実践必須!40歳までに貯金2000万円達成する方法

40歳までに貯金2000万円達成する方法

40歳といえば、新卒~定年退職までの折返し地点ですよね。そろそろ、老後について考え始める人が多いと思います。

金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成30年)」によると、高額所得者を含めた40歳の平均貯金額は1177万円、中央値だと500万円と、2000万円とは程遠い結果ですね。この数字と比較してみなさんの懐事情はどうでしょうか?

ここでは、40歳までに2000万円貯金するための最善策を解説致します。でははじめに、40歳までに2000万円貯金するために毎月どのくらい貯金すべきなのか計算してみましょう。早く始めれば始めるほど、2000万円の壁を超えることができますよ。

この記事の要点

・余った分を貯金するのではなく使う前に強制貯金する
・40歳までに効率よく2000万円貯金するなら投資や運用は必須
・資金の性格別に合わせて商品をわけて過剰なリスクはとらない

あなたは40歳までに毎月いくら貯金すれば2000万円に届く?

現在の貯金額がゼロだと仮定し、毎月いくら貯金すれば40歳までに2000万円貯まるでしょうか?早見表を作成してみましたので、ご自身の年齢と照らし合わせてみて下さい。

20代 20歳 21歳 22歳 23歳 24歳 25歳 26歳 27歳 28歳 29歳
40歳までのタイムリミット 20年 19年 18年 17年 16年 15年 14年 13年 12年 11年
貯金額(年) 100万円 105.3万円 111万円 117.6万円 125万円 133.3万円 142.9万円 153.8万円 166.7万円 181.8万円
貯金額(月) 8.3万円 8.8万円 9.3万円 9.8万円 10.4万円 11.1万円 11.9万円 12.8万円 13.9万円 15.2万円
30代 30歳 31歳 32歳 33歳 34歳 35歳
40歳までのタイムリミット 10年 9年 8年 7年 6年 5年
貯金額(年) 200万円 222万円 250万円 286万円 333万円 400万円
貯金額(月) 16.7万円 18.5万円 20.9万円 23.8万円 27.8万円 33.3万円

 

いかがでしたでしょうか?ご自身が毎月いくら投資すれば、2000万円に到達するか何となく理解できましたでしょうか?

新卒から40歳までの17年間であれば毎月9万8000円

単純計算ですが、月に約10万円を17年間コツコツ積み上げると2000万円達成です。しかし、初任給の平均は約20万円ですので、その約半分を貯金に回すのはなかなかの気合がないと難しいですよね。特に一人暮らしをしている場合は家賃や生活費が負担となり、ほとんど貯金ができていないという方も沢山いると思います。

「もう新卒から何年も経ってしまったよ」という方もいらっしゃいますよね。

30歳から40歳までの10年間であれば毎月16万7000円

30代の方であれば年収も上がって、金銭的にいくらか余裕が出てきた頃ではないでしょうか?しかし、毎月約17万円となるとかなりの額ですよね。また、結婚をしたり子供がいるとなると何かと増える出費。そして家のローンも重なり、共働き世帯であったとしても、収入に比べて支出が多いと言われているのがこの年代であります。

ボーナス月にまとめて貯金することで負担を減らせると思いますが、年間で貯金に回すべき額が200万円を超えるので、収入が上がったとしてもなかなか難しいかもしれません。

また、独身の方と、結婚をして子供がいる家庭では今後必要になるお金の用途が変わってきます。毎月貯金できる額にも差があるはずです。独身で実家暮らしの方は月々に家賃や生活費がかからないので貯金に回せる金額も多くなるでしょう。しかし、引退後に負担が大きくなるのが独身の方々。老後の備えは結婚している世帯よりも手厚くしておくべきと言えます。

実際に40歳で貯金2000万円達成している人はどれくらい?

知るぽると(金融広報中央委員会)によると、30代で貯金2000万円を達成しているのは全体の3.8%、40代だと約7.5%です。

(参考)
・金融広報中央委員会「 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成30年)」(外部リンク)

 

30代では100人中4人弱が2000万円達成者です。数としてはあまり多く感じられませんよね。しかし、なかなか増えないお給料に加えて受給額が減っていく年金。私たちが引退する頃、年金に頼れるのかさえ正直なところわかりません。自分を守れるのは自分だけということで、今から老後の準備を進めることが不可欠です。

また、厚生労働省の簡易生命表によると、日本人の寿命は年々伸びており、2018年時点で女性が87.32歳、男性も81.25歳と、日本は超長寿大国です。医療の発達によって寿命が長くなったことは大変喜ばしいですが、長く生きれば生きるほどお金が沢山必要になることは言うまでもありません。

思うように貯金ができていないという方。老後の不安を少しでも減らすために、これからできることを実践していきましょう。

今すぐに取り組むべき5つの資産形成

出ていくお金が意外と多く、貯金しようと思っていたのに、ほとんど残ってないなんてことも。そんな時は使う前に強制貯金してしまいましょう。

先取り貯金

余剰分(入ってきたお金-使ったお金)を貯金するのではなく、あらかじめ決めた額を毎月決まった日に積立預金の口座に入れてしまう方法です。多くの方がすでに実践されていると思いますが、浪費癖が激しい方には特におすすめです。例えば1ヶ月に3万円先取り貯金をすると、以下のグラフのように積み上がっていきます。

1ヶ月に3万円先取り貯金

1ヶ月に3万円だとしても1年に26万円、これを5年継続すれば100万円を超えます。さらにボーナス月は大胆に預金することで2000万円までの目標にぐんと近づくことができるでしょう。積立預金の設定は普段ご利用の銀行で手軽にできます。手元にあるといくらでも使ってしまうという方は、すぐにでも作りましょう。

目的別預金

むやみやたらに貯金するのも面白くないので、テーマを分けて貯金するのもおすすめです。たとえば旅行用や贅沢品用の口座、将来お家を買うための資金や子ども用など、いろいろな分類ができると思います。

目的別の預金でテーマを混ぜてしまうと、子どもに残しておくようの資金だったのに旅行に消えてしまった等、本末転倒になりますのでテーマ分けはしっかり行いましょう。

支出を減らす

支出は固定費と変動費に分けて削れるものを洗い出してみましょう。固定費は家賃や携帯電話代、保険料等の一般的に変えられることの出来ない支出です。見直しできるものがあれば見直しする必要がありますが、なかなか安くはならないはずです。

逆に飲食代や衣服代等の変動費であれば、いくらか意識するだけでコントロールすることができると思います。例えば外食が多かったり、洋服代に結構費やしていたり、毎月の出費内訳に占める割合の高いもので少しでも減らせそうなものがあれば削りましょう。

支出の内訳や、何に割合多く使っているか把握している人は意外と多くありません。家計簿をつけて自分の傾向を理解することも必要です。管理が簡単な家計簿アプリなども最近は沢山ありますから、一度利用してみてはいかがでしょうか。

収入を増やす

「どうやって?」という声が聞こえてきそうですが、一例としてはもっと年収の高い職場に転職することなどが挙げられます。やりたいことをやっていて、尚且つそれに見合うと思える金額を貰えている場合はわざわざ転職する必要は無いと思いますが、まだまだ自分の力が活かせそうな他のものがあったり、仕事内容の割に年収が低すぎる職業については一度考えてみる必要があります。

やはり年収の高い人と低い人ではお金貯めるにあたって効率性に大きな差が出てしまいます。低い人はお財布の紐をガッチリ閉めておく必要があるので、貯金を第一優先にすると生活レベルが下がってしまうことも。
さすがに無理を伴う貯金は心身ともに宜しくありませんのでおすすめしません。

「転職はさすがに難しい」という人は、副業を始めることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。スキマ時間でできるブログやアフィリエイト、休日の結婚式出席代行なんかが人気ですが、中には副業を始めるにあたってまとまった資金が必要になることもありますので、始める前にしっかりリサーチしましょう。

また、40歳までに、貯金2000万円達成するために、という目標に限らず資産形成の効率化を図るためにぜひやっていただきたいのが次の投資や運用です。

投資・運用

減る可能性もあるからなかなか足を踏み出せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、コツコツと地味に貯金だけするのでは効率が悪いです。

例えば100万円を元手にして年3%の金融商品を保有したとします。単純計算で1年に増えるお金は3万円なので、10年後には130万円になっている計算です。もちろん元本割れするリスクがあったり、毎年3%を受け取れる確実性はありませんが、預金口座に置いておいたり、タンス預金しておいても増えることはありませんから、この程度のリスクを取ることは有効であると言えます。

価格変動が比較的多い商品だったり、金利は高いけどリスクが高いものには不安がありますが、リスクが低く安定的に運用できる商品も沢山あります。投資、資産運用については次の章で詳しくご紹介致します。

おすすめの投資・運用

上の章でも軽く触れましたが、効率よく40歳までに貯金2000万円を達成するにはお金自身に働いてもらうことが不可欠です。ここではリスクの低い順に資産形成方法を5つご紹介致します。

 

2000万円の資産形成におすすめ資産運用方法

  1. 定期預金
  2. 個人向け国債
  3. 外国債券
  4. 投資信託
  5. 株式投資

 

金融商品のリスクとリターンの図

1、定期預金

定期預金なら、万が一銀行が潰れてしまった場合でも1,000万円までは返ってきます。2019年8月28日付けの定期預金平均年利率を見てみましょう。

 

定期預金
引用:>>日本銀行 Average Interest Rates Posted at Financial Institutions by Type of Deposit

 

金額と預入れ期間によって多少の差がありますが、最低で0.01%、10年だと0.017%となっています。例えば100万円を10年間預けたとすると、貰える利息は年0.017%×10年で1,700円です。税金を引くと1,300円程でしょうか。結婚費用や子供の学費など、絶対に今後必要となるお金は預金に置いておいて間違いありませんが、それ以外の余剰資金はもう少し利回りの良いもので運用したいところです。

2、個人向け国債

1万円から購入可能で、国が破綻しない限り投資したお金は返ってきます。現在販売されている個人向け国債は全部で3種類です。それぞれ期間が違うのと、金利が固定されているものと変動する可能性があるものがあります。

 

国債
引用:>>財務省 現在募集中の個人向け国債・新窓販国債

 

3年債と5年債は固定金利といい、利率は満期まで変わらず年0.05%です。10年債は現在年0.05%ですが、今後変わる可能性があります。しかし年0.05%が下限となっているので、今後も年0.05%を下回ることはありません。10年間置いておけるの資金であれば、金利が上がる可能性のある変動10年債がおすすめです。

実際に受け取れる金利を計算してみましょう。今後10年間金利が年0.05%から変わらなかった場合、運用する100万円に対する金利は々0.05%×10年なので5,000円です。税金を引くと4,000円弱となります。定期預金と比べると5倍ですから、もし長期間置いておけそうな資金があるなら、定期預金よりも個人向け国債での運用が良さそうです。

定期預金、個人向け国債共にリスクというリスクはほとんどありませんが、利回り的にみると魅力があるようには思えません。ここからは少しリスクが伴う運用方法ですが、上手く行けば資産運用の効率化を図れるので定期預金や個人向け国債とともに検討する価値があります。

3、外国債券

債券の発行元が海外の会社や国になっただけで、満期があることや金利がつくことに変わりはありません。日本で発行された債券よりもリスクが高いのは、為替の変動のためです。今回購入する債券は、アメリカドル建ての期間が10年、金利年2%の新発債です。(新発債とは新たに発行される債券のこと)

 

債券

 

購入資金として用意したのが100万円で、このときの為替が1ドル=100円であれば購入できる債券額面は1万ドルです。毎年2%の金利が付きますので、1万ドル×2%で200ドルが毎年受け取れます。

円に換える場合は為替によって上下しますが、200ドル×10年で合計2,000ドルを受け取ることが出来る計算ですね。次に、満期時の債券価格について確認してみましょう。

 

金利計算 1年後 2年後 3年後 4年後 5年後 6年後 7年後 8年後 9年後 10年後
為替1ドル= 105 100 90 95 105 110 100 95 85 90
金利 2% 2% 2% 2% 2% 2% 2% 2% 2% 2%
受け取れる金利(ドル) 200ドル 200ドル 200ドル 200ドル 200ドル 200ドル 200ドル 200ドル 200ドル 200ドル
受け取れる金利(円) 21,000 20,000 18,000 19,000 21,000 22,000 20,000 19,000 17,000 18,000

 

10年後の満期時に、為替が1ドル=110円になっていたり、はたまた90円になっていることも十分考えられます。買ったときよりも円安(この場合は110円)であれば円に戻したときに110万円なので、為替差益の10万円がプラスで貰えますが、買ったときよりも円高(この場合は90円)であった場合、円に換えると90万円なので10万円分の損となります。

 

年間2%の金利を受け取っている分、10万円丸々損失とはなりませんが、為替が円高に動けば動くほど損失額が広がります。しかし、満期時に円高になっていても挽回する方法があります。それは、満期時すぐに円に換えないで、ドルのまま保有することです。今後また円安になることに期待し、ドルのまま持つか、せっかく円高なので新しくドル建ての債券を買うのも1つの手です。

4、投資信託

元本保証はありませんが、株式と比べてリスクが低いと言われているのが投資信託です。投資信託は株や債券などがパックになった商品で、1つ持てばある程度の分散投資が図れます。

分散投資をすることで得られる効果は、中身の30%の成績が悪くても70%で挽回できることが挙げられます。現在販売されている投資信託の数はとても多く、なかなか商品選びも難しいと思いますのでリスクの低いものを2つだけピックアップしてご説明差し上げます。

債券型

債券型とはその名の通り債券のみをパックにした投資信託です。株式と違って債券には満期があり、債券を発行した企業や国が潰れない限り、満期になれば投資したお金が返ってきます。債券は株式と違って値動きが少ないのも特徴です。

日本はご存知の通り超低金利ですから、日本の債券だけをパックにしたものですと魅力的な利回りは確保できないでしょう。アメリカやオーストラリア、ニュージーランドあたりの先進国債券をパックにしたものであれば為替の変動リスクはありつつも安定した利回りが期待できます。

バランス型

商品を絞らず、いろいろなものをパックにしたものです。債券の割合を多くしてリスクを最小限に抑えたものから、少し株式の割合を増やしてリターンを狙うものまで様々です。

たとえば国内株式の成績が思わしくなく評価が下がってしまった場合、国内株式だけを持っていた人はもちろん損をしますよね。しかしバランス型ファンドであれば、国内株式が下がったとしても他の資産の成績によっては挽回できる可能性があります。

emaxis

引用:三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

上記のバランス型投資信託では8つの資産を各12.5%ずつ組み入れています。しかし中身の金融資産の運用状況によっては国内株式の割合が多くなったり、外国株式の割合が少なくなったりバランスにばらつきが出てくることも。バランス型ファンドでは、このようにバランスが崩れると自動的には資産価値の増えているものを売って利益確定をし、反対に安くなっているものを買い増すリバランスという作業をしてくれます。

 

運用はしたいけど何を買ったら良いかわからない、リスクは最大限減らしたい、売買タイミングがわからないという方にピッタリだと思います。

株式投資

投資といえば真っ先に浮かぶのが株ではないでしょうか?「株ってゼロになる可能性もあるからギャンブルと同じでは?」と不安に思う方も大勢いらっしゃると思います。ゼロになる可能性は否めず、株は金融商品の中ではリスクの高いものに分類されるのは事実です。

買ったときの値段よりも売るときの値段が上がっていれば利益、反対なら損失となりますが、どちらに動くかわからないところがギャンブルと重なってしまう原因かと思います。しかし、株式を保有すると、保有期間中に配当金をもらえる銘柄もあります。今日本に上場している株式の平均配当利回りは年間約2%なのですが、もし100万円分の株を持っていたら年に2万円の配当を受け取れる計算です。

利回りを重要視しすぎてリスクを取りすぎてしまうと、価値が下落したときに資産が減ることも考えられます。資金の性格によって、商品を分ける必要があります。

ポートフォリオを考える

さて、ここまで40歳までに貯金2000万円を達成する手段の1つとして、5つの投資商品を紹介してきました。いくら投資で効率よくお金を増やしたいからと言って、例えば子供の教育資金や結婚式費用、マイホーム購入予定資金をリスクの高いものに入れてしまい、40歳までに貯金2000万円どころか、減ってしまったら困りますよね。

投資を始める際は資金を性格別に分けて、運用商品を決めることが大切です。以下を参考にし、適切な運用方法で運用出来ると良いですね。

  • 使用用途が決まっており、絶対に減らせない資金
    →定期預金や個人向け国債
  • しばらく使用する予定がなく、多少のリスクは取れる資金
    →外国債券、投資信託(債券型やバランス型等のリスクが高すぎないもの)
  • 最悪無くなってもOK、積極的にリスクを取ってリターンを狙う資金
    →株式

これから収入を増やして支出を減らし、こつこつ積立てて40歳までに2000万円を達成することもできるかもしれませんが、やはり効率が悪いです。人によって許容できるリスクはそれぞれですが、少しばかりリスクを取って「投資」を行いお金に働いてもらうことも大切だと言えます。

目的や目標を考える

さて、ここまで40歳までに貯金2000万円を達成するをテーマにその方法補を説明してきました。投資でも、何でも目標がないと続けることって難しいですよね。

ただ漠然と40歳までに2000万円貯金したいと考えるよりは、2000万円貯金できたらやりたいことをリストアップしておくと良いと思います。例えば長期で旅行に行ったり、セミリタイアをしてやりたかったことを始めることも可能となるでしょう。

貯金2000万円をすべて使ってしまうのでは意味がありませんから不動産投資などのまとまった資金が必要な運用を始めたり、株や債券などの運用に回すお金をさらに増やすことも考えておけると良いですね。40歳までにとは言わず、ゆとりある老後のためにそろそろ準備をはじめてみてはいかがでしょうか?

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう