必見!1000万円を目指す30代にピッタリな資産運用方法

30代からの資産運用

30代の人には1000万円は程遠い金額に思えるかもしれません。実際に、40代までに1000万円を貯めようと思うと月々8万円以上の積立てが必要になります。

 

30代は結婚や転職、妊娠・出産などの出費がかかるライフイベントがある世代。また、増税により年々手取り収入が減っていると感じている人も多く、積立てるお金を捻出するのも大変ですよね。 しかし、30代にピッタリな運用ほうほうで運用を続ければ、1000万円も夢ではありません。

 

そこで今回はマネーブリッジ編集部が、30代から始める貯蓄1000万円を目指す資産運用法についてご説明します。

この記事の要点

・給与的に余裕のない30代でも資産運用をすることは可能。
・金融商品の持つ利回りを利用し、積みたて投資で「複利運用」することが1000万円到達の近道。

30代の平均貯蓄額や資産運用の割合

まず初めに、気になる30代の平均貯蓄額と資産運用をしている人の割合についてまとめてみました。30代の方々はどれくらいの額を貯金されているのでしょうか?

30代の平均貯蓄額は404.1万円

以下でご紹介する30代の平均貯蓄額は全て、厚生労働省から発表されている国民生活基礎調査を参考にしています。この国民生活基礎調査によると、平成28年度調べ「30代の平均貯蓄」は404.1万円となっています。

 

30代の平均貯蓄
※参照:>>厚生労働省 国民生活基礎調査(外部リンク)

 

世帯主の年齢階級別貯蓄の増減状況(熊本を除く)を調べると、前年に比べて貯蓄が減ってしまった世帯が全体の40.1%。30代では31.2%。ちなみに30代の貯蓄が減った理由としては生活費への支出が68.3%、入学金・結婚費用・旅行費用などの一時的支出が30.4%となっています。

 

30代の平均給与

 

日用品の値上げや増税、30代ならではのライフイベント(結婚や新生活、旅行など)によって貯蓄額は前年度よりも減額しているようです。このように、平均貯蓄額が減額している30代。なかなかこの中から、投資資金を捻出するのは難しそうですね。

 

次は、そんな中で資産運用をしている人の割合を見ていきましょう。

30代で資産運用をしている人の割合とは

以下でご紹介する30代の資産運用割合は全て、日本証券協会から発表されている証券投資に関する全国調査(個人調査)を参考にしています。平成27年度の「保有金融商品のアンケート」によると30代前半男性(30歳~34歳)の株式保有が10.1%、投資信託は4.6%。また、35歳~39歳では株式保有が12.9%、投資信託が7.9%となっています。

 

30代前半男性(30歳~34歳)の株式保有
※参照:>>日本証券協会 証券投資に関する全国調査(外部リンク)

 

30代の女性では更に割合が少なく株式保有は30~34歳で3.9%、35~39歳では5.9%、投資信託は30~34歳で1.0%、35~39歳で4.7%という結果になりました。いかがでしょうか?思ったより、30代で資産運用を行っている方は少ないと言えますね。

 

30代の女性

 

男女合わせて30代の保有金融商品の90%以上が預貯金。投資信託に至っては、10%未満の人しか保有していないことがわかりました。つまり、ほとんどの人が資産運用をしていないということです。

30代の平均給与は?

以下でご紹介する30代の平均給与は全て、国税庁から発表されている民間給与実態統計調査結果を参考にしています。国税庁の民間給与実態統計調査結果では、30代の平均給与は男性30~34歳で457万円、35~39歳で512万円。また女性30~34歳で315万円、35~39歳で300万円となっています。男性では50~54歳が最も高く661万円。30代の平均給与を見てみると、平均年収が400~500万円なので資産運用をしている割合が20%以下となっています。

 

30代の平均給与
※参照:>>国税庁 民間給与実態統計調査結果(外部リンク)

 

 

収入が低いので資産運用をする余裕がないようで、これでは目標の1000万円が無謀のように思えますよね。しかし、ご安心ください。給与的に余裕のない30代でも資産運用をすることはできます。次は、30代におすすめの資産運用の紹介をしていきます。

おすすめの運用方法

30代から、1000万円をどうしても目指したい人におすすめの資産運用法をご紹介します。

忙しい人でもできる「投資信託」

会社に私生活にと忙しい人は、思い切ってプロに資産運用を任せる方法がおすすめ。中でも「投資信託」は、初心者でも気軽に始めることができる商品として人気があります。投資信託とは、多数の投資家から資金を集めてプロが様々な金融商品で資産運用を行い、その結果得た利益を購入した口数に応じて還元するというもの。

 

30代は給与も少なく、ライフイベントが多い年代なので資産運用に充てるお金が少ないことも事実。しかし、投資信託は1万円前後と少額から始められます、安い銘柄だと数千円で購入も可能です。少額な投資額でも分散投資効果を得られ、リスクを減らしながらの資産運用ができます。

>>資産運用におすすめの投資信託とは?イチオシや選び方を解説

王道の投資法「株式投資」

株式投資も、30代で1000万円を目指す人におすすめの資産運用法の1つ。株式投資は売買益だけではなく、配当金や株主優待なども得られるため30代にも人気があります。2014年からは利益が非課税になる「NISA」も始まっているので運用しながら節税効果も期待できます。

 

1000万円を目指すなら、短期売買を繰り返すよりも長期投資がおすすめ。ちなみに株式の長期投資は将来的に成長が見込める銘柄に投資をすると、大きなリターンを得られる可能性が高くなります。銘柄を選ぶポイントは、業績が上向きで配当が高いけれども知名度が低い銘柄。更に1000万円を堅実に貯めたい人は、高配当銘柄を月々数万円ずつ積立てて配当は再投資すると複利効果で効率よく資産を増やすことができます。

>>株式投資の始め方はこれだけ!ゼロから学べる初心者向け講座

大きなリターンが狙える「仮想通貨」

「仮想通貨」は30代で1000万円を目指す人には魅力的な商品。ちなみにビットコインを始めとする仮想通貨は、価格の変動幅が大きく1週間で5%~10%動くこともあります。昨今、価格も一時に比べて落着きを取戻しているため、ビットコインでも数百円~数千円ほどで始めることができます。

 

少額で、大きな売買差益を狙う人にはピッタリですね。金利は付きませんが、FXのようにレバレッジをかけてハイリターンを目指すことも可能。更に30代はまだまだリスクを取れる世代です。いち早く1000万円を貯めたい、もしくは1000万円ほどの大金を更に大きな資産にしたい人にはおすすめの投資法です。

>>今話題の仮想通貨入門講座!ゼロから学ぶ仕組みやおすすめ通貨

 

さて、ここまで何度か出てきた「複利運用」という言葉。この複利運用は、30代の皆様が資産運用で1000万円を手に入れるためには大切なものになってきます。そこで、次はこの複利運用について説明していきます。

コツコツ貯蓄するなら「複利運用」がポイント

こつこつと1000万円に向けて貯めたい、もしくは1000万円を堅実に運用したい人には複利運用を利用した貯蓄がおすすめです。

複利運用とは?

「複利運用」とは元本に利息を足して、その新しい元本に対して更に利息が計算される運用のことで、元利金が雪だるま式に増えていくことになります。この複利運用は投資期間が長く、金利が高く、複利期間が短い程より高い効果を得られます。

 

複利効果
引用:>>金融庁 投資の基本(外部リンク)

 

複利運用を利用したい場合は、投資信託では分配金の「累積投資コース」を選択、株式では配当金を「再投資」するだけで完了です。

1000万円を貯めるシュミレーション

30代で1000万円を貯めるには、「給与からの天引き積立て」がおすすめ。また預金の積立ではなく、利回りの高い金融商品で積立てて再投資を行うと更に投資効率がアップします。

 

30~40歳で1000万円を貯積立てながら貯めるには定期預金ではなく、FXのスワップポイントや株式投資の分配金を利用すると高効率の運用が可能です。ちなみに配当利回りは、銘柄によっては5%を超える銘柄もあります。投資信託も、銘柄によってはリターンが年10%以上の銘柄を選んで累積投資コースでの複利運用が可能です。

 

例えば、高配当利回り5%の株式を積立てながら複利運用して1000万円を目指すとします。元金200万円、30~40歳の10年間、毎月5万円積立てながら年利5%の複利運用を行うと40歳には総額1100万円(元金800万円)になる計算ですね。

 

期間 元金 配当金合計
1年 260.0万円 11.6万円
2年 320.0万円 26.8万円
3年 380.0万円 45.8万円
4年 440.0万円 68.7万円
5年 500.0万円 95.8万円
6年 560.0万円 127.2万円
7年 620.0万円 163.2万円
8年 680.0万円 203.9万円
9年 740.0万円 249.8万円
10年 800.0万円 301.0万円

 

積み立てた元金は800万円、配当金を複利運用すると総額1100万円になるため40代になる前に1000万円に到達できます。株式投資で1000万円を目指す場合は、高配当銘柄で価格が安定していて長期保有に向いている銘柄を選んで積立てると良いでしょう。

まとめ

30代から1000万円を目指すには、金融商品の持つ利回りを利用して積立てながら複利運用することが1000万円到達の近道。株式では配当金を再投資、投資信託では累積投資コース、FX外貨預金では高金利通貨を利用して利息を再投資することがおすすめです。

 

重ねてになりますが、複利運用は時間が長期間であればあるほど効果大。よって、長期間安定して保有できる商品を選び上手に資産を増やしていけると良いですね。

 

この記事も合わせて読んでおきたい

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう