簡単にはじめられる投資信託はメリットだらけではない?2つのデメリット!

投資信託メリットデメリット

投資の初心者には投資信託がピッタリと言われていますが、もちろんデメリットも存在します。ここでは元証券ウーマンのさくらが投資信託の魅力的な点と気をつけなければならないデメリット、また、デメリットを補うためにできる方法について伝授致します。

 

まずは初心者の方にもわかりやすいように、投資信託とはどのような仕組みになっているのかご説明差し上げます。基本からしっかり押さえていきましょう。

この記事の要点

・投資信託ひとつで分散投資できる
・ノーロードファンドを活用してデメリットとなる手数料を抑える
・積立で時間も分散

投資信託とは

投資信託は略して投信(とうしん)、またはファンドと呼ばれています。仕組みですが、株や債券をパックにしており、中身の組入資産は、国内だけを対象としたものから海外のものまで多種多様です。

 

また、実際の運用は投資信託運用会社によって行われており、中身の株式や債券等の売買タイミングもファンドマネージャーと言われる専門家達によって決定されます。

 

投資信託の仕組み

 

投資家が直接株式や債券を買うのも、投資方法としては主流ですが、知識に自身がなかったり、マーケットを見る時間がないと、どうしても気が進まなかったりしますよね。投資信託の場合はプロに任せておけるという点が最大のメリットです。次の章で投資家をの心を掴む投資信託のメリットについてみてみましょう。

良い点

ここでは、投資信託が人気である3つのメリットをご紹介致します。

1、少額から投資可能

株式や債券は最低投資額が100万円を超すものもありますが、投資信託の場合、通常1万円からはじめられることがメリットの1つです。最近では100円から買付できるものもあり、気軽に投資できる点が評価されています。

 

販売会社別投資信託最低投資額

証券会社名 最低投資額
SBI証券 100円以上1円単位
楽天証券 100円以上1円単位
カブドットコム証券 100円以上1円単位
松井証券 100円以上1円単位
マネックス証券 100円以上1円単位
大和証券 1,000円以上1円単位
野村證券 投信により様々

 

全ての投資信託に上記最低投資金額が当てはまるわけではありませんので、ご購入前に証券会社や銀行へご確認下さい。以上のように投資信託は最低購入額が安いという点がメリットです。株や債券には投資額が大きくなるというデメリットもありますが、投資信託なら気軽に購入することができますね。

2、運用はプロにおまかせ

初心者にとって投資信託で運用する最大のメリットは、投資のプロが管理してくれる点でしょう。実際の運用は投資信託運用会社で行われています。100%の確率で利益が出せるものではありませんが、初心者が運用するより専門家に任せたほうが安心感がありますよね。

 

投資信託は様々なテーマに沿って作られていますので、自分の興味ある分野に投資でき、尚且つプロに運用を任せられるのが最大のメリットです。

3、分散投資が可能

中の組入資産が多いので必然的ではありますが、分散投資が可能な点も大きなメリットといえます。「卵はひとつのかごに盛るな」という投資の格言をどこかで聞いたことがありませんか?ひとつのかごに盛ること=一つの銘柄、金融商品へ集中投資を指します。

 

分散投資

 

上記の絵のように、集中投資をしたかごの卵は、ひとつでも衝撃を受けるとすべてに被害が及び、リスクが高いと言えます。しかし、卵を分けておけば、衝撃を受けても4つの卵は無事です。分散投資には部分的にマイナスを被ったとしても、他でまかなえる可能性があるというメリットがあります。

 

メリットについてご理解頂けたかと思いますが、投資信託にはデメリットも存在します。次の章でデメリットとなる点について確認してみましょう。

悪い点

大きく分けて2つのデメリットがありますが、デメリットを最小化させるデメリット対処法も次の章でご紹介致します。

1、元本保証ではないのでマイナスになる可能性がある

投資信託だけに言えるデメリットではありませんが、金融商品なので元本保証ではないです。中身の株式や債券等の成績によっては損失が出る可能性もあります。

 

2017年3月に発表された金融庁の説明資料によると、10年以上存続している国内株式を投資対象とした投資信託のうち、なんと33.8%がマイナス成績となっています。不安を煽ってしまうようですが、3割を超える投資信託でマイナスが出ていたのは事実です。しかしこれは国内株式を投資対象としていた場合の結果であり、債券等が一緒に組み入れられている場合ではまた成績が異なります。

 

ここに関しては、あとの章でマイナスになる可能性を最小限にさせるデメリット対処法をご紹介致しますのでご安心を。

2、手数料がかかる

一般的に投資信託の手数料は高く、これは投資信託を資産運用に利用する最大のデメリットであると言われています。それもそのはず、株式売買はネット証券などの手数料が安い会社であれば、100円出せばお釣りが出てくるからです。(売買金額が~10万円の場合)

 

投資信託は複数の商品を合わせている仕組みなうえに、それをプロが運用してくれているメリットがあるので株式と比べるのは土俵違いですが、やはり高いなと感じてしまいますよね。実際、投資信託は仕組み上、購入時の手数料を含めて3つの手数料がかかりますので詳細を見ていきましょう。

 

  1. 購入手数料
  2. 信託報酬
  3. 信託財産留保額

 

それぞれどのようなときにかかる手数料なのか確認しておきましょう。

 

購入手数料:買うときに1度だけ支払う

投資信託を購入する際に証券会社や銀行などの販売店へ支払う手数料で、買い付け額の何%として計算されます。ほとんどの投資信託で1~3%(+税金)の手数料が設定されており、同じ投資信託であっても販売店によって手数料額が異なる場合もあります。

 

ものによっては「ノーロード型」といい、販売手数料がかからない投資信託もあります。上手に活用して、無駄なコストを省けると良いでしょう。

信託報酬:保有期間中は毎年支払う

投資信託の運用に関わるコストをまかなうための手数料、運用管理費と呼ばれることもあります。買い付け時に別途支払うわけではなく、投資信託を保有している期間、日々間接的に支払いが行われます。ほとんどの投資信託で年間0,5%~2%程の信託報酬がかかります。売買を頻繁に行う株式型等のファンドは仕組みの為、信託報酬が高めに設定されていることが多いです。

 

長期で持ち続けることの多い投資信託ですから、最終的なリターンをに大きな影響を及ぼすのがこの信託報酬です。年間の運用成績よりも信託報酬の方が高くなってしまっている場合はプラスにならないので、注意が必要です。

信託財産留保額:解約するときに1度だけ支払う

投資信託を解約するときに支払う手数料です。投資家が投資信託を解約すると、運営会社は持っている株式や債券を売却して、現金を準備しなくてはならず、投資信託の運用パフォーマンスに影響を与えるデメリットとなります。このようなことから、むやみやたらに投資信託を解約する投資家が出ないよう設定した手数料であり、ほとんどの投資信託では基準価額に対して0,1%~0,5%程度が差し引かれます。

 

誰かが投資信託を解約すると、支払われた信託財産留保額は投資信託の資産へと組み込まれます。すると投資信託の基準価額が上がるため、継続して投資信託を保有している投資家にとってはプラスになると言えます。

 

成績はどうであれ、運用をプロに任せているわけですから対価の支払いは必要です。しかし、少しでもデメリットやリスクが解消できれば良いと思いませんか?以下の章でデメリット対処法、安全かつお得に投資信託を選ぶポイントをご紹介致します。

デメリット対処法

マイナスになる恐れがあることも、デメリットとなる手数料がかかることも完全に無くすことはできませんが、マイナスになるリスクを低くしたり手数料を安く抑えることは可能です。さらにもう1点リスクを減らせるデメリット対処法があるので、3点合わせてご紹介致します。

 

  1. 分散投資はバランス型投資信託で叶う
  2. ノーロードファンドなら購入手数料が0円
  3. 積立てによる時間分散で購入価格を安く抑える

 

上の3点を守れば、デメリットの最小化と安全に運用できる可能性が高まります。早速、1つずつ詳しく見ていきましょう。

1、マイナスを防ぐには、バランス型投資信託で分散投資

メリットでも挙げた分散投資をしっかりしてあげることで、マイナスを抑えることが可能です。投資信託の中には、株だけを組み入れたものや、債券だけのもの、更には国を限定したものや、ひとつのセクター(業種)に集中させたものなどがあります。

 

多くの種類の投資信託を買うことで分散投資をする方法もありますが、沢山持つよりは、広い範囲に分散された投資信託を1つ買うことで同じような効果を得ることが出来ます。

 

バランスファンド

 

このようなファンドをバランスファンドといい、国内外の色々な株式や債券等に投資できるのがメリットです。また、興味のある分野に集中的に投資したい場合であっても、投資信託であれば複数の企業に投資をすることと同じ効果があるので、1つの株式に集中投資するよりはリスクが低くなるといえます。

 

たとえばIT系に投資したい場合、アップルの株式だけを買うのと、他のIT系株もパックになった投資信託を買うのでは、リスクが異なります。

 

アップル

 

この場合、アップル社の成績が悪かったとしても、他会社の成績が良ければファンドとしては挽回可能です。自身の取れるリスクをしっかり把握しリスク許容度に合わせた商品を選ぶことや、メリットだけでなく、デメリットに関してもしっかり理解しておくべきです。万が一損失が出た場合であっても納得できるような商品選びを心がけましょう。

 

実際におすすめの投資信託をご紹介している記事がありますので、こちらも参考にしてみて下さい。

>>初心者向け投資信託の選び方

2、ノーロードファンドで手数料を抑える

先述した通り、最近ではノーロードファンド(ノーロード型投資信託)という、購入手数料のかからない投資信託もたくさん販売されているので、上手に活用しましょう。通常のファンドですと2~3%の購入手数料がかかりますので、これをゼロに抑えらるのは大きなメリットと言えます。

 

例えば購入手数料3%の投資信託を10万円分購入した場合、買付時に3,000円が引かれる計算になりますので、3,000円分の運用リターンを取る必要があります。スタートラインが下がってしまうので、このまま上がらなかった場合はマイナスの運用成績となり、せっかく運用しても意味がなくなってしまいますよね。

 

また、ファンドの運用にかかる管理費として信託報酬も購入前に確認しなければならない手数料です。購入手数料のように直接支払うものではありませんが、保有期間中に運用資産から間接的に支払いがされるので、高ければ高いほどデメリットとなります。高いものだと毎年2%以上が信託報酬として引かれるものもありますので、買付前のチェックは欠かせません。だいたい1%以下におさまる程度が妥当なラインではないでしょうか。

 

プロにお任せできるというメリットの反面、手数料が高くなるというデメリットにも成り得ます。さて、もう1点リスクを減らす効果的な技をご紹介致します。

3、積立で時間分散

投資信託にも日々値段が付きますから、高いところで買ってしまったということが起きるかもしれません。買ったときがちょうどその投資信託の天井で、その後は下がる一方…なんてことにはなりたくないですよね。そんなときに有効なのが投資信託の積立(投信るいとう)です。

 

定期的に同じ金額で投資信託を積立てていく方法なのですが、積立によってもたらされる効果をドルコスト平均法と呼びます。これを使うと「高いときに買ってしまった」というリスクを避けることができます。投資信託は、宝くじのように1口いくらといったように計算します。

 

ドルコスト平均法を使うと、基準価額(投資信託の値段)が低いときはより多くの口数を、反対に高いときは購入口数を抑えることになります。では、一括購入とドルコスト平均法を使った場合とではどのような違いがあるのでしょうか?実際の効果を確認してみましょう。

 

ドルコスト平均法

 

例えば、購入時の基準価額が1万円の投資信託を100万円分買うとします。一括購入の場合はもちろん100口買える計算になりますね。(手数料は考慮していません)そこでここでは、ドルコスト平均法を使って例えば5ヶ月間、月に20万円ずつ積立てるとします。

 

購入日 基準価格 購入できる口数
7月 10000万円 20口
8月 10500円 19口
9月 9000円 22口
10月 8500円 23口
11月 8000円 25口

計109口

 

投資信託の基準価額の低い月に購入できる口数が増えるため、総合的に見るとお得に買えることがわかると思います。もちろん基準価額が高いときは購入できる口数が減りますが、高値で買ってしまうというリスクを避けることができるでしょう。

リスクも知った上ではじめよう

投資信託は大変魅力的なメリットのある商品ではありますが、デメリットやリスクがあることもお分かり頂けたかと思います。メリットもデメリットもしっかり理解したうえで投資することが大切です。

 

少額から始められ分散投資もでき、さらにプロに任せられる投資信託は初心者の方に特におすすめです。どれくらいのリスクであれば取れるのか、デメリットも考えた上で投資信託をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう