少ない金額で利益の最大化を図るレバレッジ投資

レバレッジ投資
レバレッジ投資とは一体何を指すのかご存知ですか?ぼんやり「小さい金額で大きな取引をする」と理解されている方も多いのではないでしょうか。

 

実はレバレッジをうまく使えば10万円が30万円になることも珍しくありません。ここでは元証券ウーマンのさくらがレバレッジとは一体何者なのか、またレバレッジを用いた投資を行うにあたって知っておくと便利な知識をご紹介致します。うまい投資話にはウラがあると言いますが、実際どうなのでしょうか。一緒に探っていきましょう。

 

この記事の要点

・レバレッジ投資で利益率UPが可能に
・レバレッジを使えば下げ局面でもリターンを狙える
・初心者は低めの倍率がおすすめ

 

レバレッジとは

テコの原理を想像して下さい。テコの原理を使うと、小さな力で大きなものが動かせるようになりますよね。金融用語ではレバレッジも同じように取引の「道具」として使われます。

 

レバレッジを使うと、実際に持っている資金の何倍もの大きな取引ができるようになります。

株式取引でレバレッジを使う

まずはわかりやすいように、株式取引の際にレバレッジを使った例を見ていきましょう。

 

現物取引は、自分の持ち合わせている資金の範囲内で取引が可能ですから、100万円分の買いたい株があれば100万円を用意する必要がありますね。(手数料は考慮していません)

 

株の現物取引

 

株だけに限らず、私達が生活する上で行う取引のほとんどが現物取引です。お買い物をするにしても、持っているお金以上のモノは買えませんよね。

 

さて、株式取引でレバレッジを使う場合は、信用取引と呼ばれます。自分の元手資金(証拠金)は100万円ですが、証券会社からお金を借り、300万円分の株を買うことが出来ます。(借り入れは証拠金の3倍までです。)300万円分の株が手に入ったわけですから、利益が出れば3倍、しかしマイナスが出ればもちろんそれも3倍となります。

 

信用取引

 

信用取引を行う際は、証券会社にて信用取引専用の口座を開設しなければなりません。口座開設にあたっては証券会社の審査があり、投資の経験が豊富であることや、ある程度の資金が無いとはじめられません。よって、少々敷居が高いといえるでしょう。

 

そこでレバレッジを使った株の取引(信用取引)よりも敷居が低く、はじめやすいのがFXでレバレッジを使う方法です。

FX(外国為替証拠金取引)でレバレッジを使う

まずは、FXを使うとどのように収益・損失が出るのか確認しましょう。

 

FXレバレッジ

 

このとおりFXは、為替の動きを使って為替差益を狙う取引です。上記の図のように為替が一気に10円程度上下することはほとんどなく、日々の変動は平均1円以内となっています。

 

たとえば10万円ではじめて、対米ドルレートが1円円安になるだけですと1,000円の儲けしか出ませんから、多くの投資家が大きな利益を狙ってレバレッジを使った取引をします。投資資金10万円、レバレッジ5倍で取引をするとします。レバレッジが5倍なので50万円分(5,000ドル分)の取引をしていることになりますね。

 

レバレッジ

 

元手の資金額は10万円と同じですが、レバレッジをかけると収益も損失も5倍の5万円になることがわかります。

現物取引ではできないレバレッジ投資

ここまではわかりやすく円高のタイミングで買って円安で売り、利益を出す方法をご紹介しましたが、レバレッジ投資には下げ局面でも利益を出す方法があります。

下がるときにも利益を出せる

投資の大前提といえば、安く買って高く売ることですよね。しかし、株の信用取引やFXで担保をもとに取引すると、売りからはじめることもできます。このような形式の売りをショートと呼んでいます。(株の現物取引の売りはショートとはいいません。)

 

「持ってもいないものを売るってどういうこと?」と思う方も心配いりません。お父さんの時計を例にわかりやすくご説明致します。

 

ある日Aくんは、お父さんの高そうな時計を質屋に売りました。質屋さんは100万円で買い取ってくれました。次の日質屋さんに行くと、なんと80万円で売っていたので、Aくんは買い戻しました。これでAくんは20万円の利益を得ることができました。

 

時計

 

時計はもともとAくんのものではなく、お父さんのものでしたよね。このようにショートは、もともと手元にないものを、あたかも自分のものかのように売って、安いところで再び買うという方法です。

 

ショート

ETFでも活用できる

レバレッジをきかせたETFも毎日多くの投資家が売買しています。ETFとは取引所に上場している投資信託のことを指し、株のように時価で売買ができます。現物取引、信用取引が可能な投資信託です。

 

そんなEFTの中でも、代表的で日々の売買が多いファンドが1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投資信託 です。これは日経平均株価の騰落率の2倍として計算された指数に連動するように動きます。

 

レバレッジ

引用:>>野村アセットマネジメント 交付目論見書(外部リンク)

 

取引資金に対するレバレッジではなく、騰落率に対してのレバレッジですので担保となる証拠金等は必要ありません。しかし、これを信用取引として買い付ける場合は信用取引口座の開設および金額に対して証拠金の入金をしなければなりません。信用口座で買付けた場合のレバレッジは以下のようになります。(信用取引のレバレッジは最大3倍)

 

信用口座で買付けた場合のレバレッジ

現物取引のレバレッジETF買い 信用取引のレバレッジETF買い
100万円×騰落率2倍=200万円分の取引 最大300万円×騰落率2倍=600万円分の取引

気をつけるべきこと

レバレッジ投資は低い金額で大きな取引をすることができ、うまく行けば利益もその分大きく出ますが、気をつけなければならない点もあります。

追証や強制ロスカットが発生する可能性がある

まず、株の信用取引をはじめるときに担保として委託保証金を証券会社に預けます。この委託保証金には最低保証金率が定められており、信用取引をしている金額に応じて保証金率は変わります。最低保証金率とは、取引している金額に対して最低限維持しなければならない保証金の割合のことですね。

 

株が値下がり等で評価が落ちている場合、追加の保証金の入金が必要になります。FXにおいても同様で、取引をする際に証拠金を預けますが、取引損失によって証拠金が一定以上減ってしまうと、証拠金の入金(追証)が追加で必要となります。追証は入金が遅れるとペナルティが課されますので、あらかじめ余裕のある資金を入金しておくなどして対策しましょう。

 

また、FXにおいては一定の証拠金維持率になるとロスカットというものが発動します。これ以上のマイナスを被らせないため強制的に決済するという投資家保護の制度です。証券会社が強制的に損切りしてくれると言ったらわかりやすいと思います。

 

為替相場も急激な変化がないとは言えませんので、相場を読むことは本当に難しいです。あまりにも高いレバレッジをかけたり、借入金などの余裕資金以外での取引はやめましょう。

不動産投資にも活用可能

不動産投資を行う際にもレバレッジを活用することが可能です。可能です、というよりはほとんどのみなさんがこのレバレッジを使って投資をしているはずです。不動産投資におけるレバレッジとは、ずばり銀行からの融資を受ける(借入)ことを指します。

 

元手となる自分の資金が1,000万円であったとしましょう。1,000万円で購入した不動産の年間収益が80万円、1,000万円を頭金に銀行で2,000万円を借り入れ3,000万円の不動産を購入した場合の年間収入が240万円とします。利回りはどちらも同じ8%となります。

 

借入の2,000万円分にはもちろん金利を銀行に払わなければいけません。これを3%と仮定すると年間に60万円を利息として支払います。240万円-60万円=180万円ですので、実際の年間収入は180万円です。

 

不動産のレバレッジ
引用:>>>みずほ不動産販売(外部リンク)

 

このように不動産投資もレバレッジを使うことで効果的に投資できる可能性があります。しかし、メンテナンス費用がかかることや空室が出た場合収入が無くなってしまうこと、築年数が長くなるほど不動産としての価値は落ちていく等、不動産投資には金融資産とはまた違ったリスクもあるといえます。あまりにも高額な借入を行うことはおすすめできません。

はじめるなら

ここまで、レバレッジをかけた投資方法についてまとめてきました。続いて、これからレバレッジを利用して投資を行いたい方の為にレバレッジかけた投資を始める際のポイントを2つ紹介していきます。

1、ポートフォリオの一部に組み入れる

どの投資方法にも言えることですが、ひとつの金融商品に自分の金融資産のほとんどを注ぎ込むことは大変リスクが高いと言えます。

 

日本を生活拠点にしているのに、資産のほとんどを他国の通貨で持ち、その通貨が円に対して暴落したらどうなるでしょうか。精神衛生的に考えてもよろしくないと思います。しかし、他の金融資産があれば他ので挽回できる可能性があります。FXも株も、他の金融資産と組み合わせて持ってリスクを減らすようにしましょう。

2、まずは高すぎない倍率で行う

高いレバレッジをかけて後で大きな損を被った人も実は沢山います。

 

現在日本のFXを取り扱う会社では最大レバレッジが25倍と定められていますが(海外では100倍や1000倍まで取り扱う会社も)、はじめからこれほど高いレバレッジをかけて投資するのはおすすめ致しません。

 

レバレッジをかけて投資を行う際は、リスク管理をしっかりと行い、予想と反対の値動きをした際にも出来るだけ損失を抑えられるよう、特に上記2点に関しては常に心に留めて取引にのぞみたいところです。

まとめ

さてここまで、レバレッジを用いた投資について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

先述した通り少ない資金で大きなリターンを狙える点でレバレッジを用いた取引は大変魅力的な投資方法ではありますが、元本が増えた分、その分大きな損失を追うリスクが伴います。レバレッジを用いて投資を行う際は、慣れるまでは「3倍」など無理ない投資を心がけられると良いでしょう。

 

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう