投資信託とは?

投資信託とは?

投資信託とは、投資家より資金を集めて、運用専門の機関があらゆる手法(株式や債権など)で運用し、その運用成績によって発生した利益を分配し、分配金として各投資家に還元するものです。

 

一般的に運用がうまくいっている際には、預貯金以上の魅力的な利益があがるものだといわれています。ただし、預貯金と違い、運用成績によっては元本割れといったリスクも含んでおります。

 

とはいえ、少ない資金からでもはじめられるという点で、銀行や証券会社などで手軽に購入ができる一般的な「投資商品」といえます。

 

しかし、少額ならまだしも1000万円を預けるとするならばどうでしょう?今回はマネーブリッジ編集部が、そんな少額~1,000万円の運用もできる投資信託の基本について見ていこうと思います。

1000万円を投資信託に預ける理由はこのたった一つの理由だけ

あなたは、何をもって1000万を投資信託に預けようと(投資信託の商品を購入しようと)するのでしょうか?

 

その多くは実は、なんとなくということが挙げられます。この「なんとなく」の意味を別の角度から説明すると、それ以外の選択肢がない、または知らないからではないでしょうか?

 

あなたはまず1000万円を運用しようと考えた。とはいえ、ほとんど情報もネットワークも持っていない。当然ながら「お金を増やしますよ」という業者など信用できないし、だからといって、自分で1000万もの大金を運用できるとも思えない。

 

そんなおり、電車の吊り広告や、経済系の雑誌や新聞には投資信託の広告や特集が組まれていた。

 

あなたは考えます。大手金融機関が扱っているし、そんな変なものじゃないだろう、よし1000万買ってみるか。

1000万円を投資信託に投資するメリットとデメリット

確かに投資信託は手軽で、預けたお金が「ある日突然消え去る」というような、とんでもない事態にはまずなり得ません。大手が扱う金融商品ですから、運営はしっかりなされています。

 

投資信託のもっとも大きな利点を挙げるとしたら、運用をしかるべきプロに任せられる点です。しかも他の個人投資家の資金とあわせ、巨額の資金の中にお金を投じることで、ボリュームも味方につけることができます。

 

運用は資金があればあるだけ有利ですから、このあたりは特にメリットといえますね。

 

メリット

ここで、改めて投資信託のメリットをまとめてみます。

 

・沢山の投資家から資金を集められる
・集めた資金をもとに大きなファンドとして組成される
・運用のプロ(ファンドマネージャー)に運用を任せられる
・運用成績に応じて各投資家に分配金が支払われる

 

ただ、さきほども触れたように、元本を保証するものではないということをしっかり把握しておく必要があります。又、1万円や100万円というのではなく、1000万円を預けようとするのですから、商品の仕組みもよく把握しておく必要があります。

 

投資信託の特徴についてですが、おおまかなものとしては、

 

①運用成果によって、収益に変動があること
②収益の分配は運用経費を差し引いて支払われる点
③購入時や解約時の手数料が発生するといった点
④預金保険制度の対象外である点

 

などでしょう。ここまで、投資信託のメリットと特徴を見てまいりましたので、続けて投資信託のデメリットをあげてみます。

デメリット

投資信託のデメリットとしては以下の、4つが挙げられます。

 

1、無駄な手数料が巧妙な形でたくさんとられてしまう

証券会社や銀行は、あなたが投資信託を買えば手数料が落ちます。1000万円購入するならそれなりに落ちます。

 

そこを狙って、金融に関し知識の薄いあなたにオイシイ話をします。その結果、代理店である証券会社や銀行にたくさん手数料を払うことになり、自分の資金が実際に運用の段になったとき実質5%以上減ったところからスタート、なんてことは少なくありません。

 

つまり無駄が多いということです。

 

2、運用成績がよくない

こちらは、致命的ですね。1000万円を増やそうとおもって投資信託を買いました、もちろん高い手数料を払って。結果、お金は増えるどころか減りました。滑稽ですね。

 

しかし、こんなケースが投資信託では後をたたない。今も昔も、投資信託で資産が増えた人は多くありません。

 

いたとしたら、それは日本のインデックス(日経平均株価)が急激に上昇して、市況がよかったからたまたまというものにすぎません。

 

3、経済全体が落ち込んでいるときは絶対に勝てない

②と重なりますが、2013年のアベノミクスなど、日本経済が勝手に上昇している局面以外で投資信託が勝てることはほとんどありません。

 

市場平均に合わせた運用を行っている投資信託は市場が上向きでないと利益を出しにくい構造となっています。

 

以上、投資信託のメリットとデメリットをあげてみました。

まとめ

ここでは、投資信託の基本を紹介してきました。

 

投資のプロに運用をお任せできるという点で、資産運用初心者の方の始めの一歩となりがちな投資信託。失敗しにくいと言われている運用方法ではありますが、元本保証ではありませんので場合によっては損失が出ることももちろんあります。

 

今回紹介したように、投資信託にはメリットだけでなくデメリットがあることもしっかり理解して、様々な運用方法比較検討をした上で運用を始められると良いでしょう。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう