必見!資産運用でビットコインを保有したいならどうすればいい?

ビットコイン
話題性もいったんは収束したものの、ビットコインを支えるブロックチェーン技術も日に日に普及していくように思えます。

 

テレビの報道やインターネットには否定的な情報が多いのにも関わらず、それでもなお人気があるのはどうしてなのでしょうか。

 

そこで今回はマネーブリッジ編集部が、資産運用にビットコインを組み入れるのは不安、でも仮想通貨の将来を信じてしっかり資産運用を行っていきたい、そうお考えのあなたに成功のポイントやおすすめ取引所についてご紹介していきます。

 

 

資産運用でビットコインを取引する前に知っておきたいこと

ビットコインの資産運用を始める前に、「ビットコイン自体に危険性はない」ということを理解しましょう。実体がない通貨なので、多くの人が詐欺と疑ったりしています。

 

しかし、それが本当なら大手の家電量販店が決済手段として導入するでしょうか?ふつうはしないですよね。日本の大企業はむしろビットコインに期待しているのです。

 

それでも心配をしているあなたのための、仮想通貨の将来性について3つのポイントを紹介していきます。

取引所とコインの価値は別物

仮想通貨が危険だと知られるようになったのは、アメリカの取引所「Mt.Gox」の破綻がきっかけだったのはご存知ですか?2014年に当時最大級の取引所だったMt.Goxが窃盗に合い、(のちに内部の犯行と判明しました。)利用者から預かっていた全てのビットコインを失い、破綻しました。

 

もちろん、利用者は一切の返金を受け取ることができなかったのです。この事件により、「ビットコインは危険である」というレッテルが付けられてしまったという訳です。

 

同様に、コインチェックの一件で仮想通貨に対するイメージがダウンした人も多いのではないでしょうか?しかし、この考えは完全なる間違いなのです。

 

交換業者大手のコインチェックでは昨年1月、580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出。追跡を逃れるため複数の口座に細かく分散され、別の仮想通貨に交換されたとみられる。

引用:>>時事通信社 相次ぐ仮想通貨流出=犯人特定に匿名性の壁(外部リンク)

 

仮想通貨を日本円、Mt.Goxをメガバンクだと考えてみてください。

 

とあるメガバンクのセキュリティー不足で利用者の日本円が流出してしまった、だから日本円は危ない。この場合、メガバンクが危険と考えるのが妥当であって、日本円が危ないといのは話が飛躍しすぎていますよね。

 

つまり、取引所を見極めてビットコインを資産運用すれば、ドルやユーロなどの外貨を運用するのとなんら変わらないのです。取引所と仮想通貨の価値は同じではなく、別物であるということを前提に考えましょう。

お金の歴史を振り返ると?

物々交換から金属や紙のお金になっていったお金ですが、本質を考えれば仮想通貨が危ないとは言えなくなります。なぜか?

 

実は、今皆さんがもっている現金は物理的に存在はしていますが、あるいみバーチャルなのです。1万円札は1万円という価値と決められていますが、火をつければ燃えてなくなってしまいますよね。

 

金と交換されなくなった1988年から、お金の価値は世界の約束事の上で成り立っているのです。つまり、お金の本質はビットコインをはじめとする仮想通貨と何ら変わらないとさえ言えるのではないでしょうか。

 

仮想通貨もデータですのでそれ自体には意味を持ちませんが、約束事を作って価値ができたという流れにおいては法定通貨と役割は同じ。金本位制が廃止されてからたったの30年、短い期間の中でクレジットカードや電子マネーが開発されたように、もしかしたら仮想通貨もその流れの一部なのかもしれません。

 

私たちがクレジットカードや電子マネーを使うことに抵抗がないのと同様に、数十年したら仮想通貨が当たり前の世界になっているのかもしれませんね。

世界の投資家からも再注目!

アップル社が決済手段にリップルの利用を採択したり、アマゾンがブロックチェーン技術を利用したサービスを開発したりと、明るい噂が絶えない仮想通貨業界。

 

2018年1月に値を落してしまったビットコインですが、最近高値に推移したこともあって、2019年世界の投資家から再注目されています。

 

以前まではビットコインを資産運用するのは危険だという考えの人が大多数でしたが、大企業が積極的に仮想通貨を取り入れているのを知って、取り残されまいと投資を始めているようです。ボラティリティ(価格変動)が大きいとはいえ、詐欺と笑ってはいられないほどの価値があります。

 

これからもビットコインの本質が一般に知られるようになればなるほど、資産運用に組み入れる人は多くなっていくでしょう。これだけビットコインは将来性が期待されているのにも関わらず、いざ資産運用するとなると不安がつきものです。

 

それならば、その不安を小さくできるような資産運用をすれば、かんたんに解決します。そこで、ビットコインで資産運用を成功させるポイントを3つ紹介したいと思います。

成功のカギは「長期」「つみたて」と「心もち」

ビットコインの将来性を理解しつつも、実際に自分のお金を資産運用すると思うと気が引けてしまいます。でも、これから紹介する3つのポイントをおさえれば、リスクと向き合いながらリターンを狙うことができるので要チェックです。

長期で保有する

資産運用でもよく大切といわれる長期保有は、ビットコイン投資においても同様です。短期間で利益をだそうとするのは、ボラティリティが高いビットコインにおいてリスクが大きすぎます。価格が上がっても下がっても持ち続けられる期間やゴールを決めて、売買をするのは控えるのがよいでしょう。

 

ビットコインを資産運用するなんてあり得ないといった悪評を見ても長期ホールドし続ける強さが必要ですね。

コイン積立を利用する

ビットコインで資産運用をする際に、「つみたて」も考えておきたいポイントです。ビットコインを月々定額で積み立てることで、値動きが激しくてもリスクを下げてくれます。

 

そうすれば、「今しかない!と思って100万円で購入した結果、下落し続けてしまった。」なんてこともなくなりますね。つみたて投資は、ビットコインで資産運用をなかなか始められないあなたの味方なのです。

 

Zaif などの取引所でつみたて投資が可能となっているので、始めるならこの二つは要チェックです。

 現在、Zaifではつみたて投資サービスが一時停止となっております(2019年6月現在)。

仮想通貨取引への考え方

ビットコインで資産運用を成功させる3つ目のポイントは心もちです。

 

仮想通貨はまだまだ確立したお金ではなく、セキュリティー面でも不安は多いです。インターネットやテレビで否定的な情報が流れてくることもあるかと思います。

 

そんな中でビットコインで資産運用を成功させるのに大切なのは、価格の高騰や下落で一喜一憂しない心です。価格の安定しない投資に不安はつきもの。

 

あくまで余剰資金で資産運用をするようにすれば、ビットコインの価格を気にしすぎずにリターンを見込めます。ビットコインの資産運用において、成功のポイントはおさえられましたか?

 

長期運用やつみたてをするのであれば、信頼できる取引所を探す必要がありますよね。そこで資産運用におすすめの取引所を3つ紹介します。

どうやって購入する?取引所の決め方

仮想通貨で資産運用をしたいと思ったときに気にしなければならないのが取引所です。Mt.Goxやコインチェックの問題を考えると、信頼できる取引所を選ぶのはとても重要になります。

 

そこで、長期とつみたて投資ができる、おすすめの3つの取引所を紹介していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)

BItflyer

まずは何と言っても、ビットコインの取引量がナンバーワンのbitFlyer。名立たる大企業が株主となっており、そのセキュリティーもかなり評判が良いです。ビットコインをはじめ、イーサリアムやビットコインキャッシュ等を購入できますし、売買にかかる手数料も無料となります。

 

ビットコインだけを購入して資産運用をしたいのであれば、ビットフライヤーでの取引を行っても良いでしょう。

 

 

近年の仮想通貨の取引額の増加を背景に、金融庁の審査の引き締めが行われ、bitFlyerも 2018年6月に金融庁より業務改善命令を受けています。

 

金融庁は22日、仮想通貨交換業大手ビットフライヤー(東京・港)やQUOINE(同・中央)など6社に業務改善命令を出したと正式発表した。すべて改正資金決済法に基づく登録業者。立ち入り検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)などへの対策に不備があった。
引用:>>日本経済新聞 仮想通貨、ビットフライヤーなど登録6社に改善命令(外部リンク)

 

内部体制を整える為、現在新規のアカウント作成は一時停止となっているようです(2019年6月現在)

 

Zaif(ザイフ)

Zaiff

先ほども紹介したZaifは、BitFlyerに次いで有名な取引所です。

 

そんなZaif は取り扱い通貨の多さが特徴で、bitFlyerでは取引できないネムを購入できるということでも人気がでています。

 

ZaifもBitflyer 同様 2019年6月に金融庁より業務改善命令を受けていますが、2019年6月現在通常通りサービスの利用が可能とのこと。ビットコインと合わせて BitFlyer に取り扱いのない通貨の取引を検討している方は、Zaif で仮想通貨を始めても良いでしょう。

 

GMOコイン

GMOコイン

3つ目のおすすめはGMOコインです。GMOコインでは、ZaifやbitFlyerでは買えないリップルを購入できるのが特徴的。

 

スペインの銀行では リップルは決済手段としたサービスが既にあるほどこれから成長が感じられるコインです。手数料は無料で使いやすいので、ビットコインの他にもリップルで資産運用をしたいならGMOコイン一択となります。

 

 

以上が長期とつみたてに適した、信頼できる3つのおすすめの取引所でした。ビットコインはどの取引所でも購入できるので、他に購入したいコインの種類などを比較して口座登録をすると間違いないですね。

最後に

ここまで、ビットコイン投資の成功のポイントやおすすめ取引所について紹介してきました。

 

ビットコインで資産運用をしたいと思っているのであれば、その将来性をしっかりと理解して、考えられるリスクを減らして投資をするのをおすすめします。

 

思い立った時にはじめられるように、まずは口座登録だけでもしておけると良いでしょう。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう