心者の主婦さんが高配当銘柄を選ぶ場合は、最低投資金額が少なく、値動きが安定している銘柄を選ぶのもポイントです。

配当金として得た利益は、使うのではなく再投資すると複利効果で投資効率がさらにアップします。

>>株の始め方をゼロから学べる10分講座

個人向け国債

個人向け国債

リスクを取りたくないという初心者の主婦に人気なのが、「個人向け国債」です。

定期預金感覚で安心して保有できるため初心者でも安心。

期間は3年・5年・10年から選べ、各金融機関で高額キャッシュバックなどのキャンペーンを行ってたりするので定期や通常の預金で貯蓄するよりもお得です。

そんな国債は銀行や証券会社などの金融機関で購入することができます。

■個人向け国債概要

期間 3年 5年 10年
金利 固定 固定 変動
金利設定 基準金利-0.03% 基準金利-0.05% 基準金利×0.66%
金利の下限 0.05%(年率)
利子 半年毎の年2回
販売価格 1万円以上、1万円単位
償還金額 額面金額100円につき100円
中途換金
発行後1年を過ぎるといつでも可能

個人向け国債の最大のメリットは、やはり「信用度」の高さになります。

国債は日本国政府が発行するため、国内で一番信用度の高い債券だと言えます。

現在募集中(2018.10.11日現在)の国債の金利は10年で0.09%、5年・3年で0.05%になっているため大手銀行の金利0.01%と比較すると国債で保有しておく方がリターンが大きくなります。

仮想通貨

仮想通貨

3つ目におすすめするのは、今話題の「仮想通貨」です。

仮想通貨と聞くと、「ハッキング」「リスクが大きい」「破綻」などネガティブなイメージを持たれる人が多いと思いますが、実は資産運用初心者の主婦でも安心して始めることができます。

仮想通貨は、暗号通貨とも呼ばれる通貨でウェブ上にしか存在しないお金のこと。

国や特定の発行機関が存在せず、世界共通の通貨として注目を浴びています。

ハイリスク・ハイリターンな投資法として認知されていますが、仮想通貨は投資だけではなく送金や決済、寄付などの場面でも活用できます。

ちなみに、資産運用の主婦が仮想通貨投資を始めるなら、やはりビットコイン投資がおすすめ。

ビットコインは、少額で購入できることや発行上限があるため今後、保有しているだけで価値があがる可能性が高いからです。

そんなビットコインも2017年~2018年頭にかけて、一時200万円を突破し、大きな利益を上げた人が続出しましたね。

仮想通貨

世界ではまだまだ仮想通貨が注目されていますので、期待は十分にできるでしょう。

>>仮想通貨入門講座~ゼロから学ぶ仕組みやおすすめの本を大公開~

ロボアドバイザー

ロボアドバイザー

次に紹介するのは2018年になって新たに登場した「ロボアドバイザー」です。

ロボアドバイザーとは、ロボットが自分に代わって資産運用をしてくれるサービスのこと。

そんなロボアドバイザーは金融のスペシャリスト達によって開発されたプログラムが組み込まれており、個人個人にあった資産運用を行ってくれます。

さらに投資家に代わって運用から管理まで全て行ってくれるので、投資初心者の主婦でもプロの投資家と同じような成績を出すことも可能になりますね。

但し、手数料には注意が必要です。

ロボアドバイザーは運用成績が良くても悪くても、年間数%の手数料が引かれることになります。

例えば2%に設定されている場合、1000万円預けたら年間で20万円、10年間運用するとトータルで200万円の手数料になります。

ロボアドバイザーを選ぶ際には、これまでの運用実績が良いかや手数料などのコストが重要になります。

■初心者におすすめのロボアドバイザー

企業名 最低投資額 手数料 リバランス
WealthNavi 10 万円 1.0% 自動
THEO 1万円 1.0% 自動
楽ラップ 10万円 0.702~0.594+5.4(運用益)% 自動

おすすめは手数料も低く、最低投資額も低い「THEO(テオ)」

運用を始める敷居が低いので、初心者の主婦さんでも比較的簡単に始められると言えますね。

>>ロボアドバイザーでの資産運用は儲かる?特徴や運用実績を徹底比較

外貨預金

失敗したくない退職金運用での注意点

5つ目に紹介するのは、既に資産運用初心者の主婦におすすめの「外貨預金」です。

外貨預金とは、簡単にいうと日本の「円」を「外貨」に換えて預金することです。

現在の日本は預金金利が全くつきませんが、高金利の外貨に換えて預金すると、保有しているだけで「金利収入」を得ることができるという仕組みになっています。

特に難しい知識も必要なく、外貨の取扱がある金融機関で手続きをするだけで簡単に始めることができますね。

但し、注意点は為替手数料と円高の影響で場合によっては損失を出してしまいます。

為替手数料は買う時と売る時の2回かかるため、せっかく金利収入を得ても、手数料によって利益がなくなることもあります。

そのため外貨預金では手数料の安い所を選ぶのがポイント。

ちなみに大手銀行よりもネット銀行の方が安い傾向にあります。

■外貨普通預金 参考金利(%)

通貨 楽天銀行 イオン銀行 三菱UFJ SBI
米ドル 0.01 0.6 0.200 0.700
ユーロ 0.01 0.450 0.001 0.001
豪ドル 0.50 0.300 1.00
南アランド 3.00 3.600

扱う銘柄によって差はありますが、中でもSBIネット銀行は比較的金利も高く設定されているのでおすすめですね。

つみたてNISA

つみたてNISA点

次に紹介するのは、こちらも新しい「つみたてNISA」です。

つみたてNISAは1年間の非課税枠が40万円、非課税期間が20年間、合計800万円の運用益が非課税になる制度になります。

日本在住の20歳以上の人なら誰でも始めることができ、中途換金も可能です。

毎月決まった金額で金融商品を購入して資産運用するため、購入のタイミングをずらしたリスク軽減効果も期待できます。

そんなつみたてNISAの対象商品は販売手数料が0円、信託報酬は1.5%以下の投資信託。

金融機関によってつみたてNISAの対象商品の取扱数が違うので、口座を開設する前に購入したい商品があるかを確認する必要があります。

ちなみに大手のネット証券(SBIや楽天証券、松井証券など)は取扱数が多い傾向にあります。

まとまった金額の元手が必要ないことや金融庁が厳選した投資信託で運用できるつみたてNISAは、初心者でも安心して運用することができますね。

>>積立NISAとは何か?5分でわかる最新の非課税プランの全容

iDeco

iDeco

最後に紹介するのは、「iDeco(イデコ)」です。

iDecoは、個人型確定拠出年金のことで、もちろん専業主婦の方でも加入することができます。

専業主婦の場合は、掛け金の上限が2万3000円と高額なので、国民年金以外の年金資産の形成に役に立ちます。

そんなiDecoのメリットについて見ていきましょう。

イデコのメリット

イデコには以下の大きな3つの節税が可能です。

・掛け金が全額所得控除
・運用益が非課税
・受取金は退職所得控除が適応される

資産運用を行う主婦には2番目の運用益の20.315%の税金が非課税になる点が魅力的。

イデコには投資信託や元本型確保商品として預金や保険などがあります。

ちなみにイデコはどこの金融機関を選ぶかが重要です。

金融機関を選ぶ際には、

①口座管理手数料
②商品のラインナップ
③サービス

の3つを確認しましょう。①の口座管理料は0円~500円があるためなるべく無料の所を選ぶと良いでしょう。

②は信託報酬の安い投資信託があるか、全体的な商品の品揃えが良いか。

③は店舗があるかなどが重要です。資産運用初心者の主婦が始める場合は、元本確保型の商品で始めることも良いでしょう。

>>積立NISAとiDeCoを徹底比較!お得な商品はどちら?

ここまでのまとめとイチオシ

将来のために資産運用を始めたい主婦は年々増えてきています。

初心者でも成功する秘訣は、手数料や利回りをしっかり見極めることや、いつまでに何のためにいくら必要か等の資産運用計画をしっかりと立てることも重要になってきます。

そして自分が理解できる資産運用法を選ぶことも大切です。

初心者の主婦にイチオシなのは「株式投資」になります。

株式投資は低コストで株式の仕組みも理解しやすく、情報もインターネットや四季報などで主婦にとっても身近な運用法です。

売買益を狙うのではなく、株主優待や配当などでまずは家計の足しにできる資産運用を目指すことをおすすめします。

ちなみにこちらの記事も関連記事としてよく読まれていますので是非チェックしてみてくださいね。

>>資産運用初心者が絶対読んでおきたいおすすめ本12選【2018年最新版】

Twitter でフォローをお願いします