1億円を運用する前に知っているとお得な3つのポイント!

1億円運用のポイント
銀行口座にある1億円。

 

家の購入、税金の支払いと様々生活で支出があるにもかかわらず、現金で1億円を保有しているということは、いくらお金持ちが多い日本といっても稀な存在と言えます。

 

ここではマネーブリッジ編集部が1億円をリアルに保有している人にむけ、さらにこの1億円をどうやって運用していくかという点について述べていきます。

タイプ別に運用方法を考える

まずこの1億円ですが、運用の話の前に、1億円を貯めた「タイプ別」に3つに分けてみます。

 

① 運用タイプ:株、FXなど、いわゆるトレードで大きくあたり、1億円まで達成した。
② 事業タイプ:事業をしていて純然たる事業収益の貯蓄がいよいよ1億円を達成した。
③ 譲渡タイプ:相続や遺産で1億円が舞い込んできた。

 

いかがでしょう。

 

もちろん実際は、この混成の方も多くいらっしゃいますが、一旦はこの3つに色分けをしながら進めていきます。そしてこの①②③のタイプの方はそれぞれ、運用方針が以下のように分かれます。

① 運用タイプ:株、FXなど、いわゆるトレードで大きくあたり、1億円まで達成した

ここまで資金をリスクにさらしながら、相場に勝って資金を増やしたあなた。おそらくまだまだ増やしていこうと攻めの姿勢を崩していないのではないでしょうか。

 

しかし、そこが落とし穴。

 

今までのような増え方は、なかなか1億円以上ではできないものと考えることが重要です。従ってあなたがまず特に攻めの姿勢を崩していないならば、その点から一度再確認してみましょう。

 

一方様々な要因が重なって、運よく1億円が貯まったと考えるあなた。そのような人は、その後も安全に運用をしていくことが可能です。

 

1億以上となると、100万や1000万とは訳が違いますから、資産運用のプロに運用を依頼するなどのことを真剣に考えてみましょう。

>>資産運用をプロにお任せ!独立系資産運用会社とは?

② 事業タイプ:事業をしていて純然たる事業収益の貯蓄がいよいよ1億円を達成した

事業タイプは、さらに2つのタイプに細分化することが出来ます。

 

① 事業で得た1億円をきっちりと運用で成功させたい派

② 事業に再投資してさらに利益を取りたいと考えている派

 

前者はここまで運用できたのだから、事業は事業、投資は投資ということで運用を本格的にゼロから考えていこうとしている段階。ゆえに素直であったりします。こういうタイプに該当する場合運用は成功します。

 

そこまで無理した利益を狙わないですし、何より学ぶ姿勢があるため、上質な運用情報と巡り合うことさえできれば、1億円の資産運用を成功させられる確率が高いです。

 

後者は、ある意味今までやってきたことの延長線上で(実業投資という方向で)1億円の運用を考えています。こちらも大きく元本を割ってしまうことはなさそうです。

 

経験に基づいて同じように実業に集中していく、具体的には、確実なところに資金をかす、または若手の事業に投資をする、などでしょう。一日の長あり、といったところでしょうか。

 

一番困るのは、中途半端に大きな利回りを狙うというタイプです。

 

事業をして1億円まで貯めた自分は運用でも力がある、うまくいくはずだということで、アグレッシブにすすめようとすると、そこが落とし穴になる可能性があります。

 

注意が必要です。このタイプ以外は、1億円という額であっても運用を成功させる割合が高いでしょう。

③ 譲渡タイプ:相続や遺産で1億円が舞い込んできた

人の性格によると言ってしまえばそれまでですが、原則は「身の丈にあわない大金」という感覚がつよいため、大金を扱うということに対し、自分が素人であるという意識が強い人が多いです。

 

このような方は、資産運用のプロに相談をしていけばむしろ成功しやすいといえるでしょう。間違っても「投資初心者向け」と言われる、投資信託を購入してはいけません。投資信託の営業マン(銀行マン、証券マン)は、まさにこの譲渡タイプの素人を狙っているからです。

 

話をしてしまっては最後、むこうは専門家ですから説得されてしまいます。

 

逆に失敗するのは、舞い込んできた大金に舞い上がって、訳の分からない情報を信用して大きく投資してしまうタイプです。気を付けましょう。

まとめ

いまこのページをお読みになるあなたは、どのタイプに合致しますでしょうか?もちろん合致しないこともあるでしょう。

 

ただ、マネーブリッジ編集部は、1億円を運用しようとした方を沢山みてきました。その中で、実際にその後生じた出来事をふまえ、パターン化できるということが分かったのです。

 

だいたい人はお金をもった際に考えることは同じです。

 

自分が進むかもしれない方向性について、あらかじめ少しでも知り得ておくことで、より1億円を安全に、成功に、運用していきましょう。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう