完全お任せでロボアドバイザー投資をするなら、デメリットは気にならない

ロボアドバイザーを利用する価値

「ロボットなんかに投資を任せて、本当に大丈夫なの?」

 

そんな気持ちから、ロボアドバイザーに興味はあるけれど、なかなか始められないという人もいるでしょう。

日ごろから金融情報を集めている編集部としては、

 

「投資に手間と時間をかけたくないけれど、低金利な銀行へ預けておくのは嫌」

 

そんな人は、多少のデメリットには目をつむり、ロボアドバイザーで運用する価値は十分にあるという見解です。

 

ここではロボアドバイザーのデメリット、メリット、ロボアドバイザーのに向いている人から、編集部おすすめのロボアドバイザー会社までまとめて紹介していきます。

 

ロボアドバイザーのデメリットを徹底的に深堀りして、ロボアドバイザーが本当に大丈夫な投資方法なのかを見ていきますので、石橋を叩いて渡る、慎重派の投資者の方には必見のコンテンツとなっております。

 

では、早速ロボアドバイザーのデメリットを見ていきましょう。

デメリットを知り、リスク回避

ロボアドバイザーは本当におすすめか

ご存知の方も多いと思いますが、ロボアドバイザーとは お金を預けるだけで、後は投資者にぴったりの投資方法で運用、その後の定期的なメンテナンスまでを一括して行ってくれる金融商品です。

 

投資を始めようと思うと、経済、チャートの読み方、売り時・買い時のタイミングなど勉強することが多く、また投資方法によっては一日中パソコンに張り付いていなければならないものもあり、 投資にはとにかく手間と時間がかかります

 

しかし、ロボアドバイザーはウェブ上で投資に関する簡単な質問に答え、お金を預けて終了。

後は、AI(人口知能)が投資者に合った運用方法で、上手に運用してくれますので、基本的には放っておくだけとなります。

 

いかがでしょうか?

投資初心者には、最高の投資方法に思えますよね。

 

しかし、もちろんそれだけで飛びついてしまうのは危険です。

ロボアドバイザーにもデメリットはあります。

 

ここでは、ロボアドバイザーのデメリットをしっかり理解し、ロボアドバイザーが投資初心者に本当におすすめの金融商品なのかについて考えてみたいと思います。

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーのデメリットとしては、以下の7つが挙げられます。

  1. 短期間で、大きなリターンは望めない。
  2. 自分で直接投資する場合と比べて、手数料がかかる。
  3. 元本割れをする可能性がある。
  4. 運用会社が倒産する可能性がある。
  5. 為替相場の影響を受ける可能性がある。
  6. NISA口座には非対応。
  7. 投資経験を積めない。

 

こんなにあるの?と思った人もいると思います。

 

ここではデメリットになり得る「可能性」のあるものを全て挙げましたので、人によってはデメリットに感じられない項目もあるでしょう。

早速一つずつ見ていきます。

 

まずは、短期間で、大きなリターンは望めない点です。

1、短期間で、大きなリターンは望めない。

短期で大きなリターンは狙えない

例えば、仮想通貨(ビットコインなど)は値動きの幅が大きく、短期的に資産を何倍にも増やせる可能性があります。

人によっては、一晩で資産が倍になった…なんて話もあります。

 

しかし、ロボアドバイザーの場合は 値動きによる損失を最小限に抑える為に、投資先をいくつかに分散し、リスクを抑えながら投資をします

複数の投資先で長期的に利益を出したり、損失を出したりしながら最終的に手元に利益が残るように運用していく投資方法なんですね。

つまり、ロボアドバイザーの場合は基本的に 「長期的」な目で資産を増やしていく方法となり、数日、数週間で資産を何倍にも増やすことは難しいということです。

 

ロボアドバイザーでは一攫千金は狙えないと追う点は、デメリットであると感じる方もいるでしょう。

 

2つ目は、自分で直接投資する場合と比べて、手数料がかかる点です。

2、自分で直接投資する場合と比べて、手数料がかかる。

ロボアドバイザーは手数料がかかる

例えば、株式投資を行う場合は基本的に「株式を購入するとき」と「株式を売却するとき」に取引手数料が発生します。

 

証券会社によって異なりますが、大体1回100円程のところが多いです。

よって、株式を買って売っても手数料は約200円程しかかからない計算になりますね。

 

しかし、ロボアドバイザーの場合はどうでしょうか。

ロボアドバイザーの場合は基本的に保有期間中に年間1%程の手数料が発生します。100万円を投資したら、1万円が手数料として発生すると言うことです。

 

株式投資とロボアドバイザー手数料比較

※1年間100万円を投資した場合。

投資方法 発生する手数料
株式投資 約200円(取引手数料)
ロボアドバイザー 約1万円

 

投資を一括してお任せ出来る代わりに、自分で直接投資するより手数料がかかるという点はロボアドバイザーの最大のデメリットであると言えます。

 

続いて、元本割れをする可能性がある点です。

3、元本割れをする可能性がある。

ロボアドバイザーは元本割れの可能性あり

銀行にお金を預けて、預けた金額が目減りしてしまったなんてことはないでしょう。

それは、銀行預金は「元本保証」されている運用方法だからなのですね。

 

しかし、ロボアドバイザーの場合は元本保証されていませんので、万が一運用が上手く行かなければ預けたお金が目減りしてしまう可能性があります。

 

勿論、ロボアドバイザーはギャンブルとは異なり、 長期的にリスクを抑えながら運用していくことで元本割れのリスクは他の投資方法と比べて比較的低いと言えます。しかし、銀行預金や個人向け国債など、元本保証の運用方法があることを考えると、ロボアドバイザーが元本保証でないというのはデメリットになり得ます。

 

4つ目は、運用会社が倒産する可能性がある点です。

4、運用会社が倒産する可能性がある。

預けたお金が運用会社の倒産により、飛んでしまったなんてことになったら大変ですよね。

 

しかし、安心して頂きたいのが多くのロボアドバイザーでは万が一運用会社が倒産しても、基本的には「1,000万円」までを保証してくれる制度が用意されています。

 

1,000万円まで保証が受けられる点からそこまで心配されなくても良いかと思われますが、ロボアドバイザーに1,000万円以上のまとまったお金を預ける方にとってはデメリットとなり得ますので、 複数のロボアドバイザー会社へ分散投資するなど対策を立てる必要がありますね。

 

5つ目は、為替相場の影響を受ける可能性がある点です。

5、為替相場の影響を受ける可能性がある。

為替相場と言うのは、自国の貨幣と外国貨幣の交換レートのことです。

 

為替相場の影響を受けるというのは、円安の時に海外旅行に行って現地の通貨に両替をして損をしてしまったといったイメージです。

ロボアドバイザーの中には、海外の金融商品へ投資を行うものもあり、その場合は円に戻したときに損をする可能性があります。

 

この為替相場のリスクは 「積立投資」を行うことで和らげることができます

 

積立投資

 

毎月、決まった日に同じ金額分の金融商品を購入し続けることで、円が高いときは少量、円安の時には大量に購入することができ、平均購入単価を下げ、金融商品を高値で購入してしまうリスクを下げることが出来るという訳です。

為替相場の影響を受けるリスクのあるロボアドバイザーは、 積立投資でリスクを抑えて運用すると良いでしょう

 

5番目は、NISA口座に非対応な点です。

6、NISA口座に非対応。

ロボアドバイザーには、「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類があります。

アドバイス型

ウェブ上でいくつか簡単な質問に答えるだけで、投資に関するアドバイスを得ることが出来るロボアドバイザー。その後、実際の運用はそのアドバイスを参考にしながら「投資者自身」が金融商品の購入、運用を行うことになります。

投資一任型

投資に関するアドバイスを得ることができるまでは、アドバイス型と同じですが、投資一任型の場合はその後の運用までを一貫してお任せすることが出来ます。

そして、この投資をまるまるお任せできる、 「投資一任型」はNISA口座が利用できません

 

非課税の恩恵を受けられるNISAの対象外であるということは、ロボアドバイザーのデメリットと言えるでしょう。

最後は、投資経験を積めない点です。

7、投資経験を積めない。

投資には勉強が必要

先述した通り、ロボアドバイザーはウェブ上で簡単な質問に答えて、お金を預けて終了。後は、AI(人口知能)が上手に運用してくれますので、基本的には放っておくだけ。

つまり、 投資の知識が全くなくても運用が出来てしまうのですね。

 

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)などの投資方法で自分で儲けようと思うと、勉強して知識をつけることは勿論ですが、実際の運用を通して何回も失敗を繰り返して上手になっていくものなのです。

 

ロボアドバイザーの場合は、完全お任せで経験を積みようがないので、何年か運用を続けるうちに「そろそろ、自分で運用してみたい…」と思った時に、また1から投資の勉強や経験を積んでいかなければならないというのは場合によってはデメリットになり得ますよね。

 

さて、ここまでロボアドバイザーのデメリットについて説明してきました。

再度、説明してきたデメリットをまとめます。

ロボアドバイザーのデメリット
1、 短期的に大きなリターンを望めない。

>その代わり、完全お任せでリスクを抑えた長期的な分散投資が出来る。

2、 自分で直接投資するより手数料がかかる。

>手数料を支払う代わりに、投資を一括お任せできる。

3、 元本割れをする可能性がある。

>長期投資を行えば、元本割れのリスクを抑えることが出来る。

4、 運用会社が倒産する可能性がある。

>1,000万円までなら保証を受けられる場合がある。

5、 為替相場の影響を受ける可能性がある。

>積立投資でリスクを抑えることができる。

6、 NISA口座に非対応。

>残念ですが、仕方がない部分です。

 

いかがでしょうか?

 

率直に申し上げると、

「ある程度のリターンは欲しいけれど、投資に手間と時間をかけられない」

そんな人にとっては、デメリットとして挙げた項目を上手に工夫しながらカバーしていけば、デメリットはさほど気にならないでしょう。

 

さて、ロボアドバイザーのデメリットを十分に理解したうえで、それでもロボアドバイザーを始めてみたいという人にロボアドバイザーのメリットについて説明していきます。

何事にも代えがたい「投資を完全お任せ」できるメリット

ロボアドバイザーのメリットを紹介

ロボアドバイザーのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

まずは、投資に時間と手間がかからない点です。

1、投資に時間と手間がかからない。

ロボアドバイザーは手間と時間がかからない

こちらも先述した通り、資産運用を始めようと思うと「どんな商品に、いつ、どれくらい投資するか」を考える必要があります。

これがいわゆる投資の「ポートフォリオ」と言われるもので、投資先を上手に分散してリスクをコントロールしながら運用出来るよう組んでいく必要があります。

 

とは言っても、投資初心者が初めから最適なポートフォリオを作成するのは困難ですし、万が一作成できたとしてもその金融商品を1つずつ買い付け、その後比率が崩れたら調整することを考えると、物凄い手間がかかることが分かると思います。

 

その手間を全て代行してくれるのが、ロボアドバイザー。

 

投資に関する面倒な部分を全てお任せできるので、忙しい主婦や会社員の方でも投資を始められるというのは大きなメリットであると言えます。

 

2つ目は、投資の知識がなくても始められる点です。

投資の知識がなくても始められる

ロボアドバイザー知識不要

株式投資を本格的に始めようと思うと、ローソク足、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)…など難しい用語の勉強から、国内外の経済状況まで常にアンテナを張って勉強、情報収集が必要になってきます。

それを楽しめる人であれば良いですが、難しいことは可能な限り避けたいという方には投資の勉強は苦痛になり得ます。

 

その点、 ロボアドバイザーの場合は難しい用語を一つも知らなくても、初めからAI(人口知能)の力で上手に運用出来る点は大変に嬉しいメリットであると言えるでしょう。

 

3つ目は、金融機関に騙される可能性がない点です。

金融機関に騙される可能性がない

ロボアドバイザーは金融機関に騙されない

投資を始め方について、金融機関に相談に行く人もいるでしょう。

 

「よくわからないから、担当者に言われるがまま購入してしまった。」
「押しが強く、断れずに購入してしまった」

 

そんな人も結構いらっしゃるようです。

そもそも、金融機関の担当者は「販売員」です。相談者に合った商品より、自分の会社の利益になるものを勧めるのは当然のことです。

 

その点、ロボアドバイザーの場合、投資者の状況に合わせてAI(人工知能)が膨大なデータに基づいた論理的なアドバイスを行ってくれます。

 

勿論、ロボアドバイザーに急かされたり、押し売りされたりする心配はありません。

ロボアドバイザーのアドバイスを見て、なんだか違うと思ったらお金を預けなければ良い話です。

 

このように、 ゆっくり落ち着いて考え、判断できるという点もロボアドバイザーの大きなメリットであると言えますね。

 

 

さて、いかがでしょうか?

 

誰に相談することなく、お金さえ預ければ、後はほったらしで一人で投資できるというのは忙しい人、押しに弱い人は大変に大きなメリットと感じられるのではないでしょうか。

 

さて、ここまでの内容を踏まえて、ロボアドバイザーが向いている人について紹介します。

向いている人

ロボアドバイザー向いている人

ロボアドバイザーでの投資が向いている人は、以下のような人となります。

ロボアドバイザーでの投資に向いている人

  • 資産運用初心者
  • 忙しい人
  • 投資の勉強をしたくない人
  • 少額での投資を行いたい人

 

いかがでしょうか?

ここでも一つずつ、見ていきます。

資産運用初心者

ロボアドバイザーは 資産運用初心者には大変おすすめの商品であると言えます。

 

投資を始めようと思っても、「何をどうすればよいかわからない」という人が大部分でしょう。

ロボアドバイザーであれば、「何をどうすればよいかわからない」状態でも AI(人口知能)が投資者にぴったりの運用方法を選んで、その後の運用までを一括して代行してくれるので、資産運用初心者でも気軽に投資を始めることが出来ます。

忙しい人

ロボアドバイザーは 忙しく投資に時間を取れないという人にも、おすすめです。

 

お金さえ預ければ、あとは自動で投資をしてくれるので、基本的にはほったらかしで大丈夫。

運用状況も専用アプリなどで家にいても、出先でも、いつでもどこでもサクッと確認することが出来ますよ。

投資の勉強をしたくない人

「お金は増やしたい、でも投資の勉強はしたくない」

 

そんな人は、ロボアドバイザーがぴったりですね。

投資の知識が全くなくても、初めからプロが行うかのように上手に運用することが出来ます。

少額での投資を行いたい人

ロボアドバイザーは積立であれば月々1万円~と少額で投資を始めることが出来ます。

 

また、先述した通り1,000万円までであれば保証がされる場合は多いので、ロボアドバイザー運用会社の倒産リスクを回避することも出来ます。

 

さて、ここまでロボアドバイザーでの投資が向いている人について説明してきました。

 

ざっくりまとめると、ロボアドバイザーは、

「少しのリスクは取るから、とりあえず上手に運用しておいて」

といった人には大変おすすめです。

 

さて、万人向けの投資というのはありません。

投資にも向き不向きがあります。

 

続いて、ロボアドバイザーに向いていない人についても見ておきましょう。

向いていない人

ロボアドバイザー投資が向いていない人

 

ロボアドバイザーでの投資に向いてない人

  • 投資の勉強をしたい
  • 短期で資産を何倍にも増やしたい
  • 資産は絶対に減らしたくない。
  • 1,000万円以上の高額運用をしたい。

 

一攫千金を狙いたい人、投資を勉強したい人

→ある程度の知識を付けた上で、 株式投資やFX(外国為替証拠金取引)で自分でトレードしたほうが、無駄な手数料もかからず断然おすすめです。

 

資産を1円も減らしたくないという人

大きなリターンは望めませんが、元本保証のある個人向け国債や銀行預金などで運用したほうが良いでしょう。

 

1,000万円以上の高額資金の運用をしたい人

→1,000万円以上の高額資金の運用の場合、ロボアドバイザーへ預けるよりは、 せっかくのまとまった投資資金を生かしてヘッジファンドに資産運用を完全お任せをしたほうがずっと効率が良いと言えます。

 

>>ヘッジファンドについて知る!

 

さて、いかがでしょうか?

 

ここまでの説明で、自分はロボアドバイザーにぴったりと思った人もいるでしょう。

 

そんな人の為に、続いてはロボアドバイザーの始め方について紹介します。

ロボアドバイザーを始めてみよう

ここでは、ロボアドバイザーの始め方について紹介します。

投資を始めるのって難しそう…そう思う人もいるかもしれませんが、大丈夫。

ロボアドバイザーは始め方まで初心者に優しく、とても簡単です。

ロボアドバイザーの始め方

ロボアドバイザーの始め方について

ロボアドバイザーの始め方

  1. ウェブ上でロボアドバイザーの口座開設申し込みを行う。
  2. 口座開設完了通知が届く(郵送)。
  3. ウェブ上で投資に関する簡単な質問に答える。
  4. 開設した口座に入金する。
  5. 自動積立の設定を行う。

 

いかがでしょうか?

 

運用会社によって多少の違いはありますが、基本的にロボアドバイザーの手続きは全てウェブ上で完結するので、「はじめたいな」と思った時に、いつでも始めることが出来ます

 

最後に、編集部おすすめのロボアドバイザー運用会社を3社紹介します。

 

おすすめ運用会社

ロボアドバイザーおすすめ運用会社紹介

ここでは、編集部が厳選したおすすめのロボアドバイザー運用会社を3社紹介します。

1つ目は、ウェルスナビ(WealthNavi)です。

長期割引で投資にかかるコストを節約!ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビ

ウェルスナビ(WealthNavi)は、利用者が多く投資初心者に人気のロボアドバイザー運用会社です。

 

ウェルスナビで運用することの一番のメリットと言えば、「長期割」が利用できること。

長期的に利用することにより手数料が 最大0.90%(年率)も割り引かれ、投資コストを最大限に抑えて投資することが出来ます

 

ロボアドバイザーで不要な投資コストを省き、効率よく資産を増やしていきたい人は、ウェルスナビ(WealthNavi)で投資デビューをすると良いでしょう。

 

次は、楽ラップです。

リスクを抑えて運用出来る!楽ラップ

楽ラップ

楽ラップは大手の楽天証券が運営しているということで、大変に人気のロボアドバイザーです。

 

既に、楽天証券の口座をお持ちの方は、口座開設の手間が省け手軽に始めることが出来ますよ。
楽ラップの大きな特徴としては 、下落ショック軽減機能(TVT機能)がついているところです。

下落ショック軽減機能がついているので、株式市場の価格変動リスクが高まった時に株式への投資比率を減らし、債券の投資比率を高める値下がりのリスクを回避することが出来ます。

 

値下がりのリスクを最大限に抑えて安全に運用していきたい人は、楽ラップで運用を始めるのも良いですね。

 

最後は、テオ(THEO)です。

少額から投資できる!テオ(THEO)

THEO

テオ(THEO)はお金のデザイン(株)が運営しているロボアドバイザーで、こちらも使い勝手の良さから大変人気を集めています。

 

テオ(THEO)の一番の特徴としては、1万円の少額から投資を始められるところ。

投資初心者がいきなり大金で投資を始めることは怖いですよね。

 

毎日のコーヒー代など、少しの節約で生み出した 少額資金で投資を始められるのは嬉しいポイントです。

 

とりあえず少額から投資を始めてみたいという人は、テオ(THEO)を利用するのも良いですね。

 

ここまで、いかがでしょうか?

 

今回は3つのロボアドバイザー運用会社を紹介しましたが、特におすすめなのが、ウェルスナビ(WealthNavi)です。

 

まず、運用成績が安定しているところは勿論の事、長期的な投資を行うことで手数料の割引が受けられ、余計なコストを最大限に省いて投資できるのは嬉しいところ。

また、利用者数が多く、安心できるところからも現段階で一番おすすめのロボアドバイザーと言えるでしょう。

 

最後に、まとめです。

気になるなら少額から始めてみよう

ロボアドバイザー少額から始める

ここまでロボアドバイザーのデメリット、メリット、ロボアドバイザーに向いている人から、編集部おすすめのロボアドバイザー会社までまとめて紹介してきました。

 

ロボアドバイザーには若干の手数料がかかる、NISAが利用できないなどのいくつかデメリットがありますが、投資の勉強や実際の運用の手間から解放され、投資に関してまとめてお任せ出来ることを考えると多少のデメリットには目をつむり投資する価値は十分にあると思います。

 

「ロボアドバイザーが気になるけれど、一歩踏み出せない」

 

そんな人は、まずは少額からお試しで投資してみると良いでしょう。

 

やってみて、合わないと思ったら辞めればよい話。

積立であれば1万円からの少額から投資できるところが多いので、試してみると良いでしょう。

 

本サイトでは資産運用初心者向けの情報もアップしています。お金について気になることがあれば、是非立ち寄ってみてくださいね。

参考記事

Twitterでフォローしよう