ファンドを使って2000万円を上手に運用するコツ

資産運用会社との契約時に絶対に見落としていけないチェック項目

2000万円という大金を資産運用のために捻出し、結果投資先としてファンドと選んだ場合、ファンドのどこをチェックしたらよいでしょう?

このコンテンツでは当サイト掲載の人気ファンドを使って資産運用会社をチェックする際のポイントについて説明していきます。

もし、あなたが資産運用の対象として、プロの資産運用会社との契約を考えている、または、今実際に気になっているヘッジファンドがあるのでしたらこれから紹介する考え方を参考にされることをおすすめします。

まず、2000万円を資産運用する際にファンドを利用するのでしたら考え方は大きく3つに分かれます。

3パターン

2000万円を全てBMキャピタルへ

2000万円を全てBMキャピタルへ

パターン1はある意味「王道」と言えます。

パターン1は、資産運用として捻出した2000万円すべてをBMキャピタルに投資します。

なぜそこまで信用できるのでしょうか?

それは BMキャピタルの安定感が注目に値するからです

ヘッジファンドの資産運用能力はファンドの運用を行うファンドマネージャーの腕次第と言われています。このファンドマネージャーの質という点においてBMキャピタルは圧倒的な安定感を誇ります。

BMキャピタルは「損失を出さない」という運用方針を掲げており、過去の運用成績においてマイナスになった年は一度もないといいます。

さらにそれでいて全ての年において10%以上の安定したリターンを記録しているといいます。

2000万円もの大金を投資するなら、BMキャピタルのようなリスクを抑えて安定的にリターンが見込めるファンドで投資をするのがいいでしょう。

>>BMキャピタルの詳細はこちら

2000万円を分散投資してみる

2000万円を分散投資してみる

続いてパターン2です。

2000万円分を資産運用するときめても、月々の分配金(配当金)など利払いがあると、投資家心理としては嬉しいものです。

投資は長期視点にたち、分配金も年に1回と決めるほうが、運用者(運用会社)は毎月の配当に対するストレスもなくのびのびと運用ができます。

とはいえ、大きな資金には変わりないので、安定したBMキャピタルに大部分を投資しつつ、やや攻めの投資としてM&Sにも投資をしてよいかと思います。

そのことにより2000万円の資産運用の内訳としては、

1700万円をBMキャピタル
300万円をM&S

に分散投資することにします。投資家の理想的解釈はこうです。

1700万は年間で15%程度だしてもらい、初年度でだいたい原資を回復させ、300万はとんでもいいという前提で投資するです。

2000万円を資産運用する際、分散を考えて、このように分けてみるのです。

2社のファンドを資産運用で兼用する

2社のファンドを資産運用で兼用する

パターン3は、2社のファンドに同じ分だけ分散させて投資をする方法です。

今回利用するファンドは国内でも人気のあるBM CAPITALとM&Sです。どちらも株式投資でかつ、アクティビストファンドでもあるので、利益をだすための戦略は多種多様です。

分散以外の理由として、BM CAPITALはファンドの戦略上アセットなど一切公開はしていませんが、代表は東京大学をでてバークレイズで経験を積んだエリート中のエリート。

金融エリートチームで構成されたこのファンドの将来と経歴に投資をしてみました。

2000万円の資産運用を分散させる意識を強くもつのでしたら2つのファンドを兼用するのは1つの戦略と言えます。

もし現在、あなたが他で気になっている資産運用会社(ファンド)があった場合も、上記のような項目をチェックしながら、投資を吟味したらよいかと思われます。

2000万円をファンドに預ける際の参考にしていただけますと幸いです。

>>1億運用するのと1000万運用するときの違い