おすすめ1億円資産運用方法!安全と高利回りを両立できるヘッジファンド投資の詳細とは?

1億円運用におすすめ商品とその利回り

資産1億円、ゼロ金利の今、銀行にそのまま預けておくのはもったいない。

しかし、1億円クラスの資産を下手に運用し、大きく減らしてしまうのは絶対避けたいですよね。

手元の1億円をさてどうすべきか、頭を悩ませている人も多いはず。

そこで今回は、1億円の資産運用先について悩み疲れてしまった皆さんの為に、

  • 1億円運用におすすめな安全性の高い運用方法5選
  • 利回り別、高額運用におすすめの投資ポートフォリオ
  • 1億円投資におすすめなヘッジファンドの全貌

について、まとめていきます。

1億円の運用方法は様々。徹底したリスク管理の上、自分で運用をすることも出来ますが、ヘッジファンドなどの投資のプロに運用をおまかせすることで安全と高利回りを両立する事も可能です。

それでは、1億円運用の様々な可能性を探っていきましょう。

高額資金を日本で運用する最適な方法とは?

ニュース番組で100万ドル(約1億円)の資産を保有している日本人は282万人と公表されていました。23人に1人と少ない数字ではありませんよね。

一般的に1億円以上の資産があれば「富裕層」と呼ばれ、金融機関でもプライベートバンクなどで、特別に優遇されたサービスを受けられます。

そのほかにも、1億円以上からのみ受け付けている富裕層向け商品も存在し、先述したヘッジファンドもその一つ。

投資信託よりずっと利回りが良く、リスク管理にも長けているとの評価が一般的。そんな、ヘッジファンドについては記事後半で詳しく説明します。

ヘッジファンドに限らず、1億円は富裕層向けの良質な金融商品にリーチできるスタートラインとして一つの目安となります。

1億円を運用する3人の具体例

既に世界中には、あの手この手で1億円というまとまった額の運用を華々しく成功させている人が多数存在します。

そこでまず始めに、筆者の周りで実際に長年に渡って1億円の運用を成功させている人たちのケースを見ていきます。


学生時代バイトとして事業立ち上げに関わり、売り上げに貢献することで報奨金を得る。その後、その資金で居酒屋の経営を始め、4店舗まで拡大。大手に売却し利益を得る。

20代後半で1億円以上の蓄えを貯めた後も、マンガ喫茶を経営しさらに事業拡大。

(現在の1億円運用方法)
高級外車を複数台購入し、シェアすることでフィーをとるビジネスに参加。利回りは年間差引10%強。安全運用が出来ている。


自身で経営しながら貯めた資金で中国、ベトナムの株式を大量購入。2001年前後から2004年数年で一気に資金拡大し、2007年に資産1億円を超えた。

(現在の1億円運用方法)
不動産の買取業者へ出資。マンションの仕入れ業者へ買取資金として1億円を提供し、利回り20%を毎年コンスタントに実現。

さらに別の1億円は、プライベートバンカー経由でヘッジファンドに投資。こちらも、年間10%以上の運用成績を出している。


日経225先物(先物取引)のトレーダーであるS氏は弁護士でもあり、25歳の時点で1億円を突破。現在は法律事務所を経営している。本名を伏せて2冊トレード本を執筆。

(現在の1億円運用方法)
現在は仕事の傍ら2000万円ほど日経225先物で自己運用をしているが、さらに1億円をヘッジファンドで資産運用している。

運用利回りは平均30パーセント以上で推移しており、高い利回りを維持しながら安全に運用中。

この3人に共通して言えるのは、1億円の運用に手間と時間をかけていないこと。ここに尽きます。

仕事や家事も忙しく、さらには親や子供や老後のこと・・心配事は尽きません。そんな中、毎日パソコンの前に張り付いてチャートとにらめっこなんて出来ませんよね。

1億円ともなれば、少しの値下がりでもその損失は相当のもの。1億円の運用動向が、毎日気になって気になって何も手につかない!なんてことになったら本末転倒。

そこで続けては、資産運用初心者でも取り組める、

  • 投資に手間と時間がかからない
  • かつ比較的安全な運用が可能

という2つの要素を兼ね備えた1億円のおすすめ資産運用方法を5つ厳選してご紹介します。

おすすめの安全な資産運用方法5選

ここからは実際に、1億円の運用におすすめな、安全かつ投資の手間がかかりにくい投資商品を5つ紹介していきます。

今回紹介する資産運用方法は、以下の5つ。

金融商品 おすすめ度
債券投資
株式投資 ☆☆☆
不動産投資 ☆☆
ソーシャルレンディング ☆☆
ヘッジファンド ☆☆☆☆☆

※金融商品名をクリックで、該当商品説明箇所にジャンプします。

早速、各金融商品を1つずつ見ていきましょう。

1、債券

期待利回り:0.05~1%程

債券とは国や企業が資金集めのために発行する、有価証券のこと。債券を購入すると、発行元の国や企業にお金を貸したことになり、満期が来ると貸したお金に利子がついて返還される仕組み。

債券

債券と言えども発行体により、その種類は様々。

債券の種類 期待利回り 概要
個人向け国債 0.05%程 国が個人投資家向けに少額から発行
地方債 0.10%程 都道府県や市町村など地方自治体が発行
社債 0.5~1%程 一般企業が経営資金調達のために発行

 
一般的に「社債>地方債>国債」の順に利回りが良いと言われています。そして、もちろん利回りはリスクに比例しますから、リスク度合いも「社債>国債」ということになりますね。

安全度重視で運用されたい方は「国債」で、少しのリスクをとってある程度のリターンに期待したい方は「社債」を選択されると良いでしょう。

1億円をとにかく安全に運用したいという方は、手堅く「債券」へ投資するのも良いですね。

この記事も読んでおきたい

2、株式投資

期待利回り:5%程

1億円を運用するにあたって、自分で取り組みたいという方には、ベタですが「株式投資」がおすすめ。

株式なんて手間がかかるでしょう?と思われた方もいるでしょう。しかし、実は株式投資も方法を選べば、そこまで手間はかからないものです。

例を挙げるなら、割安株(バリュー株)投資。

バリュー株

企業の本来の価値より割安に放置されている株式(割安株)を購入。あとは、企業価値に対し妥当な価格に株価が戻るのをじっくり待つだけ。

また、底値で購入をするため、さらなる値下がりで資産を損失しにくい点も安心です。1億円というまとまった資産を、長期に渡り安全に運用することが出来るでしょう。

上記の点からも、1億円は自分で運用したいという人は株式投資、特に割安株でじっくり長期運用がおすすめです。

3、不動産投資

期待利回り:5~7%程

一から本腰を入れて1億円の資産運用に取り組みたい方に向いているのが、この「不動産投資」。

不動産投資と聞くと、物件の選定~購入、入居者募集と手間と時間がかかるとお考えの方も多いでしょう。

しかし、不動産投資業者という、不動産投資のサポートを利用するなどすれば、投資の手間を省くことも可能。

物件の選定~購入、入居者募集、家賃の催促、清掃まで、全て丸々おまかせすることができます。

良い不動産投資業者に出会えれば、手元の1億円で購入した物件で、老後の定期収入(家賃)を得たり、高値で売り抜き売買益を得たり、また老後のすみかとしてご自身で利用することも可能。

利益獲得の方法が多様に存在する点で、長期に渡り比較的安定した運用が可能なのは不動産で高額資産を運用するメリットと言えるでしょう。

この記事も読んでおきたい

4、ソーシャルレンディング

期待利回り:5~7%程

1億円での資産運用において、最近脚光を浴びている投資方法が「ソーシャルレンディング」。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング運営者は、ネットを通じ個人投資家から資金を借り、それを中小企業に貸します。

企業から返済された金額から手数料を除いた金額が、出資者に配当として戻される仕組み。今までになかった、全く新しい金融サービスですよね。

そんなソーシャルレンディングは、場合によっては利回り10%以上も可能。低金利の今、その利回りの高さで注目が集まっている投資方法です。

高額資産の運用を自力で行うのが難しい、そのような方にとってはお金をただ「貸すだけ」で資産運用が出来る魅力的な投資先と言えますね。

5、ヘッジファンド

期待利回り:10%以上

自分で運用するのは自信がない、また投資にかける時間がない。そんな方は1億円の資産運用を丸々ヘッジファンドに任せるのがおすすめです。

ヘッジファンド

ヘッジファンドは空売りやオプションなどを利用し、市場の下落相場でも積極的に利益を狙うことが可能。2020年のコロナショックのような相場急落時でも、資産が減りにくいのは安心ですよね。

また、上層相場だけでなく下落相場でも利益を出せる分、ヘッジファンドは平均利回り10%以上と他金融商品と比べても高利回りに期待できます。

良質なファンドに投資さえできれば、投資初心者でもプロの手腕を借りて1億円、2億、3億、または10億円と巨額な運用額でも効率よく投資ができる点は特に投資初心者にはぴったりな運用方法。

そんなヘッジファンドについては、このコンテンツの下部で詳しく説明しているので必見ですよ。

ヘッジファンド詳細説明項目へジャンプ

利回り別ポートフォリオの具体例

ここまで1億円運用におすすめの投資法を紹介してきました。金融商品は色々ありすぎて迷うという方、投資商品は一つに絞る必要はありません

投資の基本は、分散投資。投資対象を複数に分散させることで、資産の損失リスクを最大限に抑えることができます。

分散投資を考える際には、投資の分散割合を示したポートフォリオの作成がおすすめ。

ポートフォリオは目標利回りを元に作成します。目標利回りは投資の目標や、取れるリスク度合いにより異なりますが、マーケットの相場観を参考にすると無理のない目標利回りの設定が可能です。

不動産投資を例に出すと現在では利回り4%が手に入れば良いほう。不動産投資家の目線では、都内で利回り5%前後で十分といった相場観です。

利回り
引用:日本不動産研究所 第39回不動産投資家調査

また、現在日本の平均株価を示す日経平均株価の平均リターンが約3~5%程という点を考慮しても、1億円を運用するなら、無理なく3~5%あたりを目安にするのがバランスが良いと言えそうです。

さて、そこで今回以下で筆者が期待利回り3%、5%、もう少しリターンを狙いたい方のために7%で作成したポートフォリオを見てみます。

目標利回り3%の例

目標利回り3%のポートフォリオ

目標利回り3%のポートフォリオは、ローリスクで堅実に資金を増やしたい人におすすめです。

1億円を10年間、3%の利回りで運用できたとすると、運用資産は約1億3000万円(+3000万円)まで増える計算に。

株式の高配当銘柄の中には、配当利回りが6%を超えるような銘柄もあります。また、債券も外国債券などのより高金利なものを利用すると、2%以上の金利や為替差益を得ることも可能ですよ。

目標利回り5%の例

目標利回り5%のポートフォリオ

目標利回り5%のポートフォリオは、ミドルリスクで積極的に資金を増やしたい人におすすめ。

1億円を10年間5%の利回りで運用できたとすると、運用資産は約1億6000万円(+6000万円)まで増える計算に。

年利5%のポートフォリオでは、株式投資や債券のほかに不動産投資も運用先として有効。現物投資よりも株式のように手軽に売買が出来るREIT(リート)の利用を考えても良いでしょう。

この記事も読んでおきたい

目標利回り7%の例

目標利回り7%

個人で7%もの高利回りを実現するのは、リスク管理の難易度からも難しいのが本当のところ。

7%以上の利回りを狙うなら、1億円の運用はヘッジファンドなどの投資のプロに丸々お任せするのが良いでしょう。

1億円のうち、半分の5000万円を年利10%のファンドで10年間運用した場合、利益だけでなんと約4000万円。

つまり、年3%の運用で出せる運用益以上の利益を、半分の投資リスクで手に入れることが可能になります。

また、プロに完全に資産運用を任せられるため、実際の売買やポートフォリオ作成などの手間も一切かかりません。

投資の知識に乏しい、または投資に手間と時間をかけられないという方にはもってこいの運用方法であると言えますね。

さて続いては、この1億円という高額資産の運用先として有力候補となるヘッジファンドについて、掘り下げていきます。

1億円の投資におすすめなヘッジファンド投資の全貌

1億円運用の味方、ヘッジファンド。その特徴は、ポートフォリオ作成の手間が省けることだけではありません。

ヘッジファンドには大きく分けて、以下3つの特徴があります。

1、資金管理の安全性の高さ

一般的にヘッジファンドは、顧客の資金を自社で管理せずに「カストディアン」と呼ばれる専門の管理会社と契約をします。

つまり、ファンド会社の資産と顧客から預かった資産は別々に管理(分別管理)されているということを意味しています。

詐欺ファンドの典型として「ファンド会社の運用資金に顧客の預け資産が当てられており、資金が回らなくなったら夜逃げ」ということがありますが、この分別管理をされていればほとんどあり得ないことです。

ファンドが倒産しても、カストディアンがファンドを時価総額で売却、投資家に返金。資金は別の管理会社のもとにしっかりと守られます

逆に言うと、投資を検討しているファンドが「分別管理」がとられているか、これはしっかり確認しておいたほうが良いですね。

2、期待利回り10%以上!運用成績が良い

色々なヘッジファンドの運用成績を平均すると、ヘッジファンドの期待利回りは10%程と言われています。

個人投資家の株式投資の平均利回りは、5%~6%いけば御の字と言われていますから、かなりの高パフォーマンスであることが分かりますね。

この10%という数字はヘッジファンドの巨額な資金量と、投資のプロであるファンドマネージャーの運用手腕があるからこそと言えます。

正直な話、個人での実現は難しい利回りです。

3、運用手法の秀逸さ

近年、ファンドの中でも、投資者だけでなく業界内でも注目を浴びているアクティビストファンド。

アクティビストファンドは保有資産や事業成績に対し株価が割安と判断される銘柄の株式を大量取得し、議決権を得た上で、経営の改善の議論を経営陣と重ね、株価の向上を積極的に目指すというものです。

  • 元々割安状態にある株式を購入するので、さらなる値下がりによる損失が生まれにくい
  • 自らの行動で株価上昇を目指すので、市況の変動、株価の変動に直接的に影響を受けない

上記の意味で投資リスクが低く、元本が大きく減ることがほとんどない点が評価されています。

ここで以下、参考までに国内でおすすめのアクティビストファンドを1社紹介しておきますので、投資先ファンド選びの参考に是非どうぞ。

BM CAPITAL
(ビーエム・キャピタル)

BM CAPITAL

BM CAPITALは、過去にマイナスを出した回数ゼロ、かつ平均利回り10%以上の国内アクティビストファンド。外資系銀行にて経験を積んだ運用者が、個人では難しいプロならではの運用手腕で安定した運用を行ってくれます。

また、最低投資額が1000万円からとヘッジファンドにしてはかなりの少額設定。1億円の資産の1つの分散先としても利用でき、個人の投資計画に合わせて様々な使い方ができそうですね。

ここ最近はアクティビストとしての目立った活動はありませんでしたが、国の制度の改正の追い風もあり、今後積極的な活動も視野に入れているとのことで、今後の活動にも大いに期待できます。

興味のある方は、まず気軽に連絡をし面談の場で気になることを尋ねてみると良いでしょう。

【おまけ】1億円の資産でやってはいけない投資先とは?

最後におまけとして、1億円の資産を運用する際にやってはいけない投資方法を紹介します。

目を通して頂けると、1億円を運用する際の失敗のリスクを少しでも減らすことが出来ますよ。

1、手数料が割高な運用方法で運用

金融商品を購入するだけで投資のプロにその後の運用を任せられる、投資信託。そんな投資信託の手数料は基本的に預け資産に対し固定で発生します。

これが何を意味するかというと、運用でマイナスが出ても定額で発生するということです。

特に投資信託のように、運用成績が市場の動向に左右されがちな金融商品であればあるほど、手数料は徹底的に比較して割安な商品を選ぶべき

預け資産が1億円と高額になれば、少しの差でも大きな金額差に。預けるのであれば、手数料が抑えられる金融商品で運用を行えると良いですね。

2、1億円を一括まとめて投資

投資金額が1億円ともなると、10%の損失が出ただけでも1000万円の損失。株式投資で数百万円損してしまったというのとは話は全く違います。

しつこいようですが、投資の基本は分散投資。

ポートフォリオ
引用:楽天証券 ポートフォリオ運用のすすめ」

1億円の運用はポートフォリオをしっかり組み、異なる種類の金融商品に計画的に分散。リスクを最大限に抑え運用していく必要がありますね。

ご自身で投資のポートフォリオを組めない方は、資産運用は自力で行わずヘッジファンド等でプロにおまかせしてしまうほうが良いでしょう。

3、短期売買を行う

短期売買の場合、短期的な激しい値動きを利用し利益を得る為、運用成績は投資のタイミングなど投資者の投資手腕に左右される面が大きいです。

また値動きが激しい中、大きな資金を運用するとどうなるか。そうです、小さな失敗をしても損失は大きくなりますね。

長期投資
参照:SBI証券 リスクを減らすために

1億円を投資して、3%マイナスになっただけで300万円の損失。

しかし、1年で2回も世界同時株安があった2018年では、新興国を投資対象とする投資信託は平均でマイナス-8%でフィニッシュしたとのこと。

参考:日本経済新聞 2018年の投信運用、苦戦続く 新興国が落ち込み

そんな中でも落ち着いて利益を出せる強靭な精神力と優れた投資手腕。誰でも持ち合わせているものではありません。

反対に長期投資の場合は、基本的には金融商品を購入して値上がりするのを待つというスタンス。よって、ストレスフリー。仮に多少の損失が出ても、長期的に時間をかけて回復させるだけ。

あなたが、相当の敏腕トレーダーである場合は別ですが、そうでない限りは、欲をかかずに地道かつ長期的に安全運用をしていくべきですね。

1億円を大きく、早く増やしたいという欲を捨てられない人は、始めからヘッジファンドなどで運用をプロにおまかせしてしまうのが得策です。

以下の記事などは、1億円の投資先ファンド選びの際には参考になると思います。是非合わせてご参考ください。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう