新サービス!1000万円をウェルスナビでおまかせ運用

wealthnavi

投資に興味はでてきたものの、何をはじめていいのか分からない。仕事が忙しくて投資の勉強をする時間がない。

そんな人のためにできた新しい自動投資サービスが、「WealthNavi(ウェルスナビ)」です。

ただ、WealthNavi のようなロボアドバイザーに資産運用に任せるとなると、気になるのが運用成績。

そこで、今回はマネーブリッジ編集部が1000万円をウェルスナビで運用しようと考えているあなたに

  • ウェルスナビにはどのようなメリット・デメリットがあるのか
  • 実際に投資している人の運用実績

まで、まとめて紹介していきます。

これから、1000万円クラスのまとまった資産を WealthNavi(ウェルスナビ)で運用しようとお考えの方は必見です。

1000万円をウェルスナビに投資するメリットを大公開!

1000万円の資金をウェルスナビで資産運用するのは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

そこで、ウェルスナビの基本情報とそのメリットについて紹介していきます。

ウェルスナビとは?

ウェルスナビ

ウェルスナビは「働く世代」の全く新しい自動投資サービスです。資産運用をはじめようとすると、多くのステップをふまなければならず、働いている人にとって困難が生じます。

例えば、目標設定、資産配分の決定、金融商品の選定、入金、発注、積立、再投資、リバランス、税金最適化。

さらには、個人情報の登録やその他諸々の手続きもあります。

ウェルスナビはこういった多くのプロセスを全て一本化し、ロボットが運用してくれるのです。

wealthnavi

参照:Wealth Navi

だから「働く世代」にぴったり。平日は仕事が忙しいし、休日は遊びたい、という人にぴったりな資産運用方法といえるでしょう。

でも、ウェルスナビの魅力はそれだけではありません。ノーベル賞受賞理論に基づいた資産運用のプロセスをテクノロジーの力で全て自動化した、「世界水準の資産運用」をだれでも体験できるのです。

ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムで、お客様一人ひとりに合ったポートフォリオ(資産の組み合わせ)を自動で組み、リスクを抑えながらリターンの最大化を目指します。

参照:WealthNavi

入金後にあなたがすることは、ときどきスマホで資産価値の推移を確認するだけ。ウェルスナビは、新世代のロボアドバイザーといえますね。

知識がなくてもOK!自動投資

資産運用をはじめる上で一番難しいのが、投資先とその銘柄を決めるということ。

しかも1000万円を運用してみたいとなれば、株式、投資信託、不動産、債券、金、クラウドファンディング、ヘッジファンドなどリスクを分散させるために、複数の投資先で運用していくことになります。

さて以下の表をみて、投資先や銘柄の特徴を想像することはできますでしょうか?

投資先 銘柄等
株式 国内株式(3600社)、先進国株式、新興国株式
投資信託 約8000種類
不動産 アパート、マンション、一軒家
債券 国債、地方債、外国国債

こちらで紹介したのは、ほんの一部の投資先です。

資産運用の初心者にとっては、1000万円の正しい投資先を選ぶのはもちろん、さらにその中からここの銘柄までを選ぶのは難しいですよね。

でもウェルスナビなら、投資先も銘柄も、いくら分買うのかもぜんぶAI(人工知能)が決めてくれるのです。

それも、ウェブ上で投資に関する簡単な質問に答えるだけで、人によって違うリスクの感じ方をデータ化し、そのリスク強度に合わせてオーダーメイドのポートフォリオができあがります。

ポートフォリオ
参照:WealthNavi

投資の知識がゼロでも、1000万円の資産運用をはじめられるのは自動投資ならではですね。

また、日頃忙しく投資に避ける時間がない方は、スマホのボタンを押すだけで短時間で運用が完結する点は大きなメリットを感じられるのではないでしょうか。

資産は守られる

最新のテクノロジーで資産運用できるといっても、1000万円という大金を預けるのに不安もあるはずです。

でも心配はいりません。ウェルスナビではすべての情報や通信を「暗号化」しており、個人情報や口座情報は高いセキュリティで守られています。

しかもウェルスナビの会社としての資産と、あなたが預けた1000万円は「分別管理」されているので、万が一ウェルスナビが破綻しても確実に資金は戻ってくるのです。

また、更に安心なのが、日本投資者保護基金によって1000万円までの資産が保障されている点ですね。

私たち、日本投資者保護基金(以下「当基金」といいます。)は、万が一、何らかの事情で証券会社が破綻し、分別管理の義務に違反したことによって、お客さまの資産の返還が円滑に行われない場合には、返還できないお客さまの資産について、当基金がお客さま一人当たり上限1,000万円まで補償を行います。

引用:日本投資者保護基金

ウェルスナビに投資するのが1000万円なら、3段階の安心要素がそろっているのであなたの資産はしっかりと守られているのは魅力ですね。

損失のリスクは?ロボアドバイザーのデメリット

ここまでウェルスナビのメリットを紹介しましたが、1000万円を投資するならデメリットも理解しておきたいです。

ここで、ウェルスナビのマイナスポイントも知っておきましょう。

ロボットでも損失のリスクはある

ロボットが自動で資産運用してくれる、と聞くと間髪入れず「儲かる」と思ってしまいます。

でもロボットアドバイザーだからといって、絶対に成功する投資をしてくれるというわけではありません。

テクノロジーを使うことで世界水準の資産運用ができるのは確かですが、その結果儲けになるのか損になるかは誰にも分かりませんよね。

ウェルスナビを使えば100%利益がでる、と考えるのはやめたほうが良いでしょう。

ただ25年間保有して、年率6%という計算からも20~30年と長期的に運用を続ければ利益がでる確率が高く、大きなデメリットには感じられません。

長期保有

引用:WealthNavi

1%の手数料

皆さんは1%の手数料と聞いて、高いと思いますか?それとも低いと思いますか?

今まで投資をした経験がある人には高いと感じる方のほうが多いのではないでしょうか。

以下の表を、見てみてください。

各運用先手数料比較

運用元 手数料
ウェルスナビ 1%
投資信託(ネット購入) 0.2~1%
投資信託(大手銀行窓口購入) 1~4%

こちらで分かることは、同様に資産運用を外部委託できる投資信託をネット購入する人にとってはこの手数料1%を高く感じるかも知れません。

しかし、投資信託を大手銀行窓口で購入している人には随分お手頃な手数料になると言えますね。

ロボアドバイザー手数料に関してはデメリットに感じる人もいれば、メリットになる人もいそうです。

さて、ここまでロボアドバイザーのデメリットについて見てきました。

いくらロボットにお任せできると言っても、ただ1000万円を投資すると手数料は10万円。

せっかく10万円を支払うのなら、利益を見込みたいですよね。

そう思っている人のために、ウェルスナビに投資をしている個人投資家の運用結果を紹介していきます。

運用実績が気になる!WealthNaviの成績はどうなの?

世界水準の資産運用ができるのであれば、是非ウェルスナビを試してみたいと思いますよね。

そこで気になるのが、実際にウェルスナビで投資をしている人の運用実績。

まず個人の運用実績をご覧いただく前に、ウェルスナビの3年間のパフォーマンスを調べました。

ウェルスナビ運用成績
引用:WealthNavi

2018年末は、多少世界同時株安の影響を受けているように見えます。

しかし、期間全体で見るとローリスクローリターンのリスク許容度1から、ハイリスクハイリターンのリスク許容度5まで、運用資産は確実に伸びていっています。

この成長を踏まえた上で、個人投資家などの運用実績をみていきましょう。

ウェルスナビCEOの運用実績

ウェルスナビの社長である柴山氏は、自身の運用実績をホームページにて公表しています。

運用期間は2016年1月から2019年5月にかけての3年間。

投資額の累計432万円が、現在は503万円以上にまでのびています。

柴山氏の運用成績
引用::WealthNavi

そのリターンは、一年あたり+5.7%。

普段から投資をする人でも3%を目指すのが良いと言われているほどなので、そのリターンの高さが分かりますね。

5.7%のリターンでは物足りないという方は、ヘッジファンドなどにまとまった資産を預けてその道のプロに運用をおまかせするしかありません。

ネットで全て完結できる手軽さとそのリターン率に十分な魅力を感じられる方は、ウェルスナビでの資産運用を考えても良さそうですね。

最後に、この記事のまとめです。

最後に

さてここまでの内容で、投資の初心者の方であったり、仕事や家事で忙しく投資に時間を割けない。

そんな方は、一度ウェルスナビで1000万円の資産運用を始めることを考えてみても良いでしょう。

ウェルスナビではホームページ上で、その仕組みや過去の運用成績について公開しています。

ウェルスナビでの資産運用に興味のがある方は、まず一度公式サイトを読み込んでみるのをおすすめいたします。

>>WealthNavi 公式サイト

とは言っても、1000万円の運用方法については今回紹介したウェルスナビ以外にも複数あります。

様々な運用方法を比較検討し、ご自身にぴったり合った運用方法を選択するのがベストであると言えますね。

\誰かにも伝えたいと思ったらシェア/

Twitterでフォローしよう