リスクヘッジにおすすめ!資産を守る運用は金投資信託で

金投資信託運用

金投資と聞くと、金の延べ棒を何本も購入するようなイメージで

 

「自分とは関係ない」
「富裕層の為の運用方法」

 

そう思われる人もいるでしょう。

 

しかし実は金投資と入っても何種類もあり、今回マネーブリッジ編集部が紹介する「金投資信託」なら月々1000円程からの少額から投資が可能。基本的な仕組みは普通の投資信託と同じで、手間をかけずに金投資ならではの安全性を活かした運用ができますよ。

 

今回はマネーブリッジ編集部が、金投資信託の特徴から、メリット・デメリット、おすすめファンドまでをまとめて紹介していきます。

 

早速まずは、金投資信託の特徴について見ていきます。

金投資信託の特徴

金投資には、ゴールドバーや金貨などの金の現物を購入する「金地金」、金を少額からコツコツと積立購入する「純金積立」など様々ですが、この中でも 最も簡単に始められるのが今回紹介する「金投資信託」です。

 

金投資信託とは、 金が投資対象の投資信託を購入し、間接的に金に投資することを言います。

 

投資信託ですので、金融商品を購入するだけでその後の運用は投資のプロにおまかせでき、 金融の知識がない投資初心者でも始めやすい投資方法だと言えます。

 

金投資信託とは言っても、種類は様々で

 

・国内の金価格に連動する銘柄
・海外の金価格に連動する銘柄

 

など、様々です。

 

現物投資となると、投資を始めるのにまとまった金額を用意する必要がありますが、金投資信託の場合は、1000円程からと少額から、積み立て購入も可能となっています。

 

いかがでしょうか?

 

まとめると、金投資信託は一般的な投資信託と同様に金融商品を購入するだけで、投資のプロが変わりに運用してくれるために投資にかかる手間を省いて、安全資産である金で運用することが出来るということです。

 

さて、金投資信託が何かがわかったところで、金投資信託のメリット・デメリットを紹介してきますよ。

メリット・デメリット

ここでは、金投資信託のメリット・デメリットを紹介していきます。

 

まずは、金投資信託のメリットです。

金投資信託のメリット

金投資のメリットは、以下の5つです。

 

・少額から投資が可能
・自動積立を利用して投資の手間を省ける
・現物を保有しないので盗難のリスクを防げる
・リスク分散が出来る
・分配金が貰える場合がある

 

早速、1つずつ紹介していきます。

 

1つ目は、少額から投資が可能なところです。

1,少額から投資が可能

2019年6月20日現在金価格は5,132 円/g(田中貴金属工業株式会社調べ)、サイズは5gからの購入となり5,132円x5g=25,600円と金の現物を購入しようとすると、最低数万円が必要です。

 

また、ある程度まとまった量を購入する場合は、数百万、数千万円となることもあり、なかなか手を出しづらい金額となります。

 

しかし、金投資信託の場合は、多くが通常の投資信託と同様1,000円~の少額から運用でき、より手軽に始めることが出来ます。

 

まずは、お試しで少額から金投資を始めたいという人は金投資信託がおすすめです。

 

2つ目は、自動積立を利用して投資の手間を省けることです。

2,自動積立を利用して投資の手間を省ける

金投資信託は、基本的には金の価格に連動していますので、金の価格が下がっている時に購入し、上がっている時に売却することになります。

 

しかし、投資において、買いのタイミングを見計らうのは金融のプロでも難しいと言われており、投資初心者であれば思いの外、高値で購入してしまい損をしてしまった…なんていうことも考えられますよね。

 

自動積立で、毎月決まった日に決まった金額分を購入し続けることで、金の価格が高いときには少なく、安いときには多く購入することで最終的に購入単価を下げることができ、 投資初心者でも失敗するリスクを下げることが出来ます。

 

また、毎月の購入価格だけ設定しておけば、毎月自動購入されるので、投資にかかる手間を省けるという点もメリットになりえます。

 

3つ目は、現物を保有しないので盗難のリスクを防げることです。

3、現物を保有しないので盗難のリスクを防げる

現物購入の場合は、購入した金の盗難のリスクがあります。

 

また、地震や火災などの災害のリスクも考えると、高額となる金の現物を自宅に置いておくことは、現実的ではありません。

 

そうなると、銀行などの貸し金庫や、金販売会社の保管サービスを利用することになりますが、どちらも継続してコストがかかってきます。

 

田中貴金属
引用:>>田中貴金属HP ゴールド・キーパー(外部リンク)

 

その点、金投資信託は金の保険場所や 盗難のリスクとは無縁というところは、安心であると言えます。

 

4つ目はリスク分散が出来る点です。

4,リスク分散が出来る

紙幣や株券等は、「紙」ですのでそのもの自体に価値はほとんどありません。

 

例えば株券の場合、発行元の企業が倒産、あるいは上場廃止になれば「紙くず」同然になってしまうケースも十分考えられます。

 

エアバッグメーカーのタカタが民事再生手続きに踏み切ったことで同社株は上場廃止となり、価値を失う見込みだ。株主は痛みを受け入れることを迫られるが、最も大きな経済的打撃を受けるのは過半株式を保有する創業家となる。
引用:>>Bloomberg タカタ株、破綻で「紙くず」に-3代で築いた創業家資産も吹き飛ぶ(外部リンク)

 

しかし金はそのもの自体に価値があり、また鉱物ですので埋蔵量に限りがある点からも、無価値になりにくいと言われていますね。

 

よって、国や経済、貨幣に対する信頼が薄れた際に、リスク分散として価値が下がりにくい「金」へ資産を移す人が増え、沢山買われる傾向にあります。

 

投資の専門家が投資家から集めた多額の資産を運用するヘッジファンドも、2019年米中貿易戦争や地政学的緊張などから運用資産を金へ移しているようです。

 

ヘッジファンドによる金のロングポジションがほぼ12年間で最大の伸びとなった。金先物は7日に資金の避難先としての需要が再燃し1年1カ月ぶりの高値を付けており、ヘッジファンドの投資は利益を生み出している。
引用:>>Bloomberg ヘッジファンドの金先物投資が急増-世界経済の懸念増大で(外部リンク)

 

金は株式や債券とは異なる動きをすると言われています。経済が悪化し株価が下がると、金の価格は反比例して上がりやすく、他の投資方法と組み合わせることにより、上手にリスク分散することが出来ます。

 

こちらは、リスク分散が出来る点は金投資を始める1つの大きなメリットであると言えるでしょう。

 

5つ目は、分配金が貰える場合がある点です。

5,分配金が貰える場合がある

投資で得られるリターンには、購入価格と売却価格の差額で得られる「キャピタルゲイン」と配当金や銀行預金の利子など保有しているだけで得られる利益の「インカムゲイン」の2種類があります。

 

金投資については、基本的に売買益の「キャピタルゲイン」でしかリターンを出せない投資方法と言われていますが、金投資信託の場合は運用成績によっては「インカムゲイン」である分配金を得ることが出来るというのは、金投資信託のメリットでしょう。

 

いかがでしょうか?

 

金投資信託をまとめると、少額から投資の手間を省き、安全資産である金に効率よく投資が出来るのが金投資信託に投資するメリットであると言えます。

 

さて続けて、金投資信託のデメリットについて見ていきます。

金投資信託のデメリット

金投資信託のデメリットは、以下の2つです。

 

・手数料が発生する
・好景気の恩恵を受けられない可能性がある

 

まずは、手数料が発生することです。

1,手数料が発生する

金投資信託も投資信託と同様に 運用手数料が発生します。

 

例を挙げると、三菱UFJ国際投信という証券会社で「三菱UFJ 純金ファンド」という金投資信託を運用した場合は、ファンドの購入時に約1.08%が購入手数料として、年率0.54%が運用手数料として発生します。

 

現物投資した場合には発生しないコストとなってきますので、金投資信託の場合は運用コストがかかることは金投資信託で運用するデメリットであると言えるでしょう。

 

金投資信託を始める際は、できるだけ手数料が安く、投資コストを抑えられるファンドを選ぶと良いですね。

 

次は、好景気の恩恵を受けられない可能性があることです。

2,好景気の恩恵を受けられない可能性がある

先述したとおり、金に関しては株式や債券とは異なる動きをすると言われています。

 

景気が悪い時は金の価格が上がり、反対に景気の良いときには金よりも投資効率の良い株式や債券などへ投資対象が移されがちで、金の価格が下がりがちとなります。

 

金投資は、好景気の恩恵を受けられない可能性があることは覚えておくと良いでしょう。

 

このようなことからも、資産に対する金投資の投資比率は5%程が良いと言われています。 投資配分を大きくしすぎず、他の投資方法と上手に組み合わせて運用すると良いでしょう。

 

いかがでしょうか?

 

金投資信託は通常と投資信託と同様に投資のプロに運用をおまかせできる代わりに、 運用に対して手数料が発生すること、株式や債券とは異なる動きをすることはしっかり覚えておく必要がありますね。

 

デメリットは、手数料が比較的低いファンドを選んだり、他の投資方法と上手に組み合わせることで、上手くカバーすると良いでしょう。

 

さて、ここまで金投資信託のメリット・デメリットを紹介してきました。

 

ここまでの説明を踏まえ、金投資信託がおすすめの人は、投資にかける手間を最大限に省き、金へ投資することで上手に資産のリスク分散したい人と言えます。

 

さて、ここまでの説明で金投資信託を始めたいと思った方もいるでしょう。次は、お待ちかねの金投資信託おすすめファンドを比較していきますよ。

おすすめファンド比較

ここでは、金投資信託おすすめファンドを比較していきます。

 

1つ目は、三菱UFJ 純金ファンドです。

三菱UFJ 純金ファンド

三菱UFJ純金ファンド

 

金の果実という、金関連EFT(上場投資信託)へ主に投資を行っている金投資信託です。国内の金取引所の、金価格に連動するように運用を行っています。

 

金の価格は基本的に米ドルベースとなり、為替の影響を受ける場合がありますがこちらのファンドは、円高の時の為替変動による値下がりリスクを軽減する為の「為替ヘッジ」は行わないファンドとなります。

 

外貨の先物取引やオプション取引を利用して、為替変動リスクを回避すること。

海外資産に投資する場合、外貨建てでは運用収益が得られたとしても、為替変動により円換算すると資産価値が下がる可能性があり、為替ヘッジを行うことで、こうした損失を抑制できる。
引用:>>野村証券HP 為替ヘッジ(外部リンク)

 

金投資信託名称 三菱UFJ 純金ファンド
運用会社 三菱UFJ国際投信
購入手数料 1.08%
信託報酬 年率0.97%
為替ヘッジ

 

安心の日本企業のファンドで投資をしたい人は、三菱UFJ 純金ファンドで始めると良いですね。

 

>>三菱UFJ国際投信 三菱UFJ 純金ファンド 紹介ページ(外部リンク)

 

2つ目は、ピクテ・ゴールドです。

ピクテ・ゴールド

ピクテゴールド

 

ファンドに投資することで、実質的に金に投資をすることができます。

 

ピクテ・ゴールドは、米ドルでの金価格の連動するよう運用を行っており、為替ヘッジを行うことで、為替の変動による値下がりのリスクを最大限に軽減することが出来ます。

 

金投資信託名称 ピクテ・ゴールド
運用会社 ピクテ投信投資顧問
購入手数料 2.16%
信託報酬 年率0.75%
為替ヘッジ

 

為替変動による値下がりのリスクを上手に抑えながら運用をしたい人は、ピクテ・ゴールドで運用すると良いでしょう。

 

>>ピクテ投信投資顧問株式会社HP ピクテ・ゴールド紹介ページ(外部リンク)

 

3つ目は、iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)です。

iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)

金現物市場での1つのメジャーな指標である、「LBMA(ロンドン貴金属市場協会)」に連動するよう運用を行っています。

 

こちらのファンドは、「為替ヘッジ」は行わないファンドとなります。

 

金投資信託名称 iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)
運用会社 ブラックロック・ジャパン
購入手数料 無料
信託報酬 年率0.50%
為替ヘッジ

 

購入手数料無料の恩恵を受けて、投資にかかるコストを最大限に抑えて運用したい人はiシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)で運用すると良いでしょう。

 

>>ブラックロック・ジャパン株式会社HP iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)紹介ページ(外部リンク)

 

最後にまとめです。

資産運用の新しい方法として取り組むのもあり

ここまで、金投資信託とはなにか?、金投資信託のメリット・デメリット・おすすめファンド3種類について見てきました。

 

金投資というと、とっつきにくいイメージがありますが、やり方を工夫するだけで実は初心者でも少額から手軽に始められる運用方法なのです。

 

株式投資や、投資信託など他の運用方法と合わせて、上手にリスクを分散して安全に資産を運用していきましょう。

 

本サイトでは、リスクを抑えて安全に資産を運用する方法についての記事も紹介しています。興味のある方は、是非チェックしてみてくださいね。

 

投資信託に興味のある方は、以下の記事もおすすめですよ。

>>投資信託の分配金!仕組みを知り再投資か受取か賢く選択

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう