忙しいサラリーマンにぴったりな資産運用とは?

サラリーマン投資
もしかしたらあなたも、仕事が忙しくて資産運用に取り組む時間がないサラリーマンの1人ではないでしょうか?

 

実は、毎日が忙しいサラリーマンの方でも気軽に取り組める資産運用が1つだけあります。それは何かといいますと長期投資を前提とした資産運用です。

 

このコンテンツではマネーブリッジ編集部が、仕事と家庭で自分の時間がほとんど取れないサラリーマンの方にぴったりな長期投資型の資産運用についてまとめてみました。

長期投資はサラリーマンにベストな運用方法

100万円~1000万円の貯金を持つサラリーマンのあなたが投資をはじめるのでしたら数年単位を前提とした長期投資に取り組むとよいでしょう。

 

長期投資ならサラリーマンのように普段忙しい方でも気軽に兼業投資家としてデビューができます。というより普通のサラリーマンの方がゼロから投資をはじめるならそもそも長期的視点にたった投資しか勝ち目がありません。

 

わずかな値動きで金融商品をを売買し、1日に数十回取引を繰り返す「デイトレード」のような短期投資の場合、サラリーマンであるあなたが相手をする「敵」は、日夜データ分析しながらハイスペックなマシンを備えた投資のプロです。

 

投資について分析し学ぶための時間が圧倒的に少ないサラリーマンにとって、短期という土俵で戦うのは明らかに分が悪いです。初期資金がすぐに減ることを覚悟しなければなりません。

 

一方長期投資であれば、細かい毎日の分析はしなくて済みますし、大きな流れだけとらえておけば数百万円~1000万円クラスの利益を出す事も期待できます。

 

100万円~1000万円の貯金から投資資金を捻出するサラリーマンにとって長期投資は手堅い手法と言えるのです。 

 

サラリーマンがはじめての長期投資をする際にぴったりな投資対象は何でしょうか?端的に言って、一番お勧めできるのは日本株です。

 

日本株は銘柄によって、リスクやメリットが大きく変わってきますが、しっかりと長期投資に適した銘柄に投資を行えば、大きな損失を出すリスクも軽減できますし、半年や1年ごとに配当や株主優待を受け取る事も可能です。

 

100万を超える資金を用意すれば、初期資金を2つや3つの銘柄に分散して優待券を集めることもできます。

 

それに日本株に関する情報は多くのサラリーマンが毎日読む日経新聞で紹介されています。出勤時や電車の中、ちょっとしたブレイクタイムでも、会社に勤めながら、日々の業務の延長のなかで日経新聞を読めば日本株に詳しくなれます。

 

長期投資にオススメな銘柄は、東証一部などを中心に色々ありますので調べてみるとよいでしょう。

 

日経新聞の見開き

 

お得な銘柄を見つければ配当や株主優待だけではなく、株価の上昇によるキャピタルゲインである売買差益も期待できます。複数の日本株を使った資産運用も可能ですが、人によっては日本株だけの投資に不安を抱える人もいるようです。

 

その場合、株以外の投資商品を買うことになりますが、長期投資を前提にするのでしたら手堅い投資を心掛けることになります。

 

例えば日経225先物取引。

 

先物取引
引用:>>金融広報中央委員会 知るぽると 先物取引(外部リンク)

 

先物取引とは、予め未来のとある期日に、特定の商品を決められた価格で売買することを約束する取引です。よって、日経225先物取引は未来の日経平均株価が上がるか、下がるかを予想する取引になります。

 

また、先物取引の特徴としてはレバレッジをかけられるところにあります。レバレッジは「テコの原理」を意味する言葉で、自己資本を担保に借入を行い投資元本を増やすことで利益率を高めることができます。

レバレッジ
引用:>>SBI証券 先物・オプション取引の魅力(外部リンク)

 

また、リスクを抑えた運用を行いたい方には「オプション取引」という取引方法もあります。

 

先物取引では、将来のある期日に決められた金額で商品を売買する「約束」をすることになり、万が一約束の期日に購入価格より値下がりしてしまっても購入の約束は守らなければなりませんので、損失が発生します。

 

しかし、オプション取引の場合は売買の「約束」をするのではなく、売買の「権利」を購入するという意味合いになり、権利を行使し損をするようなときは購入の権利を放棄することが出来ます。

 

先物取引にハイリスクな投資商品のイメージを持っている方も多いですが、このオプション取引などとの組み合わせ次第ではリスクを最小限に減らして資産運用する事が可能です。

 

また、サラリーマンの方であれば関連企業や取引先の銘柄は特に理解が深いでしょう。

 

たとえば、トヨタ自動車など、一部の大型株では個別株でもオプション取引が可能で、現物買いなどと併用する事でリスクを小さくする事も可能になります。投資である以上リスクをゼロにすることはできませんが、保有銘柄を分散して小口化してしまえば大幅な損失リスクは激減します。

 

仮に保有銘柄の一部がマイナスになってもどれかで取り返せばいいのです。ましてや長期投資。時間が解決してくることも多いのです。

 

このことを肝に銘じながら、心に余裕を持って長期投資を前提とした資産運用と向き合いましょう。

実は長期投資に向いているFX

リスクが強調されるFX(外国為替証拠金取引)も、長期投資を前提にするのでしたら有効な選択肢の1つに入ります。

 

FXとは、他の国の通貨の売買により利益を出すことです。1ドル100円のときに買い、1ドル120円になったら売れば20円の利益が出ると言ったようなイメージです。

 

また、FXで利益を出す方法は以下の2種類あります。

 

・為替差益    :他の国の通貨の売買によりでた差額。
・スワップポイント:売買した通貨の2国間の金利の差額。

 

FXは先物取引と同様にレバレッジをかけた取引が可能な為、短期売買が多いイメージもあるかと思いますが、レバレッジを低くして長期トレンドをみながらなら、スワップポイントを狙う事で、中長期でも内容の濃い投資をする事ができます。

自動ロスカット制度
「自動ロスカット制度」とは、損失の拡大を防ぐため、証拠金維持率がお客様があらかじめ設定した水準を下回った時点で保持しているポジションの全てを自動的に清算する制度です。
引用:>>マネックス証券HP 自動ロスカット制度(外部リンク)

 

それにFXでは、一定の損失が発生した際、損失が拡大してしまわないよう強制的に取引を終了させる「自動ロスカット」設定ができるので、パソコンの前でずっと相場を監視していなくても上手にリスク管理を行えます。

 

現在も引き続き、豪ドルや南アフリカランドなど、高金利でスワップポイントが高い通貨が長期投資でも人気が出ていて大きな利益を上げることができます。

 

例えばあなたが1000万円の資金を準備して資産運用に取り組むとします。1000万円のうちFXに投資する割合を3割にすれば300万円を投資することになります。

 

300万円を低いレバレッジを使って長期間運用すれば、それ相応の額のスワップポイントが発生するはずです。多少含み損が発生してもカバーできるので非常にオススメです。

 

このように長期投資なら損失リスクを小さくできますし、配当や株主優待・スワップポイントといった長期投資ならではの特典も手にはいります。

 

特に大切な貯金の一部を投資に回すのでしたら「マイナスは勘弁」という感覚が強いはずです。だからこそ長期投資、時間に助けてもらいましょう。

 

誰であっても社会人であればお金は稼ぐし貯金はできます。
その資金を銀行にお金を預けても、金利は期待できません。
将来の年金も、若い世代は本当にもらえるか不透明です。

 

こんな混沌とした時代だからこそ、サラリーマンとして働きながらも貯金の一部を積極的に長期投資に回すことが求められます。

実際に始める際の注意点

ここまでサラリーマンであるあなたが手元の資金を投資しようと考えるとき、短期投資ではなく、長期投資と考えて取り組むことを推奨してきました。

 

長期投資はお得ですが、軽い気持ちで勉強もせずに始めてしまう事はやめましょう。安易な気持ちで取り組んでしまうと、損失を出すのは目に見えています。

 

損失を出さないためにもできなくてはいけないことはなにか。

 

それは、長期投資として向いている銘柄がどういうものか、選べるようになることです。まちがっても短期投資で人気の銘柄に投資したり、FXなどでレバレッジをかけすぎて、頻繁に相場を監視するような状況に陥ってはいけません。大事な準備金がすぐに減ってしまいます。

 

特にこれから紹介する3つの「し過ぎ」には注意をしなくてはいけません。

 

①レバレッジかけすぎ。
②金額が大きすぎ。
③短期で結果を出そうとし過ぎ

 

深く考えずに、リスクが大きい投資手法を長期投資でやるのはご法度です。それに投資金に対する思い入れを強くしすぎて「マイナスが嫌だ」という感情から早すぎる損切りをするのも考えものです。

 

「長期投資に取り組むのだから、一時的には含み益も含み損もでる」という思考をしっかりと持つのが良いでしょう。

 

それに仮に準備金が多少なりマイナスになっても、「時間が解決するんだ」と自分に言い聞かせながら長期投資を継続したいですね。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう