手数料のかからないノーロード型投資信託とは?

投資信託の手数料

「はじめようと思った投資信託の手数料が高くてなかなか手を出せずにいる」、「持っている投資信託の手数料が高くて驚いた」なんて経験はありませんか?

 

手数料はたった数%とはいえ、購入するだけで何千円、何万円と購入する金額が高くなると何十万円、時には何百万円になることもあります。

 

なので、「証券会社や銀行でオススメされる投資信託は手数料がぼったくりだからやらない」というお客様も中にはいらっしゃいました。

 

しかし、投資信託に手数料が設定されているのにはしっかりとした理由があるんです。

 

最近ではノーロード型の投資信託という購入手数料がかからないものも人気を集めていますが、「手数料を払わないなんてお得だけど、裏があるのでは?」と勘ぐってしまいますよね。

 

ここでは元証券ウーマンの私が、ノーロード型の投資信託の実態と落とし穴、投資信託に手数料が必要なワケをわかりやすくご説明致します。

 

ノーロード型の投資信託での運用をお考えの方にオススメの投資法も伝授致しますので必見です!

ノーロード型と普通の投資信託の違い

ノーロードファンドとも呼ばれる購入手数料が無料の投資信託。

 

投資信託といえば、証券会社や銀行に高い手数料を支払って購入することが多いので、手数料がゼロだとかなりお得に感じますよね。大多数の投資信託では平均して3%程の購入時手数料がかかるため、その場合は運用成績が3%を上回らない限り、利益になりません。

 

では、ノーロード型の投資信託だと3%以上の利益を出さなくとも、プラスになるの?といえばそうでもないのがノーロード型の投資信託の落とし穴です。

 

実際には、ノーロード型の投資信託にも手数料はかかっているのです。

投資信託にかかる手数料の種類

そもそも投資信託にはいくつもの手数料がかかっているわけですが、「複雑でよくわからない」という方のために簡単にご説明させて頂きます。

購入手数料:買うときに1度だけ支払う

投資信託を購入する際に証券会社や銀行などの販売店へ支払う手数料で、買い付け額の何%として計算されます。ほとんどの投資信託で1~3%(+税金)の手数料が設定されており、同じ投資信託であっても販売店によって手数料額が異なる場合もあります。

 

ノーロード型の投資信託の場合はこの購入手数料がゼロになります。

信託報酬:保有期間中は毎年支払う

投資信託の運用に関わるコストをまかなうための手数料、運用管理費と呼ばれることもあります。買い付け時に別途支払うわけではなく、投資信託を保有している期間、日々間接的に支払いが行われます。ほとんどの投資信託で年間0,5%~2%程の信託報酬がかかります。

 

長期で持ち続けることの多い投資信託ですから、最終的なリターンをに大きな影響を及ぼすのがこの信託報酬です。年間の運用成績よりも信託報酬の方が高くなってしまっている場合はプラスにならないので、注意が必要です。

 

ノーロード型の投資信託では購入手数料ゼロになりますが、信託報酬が他の投資信託よりも高く設定されている場合もあるので購入前にしっかり確認するようにしましょう。

信託財産留保額:解約するときに1度だけ支払う

投資信託を解約するときに支払う手数料です。投資家が投資信託を解約すると、運営会社は持っている株や債券を売却して、現金を準備しなくてはならず、投資信託の運用パフォーマンスに影響を与えます。このようなことから、むやみやたらに投資信託を解約する投資家が出ないよう設定した手数料であり、ほとんどの投資信託では基準価額に対して0,1%~0,5%程度が差し引かれます。

 

誰が投資信託を解約すると、支払われた信託財産留保額は投資信託の資産へと組み込まれます。すると投資信託の基準価額が上がるため、継続して投資信託を保有している投資家にとってはプラスになると言えます。

ノーロード型に潜む落とし穴

購入手数料だけでもゼロになるなら、ノーロード型の投資信託ってお得なのでは?思ってしまいますよね。

 

しかしノーロード型の投資信託にも落とし穴があります。代表的な落とし穴を2つご紹介しますので、ノーロード型の投資信託の購入を検討されている方は必見です!

長期で持つほどコストが高くなる!?

購入手数料ゼロ・信託報酬が年1.5%のノーロード型投資信託と、購入手数料が2.0%・信託報酬が1.0%の投資信託に対して、30万円ずつ投資を行い、10年間保有したとします。

 

すると、

販売手数料 信託報酬(10年) トータルコスト
ノーロード型投資信託 0円 45,000円 45,000円
手数料ありの投資信託 6,000円 30,000円 36,000円

 

入口の購入手数料がゼロとはいえ、信託報酬に0.5%の差があるだけでノーロード型の投資信託のほうが最終的にかかるコストが高くなることがわかります。保有期間が長くなるほど信託報酬はかさんでいくので、長期投資予定であれば尚更気を付けなければいけないポイントとなります。

 

購入手数料がゼロだからとは言え、絶対にお得になるというわけではない点を覚えておきましょう。

購入手数料がかからない=運用コストを削っている?!

そもそも投資信託に手数料がかかっている理由は、どんな商品を組み合わせて上手く運用していくのか分析するアナリストや、賢いファンドマネージャーを雇うための人件費が必要だからです。

 

ではその購入手数料がかからないノーロードファンドの運用会社で何が起きているかというと、ズバリ「人件費の削減」です。すると、優秀なアナリストやファンドマネージャーが運用するわけではないので、高度な運用技術や知識がなくとも作れるような投資信託ばかりになります。

 

現在販売されているほとんどのノーロード型の投資信託は、「インデックス型」と言われるベンチマークに沿った運用成績を目指す商品です。

 

インデックス型の投資信託で最もわかりやすく馴染みのある商品が、日経平均株価やTOPIXなどの市場全体の動きを表した指標に合わせたものです。

 

これであれば日経平均株価を形成する銘柄をほぼ自動的に組み入れれば良いため、優秀なファンドマネージャーを雇わなくとも作ることが可能になります。

それでもやはり低い手数料で投資したい。

そんな時におススメな投資方法は「世界中の資産ごちゃまぜ投資法」です。

 

ノーロード型の投資信託はインデックス型の商品がほとんどなので、同じ国・同じ商品であれば組み入れられている資産に大きな差はありません。差があるのは信託報酬だけなので、徹底的に信託報酬の安いノーロード型の投資信託を探して、複数保有してみるといいでしょう。

 

組み合わせ例

 

  • 国内/株
  • 国内/債券
  • 国内/REIT(不動産投資信託)
  • 海外(先進国)/株
  • 海外(先進国)/債券
  • 海外(先進国)/REIT(不動産投資信託)
  • 海外(新興国)/株
  • 海外(新興国)/債券
  • 海外(新興国)/REIT(不動産投資信託)

 

ずらっと並べると相当な数になるように見えますが、これらの投資信託に小額ずつ投資することも可能です。

 

低リスクなポートフォリオ
積極的にリターンを狙いに行くポートフォリオ

全ての資産を同じ割合ずつ保有することも可能ですし、リスクを抑えたい場合は国内と先進国の債券を多めに取り入れるといいでしょう。反対にリスクを承知でリターンを狙う場合は、株やリートの割合を増やすことで高いリターンを狙うことができます。

 

他に金や穀物、原油などを対象とした「コモディティインデックス」と呼ばれるものも存在します。しかし、コモディティインデックスは信託報酬が高めに設定されていることが多く、値段の振り幅も激しい為、ここでは省いて紹介しました。

大事なのはコストよりもリターンである

投資を始めた際、「銀行に置いておいても金利がつかないから」、「受け取れる年金額も少なくなるって言われているし、将来の資金準備のため」など、「今ある資産を少しでも増やす」ことを目標としていた方がほとんどではないでしょうか?

 

目先のお得感にとらわれて運用成績の良くない投資信託を選んでも、本末転倒になり兼ねません。低コストで運用したい投資信託と、手数料を払ってプロに任せる投資信託と複数本立てで持つことで分散投資にも繋がります。

 

甘い誘い文句だけに捕らわれず、中に組み込まれている金融商品と今後の期待度をしっかり吟味して、納得のいく投資信託と長くお付き合いすることが理想といえるでしょう。

 

ノーロード型の投資信託で運用する場合は、同じテーマなら信託報酬が安いものを選ぶこと、そして分散投資で効果的に運用することをオススメ致します!

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう