目指すは2倍!貯金500万円になったら資産運用をはじめよう

ためたお金で500万円運用

少子高齢化の影響で、社会保障制度も不安視される昨今。2019年6月には金融庁の金融審議会で出た「将来の年金給付だけでは先々までの生活は困難」との報告書が話題です。

 

この現状に、前より真剣に資産運用を考える方が増えているのではないでしょうか。その中でも、貯金500万円は資産運用を真剣に考えられる一つのキリ。運用を検討し始める場合もあるでしょう。

 

そこで今回はマネーブリッジ編集部が、貯金500万円の運用のポイントや貯金500万円を減らさないための注意点について分かりやすく解説します。参考にしてみてください。

 

この記事の要点

・500万円は、複利そして長期・分散・積立に注意して運用。
・500万円というまとまった資産は、リスクを抑えた安定的な運用を心がける。

 

貯金の500万円を運用するときのポイント2つ

貯金500万円というと、一般的に大きな金額です。折角貯金した500万円。出来る限り知恵を学び、運用での損失をうまく回避したいものです。そのためにも事前準備が必要ですよね?

 

そこでここからは、「貯金500万円を運用する前に覚えておきたいポイント2つ」と題し、資産運用に関する基本理論をおさえることにしましょう。

1、複利運用で2倍にするには?

1つ目のポイントは、福利効果を利用する事です。ここで「貯金500万円を複利運用することで2倍にするには何をするべきか?」という課題をたててみます。まずは複利についてです。

複利とは何か?

複利の運用方法とは、投資で得た利益を再投資し、元本と利益をまとめた金額に利息が付く運用方法を指します。具体例を挙げれば、100万円を投資し一か月後に1万円の利益が発生した場合、2か月後以降は元本と利益分の合計である101万円で運用を続けることになります。

 

これとは逆に、利益を元本から外して、元本は元本サイズのまま運用するのが単利運用です。つまり、100万円を投資し一月後に1万円の利益が発生した場合、利益と元本は分けて考え、2か月後以降も同額の100万円で運用します。投資においては元本が大きければ大きいほど、得られるリターンも合わせて大きくなることを考えると、単利より複利のほうが効率よく資産を増やせるといえます。

複利、単利シュミレーション

ではここで、貯金500万円を運用したとして、「利率3%、25年運用、元金500万、複利周期1年」というシミュレーションをします。そうすると、25年目には単利の場合約875万円、複利の場合は約1000万円の利息が発生し200万程(グラフ内赤囲み)利息に差が出てきます。

 

複利単利の差

 

複利運用すると計算上では25年で2倍まで可能ですね。上記より、貯金の500万円は複利運用で効率よく運用していけると良いでしょう。ちなみに当サイトには、複利で運用していくポイントや注意点をまとめた記事もありますので是非チェックしてみてくださいね。

>>複利の有効活用が資産運用で大切な理由とは?

2、「長期・分散・積立」がカギ

そして貯金500万円の運用を考えた時に、忘れてはいけないのが長期・分散・積立という3つのキーワードです。早速、1つずつ見ていきます。

長期

長期というのは長期運用のことで、元々資産運用の効果を上げる為には長期的に投資を続ける事が非常に大切です。下図は、1年、5年間、各同様の投資先に投資したと仮定した場合の、年率リターン推移を青棒で示したグラフとなります。

 

長期投資
参照:>>>足利銀行 分散投資のメリット(外部リンク)

 

上の1年間投資した場合だと、大きな利益を出した月もあれば、大きくマイナスを出した月もあり、上に行ったり(プラス)下に行ったり(マイナス)で収益は安定していません。反対に、下の5年間に渡り長期的に投資を行った場合は収益の差は小さくなり安定した運用が出来ていることがわかります。

 

また、長期的な運用を行う際は、将来性のある金融商品に投資を行うことが重要です。すなわち、10年・20年と時間を掛けても価値が上昇するような商品に、貯金の500万円を投資することがリターンを得るカギとなります。短期的にドカンと一獲千金を狙うことは避けたほうが良いでしょう。

分散

次の分散というのは、「分散投資」という意味で、投資業界における基本中の基本の戦略です。その分散投資において、「卵を同じ籠にいれるな」という言葉があります。これはつまり、卵3つを1つのカバンに入れると落とした時に全て割れてしまいますが、3つのカバンに1つずつ卵を入れれば、1つ割れても他の2つは無事になります。

 

これと同じように、貯金500万円の運用先は2つ3つと分散させることで、思わぬ損失を抑える事が可能となるのです。大きなリターンに目がくらみ、1つの投資先にまとめて一括投資しないよう注意しましょう。

積立

そして、最後の積立というのは、「積立投資」のことで、最近ではテレビCMなどでも積立NISAといった商品が宣伝されています。積立運用とは、毎月決まった金額の金融商品を続けて購入していく投資方法です。金融商品の価格が高いときは少なく、安いときには沢山購入することで結果的に購入単価を下げることができます。安く買って高く売ることが基本な投資を行う上で、積立運用は大変に有効であると言えます。

 

毎月決まった金額の金融商品を続けて購入していくだけですので、購入のタイミングを図る必要がなく、投資初心者でも上手に金融商品を購入することが可能といえます。

リスクを取りたくない人向けの投資方法

続いては、実際に市場で取引・運用されている金融商品について紹介していきます。ここでは、大きなリターンを狙うというよりは、投資のリスクは出来るだけ取りたくないとお考えの方の為に貯金の500万円の低リスクな運用方法を2つ紹介していきます。

 

1つ目は「個人向け国債」です。

1、元本保証が嬉しい「個人向け国債」

個人向け国債とは国が発行する債券です。

 

国債を購入するということは、国に一定期間お金を貸すということ。お金を貸せば利子がついてお金が戻ってくるように、個人向け国債も満期がくれば投資元本に利子がついて戻ってきます。

 

1、個人向け国債のメリット

個人向け国債が低リスクと言われている理由は、0.05%の最低金利が保証されているところ。経済情勢により金利が悪化しても、0.05%の最低金利が保証されており、かつ元本割れがないところは安心です。

個人向け国債のデメリット

株式投資や投資信託などの他の投資方法と比べると、利回りが低い点は500万円の運用である程度の利回りを期待している方にはデメリットになり得ます。

 

金融商品利回り比較

金融商品 利回り
個人向け国債 0.05%
投資信託 4%~6%
株式投資 5%~6%

 

個人向け国債

参照:>>財務省 個人向け国債(外部リンク)

 

そんな、個人向け国債は、金利が変動する変動10年、固定5、3年の三種類。ご自身の希望の運用期間に合わせて、賢く選択できると良いでしょう。

>>個人向け国債とは?銀行に預けているよりお得?

 

2つ目は「保険・個人年金」です。

2、初心者向け「貯蓄型保険・個人年金」

貯蓄型保険、個人年金にはお金を貯蓄する機能がありますが、満額まで毎月まとまった金額を収めることで、積み立てたお金が戻ってくる可能性があります。

 

払戻率とは、満期時に戻ってくるお金の割合のことです。500万円を貯蓄型保険・個人年金で運用される場合は、この払戻率の高い商品を選ぶことが1つの方法です。

 

ライズ
参照:>>オリックス生命HP 終身保険RISE(外部リンク) 

貯蓄型保険、個人年金のメリット

基本的には元本保証となりますので、満期まで保険料を支払い続けることが出来れば、預け資産が減ってしまう心配がない点はメリットと言えます。

貯蓄型保険、個人年金のデメリット

貯蓄型保険、個人年金の場合、月々の支払保険料が高額になりがち。高額な保険料が払いきれなくなり、途中解約をした場合払戻率が100%を切り、預け資産が減る可能性がある点はデメリットと言えます。

 

さて、ここまで低リスクな投資方法を2つ紹介してきました。続いては、投資初心者がよりまとまったリターンを狙える投資方法を2つ紹介します。

安心して始められる「お金を増やす」運用方法

ここではリスク管理をしながまとまったリターンを期待したい方の為に、初心者でも比較的リスクを抑えながらも、ある程度の利益を狙いやすい投資方法を2つ紹介していきます。

 

1つ目は、投資信託です。

1、忙しい人でもできる「投資信託」

投資信託は投資信託商品を購入するだけで、その後は投資のプロが複数商品へ分散投資してくれる金融商品です。実際の運用はプロにお任せできる点で、会社員や主婦の方などで忙しい人でも運用が可能な金融商品として人気を集めています。

投資信託のメリット

投資信託は投資信託商品を購入するだけで、前述した「積立投資」「分散投資」がプロにお任せできる点は大きなメリットであると言えます。投資の知識がない投資初心者の方でも、プロの力を借りて手間をかけずに投資を始めることが出来ます。

投資信託のデメリット

投資信託では投資のプロに運用をお任せできる反面、運用に手数料が発生します。自身で直接投資を行えば発生しない手数料を支払う必要がある点は、デメリットと言えます。

 

投資信託の手数料

購入時手数料 1%~3%
運用管理費用(信託報酬) 年0.5%~2%
信託財産留保額 1%以下

 

また、長期的な運用によりリターンを得る方法なので、貯金500万円は10年・20年と投資信託に回すことがポイントです。ただし、投資信託の中には様々な販売会社が販売する投資パックのような商品(例:国内株式型ファンド、海外株式型ファンドなど)があるので、どれを選ぶかは投資家自身が決める必要があります。

 

また、ファンド選びもプロに任せたい方は、証券会社に問い合わせ、プロのアドバイザーや、ファンドマネージャーと相談する方法が良いでしょう。

>>資産運用におすすめの投資信託とは?イチオシや選び方を解説

 

2つ目は株式投資です。

2、王道の投資法「株式投資」

2つ目の金融商品は、投資の王道とも呼ぶことができる「株式投資」です。貯金500万円の運用先として、未経験者が思い浮かべる商品の1つでしょう。

株式投資のメリット

株式投資のメリットには、まず投資手法を自分で考えて、オリジナルの運用方法を組み立てる事ができる拡張性の広さがあります。株式投資の場合は、投資信託と違い自身で株式を運用するため、投資に関する知識や経験を積まなければいけませんが、運用リターンとしては株式投資の方が大きな額になる可能性もあります。

 

また、株主優待を受ける事ができるので、好きな会社の株式を買ってモノやサービスを受けることもできます。

株式投資のデメリット

投資先企業の選定には、企業の業績や、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といった投資指標を分析する必要があります。また、投資先の業界の動向、経済状況などに常にアンテナを張り売買のタイミングを見計らう必要があり、投資初心者の方には投資のハードルが高い点はデメリットと言えます。

 

投資に多少の勉強が必要ですが、売買益、配当金、株主優待と様々な面から利益を狙える株式投資は貯金500万円の運用方法として十分検討の余地はあるでしょう。

>>株式投資とは何か?メリット・デメリットとその始め方を解説

 

続いては、巷でハイリターンな金融商品としても宣伝されることが多い、2つの商品について解説します。

失敗する可能性大!リスクは最小限に抑えましょう

これから紹介する基本的に2つとも運用経験が少ない方や未経験者にとって、ハイリスクとなる方法です。こちらを貯金500万円の運用先として考えるのは、可能な限り控えた方がよいでしょう。

1、不動産投資

1つ目は、株式投資と同様に王道としても紹介される「不動産投資」です。不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産に投資をすることです。購入した物件を貸して家賃を得たり、購入した物件が購入価格よりも値上がりした時点で売却して、売却益を得ることができます。

 

不動産は投資に関する知識が多数必要なので、運用経験の少ない初心者が不動産投資に手を出すのはリスクが大きいです。その理由としては、貯金500万円でも資金が不足する必要資金量の多さがデメリットで、結果的にローンを組んで不動産の運用を行うことになる場合があるからです。

 

ローンを組むこと自体は、戦略の一環としてありですが初心者が行ってしまうと、収支バランスの維持管理が難しく、赤字経営になる可能性が高いです。ただし、貯金500万円を使って、不動産投資を本格的に始めるための準備や勉強をしているのであれば、自己責任の上で不動産運用を始めることもありでしょう。

2、仮想通貨

仮想通貨は、運用次第によっては、短期間で大きな利益を得られる可能性があります。しかし、仮想通貨自体歴史が浅いですし、ギャンブル的な取引も多いのでボラティリティ(価格変動)が非常に大きいです。以下、ビットコインの日足チャートとなりますが、1日で1万円以上の値動きを見せています。日経平均株価(日本の平均株価)が過去一番の上昇を見せた1990年10月2日でも約2677円(参照:>>日経平均プロフィール上昇・下落記録(外部サイトの値動きということからも、仮想通貨は他の投資商品と比べて価格変動が激しい金融商品と言えます。

 

仮想通貨
参照:>>GMOコイン ビットコイン価格・相場・チャート(外部リンク)

 

もちろん、短期間で貯金500万円を急激に増やすことが出来る反面、資産を一気に減らす可能性があるハイリスクな運用ともいえます。貯金の500万円を守りながら増やしたいと考えている方は、避けたい投資方法と言えます。

3、FX

FXについてですが、為替相場は「ゼロサム(プラスマイナスゼロになる)」ゲームとも呼ばれています。市場で誰かが利益を出せば、その一方で誰かが損をるように出来ているということです。つまり、貯金500万円を全額FXにつぎ込んだとして、1,000万円の利益を得たとします。しかし、その1,000万円は新たに生み出された利益ではなく、1,000万円の損失を発生させたトレーダーの資金が移動している側面があります。

 

この場合長期的に見てみると、証券会社の手数料負担分だけ損失を招く可能性があるので、初心者トレーダーは特に損失を拡大させてしまうでしょう。

 

日経マネーが毎年実施している「個人投資家調査」でも

一方、勝てない人はFX(外国為替証拠金)取引が目立つ。FXはハイレバレッジの取引が行えるのが特徴で、大勝ちが狙える半面、失敗した時の損失も大きくなりやすい。勝てない人は、高リスクの取引で損失を重ねた可能性がある。
引用:>>NIKKEI STYLE 個人投資家1.3万人調査 負け組はハイレバレッジ好き(外部リンク)

 

とあり、レバレッジの取引で元手以上の利益を狙える反面、失敗し損失を被る方も多い投資方法と見てうかがえます。もし、上記の運用方法で貯金500万円を運用したいと考えている方は、初めから全額の500万円を投資するのではなく5000円から数万円程度だけ、テストとして運用に回してみて、まずは経験してみることをおすすめします。

 

最後にまとめです。

運用先は慎重に選定

貴重な貯金500万円を資産運用に回すのであれば、分散・長期・積立や複利計算といった基礎的な投資知識を覚えておく必要があります。また、金額に関わらず投資は自己責任の世界でもあるので、貯金500万円というまとまったお金の運用方法は慎重に検討出来ると良いですね。

 

ちなみに、当サイトには関連記事としてこちらの記事も良く読まれていますので、是非お読みになってみてはいかがでしょうか?

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう