個人向け国債はマイナス金利の下でも安心できる?

マイナス金利下で国債を運用する意味
日本ではマイナス金利政策が始まって3年以上が経過しました。預金に眠っていたお金がようやく重い腰を起こして投資へと向いて来ていると言えます。しかし、このマイナス金利政策が始まり国債の利回りがマイナスになっているのにも関わらず金融機関は国債を買い続けています。購入時よりも満期で返ってくる金額の方が低いのになぜ国債にこだわるのでしょうか?

ここではマイナス金利下であっても国債で運用を続ける意味と、個人への影響について解説致します。まずはマイナス金利政策の中身と仕組みについて簡単にご説明差し上げます。

この記事の要点

・まとまった利益は期待できないがリスクを取れない資金は、マイナス金利下でも国債での運用を考えると良い。
・これから国債での運用を始めるのであれば、変動10年国債でキャンペーンを利用しお得に始めるのがおすすめ。

編集部員
さくら
資産運用初心者の方で、まず何か運用を始めたいという方は個人向け国債から始めるのがおすすめ。金利は低いですが、選ぶ商品によっては今後の金利上昇で少しのリターンを期待できるかも知れません。

政策の意図と民間銀行への影響

マイナス金利は貯蓄されていた資金を市場に流し経済を活発化させ、物価上昇率2%達成のための政策の1つとして始まりました。2016年2月16日から始まった、日本銀行が民間銀行から預かっている当座預金の一定部分ににマイナス金利を課す政策のことです。

既に預けられていた金額ではなく、今後新たに追加で預け入れをした超過準備金という部分にのみ-0.1%のマイナス金利が適応となりました。これによって民間銀行は当座預金の額面に対して相応の金利を日本銀行に支払わなければなりません。

 

通常の金利では、お金を預けた側は利息を受け取ることができますよね。しかし、マイナス金利では、預けたお金に対してさらに利子の支払いも必要となります。民間銀行は日本銀行にも金利を支払い、預金者(お客さん)にも利息を提供しなければならない、いわば板挟みの状態になったのです。さらにマイナス金利で、もともと低かった国債の利回りまでマイナスになったことにより、銀行は低リスクでの運用による利益の確保が難しくなりました。

 

国債の利回りがマイナスということは、買ったときの額面よりも満期で戻ってくる額面が少なくなることを表します。減ってしまうのであれば現金や他の商品を保有したほうが良さそうですが、なぜマイナス金利の下でもわざわざ国債にこだわるのでしょうか?

現金保有を避ける理由

銀行目線でのお話になりますが、銀行も一企業ですので生き残るためには利益を出す必要があります。1つ目の理由から順に見ていきましょう。

現金保有を避ける理由

  1. 現金で保有するにはコストがかかる
  2. 銀行も利益を出す必要がある
  3. 国債は日銀が買い取ってくれる

1、現金で保有するにはコストがかかる

現金で保管しておくには、場所も必要ですし警備に当たる人間の人件費もかかりますね。だいたい預金額の1%程度がコストとしてかかると言われています。なので現金で保有しておくよりも損失少ない国債にしておくのです。現金での保有が一番安心できそうですが、意外とデメリットは大きいと言えます。

2、銀行も利益を出す必要がある

銀行もひとつの企業ですから、利益を出さなければいけません。銀行業務のうち代表的なものが”融資”です。お金を貸す間、貸した相手から金利を受け取ることで利益を出していた銀行ですが、ゼロ金利政策~マイナス金利政策によって、その利ざやがほとんど期待できなくなってしまいました。

 

さらに、預金者から預かったお金を運用して利益を出す必要がありますが、同時にそれらは流動性(すぐに換金できる)を保たなければならず、ましてや運用に失敗して損失を出すような真似はできません。銀行側が預かったお金を、預金者が引き出したい時に引き出せないという自体はあってはならないからです。よって銀行は高いリスクをとらずに運用する必要があります。

とは言えマイナス金利が始まってから民間銀行は日本銀行にお金を預ければ損失、低リスクで運用できる国債もマイナス金利の下では利益が出せません。それなのにも関わらず銀行が国債を購入し続けている理由は何なのでしょうか。

3、日本銀行が買い取ってくれる

マイナス金利で国債の値段は100だったものが102や103に上がります。しかし満期(償還)時に返ってくる額面は絶対に100です。102で買って100で返ってくるとなると、損失は2です。先程の話だと損失を出してはいけないということでしたが、それでも銀行が国債を購入するのには理由があります。

 

日銀が買い取ってくれるからです。金融緩和政策といわれているのは、簡単に言い換えると、どんな値段でも日銀は国債を買うよという意味になります。例えば民間銀行が102で国債を購入したら、日銀は102よりも高い値段で買うという流れが出来ているのですね。利益はかなり薄いですが、マイナス利回りになるよりはまだ良いと言えます。

日銀のマイナス金利の政策は金融機関にとってかなりのダメージを与えていることがわかりました。では、マイナス金利が私達の生活へ影響を与えることはあるのでしょうか?

私達への影響

さて、そんなマイナス金利が私達へ与える影響にはどのようなものがあるでしょうか。

ローンを組むときの金利が安くなる

お金を借りる時はどうでしょうか。マイナス金利によって銀行はお金の使い道にこまっていますから、積極的に融資したいところですよね。より多くの個人や団体に融資をするために金利を安く設定しています。

また、もともと金利の低かった日本の住宅ローンですが、マイナス金利政策がはじまってからさらに低金利で融資を受けられるようになっています。マイナス金利以前の住宅ローンをそのままにしている方は、乗り換えることで最大数百万円もお得になることもあります。

預金金利の低下及び手数料率の上昇

マイナス金利がはじまってから定期預金金利は0.01%にまで下がり、現在でもその利率が維持されています。(一部のネット銀行は除く)戦後の日本では預金金利を横並びにする規制が敷かれていましたが、1994年の10月より、金利の自由化が始まりました。これにより預金金利は銀行で自由に決められるようになり、下限値の設定もありませんので、銀行の負担が増えればさらに預金金利が下がる可能性があります。

 

日本では現在、個人の預金に対して直接的なマイナス金利は設定されていませんが、収益化が難しくなると手数料などを通じてマイナス金利で被った損失部分を転嫁してくる可能性があります。すでにヨーロッパ等の海外ではお金を預けるとコストがかかるところもあり、日本においても個人の現金預金にマイナス金利が適用される可能性は0ではありません。日本の銀行預金がマイナス金利になる可能性は否定できませんが、個人向け国債にも同じく影響があるのでしょうか?

個人向け国債への影響

マイナス金利政策がもたらす個人向け国債への影響についても確認してみましょう。

マイナス金利が国債にもたらす影響

  1. 金利は下限0.05%と決められている
  2. おすすめは変動10年国債

日本で定められている個人向け国債の最低利率から解説致します。

1、金利は下限0.05%と決められている

ゼロ金利政策やマイナス金利政策以前までの個人向け国債では、利率が1%を超えることも珍しくありませんでした。マイナス金利政策が始まってからは基本的に0.05%の最低利率で発行されており、今後も0.05%を維持するものと考えられます。さらなるマイナス金利の拡大などによって日本の市中金利が下がったとしても、国が0.05%の個人向け国債金利は保証すると明言しているので現在既に個人向け国債を購入・保有されている方は心配ないでしょう。

(参照リンク)
・財務省ホームページ「個人向け国債」(外部リンク)
※別ウィンドウで開きます。

 

今後物価上昇率2%の目標が見えてきたら、個人向け国債の金利が上がる可能性もあります。(可能性は極めいて低いですが)もし預金に眠らせっぱなしの資金があるのであれば、個人向け国債での運用も検討してみましょう。

おすすめは変動10年国債

個人向け国債には以下の3つの種類があります。

  • 変動10年国債
  • 固定5年国債
  • 固定3年国債

この中でもなぜ変動10年国債がおすすめなのかというと、「政策金利が上がれば個人向け国債の金利があがるかもしれない」「金融機関からもらえるキャンペーン金額が高い」の2点が主な理由です。

固定5年国債や固定3年国債では、今後マイナス金利政策が終わって金利が上がったとしても最低利率の0.05%、のまま満期まで保有しなければなりません(途中解約は直近2回分の利子を差し引いた形で可能)。しかし変動10年国債であれば、今後金利が上がった際に連動して上る可能性があるのです。どちらにせよ下限の0.05%は守られますので、上る可能性のある変動10年国債のほうが有利であると言えます。

 

また、金融機関が独自に行なっている個人向け国債のキャンペーンによりもらえる現金の額も変動10年が高い傾向にあります。

マイナス金利下における個人向けのメリット

マイナス金利政策が始まって預金金利に比べ個人向け国債の金利が相対的に高くなっていること、タンス預金では災害・盗難によるリスクがついてまわることなどを考えると、個人向け国債での運用が視野に入ってくると思います。

 

個人向け国債を中途換金する場合、満期前の中途換金する場合直近2回分(1年分)の利子を返すことが条件となっていますが、貰った利子を返すだけなので個人向け国債自体は実質マイナスになることはありません。
資金性格にもよりますが、10年ぐらいは使う予定のない資金であったり、数年後に使う予定があってどうしてもリスクを取れない資金であれば個人向け国債はおすすめです。預金口座に眠っている資金があれば、個人向け国債での運用も検討してみましょう。

編集部員
さくら
変動10年でこれからの金利上昇に期待したいところ。筆者も資産の一部を国債で運用していますが、額面上では「減らない」ということで安心して預けています。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう