始めるなら今!資産運用でおすすめの金融商品

初心者におすすめの手段を徹底網羅

資産運用を初めてみようと思っても、実際どの運用方法がおすすめなのか分からないですよね。

新しいことを始めるのですから悩んで当然なのですが、悩みすぎて資産運用を始められないということだけは避けていただきたいです。

なぜなら、まさに今が資産運用を始めるうってつけのタイミングだから。

日本はこれから東京オリンピックを控えており、好景気が期待されています。

しかも円安の影響もあって日経平均株価は23,000円という高水準を推移していますよね。(2018年6月現在)

だから、今こそ資産運用を始めるのがおすすめなのです。

そこで今回は、資産運用をしたことのない方でも始めやすい、おすすめの金融商品を紹介していきます!

資産運用のおすすめは本気でリターンを見込める商品

初心者におすすめの手段を徹底網羅

資産運用を始めるからには、やはりしっかりとしたリターンを見込みたいですよね。

まずは、初心者の方でも始めやすく、リターンも大きい投資方法を2つ紹介します。

株式投資

株式投資

投資といったら株式投資と思う方もいらっしゃるほど、多くの人が実践している投資方法です。

株式投資をするメリットは2種類の利益を得ることにあります。

売却益(キャピタルゲイン)が得られる

株式投資のメリットの一つ、キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、購入した時よりも高い株価で売ることで得られる売却益を意味しています。

安く買って高く売るというシンプルな構造ですが、

初心者にはどの企業の株を購入してよいのかを判断するのは難しいですよね。

でも、安心してください!

株式投資における統計上の株価変動率は、10年保有することで3倍になると言われています。

もちろん、バブル崩壊やリーマンショックなどで一時的な不景気が訪れることもありますが、

それでも持ち続けることで売却益を見込めるとされているのです。

つまり、あなたがどんな企業の株を選んでも、10年以上保有すれば十分なリターンを得られる可能性が大いにあります

配当金・株主優待(インカムゲイン)が得られる

株式投資の二つ目のメリットは、配当金や株主優待といったインカムゲインを得られることです。

最近では株主優待欲しさに投資する人もいるほど、そのお得さが注目されていますよね。

インカムゲインを重視して株式投資するという方法も、資産運用の初心者にはおすすめと言えます。

ヘッジファンド

ヘッジファンド

「投資先を自分では決められない」と思うのであればヘッジファンドへの投資がおすすめです。

このヘッジファンドという言葉を聞いたことがない方も多いと思いますが、

簡単に言うとプロが全て資産運用してくれる金融商品となります。

ヘッジファンドの魅力はどのような景気状況でも常に利益を追求するということ。

好景気で全体の株価があがっているのであればより大きな利回りを目指し、

不景気で市場の株価が下がっていたとしても利益がでるようにポートフォリオが作られています。

ヘッジファンドは日本でこそ知名度が低いですが、海外では一目置かれた存在。

大富豪はもちろん、ハーバード大学年基金や年金機構などもをしているほどです。

資産運用を知り尽くしたプロが運用してくれるので、

自分で投資先を選ぶ自信がない人に一番おすすめできる金融商品でしょう!

>>高いリターンが見込めるヘッジファンドの詳細はこちら

ここまで、リターンを見込める資産運用を紹介していきました。

次は安定して資産を残せる運用方法をみていきましょう!

家族の将来のために蓄えるなら、リスクよりも確実性を

初心者におすすめの手段を徹底網羅

あなたが資産運用をはじめようと思ったきっかけは何でしょうか?

「自分が働けなくなった時、家族に資産を残したい」
「老後が不安だから安心できるだけの金額を蓄えたい」

もし、こういった考えが少しでもあるのなら、これから紹介する2つの金融商品を検討してみてください!

どちらも掛け金は少額ですので、リターンを狙った運用方法と合わせて投資するのもおすすめです。

保険

保険

医療保険・終身保険など、何かしら保険に加入されている人は多いのではないでしょうか?

もしも家族の人数が増えているのに見直しをしていなければ、一度契約を確認しましょう。

保険で資産運用をするのは、上記で紹介した株式投資やヘッジファンドと比べると利回りは低いですが、

自分の身に何かあったときに残った家族を助けられる最良の手段となります。

貯蓄性のある養老保険などもありますので、大きなリターンではなく、確実な安心を求める方には保険がおすすめです!

iDeCo

iDeCo

最近テレビCMで「iDeCo」という言葉をよく耳にします。

iDeCoは老後資金を自分でつくるためのお得な制度で、毎月の掛金を運用し、60歳以降に受け取れる仕組みです。

運用中にでた利益は非課税となるうえ、掛け金がすべて所得控除されるので節税効果もばっちり。

老後のために資産運用をするのであれば有無を言わずiDeCoをおすすめします

以上で紹介した資産運用は多くても月3~6万円ほどの投資になるので、

これから紹介する金融商品と合わせてみるのもおすすめです!

仕事が忙しい人は要チェック!初心者向けなら投資信託?

初心者におすすめの手段を徹底網羅

資産運用を始めたいと思っても、仕事が忙しくて中々考える時間がないという方もいらっしゃいますよね。

そんな方におすすめなのが、ほったらかし投資ができる「投資信託」と「ロボアドバイザー」です。

投資信託

投資信託

資産運用の初心者で、「仕事が忙しい+リスクを最小限に抑えたい」人には投資信託がおすすめです。

先進国や新興国の株式に投資するには時間がかかりますが、

投資信託なら先進国から新興国まで、全世界の株式に投資できるというメリットがあります。

しかも投資信託の性質上、すでに分散投資をしているようなものなので

着実に資産形成したい人は今すぐ始められる敷居の低い金融商品といえます!

ロボアドバイザー

ロボアドバイザー

2018年の今、大注目されているロボアドバイザー

従来、資産運用を行うには多くのステップを踏まなければなりませんでした。

まずは資産配分を決定し、それぞれの金融商品の選定、口座に入金、発注、再投資、リバランス…。

初心者にとってはハードルが高くなります。

そんな悩みを解決し、すべて自動化にしたのがロボアドバイザーです。

有名なのは「ウェルスナビ(Wealth Navi)」と「テオ(THEO)」で、たった1%の手数料で忙しいあなたに代わって全て自動で資産運用をしてくれます。

>>今話題のロボアドバイザー(AI)投資の詳細はこちら

もちろんロボアドバイザーでも必ずリターンがでるわけではないので、やはり利益を求めるのであれば、文の冒頭で紹介した株式投資とヘッジファンドで資産運用を始めるのをおすすめします!

まとめ

いかがでしたか。

これから資産運用を始めるのであれば、リターンを見込める株式投資かヘッジファンドをおすすめします。

しかし、安定した資産が欲しい方や仕事が忙しくて時間を割けないという方は、

「iDeCo」や「ロボアドバイザー」を活用するとよいでしょう。

思い立ったが吉日ということわざがあるように、今こそ将来のための資産運用をはじめてみませんか?

このサイトでは様々な資産運用をランキング形式でも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

>>おすすめ資産運用方法のランキングはこちら