おすすめの1億円資産運用法と高利回りなヘッジファンドの詳細とは

1億円運用におすすめ商品とその利回り

宝くじで1億円を当てた、遺産を相続した、コツコツ貯金したなど、1億円を手にした理由は様々だと思いますが、一般的に「1億円」というのは大変に大きな金額です。そんな1億円を運用するとなると、あまり攻めずに安全な方法で資産運用したいという心理が働きます。ある程度元手が少なければ、なくなっても良いから大きく儲けたいという心理が働きますが、1億円を運用するともなればそんな簡単には考えられませんよね。

 

さて、マネーブリッジ編集部おすすめの1億円運用方法と1億円の運用におすすめなヘッジファンドについてを見ていく前に、1億円というまとまった資産の運用を行う際の考え方について説明していきます。これから、1億円クラスのまとまった資金の運用をお考えの方は必見のコンテンツです。

 

この記事の要点

・1億円を個人で運用するなら期待利回り4%を目安に運用するのがベター。
・リスク管理の観点から、1億円はヘッジファンドなどを活用し複数の投資商品に分散して投資をするのがおすすめ。

1億円以上の資金を日本で運用する最適な方法とは?

ニュース番組で、100万ドル(約1億円)の資産を保有している日本人は282万人と公表されていました。実に23人に1人です。同窓会をしたらクラスに1名か2名は1億円を持っているとのこと、意外と多いですよね。この1億円、どのように運用すれば良いのか迷う方も少なくないはず。1億円も100万円も資産運用の方法は同じではないのかと思われる方もいるでしょう。しかし、運用金額の大小でとれるリスクは変わり、その分資産運用のバリエーションも変化します。

 

一般的に1億円以上の資産があれば「富裕層」と呼ばれ、金融機関でもプライベートバンクなど優遇されたサービスを受けられます。通常窓口にはいない専門スタッフが担当につき、資産運用のアドバイスを貰えたり、手数料が優遇されたりします。そのほかにも、1億円以上からのみ受け付けている富裕層向け商品も存在します。例としては、ヘッジファンドなどが挙げられますね。1億円の資産運用となるとヘッジファンドは有望な投資先の一つです。投資信託より運用手法に長け、利回りが良く、リスク管理もうまいとの評価が一般的です。

 

ヘッジファンドに限らず、いわゆる富裕層向けの限られた金融商品にリーチできるスタートラインとして1億円は目安になるでしょう。ではここからは1億円の運用方法についてまとめていきます。まず初めに、1億円を運用する際の期待利回りについてです。

現在の日本での1億円の期待利回りは4%

利回りは、資産を1年間運用した結果得られた収益が、元本に対しどれくらいの割合なのかを示します。1億円を運用する場合、どれくらいの利回りを狙えばよいのでしょうか?1つの指標として4%を目安にしてみてはどうでしょう?その理由は以下です。

 

2019年10月現在、都内の不動産は、2020年の東京オリンピックにめがけプチバブル。不動産投資家の目線では利回り5%前後で十分といった相場観です。1億円の資産運用を試みる場合も期待利回りを思うままに決めるものではなく、マーケットの動向をふまえながら設定しましょう。6年前の2013年時点で、都内不動産の期待利回りは6%以上でしたが、2019年現在では4%が手に入れば良いほうです。

 

利回り
(参照リンク)
・日本不動産研究所「第39回不動産投資家調査」(外部リンク)

 

以上より、1億円の期待運用利回りは4%あたりを目安にするのがバランスが良いと言えます。

1億円の運用におすすめの資産運用方法5選

ではここからは実際に、1億円の運用におすすめの投資商品を5つ紹介していきます。

 

  1. 株式投資
  2. 不動産投資
  3. ベンチャー投資
  4. ソーシャルレンディング
  5. ヘッジファンド

 

1つ目は、投資の王道の株式投資です。

1、株式投資

ありきたりではあるのですが、1億円を運用するにあたって自分で取り組みたいならば、やはり「株式投資」が資産運用の王道。割安な銘柄を自分で発掘できるようになれば、1億円を安心して運用に回せますし、長期にわたって配当を得ながら堅いリターンを得ることが出来るでしょう。

 

また、株式投資と同じくらい人気なものに「FX」や「仮想通貨」が注目されています。しかし、FXも仮想通貨もマーケットとしてはまだまだ合理性に欠けており、チャートの動きは独特です。未成熟なこのマーケットには資産運用という概念はそぐわず、投機色の強いマーケットにまして1億円という大金を投じるのはおすすめできません。

 

それでも1億円をFXや仮想通貨で資産運用してみたいと考えるならば、あくまでポートフォリオの一部として、例えば10%以内での分散投資をおすすめします。

 

2、不動産投資

株式投資と同様、一から本腰を入れて取り組みたい方に向いているのが、「不動産投資」。ネットで情報を求めている人は「楽して稼ぐことができるお得な情報」を探しがちですが、その点不動産投資は「本気度」が試され、一長一短では結果がでないところが特徴です。不動産のイロハを学ぶには、成功者の肉声を聞いたり学びのためのセミナーに出かけたり、業者とのつながりを求めたり、デスクワーク以外の動きも重要です。とはいえ、1億円の運用を不動産投資にうまくあてることができれば安定度は抜群と言えます。

不動産投資の特徴はレバレッジ

最大の特徴は、レバレッジです。不動産投資におけるレバレッジとは、銀行などでローンを組みお金を借りることで自己資金の何倍もの投資を行うことを意味します。もし1億円を運用したいと考える方が金融機関と相性のよい属性をお持ちであれば、融資を受けることもできます。そうなれば1億円以上の資金を使って運用ができます。具体的にイメージしてみましょう。

 

たとえば、1億円を頭金に5億円を融資してもらい一棟ビルを買うとします。賃料から借入返済金を差し引いても3%程度の利益が年間で残ります。この場合、5億の3%でも年間手残りで1500万円の利益が確保でき、お持ちの1億円を不動産に投資してレバレッジをかけたことで月間100万円以上の利益を創出できます。

 

このように、1億円の運用先を不動産に向けたことでレバレッジも利用でき、十分なリターンを生むことが出来ます。ただしリスクとして、金融機関の融資付けの合否・物件選択の正否・不動産投資そのものにまつわるリスク(天災や事故がおき物件価値が下がる)があることを忘れてはいけません。1億円を不動産に投資するならば、株式投資と同様、本腰をいれて学ぶ姿勢が必要になります。

 

3、ベンチャー投資

続いて、少し志向を変え、1億円の運用先として最近話題の運用方法である「ベンチャー投資」について紹介していきます。ベンチャー投資とはエクイティ投資のことです。エクイティとは英語で、「equity(エクイティ):株主資本」という意味。つまりベンチャーに出資して、そのベンチャーが成長(成功)したときにリターンを得ます。出資したベンチャーが無事に上場したり、売却などできれば、リターンは数十倍に及びますが、その分リスクの高い投資と言えます。

 

リスクの高い投資でもあるため1億円の運用という意味では全額ではなく、あくまでポートフォリオの一部として少額投資をおすすめします。

活気づいているベンチャー投資

ちなみにベンチャー投資は2018-4Qの日本国内向けベンチャー投資金額の369.0億円という数字を見ても、活気づいていることがわかります。

 

ベンチャー投資
(参照リンク)
・一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンターHP「ベンチャーキャピタル投資動向調査」 (外部リンク)

 

ただしそう簡単にこの手の情報を入手することは困難で、ベンチャー企業の財務を管理するCFOや投資家とのつながりがあって初めて成立する話でもあります。一般的に成功確率をあげるためには、大手事業会社やVC(ベンチャーキャピタル)が出資している企業に相乗りすることですが、良質なベンチャー(例えば上場前のメルカリや、ラインなど)に投資できる機会は多くはないでしょう。夢はあるものの、1億円の運用先としては難易度が高いと言えます。

4、ソーシャルレンディング

1億円での資産運用において、最近脚光を浴びているのが「ソーシャルレンディング」です。

 

ソーシャルレンディング
(引用)
・SBIソーシャルレンディングHP「ソーシャルレンディングとは」(外部リンク)

 

ソーシャルレンディングとは、貸金業を営む事業体に出資をすることです。ソーシャルレンディングの運営者は、ネットを通じ個人の投資客から資金を借り受け、担保をとって中小企業に貸し付けを行います。企業から貸付事業体へ返済された金額から手数料を除いた金額が出資者に配当として戻される仕組みです。場合によっては利回り10%以上も可能とのことで、低金利の今その利回りの高さで投資者の注目が集まっています。自分で資産運用を行うのが難しい、そのような方にとって可能性を秘めたサービスとなっており注目の運用方法と言えます。

5、ヘッジファンド

資産運用のことは、資産運用のプロに任せる。自分で運用するのは自信がない、投資に時間が取れない、そんな方は1億円の運用を「ヘッジファンド(独立系資産運用会社)」に任せるという選択も検討すると良いですね。ヘッジファンドは空売りから入ったり、オプションでヘッジしたりと、プロならではの戦略も駆使し、相場の動向に関係なく高い利益を出せるのが特徴です。

 

通常は外資の銀行などで経験を積んだエリート金融マンが独立し、立ち上げるケースが多いですが、その特性上、ヘッジファンドについては情報が特に少ないです。

 

国内ファンド一例

1、BMキャピタル※ファンド紹介記事に移動します。
過去にマイナスを出した回数ゼロ。東大・京大卒の外資系銀行経験者がプロならではの運用手腕で、安定した運用を行ってくれます。まとまった資産を守りながらも、年利10%以上と着実な資産の増加に期待できる国内ファンド。
2、ひふみ投信※ファンド紹介記事に移動します。
有名ファンドマネージャーが投資先へ趣き、現場で得た情報から厳選された優良な株式へ投資。代表の藤野氏はテレビ番組「カンブリア宮殿」への出演経験もあり、ご存知のかたも多いでしょう。

 

そこで以下、特集を組んでみました。続けて1億円という高額資産の運用の候補となるヘッジファンドについて、少し掘り下げてみます。興味のある方は、是非読み進めてみてください。

1億円の運用におすすめなヘッジファンド投資の全貌

莫大な資産をもつ富裕層が、運用の相手として選ぶヘッジファンドとは何者なのかを引き続き見ていきます。まずヘッジファンドは大きく分けて、以下3つの特徴があります。

ヘッジファンドでの運用ポイント①:体制がしっかりしている

一般的にヘッジファンドは顧客の資金を自社で管理せずに、「カストディアン」と呼ばれる管理会社と契約をします。カストディアンは有価証券の保管や管理はもちろん、ファンドの運用成績や議決権に関する管理もします。これは投資家にとって非常に安心で、簡単にいえばファンドが倒産しても、あなたの資金は別の管理会社のもとにしっかりと守られるのです。まず、投資を検討している資産運用会社では、(分別管理)がとられているかどうか、これが1つ目のチェックポイントです。

ヘッジファンドでの運用ポイント②:運用成績

ヘッジファンドによって運用成績が異なりますが、色々なヘッジファンドの運用成績を平均すると10%~20%の運用利回りと言われています。ヘッジファンドが富裕層をターゲットにした資産運用方法と考えると、この平均値から富裕層が資産運用の委託先に年間で10~20%のリターンをだして欲しいと考えていることが分かりますね。

ヘッジファンドでの運用ポイント③:運用手法の秀逸さ

ヘッジファンド中で、近年注目も浴びているソフト・アクティビスト。まず、アクティビストファンドとは、保有資産や事業成績に対して株価が割安と判断される銘柄の株式を大量に取得し、議決権を得て、経営の改善や改革のための建設的な議論を経営陣と重ね、株価の向上を積極的に目指すファンドといえます。

 

市況の変動、株価の変動に直接的に影響を受けないといった意味でリスクが低く、レバレッジを用いないことからも、元本が大きく毀損することはほとんどない点が評価されています。ここまで、ヘッジファンドの3つの特徴について見てきましたが、この項目の最後に1億円というまとまった資金を「私募」ファンドであるヘッジファンドに預ける意味について見ていきます。

私募ファンドの優位性

テレビCMなどで見聞きするファンドラップというのは投資信託の別称で、ここで言うヘッジファンドとは一線を画します。公募ファンドである投資信託の運用会社は金融庁から認可を受けた金融系登録業者であり、株式保有期限に一定の制限がついたり、資金をすべて余すことなく投資しなくてはならないという厳格なルールがあったりと、規制の中で運用をします。

 

一方ヘッジファンドは私募ファンドが多く、金融機関を通じて販売することが出来ない代わり、金融当局からの規制を受けることがありません。戦略的に資金を手元においておき、あるタイミングでターゲット銘柄を一気に買い上がったり、瞬間的に空売りをかけたりといった運用が可能となります。

 

このようにヘッジファンドは、優秀な運用チームを揃え運用資金が調達できれば、運用手法、資金管理の仕方まで、大きな裁量権が与えられ1億円というまとまった資金を柔軟性の高い戦略で守りながらも、積極的に育てていくことが可能になります。

 

日本ではまだ馴染みの少ないヘッジファンド投資ですが、餅は餅屋にという意味でもまとまった資金の運用は投資の得意なプロにお任せしてしまうのも1つの選択肢として考えても良いでしょう。本サイトには国内ファンド紹介ページもございますので、ファンド選びの際には是非参考にしてみてください。

 

編集部おすすめ!ヘッジファンドランキングBEST3

 

最後にこのコンテンツのまとめです。

高額資産は利益と安全のバランスを考えて運用

1億円を運用するとなると、元本の大きさから少しの値動きで大きなリターンを期待できる反面、マイナスに動いた時の損失はかなりのものとなります。また、1億円というまとまったお金を個人で運用するのはかなりの習熟度が必要であり、簡単なことではないでしょう。そこで多くの人は銀行に預ける、債券を買うなど、ほぼ元本保証の商品に投資をするようですが、今回マネーブリッジではそれ以外の選択肢としてヘッジファンドを紹介してみました。

 

億を超えた資金は、増やすより守ることも大切なので、個人で複数の投資商品に分散して投資をするか、ヘッジファンドのようなプロに運用をお任せできる商品でプロに分散して投資してもらい、バランスのよい運用を心がけていきましょう。

【おまけ】1億円の資産でやってはいけない投資方法とは?

さて、ここからはこのコンテンツのおまけとして、1億円の資産を運用する際にやってはいけない投資方法を紹介しておきます。時間に余裕のある方は、是非目を通して頂けると1億円を運用する際の失敗のリスクを少しでも減らすことが出来るでしょう。今回紹介するのは、以下の3点です。

 

  1. 手数料が割高な運用方法で運用
  2. 1億円を一括まとめて投資
  3. 短期売買を行う

 

早速、1つずつ見ていきます。

1、手数料が割高な運用方法で運用

例えば、金融商品を購入するだけで投資のプロにその後の運用を任せられるという点で人気を集めている投資信託。そんな投資信託の手数料は、基本的に預け資産に対し固定で発生します。しかし同じ投資信託でも、商品によって手数料は様々。ここで、それぞれ手数料が異なる2種類の投資信託に同額1億円を預けた際に1年間で発生する運用手数料を比較してみます。

 

1年間で発生する運用手数料比較

投資信託種類 信託手数料 1億円を1年預けた際の信託手数料
投資信託A 0.14% 14,0000円
投資信託B 0.40% 40,0000円

=26万円の差額が発生

 

上記の図を見てわかるように、手数料に26万円程の差額が発生することがわかります。預け資産が1億円と高額になれば、0.1%の差でも10万円と手数料に大きな違いが出てきますので、預けるのであれば出来るだけ手数料が抑えられる金融商品で運用を行えると良いでしょう。

2、1億円を一括まとめて投資

元本が大きいほうが、リターンを望めるからと言って、1億円を1つの投資先にまとめて一括投資するのはおすすめできません。投資金額が1億円ともなると、10%の損失が出ただけでも1000万円の損失です。株式投資で数百万円損したというのとは話が違います。投資の基本は分散投資です。

 

ポートフォリオ
(引用)
・楽天証券「ポートフォリオ運用のすすめ」(外部リンク)

 

1億円の運用はポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)をしっかり組み、異なる種類の金融商品に計画的に分散し、リスクを最大限に抑え運用していく必要がありますね。

 

 

3、短期売買を行う

1億円という高額資金は「安定的」に運用したいものです。短期売買の場合、短期的な激しい値動きを利用して利益を得る為、投資者の手腕に左右される面が大きいです。また、値動きが激しい中、大きな資金を運用することになり、小さな失敗をしても損失は大きくなることが予想できます。

 

長期投資
(参照)
・SBI証券「 リスクを減らすために」(外部リンク)

 

反対に、長期投資の場合は基本的には金融商品を購入して値上がりするのを待つというスタンスとなる為、ストレスがありません。仮に損失が出ても、長期的にゆっくり時間をかけて回復できるので高額資産の運用にはおすすめです。1億円という高額資産はリスクを取って増やすより、減らさないことを第一に考えて安全に運用していけると良いですね。

 

個人で1億円というまとまった資産を運用されるのであれば、上記3点をしっかり心に留めて運用することで、致命的なミスは避けられるでしょう。また、今回紹介したヘッジファンドなどはプロが上記3点を踏まえ上手に運用してくれるため、投資に神経と手間を掛けたくないと言う方はファンドの利用を検討しても良いでしょう。

>>2019年最新の情報を元にヘッジファンドをランキングで紹介

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう