必見!資産運用初心者が10万円の運用を始めるコツとは?

10万円資産運用
「資産運用始めたいけど、何から始めればいいのかわからない」

「大きな資金はないし、まずは10万円くらいで始めてみたいな」

 

こんなことを思っているあなた。資産運用をやってみよう!と思っても、初心者のあなたは実際に何から手をつければいいのかわからないですよね。

 

しかも10万円からともなれば、あんまり効果ないんじゃないのか?とも思ってしまうかもれません。一般的に、10万円は資産運用初心者の方が運用を始めるにはちょうどいい金額だと言われています。

 

しかし間違った運用をしてしまうとその10万円がなくなってしまうリスクも当然あります。そこでこの記事ではマネーブリッジ編集部が、初心者が運用する前に知っておきたいポイント、10万円からできるおすすめ運用方法などをまとめていきます。

 

この記事をご覧いただければ、資産運用初心者の方でも10万で上手く運用していけるかと思います。それでは見ていきましょう。

 

運用を始める前に知っておきたい3つのポイント

投資の初心者によっては、資産運用を始める前の準備をしっかりと行うことが大事です。

 

選ぶべき金融商品は多くありますし、どれを選べばよいのかは目指すべき目標によって違うからです。そこで最初に知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

目標設定を行う

投資活動は経済環境によってリターンも変わりますし、最初に目標を設定することはできないという考えもあります。しかし、初心者が最初に目標設定をすることは必要です。

 

たとえば老後資金としていくら必要になるのか、そのためにいつまでにどの位まで資金を増やすべきかなどを考えなければなりません。

 

そのゴールから逆算して、必要とする利回りを算出して取れるリスクと期待するリターンを決めるのです。すると最初の10万円を使ってどのように資産運用すればよいのかが決まります。

余剰資金を把握する

資産運用は余剰資金で行うというのは、誰もが聞いたことがあるかと思います。では余剰資金とは何でしょうか。余剰資金とは単に今使う必要がないお金であるという認識は、正しくありません。

 

たとえば今、10万円のお金があるとします。しかし2年後に10万円の出費があることが決まっているとします。

 

そして年間の収支はずっとトントンであるとしたならば、その10万円は決して余剰資金とはいえません。単にこれからの2年間は使わずにすむお金です。

 

もしこの10万円を使って資産運用をするならば、2年間という期間限定で行える金融商品を選ぶことになります。2年後には換金して、10万円を確保しなければならないからです。

 

その間に利益が出たならば、それが余剰資金になります。初心者はこのような考え方で、自分にとっての余剰資金とはどんなお金なのかを考えてみましょう。

 

それが定まることで、資産運用のための金融商品選びに進むことができます。

複数の商品に分散して投資をする

たとえ10万円という少ない資金であっても、資産運用する場合には分散投資が必要です。

 

ここでいう分散の意味は、コストであったり金融市場であったりします。初心者のうちに分散投資についてきちんと理解しておくことが大切です。

 

たとえば時間の分散は、ドルコスト平均法の考え方で行います。ドルコスト平均法とは、値動きのある金融商品を定期的に購入することです。

 

失敗したくない退職金運用での注意点

引用:>>三菱東京UFJ銀行 HP

 

ポイントは価格が高い時に購入数を減らし、逆に低い時に購入数を増やすことで購入単価を一定にすること。

 

単純に同じ金額で購入しては、購入単価を有利にすることができません。初心者のうちにコスト意識をもって資産運用する習慣を身につけておくとよいでしょう。もちろん、10万円でも十分に分散投資することは可能です。

 

また金融市場を分散することで、世界経済の動きに応じて資産運用のリスクを分散させることができます。

 

たとえば投資信託の商品を選ぶ際に、どれも同じ日経平均に連動するインデックス型にしてしまっては、リスク分散にはなりません。株式市場で運用する投資信託を選ぶのであれば、新興国や先進国というように異なる経済成長をみせる国に分散するとよいでしょう。

 

初心者はいろんな市場で資産運用をすることで、その関連性を学ぶこともできます。10万円を使って資産運用をする場合、まずいつまでにどの程度の資金に増やしたいのかを考えましょう。初心者だから安全に、リスクの少ないものにしておけばよいというわけではありません。

 

投資信託はさまざまな指数でランク付けされていますが、リスクに対するリターンの比率を示すシャープレシオで選ぶべき商品を決めることができます。

 

失敗したくない退職金運用での注意点
引用:>>モーニングスターのファンドランキング

 

もし最初の数年間でできる限り運用資金を増やしたいのであれば、リスクの高い商品を多く組み込むことになるでしょう。逆に数年後にもしかしたら運用資金を何かに使う可能性があるならば、リスクの低い商品を選ぶことになります。

 

このように最初に立てた目標からどのように10万円を増やしていくのかによって、リスクの取り方や求める利回りが変わることを知っておきましょう。

 

ちなみに当サイトには資産運用初心者の方のために、NG行為や金額別おすすめ運用方法について徹底解説した記事もありますので是非チェックしてみてくださいね。

>>資産運用の初心者がやりがちなNG行為とおすすめの投資術

10万円の運用に向いている5つのおすすめ商品

それでは具体的に、10万円で資産運用するのに初心者におすすめの金融商品を5つご紹介します。

個人向け国債

リスクの低い金融商品の代表格といえば国債です。

 

最初はとにかく安全に資産運用したいと考える初心者の方は、まずこの個人向け国債を購入しておくとよいでしょう。国債は国が発行する債券(借金)で、債券は返済する時に利子をつけます。

 

その利率によって定期的に利子を受け取り、償還期間が来れば元本を受け取ります。もし満期前に売却する場合には、市場金利の変動によって元本割れをしてしまう可能性もあります。

 

それは、金利が上昇すれば債券価格は下落するから。金利が上がれば債券価格が下がるのは、高い金利で販売される債券と比べて低い金利での利払いが約束された債券には魅力がなくなるという意味です。

 

そして個人向け国債は、日本で発行する債券を個人向けに販売するものです。ちなみに海外には、高金利で利払いをする国債もあります。

 

高金利で利払いをするということは、その支払いをする国に経済成長力が必要ですし、いつまで続くかわからないリスクもありますね。

 

こういったリスクを踏まえても、利子は決して高くありませんが安全に資産運用するのであれば個人向け国債がよいでしょう。

 

日本の国債はムーディーズやS&P、フィッチなどの格付けでだいたいAランクがついています。

 

失敗したくない退職金運用での注意点
引用:>>大和投資信託

 

最高ランクはAAA(あるいはAaa)となり、ドイツやスイス、シンガポールなどが獲得しています。これだけの借金を抱えているわけですが、家計総資産が2018年第1四半期の時点で1,829兆円あることから、格付けは高く維持しています。

FX(自動売買FX)

FXトレードはハイリスク・ハイリターンのイメージがあるかと思いますが、運用次第では初心者でも安全に10万円を資産運用できます。その理由は、自動売買の技術が向上していることにあります。

 

FXトレードは2つの通貨のペアトレードによる売買を行うものです。たとえば日本円を売って米ドルを買うというような取引を行います。

 

自分でトレードを行う場合には、為替相場の動きをチャートなどで判断したり、さまざまな経済指標にも注意したりする必要があります。

 

資産運用の初心者が行うには難しいものですが、自動売買を利用すればそのような技術も知識も不要です。

 

特にトラリピ(トラップリピートイフダン)とよばれる自動売買が有名ですが、これは為替相場の動きを予測するものではありません。

 

失敗したくない退職金運用での注意点

引用:>>MONEY SQUARE

 

決めた値幅内でいくつもの注文を入れて、決済の条件によって自動的に売買を繰り返すもの。

 

トラリピはM2Jが提供するサービスですが、インヴァスト証券が提供するトライオートFXでもトラリピのような自動売買サービスを利用できます。トライオートFXがおすすめの理由は、スプレッド(FX取り引きにおける手数料)が少ないことです。

 

自動売買を何度も繰り返すので、毎回の手数料は少し違うだけでもかなりのコスト差が生じます。

仮想通貨

仮想通貨といえば、ビットコイン有名ですね。2017年末にかけて大きく上昇しましたが、2018年に入り下落に転じています。この値動きだけを見ると、資産運用の初心者にとっては難しい金融商品のように思えます。

 

しかしビットコインの値動きをボリンジャーバンドに重ねてみると、その範囲内にきれいに収まっていることがわかります。

 

失敗したくない退職金運用での注意点

引用:>>みんなの仮想通貨

 

ボリンジャーバンドとは統計的手法を使って相場が売られすぎているのか買われすぎているのかを判断する指標です。ボリンジャーバンドの上限に近づけば買われすぎと判断して売り注文を入れ、下限に近づいたら売られすぎと判断して買い注文を入れます。

 

このようにボリンジャーバンドを利用すれば、初心者でも仮想通貨で資産運用をすることができます。

 

仮想通貨の歴史はまだ浅いものですが、流通量の大きなものはこれからの上昇も期待できます。もちろん10万円の資金から始めることが可能です。

>>仮想通貨とは?基本情報からおすすめを入門講座で徹底解説

ロボアドバイザー

投資信託は運用自体を専門家が行いますが、どれを選ぶのかは投資家自身が決めます。その点で初心者にはまだ難しいかもしれません。

 

しかしそのような金融商品を自動的に選んで資産運用してくれるサービスがあります。それは、AI技術を使った「ロボアドバイザー」。10万円の資金でも分散投資できますし、資産運用を完全に任せるので仕事にも専念できます。

 

最初に質問に答えることで、AIが資産運用の初心者である投資家のリスク許容度に応じて、最適な資産配分をします。短期的な利益を生み出すものではありませんが、長期的にリスクコントロールを行いながら資金を増やしてくれます。

 

10万円という資金を使って投資を始めるにあたり、初心者は最初に投資の勉強をする必要があります。しかしそのような時間の経過を無駄にすることなく、すぐに収益を生み出せるのがロボアドバイザーです。

 

資産運用は複利運用することで、早期にスタートしたほうが有利です。そのためには知識がなくても資産運用できるロボアドバイザーがおすすめです。
>>ロボアドバイザーで資産運用は儲かるのか?基本や運用成績を徹底比較

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは国債のような性質を持つ金融商品です。

 

そんなソーシャルレンディングは、お金を借りたい会社とお金を貸して運用したい貸し手をマッチングするサービスとなります。借り手の企業は毎月利率に応じた利子を支払い、貸し手はソーシャルレンディング会社に手数料を支払った残りを得ます。元本は毎月返済するタイプと、満期に一括で返済するタイプとがあります。

 

ソーシャルレンディングは金利が高いのが特徴なので、返済不可能となるリスクに注意が必要です。ソーシャルレンディングではさまざまな事業に対して貸し出しをしていますが、不動産や一般事業、再生エネルギーや海外ローンなどがあります。

 

初心者におすすめのポイントとなるのは、貸し倒れのリスクが少ない割に高い利回りで10万円を資産運用できる点。

 

歴史の浅いサービスですし、借り手がどのような会社なのかもわからないという課題はあります。しかし、うまく運用することにより短期間で資産を大きく増やすことが可能です。

 

返済期間が短く、元利均等返済を選ぶことでリスクを軽減できます。

まとめと資産運用初心者にイチオシの商品は?

10万円の資金となるとたいした資産運用ができないようにも思えますが、実は投資の基本を学ぶ意味でも重要な運用経験を積むことができます。

 

初心者としてはまず目標設定をすること、そこに至るまでの資金運用をどのような金融商品で行うのかを考えることが重要といえます。

 

そしてその第一歩として選ぶ金融商品として、今回紹介する金融商品から検討できると良いですね。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう