タイプ別!3000万円を投資するのにおすすめの商品一覧

3000万円を投資するのにおすすめの商品

3000万円クラスとなると、慎重に運用したいと思う方が多いのではないでしょうか。しかし、1000万円まで元本保証がついているとはいえ、預金では雀の涙程度しか増えません。やはり少しでもリスクを取って3000万円を投資し、少しずつ増やすべきであると言えます。運用資金が3000万円以上となると、投資先の候補が多くなり投資の幅が広がる一方、何に投資すれば良いのか迷ってしまう場合も。

 

ここでは、そんな迷える方々にむけて3000万円を使ったおすすめの投資商品をタイプ別にご紹介致します。まず、資産運用の必要性について今一度確認してみましょう。

 

この記事の要点

・リスク許容度に合わせた商品を選ぶ
・時間・体力・費用のうち最優先するものによって投資方法は異なる
・一番大切なのは費用ではなく最終リターン

3000万円あっても投資や資産運用は必要か

3000万円というと大きな金額ですし、もう資産運用しなくても良いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。どの時点(年齢)で3000万円保有しているかにもよりますが、もしあなたがまだ30代~50代であれば、絶対に資産運用はするべきでしょう。60歳を超えていれば3000万円で暮らしていけるかもしれませんが、生活のレベルは落とさずを得ないでしょう。よって資産運用はした方が良いと言えます。日本の世帯支出は平均で月に約31.3万円ですから、8年もすれば3000万円は無くなってしまう計算ですね。

参考:>>生命保険文化センター 月々の生活費は平均していくらくらい?(外部リンク)

 

たとえ3000万円の余剰資金があったとしても、資産運用で増やしていくような努力が必要と言えます。実際に3000万円の投資方法を紹介する前に、どうやって商品を絞っていくかを解説致します。

かけられるリスクを考える

まず最初に考えなければならないのが、ご自身のリスク許容度です。ひとことに3000万円と言っても、全体の金融資産が1億円ある家庭の3000万円と、資産5000万円のうちの3000万円のお宅では、取れるリスクが異なります。3000万円を10年後に倍にしたい方もいれば、とにかくリスクは取らずに減らさない運用をしたいという方もいらっしゃると思います。

 

◎リスクを取って積極的リターンを狙いたい (ハイリスク・ハイリターン) 仮想通貨・FX・先物取引
◎適度なリスクは許容しリターンもそこそこあればいい (ミドルリスク・ミドルリターン) 投資信託・リート・外国債券・ヘッジファンド
◎リスクは極力減らして安定的な運用を目指したい (ローリスク・ローリターン) 預金・個人向け国債を含む国内債券

 

タイプとしては大きく分けて以上の3つですが、もちろん内容によってリスクもリターンも異なります。株式であれば財務状況の健全な企業と、倒産寸前の負債が積み重なった企業ではリスクは異なりますし、投資信託であっても中身の組入れ資産によってはリスクもリターンもまばらになるでしょう。

 

また、一概に投資をするといっても、自分で行うか、第三者にまかせるかで費用面のコストや労力が異なります。誰が運用をするか、それぞれのメリット・デメリットをふまえて最適なものを考えてみましょう。

運用者を決定する

以下、3000万円の投資を自分で行うか、第三者にまかせるかを手数料、労力、見込めるリターンの3つの観点でそれぞれ比較してみました。

 

運用者 手数料 労力 見込めるリターン
1. 自分で運用する 最も安い 高い 労力に見合わないケースも
2. 一部はプロに手伝ってもらう 1~3%程度かかる 少ない 長期投資なら年間平均7%前後
3. 完全におまかせする 高い ほとんどない 年間で10%前後、なかには30%を超えるものも

1、自分で運用する

自分で3000万円を1から自分で運用しようとなると、かなりの体力と気力が必要になるでしょう。マーケットは毎日動き、休みはほとんどありません。しかし、手数料などのコストはほとんどかかりませんので、利益が出た時は丸々自分のものになります。(税金を除く)投資コストを掛けずに運用したい方は、自力で運用することになります。

2、一部はプロに手伝ってもらう

自分ですべてを行うのは気が引けるという場合、少しばかり専門家の力を借りても良いと思います。もちろん管理を手伝ってもらう対価として、手数料を支払う必要があります。自身の投資スキルを磨きながら、プロの力も借りて安定的な運用を行いたいとお考えの方は一部の運用をプロにおまかせするのも良さそうです。

3、完全におまかせする

3000万円という大きなお金ですから、できることであれば完全におまかせするこの方法が一番良いと思います。精神的にも投資に縛られず、落ち着いた生活を行うことが出来ます。また、3000万円全額を預けるのに抵抗がある場合は、大半をおまかせにし、20%程度を自分で運用するようなかたちでも良いかもしれませんね。

 

もし自分での3000万円の運用がうまくいかなかったとしても、一部でもおまかせにしている資産ある程度があれば精神的にも余裕が生まれるのではないでしょうか?ちなみに、運用者ごとに可能な投資方法が異なりますので以下でご説明致します。

すべて自分で1から運用する

3000万円をどの金融商品にするか、投資対象や割合、売買のタイミング等、運用にかかる管理をすべて自分で行います。自分で管理するので手間はかかりますが、手数料は低く抑えられる点がメリットと言えるでしょう。ご自身で行う場合は、以下の4つがメインになると思います。以下、4つの運用方法を1つずつ見ていきます。

 

自身で運用を行うのにおすすめの商品

  1. 預金
  2. 株式投資
  3. FX
  4. 債券

 

1、預金(ローリスク・ローリターン)

一番リスクの低い運用が定期預金を含む預金・貯金です。ご存知の通り利回りはどこの銀行も利率は0.01%程度で、はっきりいってリターンはゼロに近いといえるでしょう。とにかく減らしたくない場合は預金が最適ですが、資産運用の効果はほとんどありません。外貨預金は通貨にもよりますが、金利が年率2%を超えることもあります。為替変動のリスクがあることだけ留意しておきましょう。

 

メリット デメリット
元本保証(1000万円まで) リターンを望めない

2、株式投資(ハイリスク・ハイリターン)

投資・運用の代表といえる株式投資。比較的値動きが大きいので、いざというときに迅速な売買が出来る方におすすめです。最近はネット証券であれば大きな取引額であっても数百円の手数料で取引が可能なので、株のハードルはかなり低くなっていると言えます。売却時の儲けであるキャピタルゲインと、インカムゲインにあたる配当金の両方で利益を出すことが可能です。(配当金はないものも。)

 

金融資産が一定額以上あれば信用取引も可能です。信用取引は現金や持っている株を担保に、証券会社からお金を借りて株の売買をする取引をしたり、株を借りて売り、買い戻す取引のことです。最大で担保の約3.3倍までの取引が可能となっており、少ない金額、少ない株で大きな取引ができます。信用取引には投資経験もある程度必要です。初めての方は取引できませんのでご留意下さい。

 

メリット リスク
手数料が低い、高いリターンを望める 元本を割れることもある

 

株式投資についての詳細は以下の記事にまとめました。
>>株式投資の始め方はこれだけ!ゼロから学べる初心者向け講座

3、FX(ハイリスク・ハイリターン)

FXとは外国為替証拠金取引のことを指し、為替の差を使って利益を出す投資です。通貨はアメリカドルと円、アメリカドルとユーロ、ユーロと円、このようにペアで取引をします。わかりやすくアメリカドルと円でどのような取引をし、どのように利益を出すか説明すると、ドル円レートが100円のときにドルを買い、120円になったタイミングでドルを売ります。すると20円分の差益がもらえます。

 

ドル円チャート

 

FXでは上記の図のような買ったときよりも為替が円安に動いた時に売却する「順張り」と、円安の時に売って円高で買い戻す「逆張り」という方法でも利益を出すことができます。

 

ドル円チャート

 

また、世界には金利が高い国があり、そのような国の通貨を日本のような低金利国の通貨で買うと、スワップ金利なるものが得られます。スワップ金利(スワップポイントとも呼ぶ)は、通貨感の金利差調整分のことを指します。低金利通貨を売って、高金利通貨を買えば、それらの通貨間の金利差からその差額を受け取ることが出来ます。逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買うと、差額を支払わなければなりません。日本は低金利通貨なので、日本円を売って他国通貨を買う場合、ほとんどのケースでスワップ金利を受け取ることが出来ます。

 

スワップ金利

 

上記の図は日本円とオーストラリアドルの通貨をペアとした場合です。日本円の金利が0.1%で、オーストラリアドルの金利が2.0%だったとすると、このポジションを保有している間、金利差の1.9%(年)を受け取り続けることが出来ます。口座の開設や売買手数料はありませんが、売るときと買うときの為替にスプレッドという幅を設けることによって実質手数料を引かれているかたちになります。FXも株式の信用取引のように、元手の資金よりも大きい金額の取引が可能なレバレッジ取引というものがあります。

 

レバレッジ

 

株式の信用取引では担保や投資経験が必要でしたが、FXはレバレッジを使うことこそが醍醐味となっているので、投資経験は必要ありません。日本では金融庁の取り決めによって最大25倍まで、海外のFX企業では1000倍までの取引が可能となっています。しかし、高すぎるレバレッジをかけることによって、損失が出た場合はその分損失幅も広がりますので注意が必要です。まずは3~4倍程度のレバレッジで挑戦するのがおすすめです。

 

メリット リスク
手数料が低い、24時間取引可能、レバレッジ使用なら少ない資金で大きな取引が可能、持っているだけで金利を受け取れる通貨もある レバレッジを使用することで損失が出た場合の損失率も高くなる

 

FXが資産運用に有効なのか?その答えは以下の記事にまとめました。
>>FXは資産運用に向いてる?

 

5、債券(ローリスク・ローリターン、為替の影響を受ける場合はミドルリスク・ミドルリターン)

自分で行う投資の中で一番手間がかからないのが債券です。満期があるので満期まで持つことが一般的なので、一度購入したら放置できます。債券とはいっても個人向け国債などの少額から購入可能なものから、ある程度まとまった資金で投資するものまであります。以下、代表的な3種類の債券をまとめました。

個人向け国債

1万円から購入でき、銀行や証券会社、郵便局など多くの金融機関で取り扱っていることから広く親しまれている個人向け国債。利回りは預金を上回りますが、3000万円預けたところでもらえる金利は年間1万円程度です。国が破綻しない限りは実質元本が守られているので、絶対に元本割れをしたくない方には個人向け国債での運用がおすすめですが、利回りは魅力的とは言えないでしょう。

 

個人向け国債の始め方を知りたい人は以下の記事も合わせてどうぞ。
>>個人向け国債とは?銀行に預けているよりお得?

利付債と割引債

債券には毎年金利(クーポン)がつく利付債と、金利はつかないかわりに割引された価格で買える割引債(ゼロクーポン債)があります。利回りは発行体の信用度や、国の金利政策等によって異なりますが、2%を超えるものも多く、比較的高いリターンを得ることができるでしょう。債券は需給や金利の動向を要因とした値動きもありますが、最終的には発行したときの債券額面に戻る商品性です。途中売却をしない限り、満期までの間毎年金利がもらえ、投資したお金もそっくりそのまま戻ってきます。(外国債券の場合、為替によっては満期時の金額が上下することがあります)

 

利付債

 

また、割引債はすでに発行から時間が経っていて、債券価格が動いている状態のどこかで購入する債券です。満期時には発行時の価格に戻る性質から、その差益を受け取ることができます。

 

割引債

 

債券は買付、売却時の手数料は基本的にありません。しかし、外国通貨建て債券の場合はレートの差による為替手数料がかかりますのでご留意下さい。

 

メリット リスク
満期まで待つのみなので労力はほとんど必要ない 発行体が破綻した場合はゼロに、外国債券の場合は為替の影響を受ける

 

次は、プロの力を少し拝借する方法です。

一部プロに手伝ってもらう

以下、一部プロに手伝ってもらう運用方法を2つまとめました。

 

一部プロに手伝ってもらう運用方法

  1. 投資信託
  2. リート(不動産投資信託)

 

どちらの商品も、中身の資産の運用はファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが行ってくれます。手数料はだいたい1~3%程度が一般的で、株式やFXよりは少し高くなるでしょう。まずは広く親しまれている投資信託から見ていきましょう。

1、投資信託(ミドルリスク・ミドルリターン)

投資信託は株や債券を複数持ち合わせる商品です。運用のテーマや方針が気に入れば気軽に購入できます。中身の資産の運用は投資信託のファンドマネージャーが行ってくれますので、買いの注文依頼と売却依頼だけすればあとはプロにおまかせできます。日経平均やTOPIXのような指標と連動するように作られたインデックスファンドから、アクティブファンドと言われる指標を超えるリタ―ンを狙うファンドまで種類は豊富です。一般的にインデックスファンドは手数料が安く、アクティブファンドは売買の回数が増えるために手数料も割高な傾向にあります。

 

株だけ、債券だけ、国内だけといったように投資対象を狭めたものから、複数の資産をちょっとずつ組入れたバランス型ファンドというものもあります。バランス型ファンドは分散投資の効果が高く、リスクが抑えられていると言えます。また、通常の投資信託とは商品性がかなり異なるので項目を分けましたが、次にご説明するリートも投資信託のひとつです。

 

メリット デメリット
気軽に行える、プロに任せられる 利益・損失関係なく手数料がかかる(信託報酬)

 

投資信託はメリット・デメリットをしっかり理解した上で始めることが大切です。
>>投資信託のメリットとデメリットまとめ!リスクがあることも知っておこう

2、リート(REIT)(ミドルリスク・ミドルリターン)

リートは不動産を投資対象とした投資信託のことを指します。実物の不動産では、買付の費用が莫大であったり、不動産業者に足を運んで物件を選んだりする手間がかかります。いざ購入した後に入居者がいないと家賃収入は得られませんし、修繕費なんかも定期的にかかるので、利回りの割にリスクが高いと言えます。

 

リートは不動産の管理を投資家の代わりに行ってくれるので、投資家の負担はありません。オフィスや商業施設などの投資不動産から入ってくる賃料を投資家に分配する仕組みになっています。

 

リート

 

実物の不動産投資をしたとして、その不動産から賃料が得られなかったり、災害によって倒壊してしまった場合、マイナスはかなり大きくなりますが、そのリートは多くの不動産に投資しているため、1つが駄目になったとしても他の不動産で挽回することが可能です。このように、不動産で分散投資が出来るのはREITならではと言えるでしょう。

 

メリット リスク
分配金が高い 動産市況が低迷している場合利益を出しづらい、信託報酬がかかる

 

馴染みのないREIT(リート)について詳しく知りたい人は以下記事をチェック。
>>REITの仕組み REITとは一体?

完全におまかせする

最後に紹介するのは、自分で運用せず、最初からプロにおまかせしてしまうパターンです。預けた資産はプロの手によって運用されますので、売買の判断なども必要ありません。手数料が少々割高になりますが、運用にかかる時間はほぼ取られないため、時間をお金で買うようなイメージです。

ヘッジファンド(ミドルリスク・ミドルリターン)

完全におまかせする場合は、ヘッジファンドを投資先として選ぶことになります。ヘッジファンドは、投資信託のようにいろいろな資産を複合して持つファンドですが、いくつか違いがあります。

 

投資信託とヘッジファンドの違い

投資信託 ヘッジファンド
投資金額 1万円~(中には100円から出来るものも) 一般的に1000万円~
投資家の人数 不特定多数 50人未満
運用の自由度 低い 高い(様々な投資手法でリターンを狙える)
収益目標 相対リターン(ベンチマークを上回る) 絶対リターン(ベンチマークは設けない)
手数料 購入手数料+信託報酬(保有中の管理にかかるコスト)+信託財産留保額(解約手数料) 一般的に固定手数料約2%+成功報酬約20%

 

投資信託は少額から投資可能ですが、ヘッジファンドは一般的に1000万円以上からと少し敷居が高くなっています。ヘッジファンドは銀行や証券会社での取り扱いがないために、存在自体を知らない人もいらっしゃるのではないでしょうか。実際にヘッジファンドそのものが、投資家の人数を50名未満と限定していることから、積極的な募集活動はしておらず、知らなくても無理はありません。

 

ヘッジファンド最大の強みは、とにかくリターンを追求する点です。投資信託では、日経平均のような指標を目標と設定し、その指標と同じように連動したり、もしくは上回るような運用方針を掲げています。しかしヘッジファンドは、相場の上下に関係なくとにかくリターンを求めるという姿勢で運用をしています。その年の日経平均やS&Pが、1年前に比べて大幅下落していたとしても、ヘッジファンドはリターンを出すような投資を目指すのです。

 

なぜそのような運用ができるのかというと、金融庁からの規制が投資信託ほど厳しくないという点、ヘッジファンドの運用には、ファンドマネージャーの自己資金も投入されている場合が多いからです。投資信託のファンドマネージャーは大多数がサラリーマン=月給制です。自己資金を投入するようなことはほぼありえません。努力が足りないというわけではなく、自分のお金が入っているか入っていないかの差は、投資の本気度が異なってくる要因に十分なりえますよね。

 

ヘッジファンドの手数料はファンドによって異なりますが、一般的には購入手数料が2%、成功報酬として20%となっています。ヘッジファンドを投資先として選ぶ場合、銀行や証券会社では基本的に取り扱いがないので、ご自身でヘッジファンドの担当者に連絡し、説明を受けることになります。本サイト内では、国内ヘッジファンドをまとめたページもございますので、ファンド選びの際には是非参考にしてみてください。

 

国内ヘッジファンドをまとめた渾身の1記事。ファンド選びの際にはぜひご活用ください!
>>ヘッジファンドランキング2019年度版日本と世界のファンドを一挙大公開

 

また、投資に関する経験や知識が浅い場合にもプロにおまかせしたほうが良いケースが多いです。手数料を安く抑えるために自分で投資したら、失敗して大損なんてことにもなり兼ねません。投資の勉強や、分析などにも労力がかかっているので、ダメージも倍受けることになりそうです。

 

メリット デメリット
プロにおまかせで時間も労力も節約可能、高いリターンを狙える 手数料が高い

 

最後に、大金を運用する際の注意点を確認しておきましょう。

3000万円を投資する際の注意点

まとまった金額なので、少額で行う投資とはまた違った点に気をつけなければなりません。特に心がけたいのが、以下の2点です

 

3000万円を投資する際の注意点

  1. 長期投資
  2. 分散投資

 

早速1つずつ解説していきます。

1、長期投資

金額が3000万円ということから、短期であってもハイリスクハイリターンの投資を行った場合、大きな利益を生むこともあります。レバレッジなどを使った場合、本当に一生働かなくても良いぐらいのお金になるかもしれません。しかし、同様にリスクも高くなるわけですから、損失が大きくなる可能性もあります。よってリスクを抑えつつ、投資を続けたほうが安全と言えるでしょう。

2、分散投資

分散投資の基本となる2つの分散方法を解説致します。

商品の分散

3000万円を1つの銘柄(株式)に投入したらどうなるでしょうか。極端ですが倍になることも、反対に半分になることも想定できます。「なくなってもよい3000万円」であるなら、リスクのとり方は自由ですが、「今後使う可能性の高い3000万円」に適した投資ではないと言えます。商品の保有比率を分けて、値下がりリスクに対する対策をあらかじめ打っておくことが大切です。また、商品の割合だけでなく、時間も分散できるとさらにリスクを減らすことが出来ます。

時間の分散

あらゆる商品に分散したとしても、世界的な景気減速ですべての資産の価値が目減りすることも考えられます。ここで有効なのが時間の分散です。わかりやすいように株式の場合で考えてみましょう。株価は常に動きますから、タイミングによっては天井と呼ばれる最高値で買ったり、底と呼ばれる最低値で買うこともあります。

 

時間の分散

 

底で買って、天井で売却できたらラッキーですよね。しかし、株価の動きは様々な要因によって上下しますので、100%予想が当たることはまず無いと言って良いでしょう。株価が2000円の時に一度にまとめて購入し、その後株価が上がらないなんてことも十分考えられるのです。よって、買うタイミングを分ける時間の分散も有効に活用することで、「高いところで買ってしまうリスク」を回避することができるでしょう。

まとめ

さて、ここまでの内容をまとめると3000万円というまとまった資金であることから、やはりヘッジファンドのようなプロに完全おまかせするような投資方法が一番最適であると言えるでしょう。

 

全資金をおまかせするのに対して抵抗がある場合は、ポートフォリオの大半をヘッジファンドで投資、残りの一部を自分で運用することも考えてみてはいかがでしょうか?ご自身で運用する場合は最後の注意点もふまえて賢く投資していけるとよいですね。

 

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

ファンドランキング~国内トップ3社を徹底解説~

資産運用初心者の味方ヘッジファンド。まとまった資金を預けるだけで、投資のプロがリスク管理をしながら丁寧に運用してくれます。しかし、そんなヘッジファンドに関しては積極的に情報公開がされておらず、ファンド選びには手間と時間がかかるのが本当の所。そこでマネーブリッジ編集部が、おすすめのヘッジファンド3社をランキング形式で紹介。

これから、ヘッジファンドでの資産運用をお考えの方は目を通しておきたいコンテンツです。

Twitterでフォローしよう