葬儀費用には使えない!死亡保険金は入るまで約1週間

死亡保険金,入らない

大切な人とのお別れ。バタバタとお別れの準備に追われながら、ふと頭に浮かんだのは「お葬式の費用はどうしよう…」死亡保険金は請求してから入るまでに約一週間もかかってしまうことをご存知でしょうか。お葬式の費用が死亡保険金から支払えないことを知り、絶句したことを覚えています。

 

ここでは、マネーブリッジ編集部が生命保険の死亡保険金はいつ入るのか、 死亡保険金の請求の流れ、死亡保険金が貰えないケースから死亡保険金の使用用途までをまとめて説明します。

 

気持ちの整理がつかない中での手続きは、思ったよりパニックになってしまうもの。いざというときの参考にして頂ければと思います。まず初めに、生命保険の死亡保険金がいつ入るかについて説明します。

いつ入る?支払われるまでの期間

大切な人が亡くなると意外とお金がかかります。日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」によると、葬儀にかかった費用の総額は全国平均で約196万円となっています。葬儀の形態によって金額に違いは出てきますが、100万円以上のまとまった金額をぽんと支払える方は少ないのではないでしょうか。

 

そうなると、「葬儀費用は死亡保険金で」と考える方もいるでしょう。しかし、死亡保険金を葬儀の費用に当てるのは現実的ではありません。

死亡保険金はすぐに給付されない

一般的に生命保険の死亡保険金は、請求に必要な書類が保険会社に届いてから、5日~1週間程度で入金されると言われていますこれはあくまでも目安となり、書類に不備がある場合、審査が長引いた場合などは、支払いまでに1ヶ月以上がかかってしまうこともあるようです。

 

ちなみに、お葬式の費用は、葬儀の直後、または一週間以内の支払いとなっている場合が多いとのこと。必要書類を集め、請求書の作成・送付などの時間を考えると、死亡保険金で葬儀費用をまかなうというのは難しいいうことが分かると思います。

お葬式代はどうしよう

では、お葬式代はどう準備すればよいの?そう思われると思います。故人の預金などの遺産から葬儀費用を支払うということも考えられますが、遺産相続の際にトラブルが発生する可能性があり、複数の相続人がいる場合はおすすめできません。

 

まずは、お葬式をすると弔問客から香典を頂けますので、そのまま香典をお葬式代の費用に当てると良いでしょう。香典だけで葬儀費用の全てを賄えるケースは少ないと思いますが、3分の2ぐらいは賄えるケースが多いようです。香典だけで足りなかった場合は、遺族が残りの費用を一度負担して、死亡保険金が支払われた段階で精算するのが現実的です。

 

ここまで、いかがでしょうか?生命保険の死亡保険金は、5日~1週間程度で入金され、葬儀の費用に当てるのは難しいということを覚えておくと良いでしょう。続いては、死亡保険金の請求の流れについて説明します。

死亡保険金の給付までの流れは4ステップ

ここまでの説明で、死亡保険金は入金されるまでに意外と時間がかかるということがわかりました。そのようなことからも、出来るだけ早く請求をし早く受け取りたいところです。ここでは、一見複雑そうに思える死亡保険金の請求方法を4ステップで簡潔に説明していきます。

死亡保険金の請求の流れ

保険会社によって多少の違いはありますが、一般的な死亡保険金の請求手続きは以下のような流れとなります。

 

  1. 保険会社に連絡をする。
  2. 必要書類(死亡保険金請求書・死亡診断書・本人確認書類、等)を準備し保険会社へ送付する。
  3. 保険会社が死亡保険金の支払い審査を行なう。
  4. 審査に通れば、指定口座へ入金される。

 

手続自体は複雑なものではありません。早速1つずつ丁寧に見ていきます。まずは、保険会社へ連絡をします。

保険会社に連絡する

故人の保険証券を探し、該当の保険会社に電話などで問い合わせます。連絡する際には、保険証券番号や亡くなられた日にちや原因、亡くなられる前の入院・手術の有無などを聞かれる場合があります。慌てないよう、事前に準備してから連絡をすると良いでしょう。続いて、 必要書類を準備し保険会社へ送付します。

必要書類を作成し保険会社へ送付する

保険会社から郵送されてきた必要書類を作成し、保険会社へ返送します。保険会社指定の書類の他には死亡診断書、保険会社によって異なりますが、本人確認書類(運転免許書や保険証のコピーなど)などを合わせて提出する必要がある場合があります。

 

 死亡診断書は生命保険の受け取りだけでなく、年金や銀行関係の手続きで必要となるので10枚ほど余分にコピーしておくと良いでしょう。

 

ここまで、大丈夫でしょうか?死亡保険金の請求手続きとしてはここまでで、あとは保険会社の審査結果、支払いを待つだけとなります。保険会社では送付された書類で死亡保険金の支払い審査を行い、問題がなければ、指定口座へ入金がされます。

 

支払い完了後は、支払金額などを記載した明細書が送付されますので、しっかりと支払い内容を確認しましょう。手間はかかりますが、落ち着いてまずは、保険会社へ連絡、死亡保険金の請求に必要な書類を集めることから始めると良いでしょう。

 

次は、死亡保険金が支払われないケースについて説明します。

支払われない場合もある

死亡保険金は支払われない事なんてあるの?

 

そう、驚かれた方も多いでしょう。実は、死亡保険金が支払われないケースもあるのです。ここでは、死亡保険金が支払われないケースをいくつか紹介しておきます。

 

死亡保険金が支払われないケース

保険の契約から、短い期間での自殺 契約してから、短い期間(1年~3年など保険会社による)に被保険者が自殺をした場合。
法律違反での死亡 飲酒運転や違法薬物などで被保険者が死亡した場合。
故意の過失 死亡する可能性があることを知った上での行為による死亡。
告知義務違反 契約時に病気になっていたにも関わらず、保険会社に申告しなかったり、嘘の申告をし、その病気が原因で死亡した場合。

 

他にも死亡保険金は支払われないケースがありますが、死亡保険金を不正に受け取ろうとするような場合については、基本的には死亡保険金は給付されないというように覚えておくと良いでしょう。

 

ここで、死亡保険金に対しての質問の中で良く上がる「死亡保険金は事故死でもおりるの?」という質問に対する答えを説明しておきます。

事故死の場合

死亡保険金は事故死でもおりるの?

 

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。答えとしては、死亡保険金は事故死でもおりるというものになります。そして、事故死の場合「災害死亡保険金」が死亡保険金に上乗せして支払われる場合があります。ご加入の生命保険に元々セットでついていたり、別途、特約で付加されているケースがありますので契約内容を確認してみると良いでしょう。

 

例えば、病気での死亡なら1,000万円のところ、事故の場合なら2,000万円がおりたりと、事故と病気ではおりる保険金に大きな差が出てきます。その分、保険金の給付条件は通常の死亡保険金よりも厳しくなります。

 

さて、ここまでいかがでしたでしょうか?生命保険の死亡保険金の請求から給付までのイメージがだいぶつかめたのではないでしょうか?

 

最後に、保険金の使い道について説明します。

何に使えば良いの?

死亡保険金の場合、1,000万円以上のまとまったお金となることもあり、何に使うべきか悩んでしまう人もいるでしょう。また、銀行で死亡保険金の受け取りの際に、

 

投資信託で運用はいかがでしょうか?
いざという時の為に保険に加入しておくのはどうでしょうか?

 

などと、金融商品での運用を薦められることもあるようです。しかし、気持ちの整理ができていない段階で、詳しく確認せずに何となくで契約してしまい、故人が残してくれた大切なお金を無駄にしてしまったなんてことは悲しいですよね。

 

編集部では、勧誘を受けても、まずその場で契約をせずに家に帰って落ち着いてゆっくり、保険金の使い道について考えてみるとをおすすめします。

保険金はこう使うべき

では、入った保険金はどう使えば良いの?

 

そう思われると思うので、入った保険金の使い方を考えてみます。まず、家のローンや借金のある人はそれの返済に当てるのが先でしょう。次に、生活費に余裕がない方は 入った保険金を無理して運用をせずに生活費に当てるべきです。

 

また、直近10年間の間に子供の学費や家のリフォーム費用など大きな資金が必要になってくるのであれば、そちらの資金に当てるのが良いでしょう。すぐに使わないのであれば、利率の良い定期預金や、個人向け国債にあずけてリスクを取らずに運用するのもひとつの手です。

10年以上使う予定がないお金は運用もあり

そして、10年以上使う予定がないお金と判断出来るのであれば、低金利な銀行に預けていても一向にお金は増えませんので、投資信託や外貨預金、1,000万円以上のまとまったお金になる場合はヘッジファンドで資産運用のプロに運用をお任せしてしまうのも良いでしょう。

 

以下記事で、1,000万円以上のまとまったお金運用方法をまとめました。
>>1000万円の資産運用におすすめの投資方法を金額別で大解説【2019年最新版】

 

大金が入ったからといって、浪費をしたり、株式投資や仮想通貨などのハイリスク商品へ一括投資したりするのはおすすめできません。まずは、落ち着き、保険金は逃げていきませんので、使い道をゆっくり考えてみることが大切です。

 

最後に、まとめです。

手続きが面倒でもしっかり請求

ここでは、生命保険の死亡保険金がいつ入るのか、 死亡保険金の請求の流れ、死亡保険金が貰えないケースから死亡保険金の使用用途までまとめて説明してきました。生命保険の死亡保険金は意外と入金まで時間がかかります。必要書類は事前に準備しておくなどして、スムーズな請求を行いましょう。

 

また、気持ちが落ち着いたら故人が残してくれた大切なお金の使い道をゆっくり考えてみると良いですね。本サイトでは、他にもお金に関する為になる記事をアップしていますので是非参考にしてみてください。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう